改めてよくよく考えたなら、変化のとき、というのは、大なり小なり何かしらの混乱が起こるもの、ですよね。

ましてや、人生を二分するくらいの(?)大きな変化に見舞われたなら、それはきっとそれなりの嵐……にならざるを得ない。

だから、そこに混乱や困難があって当然なのです。

なにせ、新しい段階に生まれ変わろうとしているのですから。


例えば、鶏の卵が割れて、そこからひよこちゃんが生まれようとしているときのことを考えてみてください。

ひよこちゃんにしてみれば、それまで自分を覆っていた殻を破る、というのは、それなりに危険が伴うだろうし(?)、恐怖も不安もあることでしょう(!?)。

 

でも、ひよこちゃんはその殻を破らなければ、この世には生まれてこられない。

殻を破る、というより、それまで自分を覆っていたものを破壊しなければ、この世に生まれてくることは出来ないのですよね。

ですから、わたくし達が新しい段階に生まれ変わろうとしているときも、それと全く同じだと思うのです。

 

おそらく、昨年の秋からずーっとわたくしを襲い続けている「嵐」は、このような段階を過ごしているからだと思うのです。

だから、こんなにも心も身体もしんどい。

 

でも、きっと ―― この状態を魂レヴェルで見たならば、わたくしのベースとなるところは何も決して揺らいでなどいなくって。

でも、こうして目に見える(?)表層面というのは大混乱、大嵐。

まぁ、それはある程度仕方がない、ということです。

 

でも、漸く……少しずつ、光が見えてまいりました。

昨日、「たまたま出逢った」……というか、「たまたま行き着いた先」にあった聖句が、Isiah 61:1-3 (イザヤ書、61章1節~3節)で、そこには、「捕らわれ人が解放される」みたいなことが書いてあって。

それを見た瞬間、わたくしはもうおいおいと泣き出してしまいました。

なぜなら、まさに今、わたくしはただただ神に解放をお願いしているところだったから。

<沢山沢山泣いたものだから、不織布のマスクがものすごく濡れてしまいましたわ(苦笑) >

でも、きっと――、たまたま、偶然にでも、Isaiah 61:1-3 に行き着いたということは、きっと、間もなく解放のときを迎えるのだと思うのです。そんなふうに思えただけでも本当に心救われました。

 

勿論、まだまだこれからも「生まれ変わるプロセス」は続いてゆくわけでしょうし、そこにはまだまだ混乱も困難も待っているかもしれません。
また先週みたいに身体を思いがけなく悪くして、それに打ちのめされるような思いに陥らざるを得ないかもしれない。
けれど、ひとつだけ確実にわかっていること、それは「もうこれ以上、このままでは居られない」ということ。
ここを去るために、ここを離れるために、踏むべきプロセスなら、多少しんどくても、大歓迎! です。
ひとが生まれるときも、亡くなるときも、それなりに痛みを伴いますから。
「新しく生まれ変わるためのプロセス」なら、喜んで受け入れます。

 

きっとこれからは、また、自分でも想像もつかない方法で、神様にうーんと遠くに連れてゆかれるような気がしております。
勿論、その先がわたくしが待ち望む場所であってほしいと心から望むけれど、でも、もうね、なんか、自分の願いとか夢とか、そんなのをぜーんぶ超えて、神様が起こされる大きな波に乗せられているような気さえしてまいりました。

 

きっともうこれからは、これまで居た次元では生きてゆけない。
そして、これからは、これまでとは全く違う次元で生きてゆかなければならない。
その移行のプロセスは勿論大変……!! なのだけれど、でも、全ては神の御恵みと思えば、謙虚に受け入れざるを得ない。
というか、こうしたプロセス(たとえ、それが嵐のようなものであったとしても)を経験させていただけることも、また、生かされているからこそ与えられる御恵み。
そう思うなら、なんとか乗り越えてゆけそうな気がいたします。

 

とにかく、ひとは……というか、わたくし達の魂は永遠に成長してゆくしかないのです。
その節目節目で生じる「生まれ変わりのプロセス」に痛みが伴うのは、ここで改めて言うまでもないことです。
その全てを、わたくし達は謹んで、謙虚に受け入れて行かざるを得ないのだと思います。

 

どうか、そうしたプロセスにいらっしゃる全てのかたに、神のご加護とお導きとお支えがありますように。
神と共に在れば、何も心配することはありません。
きっと、きっと、大丈夫です。
不安を感じても、決して光を見失うことなく、お強く在られてくださいね。
God bless you!!

