『あなたに不利な証拠として』 ローリー・リン・ドラモンド | 固ゆで卵で行こう!

固ゆで卵で行こう!

ハードボイルド・冒険小説をメインにした読書の日々。


時に映画やRockな日々。またDragonsを応援する日々。そして珈琲とスイーツな日々。


テーマ:

著者:ローリー・リン・ドラモンド 訳:駒月 雅子

『あなたに不利な証拠として』 (ハヤカワポケットミステリ)



ルイジサナ州のバトンルージュ署に勤務する5人の女性警官たち。

警官として直面する事態は、それぞれの生き方に大きな影を与えている・・・。






本書のタイトルはアメリカの刑事ものや映画やドラマでお馴染の、犯人を逮捕する際に警官が言う“ミランダ警告”からきている。

著者自身が実際に警官だった事から、その実体験を基にしたような5人の女性警官を主人公にしたそれぞれの物語は、匂い立つようなリアルな描写で描かれており、その読了後に訪れる余韻は、時に爽快感、時に焦燥感、時に哀切感・・・実にさまざなものが胸に去来するだろう。



主人公となる5人の女性は、警官として他の職種では直面しないような“暴力”や“死”といった事柄に直面する。

それらは警官として、そして女性として、ひとりの人間として向き合って生きていかなければならず、彼女たちはその重みに押しつぶされそうな苦悩を抱えている。


その苦悩を読者により強く印象付けているのが、どの物語にも見られるリアルな描写だろう。

銃を持ち、犯罪者と対峙する瞬間。

死者の匂い。

酷暑の中で警官の装備一式を付けている様子。

交通事故現場で流れる血。

また、警官として生きる彼女たちの内面が、読んでいるこちらまでも痛みを感じるほど生々しく描かれており、それらのリアルな描写があってこそ、主人公たちが抱える重みが、より我々読者の胸を抉るのであろう。




救いのないような物語が続く中、最後に収められている「わたしがいた場所」は、著者からの救済ともいうべき物語。

これまでの物語と違い、そこに映し出されるのは“生”だ。

この最後の物語で得られる静謐感も心地よい。。。

しゃおさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス