ランドセルを背負って読書をする二宮金次郎(二宮尊徳)の銅像 | 高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモらくーん22新宿 寝たきり予防
2019-01-11 07:01:09

ランドセルを背負って読書をする二宮金次郎(二宮尊徳)の銅像

テーマ:2018年雑談

素晴らしい日本人を忘れてはいませんか?

癒し王ふじです

 

昔、小学校の入り口などに

二宮金次郎の銅像がありました。

 

戦争の時に金属が足りなくて

撤去されたり、

 

時代にそぐわないという不当な理由で

撤去されたという話も聞きます。

 

二宮金次郎の本は何冊が読みましたが

すごい偉業を成し遂げてきた努力家・勉強家で

偉大なる日本人の一人として

おさえておかなければいけません。

 

主な業績

 小田原藩の財政再建

 公共事業

 複式簿記会計を行う

 分度の発想

 自然はその法に従うものに豊かに報いる

 道徳力

 

<今の世の中への教訓>

人は、智恵労働意欲(努力)さえあれば

生きていける!

「人」という漢字が示すように

自分の足でしっかりと地面に立って

生きていく覚悟が必要!

 

※今の時代、何でもかんでも

国にお金ちょうだい!ちょうだい!保護して~

と訴えてばかりでは・・・?

成長がないでしょう。

 

二宮金次郎の銅像は、薪を背負いながら

読書していますが、

 

読書が減っている現在、読書を振興する意味でも、

ランドセルを背負って読書をする二宮金次郎の銅像

を全国の小学校に作って欲しいですね。

 

これからも、内村鑑三も名を挙げる「代表的日本人」として

その存在と偉業を後世に伝えていって欲しいです。

 

癒しの絵本

自己強化瞑想

新宿18年人気と実績『肩こり解消サロン」らくーん癒し王ふじ さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス