身体障がい者4級です。

2年に1回のETCの更新手続きに行ってきました。

 

手続きをしてくださるお姉さんと雑談。

手帳をもらって17年経つんですね。

古くなったケースを新しくしてくださいました。

 

 

29年前の交通事故で、恥骨、坐骨、大腿骨骨折。

おまわりさんは、0.2秒差で即死やったよと。

 

その手術の退院後、膝から下は装具でロボット歩き。

子どもの習い事のとき、

私が後ろにいることに気付かず、歩く真似をしていたお母さんを見て、

悔しくて装具を外して歩く練習をしました。

 

12年経過して、激痛で歩くことも寝ることもできなくなり病院へ。

手がつけられません。ということで、人工股関節の入れ替え手術。

 

手術後、先生からたくさんの禁止事項、できないことを伝えられました。

一番きつかったのが、一生、杖を持ってください。

40過ぎで杖を持って歩くと、ジロジロ見られる視線が情けない。

杖なんていらないと、家中で歩く練習をしました。

 

久々手帳を見て、人って時に残酷ですが、

お陰で今、走り回れていることに感謝。

 

障がい者に優しい社会、人種差別のない社会であって欲しいですね。

 

人工関節の入れ替えは20年が目安、あと3年かぁと思いつつ、帰ってきました。