 

・・・

 

女性起業家のための直観コンサルタント 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト

 

 
目の前の現実を変えたかったら、四の五の言ってないで、出来ることをどんどんやってゆくべきです。
あと、これまでの枠を大きくはみ出て、これまでやったことのないことにどんどんチャレンジしてゆくこと。
そして、事態を良くするために何よりも大切なのは、自分への愛、ですので、生まれてこのかた未だかつてないほどに、自らにあたたかく優しい愛を注いでゆくことが不可欠です。
 
とは言え、あまりのことにつかれ果てて、もう疲労困憊! というようなときは、一旦全てを置いて、もうひたすら休むしかありません。
エネルギーがないのに動いても、ことを悪化させるばかりなので。
まずはちゃんと休養して、栄養のあるものをいただいて、規則正しい生活を送って。
まずは生活を立てなおし、心身ともにエネルギーを整えてまいりましょう。
 
そうこうしているうちに力を取り戻してこられたら、もう一度改めて「何でも叶う魔法の杖があったなら、貴女は本当はどうしたいの?」と自らに優しく問いかけ、そこから導き出されたところのことを尊重し、勇気を持って、まずは一歩を踏み出すことです。
 
ここで気をつけなければならないのが、ゴールに至る道が見えないからといって、いつまでも同じところにぐずぐず立ち止まってしまうことです。
たとえ、ゴールに至る道が見えなくても、必ず神が道を整えてくだると信じ、まずは一歩踏み出すことが何よりも大事です。
歩き始めれば、やがてそのうち少しずつ道が見えてくる=何をすべきかがわかってくるので、まずは思い切って一歩を踏み出しましょう。
 
そして、前述の「これまでの枠を大きくはみ出る」ですが、これまでやったことのないことに積極果敢に挑戦してゆくにしても、それはひとつひとつの小さなプロセスにわけることが出来ますよね?
なので、どんなに大きなチャレンジも、まずは、ひとつひとつの小さなプロセスにわけること。
そうして、出来ることからひとつずつやってまいりましょう。
 
わたくしが高校生の頃買った雑誌『セブンティーン』に、当時、ご長女の神田沙也加さんの出産・育児休暇から復帰された後の松田聖子さんのインタビュー記事が載っておりました。
今もその記事は大切にとってあります。
その中で、聖子さんは、手に届かないように見える夢も、出来ることからひとつひとつやってゆけば、必ず叶う、といった意味のことをおっしゃっておられるのですよね。
そして、人生は一度きり、後悔だけはしたくない、とも。
 
あれから30年経った今でも、わたくしは、このときの聖子さんがおっしゃっておられたことを、とても大切にいたしております。
そして、わたくしも聖子さんのように、人生は一度きり、後悔だけはしたくない、と常々思っております。
 
わたくしが心から敬愛する、アメリカはテキサス州、ヒューストンのレイクウッド・チャーチの主任牧師様でいらっしゃるジョエル・オースティン師は、いつも、「あなたが信じるとき、全ては可能です!」とおっしゃいます。
また、あなたに問題が生じる前から、神はその解決法をお持ちだとも。
ほか、祈りが聞かれないように思える時期というのは、決して、神が否定されているわけではない、神のタイミングを待ちなさい、といったこともよくおっしゃいます。
 
わたくし達が心に何か願いを抱くとき、それがすんなり叶うなんてことはまぁ稀で、多くの場合、自分が想像する以上の時間がかかったり、幾つもの難しい課題を乗り越えてゆかねばならないケースが殆どです。
それでも、神は必ず、わたくし達に与えた夢を誰よりも心から応援してくださいますし、何よりも、神が一度お始めになられたことは必ず完成なさいますから、わたくし達は日々神を頼みとし、己のベストを尽くしてゆくことによって、ひたすら己を磨き、高め、前へ前へと進んでゆくより他ないのです。
 
そうは言っても、長い人生、ときには絶望の谷底に叩き落とされることだってあるでしょう。
そんなときは無理せず、神に全てをお任せ、お委ねして、その日その日をやっと過ごしてゆかざるを得ないような状態になりますよね。
でも、言ってしまえば、「それもまた人生」。
みんなそれぞれに重い荷物を背負って歩いているのです。
でも、そうした重いものを背負いながらも、いえ、たとえ、一時的に背負うことがあったとしても、神と共に歩むなら、神がその荷物を背負ってくださいますし、その荷物をやがて天は2倍の御恵みにだって変えてくださるのです!
 
どうか、貴女にとって本当に大切なもの・ことがおありなら、決してあきらめずにいらしてください。
確かに、今はおつらいときかもしれません。
この夜を過ごすのが精一杯というときだってあるでしょう。
何も手がつかなくなって、散らかり放題の部屋でぽつねんとせざるを得ないことだってあるでしょう。
 
それでも貴女には大宇宙の創造主がついていてくださるのです。
日々太陽をのぼらせ、月を沈め、幾つもの素晴らしい奇跡を起こし、わたくし達ひとりびとりに途方もない愛をお与えくださっている、全知全能の、この宇宙で最も高きところにいらっしゃる御方が貴女にはついていてくださるのです。
それどころか、貴女の中に、その御方はいらっしゃるのです!
 
