習慣!健康スタイル

習慣!健康スタイル

アイ・エム・ビー株式会社
きのこ工房(R)
朝倉健康栄養研究所

折々のお役立ち健康豆知識 (^^)/


テーマ:

今日、3月21日は『春分の日』で、春彼岸の中日にあたります。
「暑さ寒さも彼岸まで」のことわざどおり、たしかに今年は彼岸の入りを境に寒さが緩み、昨日、東京都心では最高気温21.5℃を記録。5月上旬並の暖かさだったそうです。
 
ただし油断は禁物。
昼夜の寒暖さは10℃以上もあり、また「寒の戻り」もやってきますので十分ご注意ください。
 
さて、『春分の日』を迎え、思い浮かぶのは、「春眠暁を覚えず」から始まる孟浩然の『春暁』。本当にうまく詠ったものだと感心します。
 
そして、そろそろ健康診断が気になる季節でもあります。本末転倒ですが、健康診断を機会に普段の不摂生をただすということもよくあることです。
 
冬太りをなんとか乗り越えて安心していたら、春先になって突然太った!という経験はありませんか?薄着になり、ボディーラインが気になるこの季節。
 
「『○太り』という○の中に季節を入れると、年がら年中、ダイエットの煽り文句が出来るじゃないか!」とお叱りの声が聞こえてきそうですが、季節に応じた対策があり、それを間違えると「冬太り」→「春太り」→「夏太り」→「秋太り」という悪循環になります。
 
冬は寒さから身を守り、体温を維持するために、基礎代謝は上がっています。つまり運動量が少ない割にカロリーは消費しています。冬太りの原因となる食欲が増している一方、胃の働きやエネルギー消費も活発になっているのです。そのため、季節が変わり温暖な気候となっているのに冬場と同じ食生活や生活習慣を続けていると、余ったカロリーを消費しきれずに脂肪を蓄えてしまうのは当然のことです。春の食べ過ぎは、体が冬モードのまま寝ぼけていて、満腹感を感じにくくなっているのが原因と言えましょう。
 
また、身体がむくんでいる場合もあります。これは逆に冬場の冷えと運動不足によって筋力低下が起こり、余分な水分が脂肪や老廃物と結びついた結果あらわれる「むくみ」です。
解消するには、温める、適度な運動をするなどの対策が必要です。
 
四季の移ろいを味わいながらも、折々に応じた健康管理を心がけたいものですね。


テーマ:

少しずつ各地から卒業式、修了式の話題が聞こえてくるようになりました。
春は進級、進学、就職、転勤、移動(異動)など、気候ばかりではなく、生活環境が大きく変化する季節です。
その意味では年間で最も健康管理が大切な時期と言えるかも知れません。
 
3月から新元号となる5月までに起こりやすい体の不調や原因を

まとめてみました。
 
☆3月
花粉症:スギやヒノキ花粉の大量飛散。
めまい:朝夕の気温差が10℃を超えたら要注意。
 
☆3月~5月
悪酔い・二日酔い:歓送迎会のシーズン。
黄砂・PM2.5:大陸から偏西風に運ばれ、アレルギー、ぜんそくの原因に。
感染性胃腸炎:春先はロタウイルスによる感染症が増加傾向。
気分の落ち込み:春なのに涙がこぼれます…。
 
☆4月
春バテ:眠気・不眠、だるさ、肩こりなど8割以上の人が不調を経験するとも!?
乾燥肌:皮膚のかゆみ、肌荒れ、“隠れ乾燥肌”に注意。
  
☆4月~5月
緊張性頭痛:気圧、気候、環境の変化が片頭痛や緊張性頭痛を誘発。
 
☆5月
自律神経の乱れ:ストレスなどによるいわゆる“5月病”。心身の健康管理が重要なとき。
紫外線:外出が増える5月は紫外線も強く十分な対策を!
 
今年は天皇陛下の譲位と皇太子殿下の新天皇即位に伴い5月1日を祝日とすることが閣議決定され、過去にない大型連休となります。
 
新たな時代の幕開けを健康で元気に迎えたいものですね(^^)/


テーマ:

今日、3月6日は二十四節気でいう「啓蟄(けいちつ)」です。
土のなかで冬ごもりをしていた虫(蟄)たちが、穴を開いて(啓いて)出てくる頃。
 
また、ちょうどスギ・ヒノキ花粉の飛散と合わせ、大陸からの偏西風が流れ込む時季でもあり、黄砂やPM2.5によるアレルギーで涙目の人の姿も見受けられます(;_:)
 
黄砂は日本に年間、約500万トンが飛来し、1平方kmあたり1~5トン、つまり、日本(37.8万平方km)には約40万~200万トンが地上に落下すると言われていますから、生活や体調に影響が出るのも納得できます。
 
黄砂やPM2.5による健康被害の可能性として、現時点では、喘息や慢性閉塞性肺疾患、肺癌などの呼吸器疾患の発症・増悪との関連が主に取り上げられています。
 
偏西風が吹く3~6月までは特に要注意時期。
これらのアレルギー対策には、外出時にマスクをしたり、洗髪、衣服の洗濯をきちんと毎日おこなうなどの物理的な防御はもちろん、身体の免疫力を調整し、有害物質、有害菌との臨戦態勢を整えておくことがなにより大切です。


 


テーマ:

節目の3月、旧暦での呼び名は“弥生(やよい)”。
いよいよ春の息吹を実感する月で弥生の語源も、「木草 弥や生ひ月(きくさ いやおひづき)」からと言われています。
 
そして3日は「桃の節句」、日本ではぼんぼりに明かりを灯す「ひな祭り」の日です。
古代中国において、桃は子孫繁栄・長寿の霊木とされ、日本でも桃太郎伝説があるように桃は魔を払う不思議な力を持っていると信じられていました。
 
こどもの健やかなる成長を祈り、幸福と長寿を授かることへの願い…。
親が子を思う気持ちは、いつの時代でも変わることはありませんね(^^)/


テーマ:

今日(2月22日)は『忍者の日』。
滋賀県甲賀市が2015年に2(忍)が並ぶこの日を『忍者の日』として制定しました。
私(岩田眞人)は、ことのほか忍者への思い入れが強く、子供の頃は本気で忍者になろうと考えていたほどです。

 

さて、「忍者と弊社アイ・エム・ビーの関係は?」と申しますと、これは非常に意味深い関係にあります。

 

忍者と言えば、闇に生まれ闇に消える宿命ゆえにその実態は不明ですが、紐解く鍵はあります。

 

江戸時代中期、延宝4年(1676年)に『萬川集海(ばんせんしゅうかい)』という忍術書が編纂されました。
伊賀(いが)・甲賀(こうか)の流派を越えて、藤林左武次保武(ふじばやしさむじやすたけ)が著した書物です。

 

この萬川集海のなかにつぎのような記述が見られます。

 

「水渇丸」 梅干の肉を打ち潰した物・一両、氷砂糖・二匁、麦門冬(竜のひげ)・一匁。細末にして丸める。
水に渇したときに用いる。

 

「飢渇丸」 人参・十両、蕎麦粉・二十両、小麦粉・二十両、長芋・二十両、甘草・一両、はと麦の種・十両、もち米粉・二十両。
これらを各粉にして三年物の古酒三升に浸し、乾燥したら桃の種の大きさに丸めて一日三粒ほど用いる。

食べ物が全くないときの助けとなる。

 

まさにサプリメントの原型と言えるものです。
体力・知力・精神力の限界を超えて、敵陣内に忍び続ける忍者にとっては秘伝の妙薬だったのかも知れません。

 

萬川集海に記された丸薬は経験的に考案された処方だと思われますが、特定の栄養成分を一定量摂取するために計算し、製造された近代的なサプリメントも、やはり日本が世界で最初につくりました。
そして、このサプリメントをつくったのは戦前の日本軍なのです。
驚くべきことに、日本軍は『特殊栄養食』と言われるサプリメントを携行していました。
特殊栄養食は主にビタミン不足を補うために開発されたものです。
日本は昭和初期まで脚気(心不全と末梢神経障害をきたす疾患)に悩まされてきました。

 

開発を担当したのは川島四郎(農学博士)です。
川島博士は昭和16年(1941年)に『戦闘糧食に関する研究』という文書を発表しています。
当初、ビタミンを携行食糧のなかに添加することが検討されましたが、酸化や変質のために断念。
試行錯誤の末、濃縮卵黄にビタミンをはじめとする栄養素を入れ、糖衣にして丸薬にするという方法がとられました。
この特殊栄養食の登場で兵士たちの脚気や多くの疾病が激減したのです。
アメリカ軍は戦争中に日本軍の特殊栄養食を捕獲し、その成分を調べ、あまりの完成度の高さに驚愕しました。

 

戦後、進駐軍のアメリカ武官が川島博士のもとへ三顧の礼をもって研究資料の提供を願いました。
二度まで断った川島博士ですが「人類のために役立てる」という条件と説得に応じて三度目に提供したと言われています。
アメリカはこの特殊栄養食に基づいて、各種のサプリメントを開発。

それが世界中に広まり、現在に至っています。

 

ヒトは植物のように光合成ができるわけではなく、人体を構成する成分は表皮からDNA,RNA,染色体といった遺伝情報物質まで、口から入る食べ物と水、呼吸による酸素を利用して絶えず生合成、新陳代謝を繰り返しています。
何かの栄養バランスが崩れると体調を壊し、病気を発症するのは当然の理です。

 

どんなサプリメントが有効なのか、その時々、地方地域、性別、職種、年齢層、またスポーツ選手の場合は競技種目によって異なります。
経験と証拠(エビデンス)に基づき、各自に合った必要な栄養素を効率よく摂るという人類の英知はさらに進化を続けることでしょう。

 


テーマ:

今日(2月19日)は、二十四節気の二番目『雨水』。
立春から半月が経ち、「雪がとけて川になって~」という頃ですね(^^)/
田畑では農耕を行う人の姿が見え、どこからともなく梅の薫りが漂う時季でもあります。

 

有名な京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮をはじめ、

各地で梅の見頃を迎えています。
まだ寒さは残っていますが、ぽかぽかと天気の良い日、自然の景色を見ながら散歩に出かけるのも心身のリフレッシュに最高です!

 

※とび梅伝説
「東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
この歌は西暦901年1月、菅原道真公が京都を離れ九州の筑紫野に配所されることになったとき、大切にしていた梅に対して詠んだものです。
そしてその梅の木は、主人を慕い一夜のうちに京都から道真公のもとに飛んできた、と言われています。これが、“とび梅伝説”として今日に伝えられる物語です。
現在も太宰府天満宮の境内にはこの“とび梅”が、そして京都の北野天満宮には、“とび梅の親木”が存在しています。

 


テーマ:

2月も半ばを迎えました。
14日のバレンタインデーを前に夜空では「火星」と「天王星」が大接近しています。
最接近は明日13日。

 

地球が太陽系第3惑星なのに対し、火星はその外側をまわる第4惑星、天王星は第7惑星です。

 

夕方、西の空にひときわ明るく赤色に輝いているのが火星です。
一方、青緑色の天王星は暗くて肉眼ではほぼ見えませんが、今は火星のすぐそばまで寄ってきていますので、双眼鏡や天体望遠鏡をお持ちの方は、天王星を見つける絶好のチャンス。

 

しっかりと防寒のうえ、夜空とともに時にはゆっくりとした時間を過ごされてみてはいかがでしょうか。

 

さて、この時期はインフルエンザなどの感染症が流行するばかりでなく、アレルギーを誘発する花粉が飛び始めます。
飛散量は例年より多いと予想されていますので、花粉症の方は十分な対策が必要です。
対策として、まずは帽子、マスク、サングラス、手洗いうがいの励行、衣服の洗濯、頭髪や身体の洗浄といった物理的な遮断が挙げられます。

 

本格的な春が到来するまで三寒四温が続き、花粉症の方だけに限らず、天候・気温の急激な変化のため体調が崩れやすい時期です。
身体の内面からアレルギーや病気に対する防御を心がけましょう。

 


テーマ:

先週は2月らしい寒さを感じてスタートしましたが今日(4日)、『立春』を迎え、まるでそれに合わせるかのように全国的に気温が上昇。
北陸地方では早々に春一番が観測されたとのことです。
ただし、その後は再び寒さが戻りますので油断はできません。

 

これから当分の間は、「寒い日」と「暖かな日」が周期的に繰り返されるいわゆる「三寒四温」のシーズンです。

 

日ごと、昼夜の寒暖差が10℃を超えると私たちの体は調整が追いつかなくなります。
そこで出てくるのが、たとえば、「膝」、「腰」、「肩」など関節の痛み。
この三箇所の痛みは『三大関節痛』と呼ばれ、厚生労働省の調査でも、中高年が抱える不調の上位にあります。

 

また、近年、問題となっているロコモティブシンドローム(運動器症候群。以下、ロコモ)とは、運動器の障害によって「座る」「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のことです。
運動器とは、骨や関節、軟骨、椎間板、筋肉だけではなく、脳から出た指令を伝える脊髄などの神経も含めた「体を動かす仕組み」の総称です。

 

運動器が衰えて機能に障害が起こると、立ったり歩いたりといった、日常生活を送るうえで必要な動作に支障をきたすようになります。

 

「運動器の障害(ロコモ)」と「生活習慣病の予備群(メタボ)」は、相互に影響しあい、やがて介護が必要な状態へと招く重大な問題です。

 

日頃から、ロコモ対策、メタボ対策を心がけましょう。

 


テーマ:

2月3日は「節分」です。
節分の日は、豆まきをして「鬼(邪気)」を払います。
豆まきには鬼の目“魔目〔まめ〕”にめがけて豆を投げれば“魔滅〔まめ〕”、
すなわち魔が滅するという意味があるのだろうと考えられています。
昔の人にとって最大の「鬼(邪気)」は病気だったに違いありません。

 

年間を通じて一番寒いといわれるのが2月。
低温と乾燥は風邪やインフルエンザウイルス、ノロウイルス等による感染症が活発化する要因ですので、手洗い・うがいの励行、人が混み合う場所ではマスクをするなどの対策が必要です。

 

また、ウイルスに出来るだけ接触しないという予防のほか、免疫力を高めることはそれにも増して大切です。

 

風邪やインフルエンザのみならず、多くの感染症において、同じ環境でもかかりやすい人とかからない人、たとえかかっても軽度で治る人、また同じ食べ物を食べて食中毒を起こす人と起こさない人、その違いは遺伝的な要因を除いてほとんどの場合、“免疫力の差”と言えます。

 

この免疫力を調整する成分として最もよく知られているのがアガリクスなどキノコ類に含まれる『β(ベータ)-グルカン』です。

 

体内における免疫組織は腸管に集結しており、実に60~70%が腸管免疫系に存在します。
腸管免疫では常に外界から侵入する異物に対して攻撃や排出をしようと働きます。
一方で有用な栄養素や非病原性の細菌に対しては反応しないように自動的に調節されています。
免疫システムが弱ると免疫力が下がって病原菌やがん細胞が増殖し、逆に過剰反応をしてしまうとアレルギーなどが発症します。

 

この腸管免疫を調整する指令を発しているのが、『パイエル板』と呼ばれる組織です。
β-グルカンは、パイエル板を刺激して弱っている免疫を高めたり、アレルギーを起こす過剰反応に対しては鎮めるように働きかけます。

 

全国でインフルエンザが猛威を奮うこの時期、栄養・休息、そして免疫力を調整する成分をしっかりとり、病魔も逃げ出す身体づくりを心がけましょう!

 


テーマ:

みなさま、こんにちは!

 

てんやわんやのうちに今年も早1か月が経とうとしています。
宇宙戦艦ヤマトのナレーションではありませんが、年末まであと336日。
「光陰矢の如し」「歳月人を待たず」「一寸の光陰軽んずべからず」と、古来、人は時間に追われ、また、時間を有効に使うことを意識していた様子がうかがえます。

 

時の流れと言えば、1872年(明治5年)1月29日は、明治維新後、日本初の全国戸籍調査・人口調査が行われた日です。※
 ※太陽暦では3月8日に相当

 

記録によると、当時の人口は男性1679万6158人、女性1631万4667人で合計3311万825人だったとのことです。
2018年1月1日時点の発表では1億2520万9603人ですから、150年足らずで約3.8倍も増加したことになります。

 

その一方で、少子高齢化が急激に進んでおり、生産年齢人口(15歳以上65歳未満)は1995年をピークに減少の一途をたどり、ついに60%を割ったことが耳目を集めています。

 

これからの時代、心身ともに健康であることが何よりもありがたく大切です。
折しも低温と乾燥によってインフルエンザが猛威を奮い、全国で「警報レベル」に達したことが発表されました。

 

普段から病気に負けないカラダづくりを心がけましょう(^^)/