いよいよ明日から衣替えか。

 

そろそろ風邪もはやるかもしれない。

 

英国では風邪が大流行しているとのこと、

日本でも12月以降、同様の現象が起こるだろうから、予習復習しておきたい。

 

ということで2021年9月18日記事再掲

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

抗酸化&漢方薬で検索すると、

 

複数論文がでてくる。

 

 精読はしていないが、

抗酸化作用のあるらしい漢方薬を以下に列挙してみる。

 

 

漢方       適応疾患

○葛根湯・・・・・感冒

 

・黄連解毒湯・・・高血圧、不眠

 

・桂枝茯苓丸・・・子宮疾患、更年期障害

 

・桂枝湯・・・・・風邪

 

・当帰芍薬散・・・貧血、更年期障害

 

・桃核承気湯・・・婦人科

 

○十全大補湯・・・体力回復

 

○小柴胡湯・・・・慢性肝炎、気管支炎

 

・大柴胡湯・・・・高血圧、肝機能障害

 

などなど。

 

 新型コロナ感染治療には別の組み合わせがあるらしいので、

そのうち記事にできるか。

 

 上記漢方薬に注目したのは、

 

新型コロナワクチンを打ってしまった方々の副作用軽減に、

抗酸化サプリなどが有用かもしれないと思ったから。

 

 漢方薬は製剤よりも生薬のほうが効果がありそうだが、

どちらにせよ副作用もあるので安易な長期連用は慎みたい。

 

 値段は高いが、抗酸化サプリを探すほうが安全か。

 

○印をつけたのは、個人的に飲んだ事のあるツムラ漢方薬。

 

〜〜〜〜〜再掲終了

 

今冬のコロナかインフルか分からない状況では、

 

風邪かなと思ったら、まず「葛根湯」 3回/日

 

発熱がひどいようなら「麻黄湯」2〜3回/日

(インフルでもコロナでも)

 

気管支炎様なら「葛根湯」+「小柴胡湯」を1日2回

 

 新型コロナの変異株によっては、

抗原検査もPCR検査も陰性になる可能性あるとのことで、

 

奥の手としては「パモキサン 5錠」1回服用か。

 

新型コロナワクチン接種済みの人々に上記処方がどれほど効果あるか?

  12月の感染大ブレイクがちょっと怖い?

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

10月11日、朝8時頃、

北陸道走行中、内陸方面に多数の母船雲を目撃した。

(正確な場所は秘密・・・)

 

 

撮影は間に合わず、ほんの部分的な画像となった。

 

 

実際はこの画面のもっと右側に典型的な母船雲が多数浮かんでいた。

 

 当日は風が比較的強かったので、

このエリアの地形による日常的な気象現象であるのかどうか判断つかない。

 

 もし前兆だとしたら、

経験的には、16日(土)が要注意日となる。

 

地震危険エリアは、他サイト情報も勘案すると、

 

東海、近畿方面、、。(東海・東南海地震)!?

 

 

クリック頂き有難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

10月11日(現地時間)、太陽エネルギー(CME)が突然急増し、

 

その影響で北半球北部に、

普段は見られないオーロラが出現した。

 

観測できたのは、ヨーロッパ北部、アイスランド、カナダ

アラスカ等。

 

 

 

米国アラスカ・フェアバンクスで撮影されたオーロラ。

 

 

現地の住人は驚くとともに、オーロラの美しさに魅了されたようだ。

 

 

 

 

 今回、地震等は観測されなかった。

 

 

クリック頂き有難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

完全なる後追い情報。

 

今月7日、南シナ海を潜航中の米海軍シーウルフ級攻撃型原潜「コネティカット」(9300t,107m、乗員140名)

 

が、

 

謎の物体と衝突して艦の前部を損傷し、乗員11名が負傷した。

 

 

 

 

 

 原因は調査中とのことだが、

 

中国による妨害潜航物体でなければ、

 

USO(地球外未確認潜航物体)との衝突(攻撃)の可能性も指摘されている。

 

南シナ海・東シナ海・日本海では日米欧連合艦隊による演習、

 

中国海空軍演習、ロシア艦隊演習が頻繁に実施されており、

 

今、世界で一番危険なエリアとなっている。

 

 善意の宇宙存在は、この動向をきっと注視していることだろう。

 

 

クリック頂き有難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

無理やり3連休にして、伊勢神宮参拝に行ってきた。

 

天気予報と逆の天気になって、降ったり晴れたり不安定な天候だったけれど、

 

5月の連休の時より参拝者は多くて、御垣内参拝も多人数一緒に済ませた。

 

 帰路は北陸経由で、また、平泉寺白山神社も参拝。

ちょっと欲張り過ぎか、、。

 

 1日8千歩あまりの歩行が、運動不足の身には、、、。

 

2泊3日の総走行距離1440kmで個人的には新記録、車が傷んだ?

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

1927年にドイツの天文台で発見された 彗星 29P(サイズは60km)が

今年9月、25日、26日、27日に合計4回突然増光したという。

 

 その明るさは通常の250倍で、新星爆発にも匹敵するような天文学的にも原因不明の謎の現象と報じられた。

 

この増光には多大のエネルギーが必要なはずで、

彗星29Pが一酸化炭素を含有していることと関係するかもしれない。

 

 この彗星の軌道は楕円ではなく、円形であることから、

自然消滅せずにいつまでも軌道を公転し続ける可能性も指摘されている。

 

 いずれにせよ、頻繁に爆発的な増光をする彗星というのは、他に類がないとのこと。

(宇宙存在との関係も推測される、、?)

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

世界的に地震が頻発している。

 

日本は今日、明日、要注意とのこと。

 

 

クリック頂き有難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

飛鳥新社刊 たつき諒 著

「私が見た未来 完全版」を買って見た。

 

予知夢を漫画にしていて、2011年3月11日の大震災を予知したことで、一躍有名になった著者の最新刊。

 

 

2021年7月5日に見た予知夢が衝撃的だ。

(以前から大津波の夢、横浜が大津波に襲われる夢は見ていたとのこと)

 

・2025年7月。

 

「突然、日本とフィリピンの中間あたりの海底がボコンと破裂(噴火)したのです。

太平洋周辺の国に大津波が押し寄せました。

 

その波の高さは3.11の3倍はあろうかというほどの巨大な波です。」

 

(太平洋と津波範囲の図解あり)

 

「大切なのは、準備すること。災難の後の生き方を考えて、今から準備・行動しておくことの重要さを認識してほしい。

 

大津波後の世界については、私には、ものすごく輝かしい未来が見えています」

 

 

 さて、これだけでも充分衝撃的なのだが、

「ザ・フナイ 11月号」を見てさらに震撼した。

 

 

 以前当ブログでも記事にした「ディーガル報告」記事が載っていた。

 

<アメリカ2億人超、死亡!

<日本は2300万人が死ぬ!  2025年の悪夢「ディーガル報告」>

           船瀬俊介著

 

記事ではコロナワクチンによる人口削減を強調している。

 

>国際機関「ディーガル」は、過去数十年にわたり世界を軍事動向などから解析を行ってきたシンクタンク。

この研究機関は2014年から一貫して、西側諸国は、人口・GDPとも急減すると主張してきた。

 

2025年の人口動態予測によると

(2020年と比較して)

 

1.中国  2000万人減少

2.インド 3800万人減少

3.ロシア ほぼ不変

4.日本 人口1億2645万人が1億304万人に、2300万人減少

5.ブラジル ほぼ不変

6.米国  3億2662万人が9953万人に、2.2億人減少

7.インドネシア 700万人増加

8.メキシコ ほぼ不変

9.イタリア 1800万人減少

10.フランス 2700万人減少

 

日本では年間130万人あまりが自然死しており、

人口動態統計では年間50万人の人口減となっている。

 

ゆえに西暦2025頃には50万人X4=200万人の人口減となるはずが、

2300万人の減少ということは、

 

2000万人の超過死亡ということになる。

 

 この死亡がコロナ・コロナワクチンだけによるものか、

それとも上記、巨大津波の結果となるのかは、ここ1,2年の状況でハッキリするだろう。

 

日本人の5人に一人が死亡する時代が、すぐ目の前に迫っているのだろうか?

 

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

昨夜10時41分、スマホの警戒警報で目が醒めた。

 

 千葉県北西部を震源とするM5.9 最大震度5強の地震発生、

東京、さいたまに被害をもたらした。

 

停電・断水が一番困る。

 

 当地は震度3。

しばらく寝付けなかったが、余震は無かったようだ。

 

 

 次の予想は10月9日(土)とのこと、

 

折角の行楽シーズン、大事無いことを願いたい。

 

 どちら様も、備蓄に関しては、

少なくとも1ヶ月分、今年の新米を勧めたい。

(それも早急に)

 

 

 私は先月中に、商品・製品も3ヶ月分購入備蓄した。

(経費が嵩んで・・・・、。)

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

 

色々計算して、現実味を帯びてきた。

ということで、過去記事再掲。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

小金が溜まりそうなので、中古でもいいから別荘を買おうと思っている。

今のままならインフレになるだろうから、

手持ち資金が目減りする前に不動産取得という目論見。

 

 

ずっと昔、外国にいた時にインフレを経験したことあるが、

借金がみるみる目減りして助かった覚えがある。

当時は特に資産も無く、独身貧乏だったので節約生活で切り抜けた。

 

 

ということで、どうしても気になるのが昨日発表された、

「全国地震動予測地図2021」

 

 

このマップをじっくり眺めて、比較的安全な場所を選びたい。

 

ちなみに、今の自宅・職場所在地は赤色エリアになっている、、、。

 

 

