Targeted Individual Day

  August 29, 2022

” STOP THE GLOBAL TARGETING PROGRAM”

 

 

 

 

ご参考にアメリカでの動きをご紹介します。世界のTI達は着実に前進しています。

注意: アメリカ市民請願リンク (請願サインできるのはアメリカ市民のみです!)
 

 

ー------------------------------------

*PACTSの2022年7月1日のニュース記事より抜粋

 

アメリカ市民ハバナ症候群法 2021 vs. 米国政府への請願

 

この請願書は、平等を求めるターゲットにされた人々(TI達)を対象とした“アメリカ市民ハバナ症候群”に属する署名収集のためです。私たちは、この集団訴訟の憲法に基づく包含と平等な保護の請求者です。2021年に可決された“ハバナ症候群法”は、指向性エネルギー兵器によって攻撃された負傷者に対する財政支援と医療を全会一致で承認する議会を可決しました。この法律は、CIAと州務省の長が、誰が対象になり、補償されるかについて決定を下す権限を与えています。これらの個人は、諜報機関の従業員およびその家族です。憲法は個人またはグループがこの保護を拒否されないことを保証しており、私たちは諜報機関の人々と同様に扱われなければならないため、法律の下で平等な保護を求めています。

すべてのアメリカのターゲッティド インディビジュアルは、記事の下のリンクを使用してこの請願書に署名してください。

 

請願リンク: