ドライヤーのhighとlow

テーマ:

 

こんにちは

今日は過ごしやすい伊豆高原です(*´ω`)

洗濯物はどっかに飛んで行きましたが

日差しもあるし、風も吹いているので

乾くのが早い早い!

でもって風が冷たいから、日中外で遊んでも

爽やか―な感じでした!


-------------------


さて、ドライヤー。


いえね、前々から気になっていたんですよ。


HIGH 熱風(強)

LOW 熱風(弱)

COOL 冷風(弱)


熱風はわかるよ、暖かい風でブワァ~って乾かすんでしょ

強弱つけるのも好みもあるし、毛量の関係もあるから

どちらでもってスタンスで使えるんでしょう。


冷風ってなんで?

皮膚が弱い方向け?冷たい風で髪の毛乾くの?

むしろ頭冷やすから風ひいちゃうんじゃないの?

COOLっていわれても、ねぇ‥


なんて毎晩ドライヤーをかける際に疑問に思っていたのです。

で、ほら気になった事はネットで検索すれば今の時代すぐじゃないですか

投稿掲示板とかなんだかんだと読み漁っても

コメント欄のセンスあるボケとツッコミが溢れていて

もうね、ただただ爆笑(笑)

ネットの掲示板に

美容師の俺がマジで答えるんだけど

とか、書いてあったところでそれが本当に美容師の方だろうが

知識を持て余している方だろうが

エアー美容師だろうが、正直解らないですし

そこは鵜呑みにするんじゃなく、へー程度に流し読みする性質の為


理に適っているけど

えー、ほんとかな‥ 

なんて信じない前提で調べているっていう矛盾(笑)


だけど、COOLを上手いこと使えば髪の毛の負担が軽減され

キューティクルがツヤツヤになるとかなんとか書いてあったら

試さないわけにもいかないじゃない。

ドライヤーなんてここ数年使い始めたような

私にとってはまだ新規の枠に入っている家電なので

先日の休館日に美容院に行った際に

美容師さんに聞いてきました。


美容師さん曰く


美容院や理髪店で使用するドライヤーは

熱風の温度が均一に保たれるような設計なんですって

高温過ぎると、髪の毛の水分が奪われガサガサ・バサバサに

冷風だと時間もかかるので、色々大変

中間のいい感じの温度なので、ただブローをしただけなのに

しっとりうっとり魅惑の美容院ヘアーになるんだそうです。

で、一般的に販売されているドライヤーは

熱風・冷風・熱風・冷風で

熱くなりすぎたら、冷風で冷ましってのを繰り返すのが一番いいらしいです。

冷風で髪の毛の繊維をキュッっと〆てあげると

翌日輝きが違うんだよ。


なんて、とても丁寧に説明してくれたので

帰宅以降、まー、面倒なときは最後の最後に冷風でキュッって意識してますが

熱風・冷風・熱風・冷風をチマチマ実践中です。

仕事中ずーーーっと髪結んでるし

正直、あまり実感はないのですが

寝癖が一番増える耳下の長さですが

朝の寝癖直しが確実に減りました✨


汗を流した風呂上りにドライヤーでまた汗をかく

っていう、夏場は果てしない汗との戦いになる髪の毛ですが

冷風を使うことを覚えたので、今年は夏もしっかりドライヤー出来そうな気がします(笑)