シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?

~マインドフルネスNLP:深層心理を解きほぐす自由への心理学~

宝石紫ホリスティック心理セラピーとは
=ヨガや呼吸法や瞑想や心理療法とヒーリング
を融合したマインドフルネスNLP(調和法)

ヒーリングでもあり、心理セラピーでもあり、
心理カウンセリングでもあり、コーチングでもある。

難しい技法など使わずにすべてが
ホリスティックに融合した新しい感覚のセラピーです。

脳や神経系統への直接的な働きかけにより、
さまざまな強制的な‶枠組み”から
解放され自由な人生を歩めます。

東京・仙台・福岡・大分を中心に個人セッションや
ホリスティック心理セラピーの講座や
マインドフルネスNLP講座や瞑想会など
全国で活動しております。

グーグル、Facebook、インテルなど多くの先進企業が心のトレーニングを取り入れるようになってきています。

近年、生活環境において私たちはパソコンなど多くの電子機器を多用し、プライベートでも携帯やスマートホンやテレビなどから目を離せない環境下にいます。

これは、いままで人類史上に観られない状況にあり、私たちの脳の中心部にある視床下部や下垂体や脳幹などへの刺激過多になっているといっていいでしょう。

そのため、外からの刺激に過敏に反応してしまったり頭に血が昇ったり、胸がムカムカしたりさまざまな感情に振り回され何らか強い情動が湧き上がりやすくなっています。

そうなっていれば失言してしまったり視野が狭くなって冷静な判断ができなくなってしまうことも少なくありません。

このような生理反応は、私たちが原始時代から身に着けていた自分の生存本能に基づく闘争逃走反応というもので、生命を脅かす出来事に反射的に行動するために必要不可欠なものでした。

ただ、現代社会では生きていくためには、それはそぐわない。

そのため脳もパソコンと同じようにデフラグして最適化し、過剰に負荷がかかっている脳や内臓や脊椎などを調整しリフレッシュさせる必要があるのです。

そしてマインドフルネス(今この瞬間に意識を向ける)ための身体のリバランスすることで、本来の自分らしさを取り戻し、さまざまな問題から解放されていきます。

プロカウンセラー・セラピスト・気功師・整体師など多くの癒しのプロがセラピーの質の向上を目的にハカラウやホリスティックセラピーを体験しています。

癒しのプロでなくても
宝石赤健康面で悩みを抱えている
宝石赤仕事や家族や恋人との関係がうまく行ってない
宝石赤人前であがってしまう・自信がない
宝石赤頑張っているのにうまくいかない
宝石赤頼まれると断れず何でも抱え込みすぎてしまう
宝石赤うれしいとか悲しいとかの感情が希薄だ
宝石赤ちょっとしたことで動揺してしまう
宝石赤いつもイライラしていて怒りやすい
宝石赤心を開いて人と付き合えない
宝石赤人生がむなしい
宝石赤何のために生きているのか?その使命を知りたい
宝石赤プロヒーラー・プロセラピストになりたい
そういった方もさまざまな事を手放し本来の自分を取り戻し、望ましい人生を創造するようになります。

ホリスティック心理セラピー 心理療法家 竜二
$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko
おすすめ記事!$シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-kuroneko

●見つめるだけで寝かせてしまう?
●男らしさと女らしさの見破り方!('-^*)/
●なぜダメな男を好きになるのか?
●怒りって無責任?
●なぜ自分のまわりには聞く耳をもたないひとが多いのか?


読者になる
NEW !
テーマ:
う20年以上前の話になってしまう。
(※10年前のブログ記事のリライトになります。)
その事件?は
 
安比の老舗温泉旅館で起こった。
 

あの頃はバブルの余韻が残る時代で
 
スキークラブの行事であっても
 
正月スキーに行くとなれば、
 
ちょっと贅沢に
 
温泉旅館と宴会がセットという組み合わせで
 
ちょっとだけ予算をお高くしても
 
バス数台貸し切りという感じで
 
参加者が沢山集まったものだ。
 

なぜだか私の所属していたスキークラブは
 
酒ともなるとかなり贅沢な日本酒を調達してくる。
 
酔っぱらって味がわからなくなるだろうに
 
それでもいい酒を用意してくる。
 
だから二次会の宴会の費用だけでも
 
5000円は支払ったものだ。
 
 
個人的には酒を飲まないから
 
いつも寄付するような気持ちでの参加となる。
 

ただ正月ともなれば
 
みんな気が大きくなって
 
すっかり油断して無防備になる。
 

パターン的には昼間スキースポーツをして、
 
疲れたところで温泉に入って、
のどが渇いたところで酒を飲む。。。
 

ほどよく疲れた上に体をあっためるのだから当然酔いが回りやすい。
 
飲み会は宴会部屋で行うけど。
 
当時は若かったこともあり、
 
10人部屋ぐらいだったろうか?
 
 
宴もたけなわ
 
深夜を過ぎれば皆眠くなる。
 
敷かれた布団に倒れこんでは
 
やがて部屋は、いびきのサラウンド。
それでも疲れが手伝ってやがて深い眠りへといざなわれていったものだ。
 

そのうち、すっかり熟睡していたはずの私の夢がなぜか建設現場へとシーンが変る。。。
 
そしてその夢の中にリアルな声が響き渡った。
 
「アブナ~い!!!」っと。
 
 
そしてその後、なにやらむにゃむにゃと叱り付けてくるのだ。
 
何言ってんだかわかんねぇぞ的に
 
ちょっとキレ気味になるが、
 
やがて眠りが浅くなり、自分が寝ていることに気づく。
 
 
すると
 
隣に寝ている某建築会社勤務の仲間が、
 
こう続けるのだ。。。
 
「ここは足場が不安定だから、資材を運びながら歩くときは・・・・」
 
「○○君。図面を持ってきてくれ~」
 
などなど。
 
 
彼は夢の中で仕事をしているようだ。
 
しかも、かなりリアルな寝言。
 

結構まじめな人柄なのか、事細かに指示を与えており、目を閉じて聞いていると情景が浮かんできそうな感じだ。
 
うるさいなぁ~。でもまあしかたないか?
 
しかし随分リアルな夢だなぁ。。。と思ったものだ。
 
放っておけば、また寝言が止んで、私も寝ていることだろうと高をくくっていた。
 
それだけならまた良かった。。。。。。
 
ここで終わっていれば。
 
筋肉痛気味の腹筋が麻痺するような羽目にならないで済んだのだったが…。
 
 
 
しばらくすると、どうやらシーンが変ったみたいだ。。。
 
「へぇ~若いなー!」。。。
 
「そんな事ないよ!」。。。
 
「いやホント!」
 
「ぜんぜん!...スラッとしてるじゃない」
 
「素敵だな~!」。。。
 
「綺麗だよ」。。。
 
「なんかスポーツやるの?」。。
 
「じゃあ今度スキーに連れて行ってあげるよ!」💛
 
などなど
 
ちょっと声音が優しくなっている。
 
なんか雲行きが怪しいぞっ!
 

このあたりが不思議なんだけど。
 
目をつぶって耳を澄ませていたら、自然と映像が浮かんできたのだ。

そこは、夜の蝶(古っ!)がいるスナックかキャバクラってところだろうか?

目の前には、うら若い女性がいる。
 
どうやら彼は、その女性を口説いているのだ。。。。
 

そうこうしているうちに、
 
寝言を言ってる仲間をはさんで、向こう隣にいる若手(10代)の仲間もその寝言に気づいたのか。
 
「クスクス」と笑い始める。。。。

 
この後、彼は手を変え品を変え、いろんな角度から彼女を口説き始める。
 
それが30分から1時間ぐらい続いただろうか。。。。

やがて。。。
 
「エッ!そうなの?」
 
「う~ん、それなら。。。。」
 
「そう?でも。。。」
 
・・・
 
「ハァ~~~(残念な響き)」😞
 
結局、彼は夢の中では、上手くカワされてしまったみたいだった。
 
さすがにみんな寝ているから大爆笑とはいかなかったけど。
 
しばらく笑いを堪えるのに苦しむ羽目になった。
 
おかげでしばらく眠れなくなってしまった。

 
翌朝、10代の彼とともに
 
寝言の彼に声をかける。
 
「○○ちゃんは、ガードが固いの~?」と。
 
「なっ!なんで知っているの?」

なんかわざわざ夢の中で失敗するシミュレーションをすることもないのに
 
馬鹿だよね~。。。
 

当然、彼は、この日の飲み会の肴に決定だった。。。
 
こんなリアルな寝言は初めてだった。
 
20年以上経つのに、未だにあのインパクトは忘れない。
 
 
 
◆開催予定の講座・瞑想会など
 

ハカラウ瞑想会 7月

2018年7月19日(水)18:45~ 新宿文化センター

 

一粒万倍&皆既月食特別ヒーリング会

2018年7月28日(土)13:00~ 東京目黒 アイスブルーキッス

 

 

O&OAcademy主催

Being Limitless in Tokyo

2018年8月4,5日(土日) ベルサール汐留

 

 

瞑想会お客様の声

 

 

ヴィシュヌサイキックプロテクションスプレー
Vishnu
否定的な感情や外部からの攻撃、害のある環境から保護するだけでなく。
空間に結界を張ることが可能な「結界スプレー」です。


 

 

シャネルママの子供はなぜキレやすいのか?-ダンス
うぉおぉぉ!いぇえぇえ!(^^)

 

■こんなセミナーを開催してます!

 

■ホリスティック心理セラピスト養成講座(レゾナンスヒーリング)
いわゆる「ヒーリング」とは異なります。
セラピー・カウンセリング・コーチングを包括したホリスティックなセッションが可能になります。

セミナーにご参加のみなさまからは、こういった感想をいただいております。
(以下ご本人のブログにて)

 

お客様の声