10月11日(現地時間)、太陽エネルギー(CME)が突然急増し、

 

その影響で北半球北部に、

普段は見られないオーロラが出現した。

 

観測できたのは、ヨーロッパ北部、アイスランド、カナダ

アラスカ等。

 

 

 

米国アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ。

 

 

現地の住人は驚くとともに、オーロラの美しさに魅了されたようだ。

 

 

 

 

 今回、地震等は観測されなかった。

 

 

クリック頂き有難う御座います。

fc2ランク