<さらばアトランティス・・・愛をこめて> 第72話





原作:ドラゴン     編集:FUKATI


これまでの主要登場人物


・ターシャ:今は亡き天才科学者トル博士の姉で、帝国首都神殿の巫女

・フーカ:レムリアの叡智を受け継ぐアトランティスの老神官・祭司長
   (現代ではこのブログの管理人FUKATI !?)

・ハロンの科学者サマ博士、キュ博士:フーカの弟子。生き残りミッションを担当。
・宇宙観測所所長デープ
・官房室長・広報室長ロミ
・その部下ミチ・・秘密情報員で巫女

・ヨーシ総統:前提督を暗殺し帝国乗っ取りに成功した。
・宮殿長ヒーロ、その部下ローキ
・秘密警察長官ターナ
・取調室長マーク

・警護官長マーサ

・黒魔術集団頭領スーガ

・黒魔術師ワーラ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ヨーシは、ワーラにとどめを刺し積念の恨みを晴らした。


その 負のエネルギーは、 息も出来ないほどの泥々した おぞましいエネルギーとなり、神殿内を揺れ動かした。


そのエネルギーを媒体にして スーガは、大きく渦を巻き竜巻を思わせる様なエネルギーを神殿の空高くへと、 螺旋状に巻き上げた。


それに対して フーカは、神殿内にある 神の杖を取り出し、

 その杖を片手で高々と上に かざした。


また、 ターシャの祈りをバックに 愛の力を引き寄せ、

ハロンからの 遠隔地の祈りのパワーも借りて、

空に もう一つの愛の螺旋状の渦を創った。


一方 遠隔地 ハロンでは、

デーブ以下 博士たちが 隕石群の追跡過程で新たな 動きを発見し、

緊張感に 殺気だっていた。 


「大変です。サマ博士 、キュー博士 見て下さい。

いきなり 進路を変え、 隕石群がまた地球目指して きました。


何かに 惹き付けられる様に 、皆 同じ 方向でもありません 。


このままだと 地球上 至る所に落下して、 このハロンもどうなるか 解らない。


また 陸地だけでなく 、海に落ちたら大津波が起こってやられて仕舞う。。!」


「デーブ君、 了解した。

君は、そのまま 観測を頼む 。

ロミさん と サマ博士 、それでは、例の作戦お願いします。!」


「 キュー博士、了解した 。

ロミさん 礼拝堂に 皆さん を早く 誘導しましょう!」


「時間がないわね 、急ぐわよ! 」


「みんな 持ち場に ついてくれ 。

それと スクリーンに 神殿を映して下さい!

キュー博士見て下さい 神殿内から 立ち込めている 渦巻き状のエネルギーが空高く 舞い上がっています! 」


「いかん。

 その 強烈なエネルギーが 、隕石を地球上へランダムに散らばしている。

こちらの 礼拝堂のエネルギーを、サマ博士より 地下 ビラミッドに愛のエネルギーを繋げてくれ、聞こえるか サマ博士! 」


「キューさん、 もうやっている 。

もう少しで 状況が 変わるよ!


「分かった宜しく! 」


「キュー博士 、見て下さい。隕石群の軌道が変わりました。

散らばりかけた隕石が 一塊に なろうとしてます!」


「良し そのまま そのまま !」


辺り一面横に広がっていた隕石群が、徐々に縦長の配列になっていった。





<さらばアトランティス・・・愛をこめて> 第73話




「キュー博士、 縦長にになった一塊は、方向的には良いのですが、

 余りにも あんなに多数の 隕石では、

アトランティス だけでなく 地球が到底 もちません!」


「デーブ君 、こんなこともあるだろと想定して ある方向を取りたいと思います。


サマ博士 に” 虹の橋”と 言う言葉を 大至急連絡して!」


「解りました!」


 デーブは、キュー博士に言われた事を 波動無線で伝え 、モニターにチェックを入れた。


サマ博士とロミは、 虹の橋作戦を実行する為に 、

礼拝堂の中に居る 数百人の人々を円形に渦巻きを描くように 配列した。


 皆に両手を伸ばして手を繋いでもらい 、目を閉じ 礼拝堂 真上の星(その当時の中央星)を意識してもらい、

 巫女たちの調べに 合わせて 祈りを行って貰った。


綺麗な調べに 、ほのかに 暖かい温もりの波動が 礼拝堂より響き 、

天を目指し大きなうねりとなって 空高く 舞っていった。


「凄いぞ デーブ君。

こちらまで、 数キロ 離れた場所まで 何か 分からないが気持ち良くなる 暖かさを感じる。不思議だ! 」


「キュー博士 見て下さい 。

隕石群の縦長の物体が 次々 消えて いきます。

多次元空間に移動して行ったようです。

 スクリーンレーダーでは、だんだん 数が 減って来てます!」


「よし、 成功だ 。何とか 上手くいった! 」


広範囲に広がった 隕石群は、ある程度にまとまって 地球へ向かっている。

方角は、勿論 アトランティスだ!

いよいよ 始まるのか 、アトランティスの浄化が 。

また 禊が!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第73話終了

 次回はいよいよ最終回です。



クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク