佐倉市ピアノ教室【みながわピアノ教室】ブログ 音楽は心へのおくりもの

佐倉市ピアノ教室【みながわピアノ教室】ブログ 音楽は心へのおくりもの

                 ピアノをかこんで笑顔がふえますように♪







ピアノを弾く時間





教室のご案内
お申し込み




 
    「子どものピアノコース」生徒さん募集中

        新規募集はこちら→

        レッスン料はこちら→




           まずは体験レッスンから♪
      

         
      メールフォーム→ または 043-462-7131(皆川)まで
          どうぞお気軽にお問い合わせください音譜

          




こんにちは🍒
佐倉市 中志津のピアノ教室
講師の皆川慶子です





連日暑さがつづいています💦
お身体の調子いかがですか?





10月に大人の生徒さん方の弾き合い会を決めて、
さて、子どもの生徒さん方はどうしようか?考えていました。

ステップ、コンクールの本番(3倍くらいのご成長あり)をつくらない場合、3月の発表会はまだまだ先でどうしても中弛みに‥



そこで!!







9月に子どもの生徒さん限定のミニコンサートを開催することにしました。
(いつもながらの急な決断。)



実は、中弛みといっても基礎テキストを頑張っている生徒さんばかりなのです。
基礎テキストの中でも好き嫌いはあるようですが、テキストほったらかしのお子さんは現在皆無✨

皆よく頑張っているので、ソロでもポピュラー曲が弾けるようにポピュラーピアノだけのコンサートにしてみました。
発表会ではないから、気楽に、楽譜も見ていいってことで🆗


夏休みに練習するのも楽しいですし✨


早速リクエスト受付中で〜す。




選曲にあたって、それぞれのレベルに合っているか私の方で楽譜をチェックしないといけません。

J-POPは楽譜になるとリズムが複雑なので、2ヶ月で仕上げられるかどうかが問題かなぁ。

とはいえ、多少むずかしくても弾きたい曲は頑張れるのですよね。


ミニコンサート、今から楽しみです!






♪ ♪ ♪






きのうも猛暑でしたが、千葉公園 に大賀ハスを見に行ってきました。

ハスの開花は午前中だそうで、駐車場(無料)も朝の6時から開いているという😲

ハスもそろそろ終わりですが、今年も見られて良かったです。




開花しすぎるとどうしてもお盆のイメージに。。





駐車場からの道には市営プールも


きのうがプール開きで、ちびっこ達が水遊びを楽しむ声が響いていました。






途中アガパンサスの群生も
白いお花もあるのですね。
こんにちは☀️
佐倉市 中志津のピアノ教室
講師の皆川慶子です






関東も梅雨が明けました。






それにしても6月というのに毎日暑いですね。
昨日は紫陽花を見に松戸の 本土寺 へ行ってきました。



紫陽花がお好きな生徒さんから、本土寺の行き方も教えていただいたからバッチリ。
‥のはずが駅からの地図を見ているのに間違えるという。。







連日の暴風と暑さで紫陽花もちょっとおつかれ気味でしたが、涼しげな色を楽しみながら境内をまわってきました。

















右に見えるのが菖蒲池
こちらもあと1週間早ければという感じでした。






菖蒲の池、蓮の池、木蓮、枝垂れ桜、藤棚もあり季節ごとに散策を楽しめそうです。















青空がきれいでした。






♪ ♪ ♪






昨日は夕方には帰ってきたものの、暑さ疲れでピアノまでたどり着かずでした。

暑い日のピアノは早めの時間に!ですね。



‥といいながら、教室休みの今日も先に家のことをしてしまってからになりそうです。

ドクダミ駆除(ハケで除草剤を塗ってみた)、メダカ水槽のお掃除(取りかかれば30分かからないのに気が重い。)は今日中に終わらせよう!







暑さに気をつけてお過ごしください
風鈴





こんばんは
佐倉市 中志津のピアノ教室
講師の皆川慶子です




今日の大人の生徒さんのレッスンでのひとこま。





練習曲の一部分(アルペジオ)だけ取り出して、弾きにくさの原因を探っていました。




1の指で支えるときの角度をチェック!!




1の指は他の指にかなり影響を与えてしまうから要注意なのです。


*1の指の根元を硬らせると移動がスムーズにできないばかりではなく、他の指の根元まで硬くなり指が速く動きません。。


*スケールやアルペジオの指くぐりで1の指をべったり面で使ってしまうと‥こちらも1の指で手首が下がって粒立ちが悪くなります。



生徒さんは後者のタイプでした。
1の指を点で支えるようにつかってみたら多少改善✨




そしてもうひとつ。
1の指での指くぐりの後にくる黒鍵での4の指の弱さ。







そんなレッスンの最後に、思い出したのがピシュナの教則本です。



私自身はピシュナをつかってレッスンを受けたことがありません。
テキストを取り寄せたのは、わりと最近です。


何冊か出ているようですが持っているのは、60の練習曲とリトルピシュナの2冊です。



60の練習曲を書庫(笑)から引っ張りだして生徒さんに見ていただいたら
「あれ?つかった形跡がないみたいですぅ」って。

滝汗


はい。
ピシュナ、好きではありません。。。
60の練習曲に於いては、初見で弾いた程度です。
楽譜を見ただけで「うげげ。」となります。



ひとつの音をずっと押さえながら、別指でトレモロとか。
各指の独立ができているかどうかが一発でわかります。







もう1冊のリトルピシュナは、初見の練習にも良いかと思います。






一定のテンポで間違わず初見。

初見で弾くのもノーミスは難しく、弾いている小節の次を目が先に読んでいないと途端につっかえます。



先を塊読みしておいて、指がその塊全部をパッと覆っていないと弾けません。
この辺、ハノンも同じです。
(塊で用意することはあらゆる曲に共通していますね)




リトルピシュナで初見遊びをしていてわかったことは‥




年齢による眼筋の衰え笑い泣き


眼筋も常に鍛えておかないと、パフォーマンスが悪くなりますね。
キープできるよう訓練しなくてはと思いました。





こちらの生徒さん、リトルピシュナをお取り寄せ予定です。
苦手なことへの突破口になるといいです。