ですから、どうか、貴女ご自身を信じられなくても、貴女の中にいらっしゃる神の無限力を信じてください。
それほどの御方が貴女についていてくださるのなら、誰が貴女を阻むことなど、出来ましょうか? 
神は全てを可能になさる御方です。
神は必ず奇跡を起こしてくださいます。
神は全てをよくご存じです。
それは、わたくし達人間の小さな脳味噌で考えうるレヴェルなど遥かに超えて、全てのものの益のためによくお働きくださる、ということなのです。
 
たとえ、今、目の前になんの変化がなくとも、神は見えないところで貴女のために懸命にお働きくださっています。
奇跡が起こるのは明日かもしれません。
神様に愛されている貴女が不幸になるはずなどありません。
神の無限の愛を知ってください。
信じてください。
必ず全てはうまくゆきます。
神の御心にかなう夢なら、必ず実現します。
夢の実現を信じてください。
大丈夫です。
全てはきっとうまくいきます。
大丈夫です!
 

・・・

 

女性起業家のための直観コンサルタント 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト

 

S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

 

どんな闇夜も。

どんなに涙が流れても。

 

絶望に絶望を重ね、もうこれ以上一体どうしたらよいのか? と途方に暮れるときも。

ただそこにじっと座って泣くしか出来ないようなときも。

 

そして、その涙さえ枯れてしまって、この世の全てを恨み、嘆き、悲しみたくなるようなときでさえ。

貴女には神様がついていてくださいます。

 

貴女はこれまで、もう充分に頑張ってきました。

貴女はその努力が報われず、涙が止まらないのでしょう?

この期に及んで、一体どうしたらよいのか、わからないのでしょう?

 

何度も何度も狂いそうになるほどに泣き、泣き尽くし、何度祈りを捧げても、

渾身の力を振り絞って救いを求めても、

それでも救われてこなかったと嘆き悲しんでいるのでしょう。

 

わたしはもう神に見放されてしまったのか?

わたしの何が一体悪くて、神はこうも願いを聞いてくださらないのか?

そう思っているのでしょう。

 

でも、それでも、たったこの今、この瞬間も、

神は貴女と共にいらしてくださいます。

 

神は貴女の努力の全てを、感情の全てをご存じです。

貴女の祈りも、慟哭も、怒りも、恨みも、悲しみも、全部全部……。

神はちゃんとご存じです。

 

さぁ、神の愛(め)ぐし子(ご)よ、今一度、神の御前に跪(ひざまず)き、祈りを捧げなさい。

神よ、お救いください、お清めください、わたしの全てを生まれ変わらせてください、と。

 

神は決して貴女をお見捨てにはなりません。

どんなにくるしくとも、貴女の心のうちに、

ほんの1ミリグラムでもあたたかな祈りがあれば、必ず、そこから道は拓かれます。

何もかも全部、貴女ひとりで頑張る必要はありません。

必ず、神は貴女の道を整えてくださいますから、

 

涙が止まらないのなら、今はただ何も考えず、

全てを神にお委ねしなさい。

全てをきっと神はよくしてくださいます。

 

何も出来ないのなら、全てを神にお任せして、

今はただただ泣き尽くしなさい。

そして、泣き疲れたら、眠りなさい。

明日になれば、必ず、新しい朝がやって来ますから。

 

貴女の中に、ほんのひとかけらでも、あたたかな祈りがあれば、

必ず、そこから道は拓かれます。

貴女のことは、必ず神がお守りくださいますから、

どうかあきらめないでいてください。

安心していてください。

 

神は誠実な御方です。

必ず、貴女のようなかたのために、ことをよくしてくださいます。

正すべき者を正し、必ず、よき審判をくだしてくださいます。

 

何も出来ないご自分をどうか責めないで。

貴女はこれまでものすごくものすごく頑張ってきたのですから。

一度に全てを考えることはありません。

まずは、心を静めましょう。

神が必ずことをよくしてくださいますから。

 

今の貴女に必要なのは休息です。

どうか、この宇宙の最高神でいらっしゃる神を信じて、やすらかに居てください。

必ず、必ず、神がことをよくしてくださいますから。

 

どうぞ貴女にとこしえに神の祝福とご加護とお導きがありますように。

どうぞ貴女にとっての全てがよきに流れますように。

同じ「夢を生きる者」のひとりより。

イエス様の御名において。

アーメン。

 

・・・

 

女性起業家のための直観コンサルタント 夢咲璃い(ゆめさき りい)オフィシャルウェブサイト