参考までに富士山噴火予測地図。

 

このエリアに住むのは論外だ。

噴火したら即、トイレットペーパー、事務用紙、他、買いだめに走ろう、笑。

 

〜〜〜〜〜再掲終了〜〜〜

(日常衛生紙類、業務用紙類、お米の備蓄は完了したが、ガソリン高騰はどうなるだろうか)

 

 

別荘というよりは、セカンドハウスになるか。

冬場のアクセスには少々難があり、2ヶ月に1回程度の利用頻度だが、

前後も考えず、北陸に買う気満々だ。

 

 予算は2000万以内。

 

元気に仕事をしている限りは問題ないが、、、。

 

追記:新聞広告掲載「私が見た未来 完結編」、明日入手予定。

衝撃の未来予言が語られる?  

ブログ記事で紹介・考察したい。

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク

 

 

 

 

 

 

 

日本人ノーベル賞受賞と聞いても、手放しで喜べないのは、

 

業績が昔 過ぎるからか。

 

 今夜の化学賞で日本人受賞者あったとしても、やはり30年位前の業績だったら、

日本科学界にとっては過去の栄光でしかなく、深刻な状況の反映となろう。

 

 現在の基礎研究が、決して世界をリードしている訳ではないから、、。

 

(もっとも、米中は宇宙人科学のリバース・エンジニアリングで超絶科学テクノロジーを開発済みだろうけど)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

本日午前2時46分、

岩手県沖を震源とするM5.9の地震発生。

青森県で最高震度5強を観測した。

 

 今日は新月の水曜日。

 

ハワイ・キラウエア火山の噴火も引き金になりそうで、

 

水曜日になる度に思い起こす予言。

 

 

2013年4月22日記事

「二つの巨大地震」再掲

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1987年刊「宇宙からの大予言」松原照子著より

時期は外れた(先延ばしした?)ものの、未だに実現していない驚愕すべき地震の予言がある。

伊豆周辺のマグマが動き始めるため、

 

相模湾から東京にエネルギーが抜けて東京に大地震発生。

・それから一週間以内に、伊豆半島2km沖、

やや愛知県よりの地下2.3kmを震源とする巨大地震発生。
(伊豆半島・山梨県・神奈川県・東京西半分で震度7)


最初に東京で大地震が起こったら、

 

東京から愛知県の太平洋沿岸部一帯の住人は高台(標高100m以上)に避難するようアドバイスしている。

これが起こる時期は、
「伊豆の山々が紅葉しない、アサリの漁場でアサリが獲れなくなる、
富士五湖周辺の二つの湖の水位が下がるのが見えます」

水曜日、午後二時~五時くらい、晴れ、山やまの緑濃い時期という。
(魔の水曜日)
は秋か?)


 ネットで話題の関連予言としては、
沖縄の女性予言者の絶版本(アマゾン古書で18000円~)からの転載を見かける。

それによると、東京の大地震は富士山の東側8合目・頂上2カ所の合計3カ所からの噴火と同期して起こり、


富士山の東側は山体崩落するという。
(富士山噴火ハザードマップの噴火予想を遥かに越える大変動))

さらに、静岡~新潟間フォッサマグナ大断裂による日本列島分断を予言しているのだが、そんな日は来るだろうか。

しばらくは小笠原諸島、伊豆半島方面の地震に注目したい。

〜〜〜〜〜再掲終了

 

 

今日まで異様な暑さが続く、上記予言にピッタリの季節感だ。

 

今日の地震が大地震の前兆とすれば、

 

警戒すべき日は

 

10月20日(水曜日) 満月

 

11月3日(水曜日) (〜5日新月)

 

 


クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク






 

 

 

 

 

 

全く何の脈絡もなく、複数知人のコロナワクチン後 抗体価を知るに至った。

 

・20代女性 

ファイザー社製新型コロナワクチン2回接種後2週間目    抗体価  7500AU/mL

 

・30代女性

モデルナ社製新型コロナワクチン2回接種後2週間目     抗体価  27000AU/mL

 

・50代女性

ファイザー社製同上 5ヶ月後   

     抗体価  951AU/mL

 

上記3つとも同じ検査会社の同じ測定法IgG抗体定量値。

(抗体価50未満で陰性判定)

 

巷間言われているように、ファイザー社のは接種後漸次抗体価が減少している。

おそらく7ヶ月後には陰性判定になるのだろう。

(∴ 早期に打った、医療従事者はそろそろ効果切れ)

 

 それに反してモデルナ社製は抗体値が桁違いに高いため、

半年後でも有効値を維持できるかもしれない。

 

もっとも、定期的に接種するのなら、1回あたりに接種する量を減らすという選択肢もあるかもしれない。

それによって、副反応も和らぐか?

 

ま、どちらにせよ、私は打たない、笑。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^

FB麻痺でスイカも障害きたしているという。

人為的サボタージュであろう。

 

 

クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク