秋葉原無差別殺人事件の被害者タクシー運転手は10年後もPTSD症状を抱えながら語り継ぐ | 翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

翠雨★PTSD予防&治療心理学研究所

PTSDが爆発的に流行しています。
心的感染症ですから、もはや万人にとって他人ごとではないのです。健康で自分らしく個性的に天寿を全うするためにPTSDを学びましょう✨


テーマ:
東京・秋葉原で

17人が死傷した

無差別殺傷事件から

10年になりました。

 

加藤智大死刑囚(35)は

動機について

「ネットの掲示板で嫌がらせする人に

やめてほしいと伝えるための手段だった」と

主張し続けましたが

 

脇腹を刺され

生死の境をさまよった

路上を転げ回ったところで記憶は途切れ

意識が戻ったのは4日後だった。

「PTSD予防」の画像検索結果

元タクシー運転手の湯浅洋さん(64)は

「あれは本心だったのでしょうか」と

手紙を書き

問い続けています。

 

冷や汗やめまい

急に目の前が見えなくなる後遺症があり

タクシー運転手は辞め

工場で働きながら

 

 



 

若い世代の人たちと

語り合い

風化させないように

一緒に考え続けることで

二度とこのような事件が起きないようにしたいとのことです。

 



 

PTSD予防のお手本ですね。


翠雨PTSD予防&治療心理学研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス