米地質調査所(USGS)によると、米国アラスカ州沖で日本時間昨日、

29日午後3時15分頃、M8.2の地震発生。

 

震源はアラスカ半島ペリービルの南東104キロ、震源の深さは32キロ。

アラスカ州南部などに一時、津波警報が出された。

 

 その後もM4〜M5クラスの余震が頻発しているが、
 日本に津波の心配はなさそうだ。

 

と思っていたら、丁度12時間後の本日午前3時26分に近畿地方でM3.6の地震発生。

京都で震度3だった。

 

となると、12時間後の本日午後3時16分頃も要注意か。

 

 

ということで2013年9月10日記事再掲

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨日9月9日、
午前9時04分に茨城県北部を震源とする
M4.4 震度4の地震があった。
震源の深さは10km。
オリンピック決定を祝しているのか、
何となく、意味ありげな地震である。

 

99

http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130909090423.html

 

 

 




最近発表されたアメリカ地質調査所(USGS)のシミュレーションによると、

アラスカ東海岸でM9の地震が発生すると、
米国ウエストコースト全域に8メートルの高さの津波が押し寄せるという。

1
FOX NEWS




 

 

このエリアの75万人が避難しなければならず、船舶は3分の1失われ
総被害額は80億ドルになると試算している。

2
FOX NEWS




 

 

この地震がカリフォルニア・サンアンドレアス断層で起こると予想されるM8以上の地震、
”ビッグ・ワン”を誘起するかどうかには言及していないが、
津波には打つ手がないとTV解説者もあきらめ顔であった。

聖母マリアの予言に、
カリフォルニアの地震で17メートルの津波が西海岸を襲うというのがあるので、
現実の津波被害はシミュレーションより甚大な被害となろう。

 2020年までに、何も起こらないことを願うしかない。

 

〜〜〜〜再掲終了

連日の雷雨でBSが映りにくいし、猛暑も続く。

停電したら大変だ。


クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク