KoneviによるPixabayからの画像

 

以前はいつも朝の4時半や5時に起きていたことがまるで嘘みたいな生活をここ暫(しばら)く送っておりましたが、来月からまた新しい生活が始まることを鑑(かんが)み、今、少しずつ起きる時間を早くしていっております。

 

今朝目が覚めたのは7時。本当は6時半に起きたかったのだけれど。

でも、目覚ましなしでちゃんと(?)7時に起きられたので、まぁ、よしとしよう。

明日は6時半に起きるぞ!

 

ということで、今日の午前中はおうちでいろいろとしておりまして、お昼頃からまたお外に出かけて、これまたいろいろな用事を済ませてくる予定です。

昨夜はあまりに元気のない記事をこちらに三つも上げましたが(;'∀')、でも、やっぱりわたくしは夢を叶えたい。端的に言うなら「空を飛びたい」!!

 

だってね、どう考えても、このときのお告げは絶対に間違いないと思えてならないもの。

春ちゃん(三浦春馬さん)のお導きで車折(くるまざき)神社様にお参りさせていただけたのも(という誠に勝手な思い込みですわ💦)、きっとその流れの一環だと思うし……。

 

とにかくーー一昨年の秋から、なんだか毎日ぐるぐる洗濯機にかけられているような状態(=ぐるぐる回されて、その中でもがいているような?)がずーっと続いてきて、特に昨年の夏からは毎日毎日本当に死ぬような思いをして、そこまでしてでもなんとかなんとか匍匐前進(ほふくぜんしん)で日々を過ごしていって。

で、昨年の誕生月(12月)にいただいたこのお告げはもうね、それこそーー命を懸(か)けてまで得られたもの……というか、とにかくわたくしにとっては絶対のもの、なのです……!!

 

とは言え、今の自分の状況を冷静に振り返ったなら、「で、あんた、どうするの!?(怒)」ってな感じで、もうあきれてしまうというか、一体「ここ」から「あそこ」までどうやって這い上がるの!? って感じなのですけれどもね……💦

 

きっとね、辛辣な御方なら……というか、まぁ、ほぼほぼ大抵のかたが、「え? あんた、そんな状態から一体どうやってその夢を実現するのよー!?(呆)」って思われてもいたしかたないとは自分でもよーくわかっておりまする(;'∀')

でも、一応、これでもいろいろとそれなりに準備はしていて。

<例えば、英語は志望校に入れるだけの(TOEIC の)スコアは取ったし>

だから、自分としては全くこの道をあきらめる気持ちは毛頭なく。

というか、今だからこそ、これまで以上にぴょーん!! とジャンプせねばならぬ、と思うのです!!
 

翔平くんの、こちらのインスタの2枚目の画像、春ちゃんがぴょーん! と飛んでおられるのです。可愛い❤

 

まさにね、こちらの↑春ちゃんのように、本当に、ぴょーん!! と飛ばなければ……!!

そのために何が出来るか、今週はちゃんと時間をとって、今後のこと、いろいろと具体的に考えてまいります。

 

ということで、やはり、わたくしの今年のテーマは、Take It Higher!! なのでした。

でも、きっと今居るところは限りなく谷の底、なんだろうけれど、ね……💦

 

・・・

 

● 夢咲璃い(りい) 本気で社会貢献を志す女性のための直観コンサルタント

 

● 電子書籍: コロナ禍の今だからこそ大事にしたい、自分を愛することについて綴っております。

Love Yourself 〜 貴女は本当にかけがえのない、大切なひとだから

 

Leonhard NiederwimmerによるPixabayからの画像

 

理想の人生を叶えたいのなら、日常生活のあらゆる面において、その全方向がその「理想の人生」に向かってゆかなければなりません。

つまり、日々の貴女の一挙手一投足、そして、一つ一つの想念、言動などの全てが「理想の未来」を形作ってゆく、ということです。

 

ということは、貴女を取り巻く全てについても、その「理想」にふさわしいものでなければなりません。

(勿論、全てが全て、いつもそう出来るとは限りませんが、でも、可能な限り、そう考えて、取捨選択を重ねてゆくことは非常に大事です)

 

貴女が日々触れる情報、いらっしゃる環境、お付き合いなさる方々、また、その方々との関係性(これが非常に非常に重要です!!)、それらが全て、貴女にとっての「夢の未来」「理想の人生」と一直線に繋がっていますか?

もし、そうでないのだとしたら、貴女の人生におけるあらゆる面をもう一度全て入れ替えてゆかれるべきです。

そうでないと、いつまで経っても本当に「そのまま」ですよ。

貴女は本当にそれでよろしいのでしょうか?

 

・・・

 

中でも、お付き合いなさる方々、日々ご一緒される方々、そして、そうした方々とのお付き合いのなさりかた、というのは非常に非常に大事です。

というか、これこそが全てを決める、と言っても過言ではありません。

 

ですから、貴女がご縁を持たれる方はどうか慎重に選んでください。

そして、ご縁を持たれる方々、おひとりおひとりに対して誠実に在ることを心がけつつも、一気に仲良くなろうとはなさらず、少しずつ、少しずつ、自然の流れに任せながら、お付き合いをなさってゆかれてください。

 

そうしてご一緒しておられるうちに、少しずつお互いのことがわかってまいりますでしょうし。

とにかくおひとについてはよーく慎重になられてくださいませ。

 

・・・

 

そして、そうした方々とのお付き合いにおいても、まずはご自分を大切に。

ご自分がご奉仕の立場に回られて、必要以上にご自分のエネルギーを消耗なさるようなことがあってはなりません。

 

確かに、見返りを求めず、与えて、与えて、与えて……ということがいいと言われている部分もあります。

でも、それで貴女が貴重な命の時間や、ご自身のエネルギーを、本来注ぐべきところに注がず、おひとのことにばかり関わっておられるような場合、それは本当の意味で健全と言えるでしょうか?

 

・・・

 

おひとというのは、別にそのかたが特別わがまま勝手なかたでなくとも、こちらからご親切を……と思って、何かをさせていただきましょうか? と申し出たなら、「あ、じゃぁお願いします🎶」とおっしゃることが殆(ほとん)どです。

そして、そこに別に(お相手のかたの)悪気があるわけではありません。

だって、こちらから申し出たのですから。

ならば、喜んで、お願いします、とおっしゃることが殆どでございましょう。

 

でも、貴女のその申し出が、どこかご自身の不健全なところから出ているものであれば、いずれ、そうした行動の積み重ねによって、貴女ご自身が破綻してしまいます。

つまり、何かおひとにご奉仕して、御礼をおっしゃっていただくことで、ご自分の存在価値を認められるというパターンにはまっておられるような場合や、或(ある)いは、何かをひとさまにさせていただかないと落ち着かない(=何かつねにご自分をまるで「犠牲にしないと」いけない、というようなものの考え方が、心の奥深くにまでしみこんでしまっている)ような場合というのは、やはりどこか不健全なんですよね。

 

・・・

 

おひととの関係というのは、お互いに無理のない範囲内で、あたたかな心を交わし、協力し合ってゆくことが大前提です。

それが、例えば、ご自分の中に何か欠落しているような部分があったとして、それを埋めるために、おひとにご奉仕させていただく……というのは、これまた何か違うのですよ。

そして、それが積み重なると、文字通り、貴女が破綻してしまいます。壊れてしまいます。

 

勿論、そうなった場合でも、おひとは何も悪くはありません。

貴女が勝手にそう申し出て、そのようになさったのですから、全ての責任はご自分の中にある。

というか、ご自分の中の「満たされなさ」をおひとによって埋めようとなさっておられたことがそもそもの間違い、だったのです。

 

・・・

 

もっとも、生まれつき、親切なお心の持ち主さんだっていらっしゃるでしょうし、困っているかたを放っておけない、とか、ご自分以外のかたのことについても、出来る限りのことを、と思われるようなかたもいらっしゃるでしょう。(それはそれで本当に素晴らしいことです!)

 

でも、あまりにもおひとのことにばかり時間を割(さ)いて、本来ご自分がなすべきことに注力出来ていないような場合、そして、それがもう長年の習慣になってしまっているような場合、たとえ、人生の最後のほうになって、そうして生きてこられたご自分について悔やんでも仕方がないのです。

 

・・・

 

ですから、どうか大切な大切な、決してお金では買えない命の時間をどうか何よりもまず大事になさっていただいてですね、本来ご自身がなすべきことにまずは注力していただきたいとわたくしは心から思います。

そして、おひとを、ご自分の心の欠落部分を埋めるために使わないこと。

親切心も一歩間違えば、不健全な形で歪みを生じさせてしまいます。

 

迷ったときは、それがご自分の本当の理想の未来に繋がるかどうか、を冷静に判断しましょう。

そして、それでもわからなければ、一呼吸置いて、直観に尋ねてみましょう。

そうすれば、きっと神が正しい答えをくださるはずです。

 

・・・

 

どうか一度きりの人生、後悔だけはなさらないように。

まずはご自分を大事に、ご自分に対して誠実に、生きてまいりましょうね。

 

貴女にとっての全てがよきに流れますように。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。

God bless you!

 

・・・

 

● 夢咲璃い(りい) 本気で社会貢献を志す女性のための直観コンサルタント

 

● 電子書籍: コロナ禍の今だからこそ大事にしたい、自分を愛することについて綴っております。

Love Yourself 〜 貴女は本当にかけがえのない、大切なひとだから

 

SchwoazeによるPixabayからの画像

 

誰がなんと言おうとーー、どなたが何をおっしゃろうと、それは関係ありません。

勿論、現実レヴェルで、この3次元の社会で生きてゆくにあたっては、おひととの関係というのが欠かせませんし、その関係性において、ご自分の耳に入ってくること、心で感じ取ること、というのは、どうしてもね、向き合わざるをえない、というか、受け止めることも必要です。

 

でも、それらの全てが真実か? それが本当に霊的な次元で物事を見たときにおいても、貴女にとっての真実と言えるか? と問われれば、それはまた違ってきます。

 

なぜならあくまでもおひとはおひとであって、神ではありません。

ですから、貴女にとって害悪となるようなものは受け流していいのです。

なんでもかんでも真摯に、それも真正面から、その全てを受け止める必要はないのです。

 

・・・

 

貴女の価値は神様がお決めになります。

そして、神こそが正しい判断を下されます。

 

かといって、勿論独りよがりになってはいけません。

目の前のおひと、ご自分以外の誰かをないがしろにせよ、とか、どうせこのかたは「魂レヴェルが未熟だから」などといった、間違った意味での、都合のよい「スピリチュアルな言葉」で、ことを片付けてしまうのも、また違います。

 

けれど、この世は所詮この世、神の国ではありません。人間の世の中、なんです。

なので、貴女にとって本当に大切なもの・ことなら、ちゃんとまず貴女のお心に自然に響きますし、それについて、神様も是とされるでしょう。

 

・・・

 

でも、そうでない、ある意味「どうでもいいようなこと」は軽く受け流してもよろしいのです。

貴女には大切なご使命がおありなのですから。

 

勿論、「軽く受け流す」というのは、おひとに対して失礼な振る舞いをしてもいい、というわけではありませんよ?

でも、ご自分の身に降りかかってくる全てのもの・ことや、おひとがおっしゃることの全てや、おひとのお振る舞いひとつひとつに細(こま)かにとらわれていては、人生の本質を見失ってしまいかねません。

 

ですから、己にとっての道を決して見失ってはならないのです。

ご自分にとっての大切な道さえ見失わなければ、貴女にとって重要なこととそうでないことがちゃんと見分けられるようになりましょう。

 

・・・

 

人生の時間は有限です。

貴女の本当の理想の未来に繋がるような時間の使い方を、おひととの付き合い方を、どうかなさってくださいませね。

全てのことに対して、貴女が真剣に取り組まないといけない、ということはないのです。

貴女が本当になすべきことに注力なさってください。

 

命の時間は限られています。

なんでもかんでも、そして、どなたにでも「簡単に使われてしまうのではなく」、ご自分こそがご自分の人生におけるマスターであるという確固たる信念をお持ちになられて、日々の時間を最大限有効活用なさってください。

 

・・・

 

そうなさるなら、必ず、ことは全てよきに流れましょうし、貴女を取り巻く全てが改善してゆくことでしょう。

どうか、本当の意味で「ご自分を大切にするとは?」ということについて、よーくお考えになってみられてくださいませね。

 

どうでもいいことに時間を割いていられるほど、人生は長くありません。

貴女にとって本当に大切なことにちゃんとエネルギーを注げるよう、そこらへんはどうか賢く在ってくださいませね。

一度きりの人生、後悔なさらないためにも。

 

どうぞ貴女にとっての全てがよきに流れますように。

God bless you!

 

・・・

 

● 夢咲璃い(りい) 本気で社会貢献を志す女性のための直観コンサルタント

 

● 電子書籍: コロナ禍の今だからこそ大事にしたい、自分を愛することについて綴っております。

Love Yourself 〜 貴女は本当にかけがえのない、大切なひとだから