1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-06 23:53:43

ゲント首位浮上

テーマ:Jupiler League 14-15
ベルギーリーグプレーオフ第6節の試合結果です。
更新が遅れたので、3試合一気にやります。


スタンダール・リエージュ 1-0 クラブ・ブルッヘ



コルトライク 0-1 ゲント


試合後


シャルルロア 0-1 アンデルレヒト


フルタイム
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2015-05-01 23:52:59

盟友に捧げるレナト・ネトのゴールで、ゲント勝利

テーマ:Jupiler League 14-15
ベルギーリーグプレーオフ第5節、
2位ゲントと3位アンデルレヒトの試合結果です。

レナト・ネト

ゲント-アンデルレヒト

フルタイム


ゴール


ゲントは、クルブ戦では、3バックを採用したゲントだが、
この試合では、4-2-3-1にフォーメーションを変更。
アンデルレヒトは、従来の4-2-3-1で望みます。

試合前、5時間前に心不全により死亡した
ゲントの下部組織出身で、
ロケレンのグレゴリー・メルテンスへの黙祷が行われました。

試合はゲントが得意のサイド攻撃を軸に優勢に進めます。
フォーメーションは、従来の3-5-2ではないものの、
片方のサイドに人数を多く掛けて、
細かくパスを刻みながら、裏を狙うゲントのスタイルに対し、
アンデルレヒトは、自陣で守備を固めつつも、
3トップのスピードを活かしたカウンターを狙います。
個の能力で上回るアンデルレヒトに対し、
組織力でかき回すゲントの構図になります。
お互いに決定機を作るものの、
フィニッシュが甘く、前半はスコアレスで折り返します。

後半に入ると試合が動きます。
50分、スヴェン・クムスが右サイドの裏にスルーパスを出すと、
タイミングよく、デヤーゲルが駆け上がります。
そのデヤーゲルがドリブルで2人かわして折り返すと、
最後はローラン・ドゥポワトルが上手く合わせ、ゲントが先制します。

しかし、黙ってはいないアンデルレヒト。
59分にコーナーキックのこぼれ球を拾ったティールマンスが、
前節に引き続き、豪快なミドルシュートを決めて、
アンデルレヒトがすぐさま同点に追いつきます。

首位クルブを追うために、お互い引き分けで終わりたくない両チーム。
アンデルレヒトは主力メンバーを変えることはせず、
対するゲントは、ドゥポワトル、デヤーゲルを下げて、
攻撃の切り札、ベニート・ラマン、ニクラス・ペデルセンを投入します。

それでもGKセルス、プロトの両GKがビッグセーブでゴールを許さず、
スコアは1-1のまま、アディショナルタイムに近づきます。
89分、ゲントが最後の交代枠で、
ヴァンデルブリュッゲンを下げて、レナト・ネトを投入します。

するとアディショナルタイムに入った91分、
左からのコーナーキックを得たゲントは、
ミリチェヴィッチのキックから、
レナト・ネトが頭で合わせて、ゲントが勝ち越します。

プレーオフに入ってから、レギュラーから外れ、
主に途中交代での出場が多かったネト。
アディショナルタイムを合わせ、僅か5分の出場機会ながら、
決して得意ではないヘディングで、値千金のゴールを決めました。

試合は2-1でゲントの勝利。
リーグ初優勝に向けて、大きな勝利であり、
グレゴリー・メルテンスに捧げる大きな勝利になりました。







レナト・ネト
「この試合は非常に難しい試合でした。グレゴリー・メルテンスは私の親友だったからです。私はチームを助けるためにプレーしましたが、ゴールはメルテンスのために決めました。」

Rust In Vrede Greg
グレゴリー・メルテンスのご冥福をお祈りします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-30 14:26:55

クルブ首位堅持、スタンダールCL絶望的

テーマ:Jupiler League 14-15
ベルギーリーグプレーオフ第5節の試合結果です。
(更新が遅れたので結果と動画だけにします…)

コルトライク 3-1 スタンダール・リエージュ



クラブ・ブルッヘ 3-1 シャルルロア

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-28 00:19:01

首位攻防戦、お互いに譲らず

テーマ:Jupiler League 14-15
ベルギーリーグプレーオフ第4節、
首位クルブと2位ゲントによる首位攻防戦です。

ゲント-クラブ・ブルッヘ



フォーメーションをよく変えるゲントだが、
プレーオフに入ってからは、3-5-2が基本のゲント。
スタンダール戦で2得点で、復調をアピールするペデルセンが再びスタメン。
対するクルブはいつもの4-3-3。
今冬にコペンハーゲンから加入以降、
まだ持ち味を発揮できていない、クラウデミールがスタメン入り。

試合は前半からゲントが、両サイドに人数をかけて、
ショートパスで繋いでいくサッカーでペースを握ります。
この試合では、チーム得点王のドゥポワトルが絶好調で、
彼のポストプレーを軸に、攻撃にリズムを作ります。

13分、ゲントの左CBゲルションの縦パスを
ドゥポワトルがクルブのディフェンスの裏に落とすと、
スペースに走りこんできたダニイェル・ミリチェヴィッチが駆け抜け、
そのままゴール左に流し込み、ゲントが先制します。

更に42分には、クムスが左へ展開するとアサレが折り返し、
中盤に下がっていたペデルセンがスルーパス。
これをドゥポワトルがスルーすると、再びミリチェヴィッチの足下へ。
ミリチェヴィッチが再び冷静に決めて、ゲントが2点差を付けます。

後半に入ると、クルブが息を吹き返します。
76分に得たコーナーキックで、ドゥアルテがゴールを決めると、
87分には、途中出場のイスキエルドのクロスから、
クラウデミールが頭で合わせて同点になります。

首位攻防戦は2-2で試合終了。
試合内容はゲントが優勢だったものの、
最後までリードを守ることができずに、
首位奪取のチャンスを逸しています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-27 21:24:35

アンデルレヒト、コルトライクに大勝

テーマ:Jupiler League 14-15
ベルギーリーグプレーオフ第4節、
アンデルレヒト-コルトライクの試合結果です。


アンデルレヒト 5-1 コルトライク


プレーオフが始まってから、1勝2敗と低調なアンデルレヒトだが
前半からコルトライクを圧倒。
17分にセットプレーから、デシャヒトが頭で押し込むと、
24分にもコーナーキックから、デシャヒトがゴール。
34分にコルトライクが、デ・メツの縦パスから、
シュヴァリエが裏に抜けて、ループシュートで1点返すが、
42分にティールマンスがミドルシュートで、アンデルレヒトが3点目。

後半に入ってもアンデルレヒト勢いは収まらず、
51分、デフールのスルーパスをナハルが中央に折り返すと、
最後はミトロヴィッチの今季17得点目のゴールで4点目。
更に62分には、セットプレーのこぼれ球を、
ナハルが切り返しで相手をかわしてからのシュートで5点目。
試合はアンデルレヒトが大量5得点で、プレーオフ2勝目です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。