今日はPCからネット接続できず、お手上げ状態。
電話は通じているのに回線ルーターの故障か。



28日に米国ワイオミング州で大火球出現後、
日本時間本日午前2時41分、同州イエローストーンでM3.2の地震が起きた。


今後注目のポイントである。




そして昨夜中国から入電したニュース、今朝大きく報じられた。


上海安徽省トリインフルエンザH7N9型による死者発生。



上海では87歳男性が2月19日に発病後、3月4日に死亡。

同じく27歳男性が2月27日に発病し3月10日に死亡した。



安徽省の女性は3月15日に発病していた。



三人とも検体からH7N9型と3月30日になって診断されたものの、

今のところヒト-ヒト感染は確認されていない。
(既存の抗インフルエンザウイルス剤の効果有無は情報無く不明。)



誠文堂新光社刊「天文ガイド」4月後の記事には、
2月15日のロシア・チェリャビンスク隕石衝突経路が詳しく載っている。

隕石軌道
月刊天文ガイド4月号 P19




記事によると、隕石(小惑星)は2月15日午前9時頃(日本時間)、
ハワイ諸島南方上空16.4万kmを通過後、



12時13分頃に上海の上空3900kmを通過してユーラシア大陸に入り、



同16分にはゴビ砂漠上空1800kmを移動、



12時18分にアルタイ山脈上空230km、



12時19分にカザフスタン西部上空を飛行し、


20分にチェリャビンスクへ落下した。



今回のトリインフルH7N9は、まさにこの隕石落下後の時期に、隕石のコース下エリアで発生したものだ。



噂によるとロシア・チェリャビンスク州では、隕石落下後から狂犬病が増加しているという。



隕石が何らかの物質を地球にもたらし、生物・ヒトの免疫系に影響を与えているとしたら、
今後益々世界中で新興・再興感染症のアウトブレイクが懸念される事になる。



disease outbreaks mapより
白丸はインフルエンザH1N1の流行地帯。
インド、地中海方面で多発中。


hini

http://outbreaks.globalincidentmap.com/


これから夏に風邪をひいたら、
それは”隕石カゼ”かも知れない。


おまけ画像。3月27日インドに落下した隕石

2703インド隕石
segnidalcielo


クリック頂いて有り難う御座います。

fc2ランク