【詰め替えインクダイコー】日本発売エコタンク搭載プリンターを使ってみました!! | 詰め替えインクダイコー店長ブログ

詰め替えインクダイコー店長ブログ

~詰め替えインク専門店ダイコーの全てが分かる活動報告~


テーマ:

月日が経つのが早すぎる今日この頃です。

 

あっと言う間に今年も残りあとわずかとなりました。

 

EPSONの国内製ビックタンク型(エコタンク搭載プリンター)が

発売されてから、私も興味があり今年2017年3月に購入して

おりましたが他の仕事が忙しくて箱も開封しないまま今日に至りました。


⇒購入した機種
EPSON EP-M570T カラリオA4インクジェット複合機
(スキャン/コピー/無線LAN)
購入価格35,879円(税込)(購入時期2017年3月10日)

 

現在は安くなって販売価格29,980円(税込)+送料無料で売っております。

2017年12月現在

 

清掃業の関係で協力業者様宛の年賀状を大量に印刷する為、

私の所有しているインクジェットプリンターを総動員させて印刷を

行おうと本日箱から出しました。

 

 

EPSONが発売するエコタンク用の純正インクも

今までに比べて非常にリーズナブルで決して高くは無いと思いますが、

 

※ちなみに価格を比較すると。。。

 

今までのカートリッジ ICBK80 [ブラック] 約8ml
税込価格660円 1mlあたり82.5円

 


エコタンク搭載プリンター用インクボトル(ブラック)/140mlKSU-BK-L
税込価格1,693円 1mlあたり12円

 

 


当社販売最安値インク
EPSON用ユニバーサル(全機種共通)染料インク 内容量1L(1000ml)
税込価格3,200円 1mlあたり3.2円
http://www.daiko2001.co.jp/ink/product/epson/pro-ep-uni-ls.shtml

 

エコタンク搭載プリンターに互換インクを使用するとEPSONで

故障しても修理して頂けないリスクがあるかも知れませんが、

あえて当店発売のユニバーサル染料インク(互換インク)を最初から詰めてみました。


取りあえず今のところエラー表示や互換インク対策が施されている
ようには一切見えません。問題無くすんなり稼働しました。

 

エコタンクプリンターを使用した感じは、私が自宅で使用している
インクジェットプリンターと表示画面や操作性がすごく似ています。

 

EPSON インクジェットプリンターEP-707A

 

 

ちょうどこのプリンターにエコタンクが付いた感じなんだなぁ?

と私は思います。

 

また、エコタンクプリンターが背面給紙方式なのは非常に良いです。

全面給紙は、プリンター本体の筐体を小さくする為に効率的ではあるが、
紙送りがうまくいかなかった場合、プリンター内部から用紙を取り除くのが
面倒なので、背面給紙方式の方が個人的には好きです。

 

ですが、私の使用しているEP-707AもEP-M570Tもそうですが、

使用する用紙を変更する度にメッセージが出たり設定を変更したりと

その辺は非常に手間です。もう少し良い感じにならないかなぁ?

と思います。

 

※A4サイズの用紙とハガキ用紙とサイズ変更する度にプリンター本体でも

設定を変更しないといけません。やり方があるのかも知れませんが・・・

それがめちゃくちゃ手間でイライラします。


ビックタンク型の準備が出来ましたので会社で使用している

一番気に入っている相棒

海外純正プリンターL800とL310
そして新しく加わったEP-M570Tを使用して年賀状印刷を
最速で終わるように頑張りたいと思います。

※時間がありませんので・・・

 

 

ビックタンク型のプリンターで何か新しい情報がありましたら

またブログで書きたいと思います。。。

 

詰め替えインク専門店ダイコー
http://www.daiko2001.co.jp

 

ランキングに参加中↓

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村

↑クリックしてもらうとうれしいです。 

大野 裕史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス