重要書類と一言で言っても、

いろんな書類があります。


お金にかかわること。

財産(固定資産)にかかわること。

生命にかかわること。


ざっくり言って、こんな感じでしょうか。


銀行の通帳、

クレジットカード、

不動産の権利書

賃貸契約の書類、

様々な保険証券、

年金手帳、

健康保険証、

本人確認書類(免許証・パスポートなど)

でしょうか。


毎日携帯しているもの、1年に1回も見ないものなど、

日常的なものから、

先祖代々から子々孫々まで

なんて書類もあります。


銀行の通帳は紛失しても、

本人確認をして、書類を何枚か書いて、

届け出印を押印すれば、

有料で再発行できます。


クレジットカードも紛失したら、カード会社に連絡し

不正使用されないようにしてから、

書類を書けば、再発行できます。


健康保険証も、勤務先などに言えば、

再発行可能です。


免許証もパスポートも、手続きは面倒ですが、

再発行してもらえます。


一番厄介なのは、

不動産に係る、権利書、契約書などです。

年に1回も見る機会がないのですが、

とても重要なので、自分ひとりじゃなく、

家族にも周知しておきましょう。


重要書類は、

銀行の貸金庫に預けるのも、良いかもしれません。

取引のある銀行に、貸金庫があれば、

使用料?手数料は、年間で1万円台からあります。

ア○ソックやセ○ムに警備をお願いしても、

月1000円で警備はしてくれないので、

検討する余地はあります。


特に、ご実家に高齢の親御さんだけがお住まいの場合は、

里帰りの際にでも、書類を確認をして、

安心してあげてください。

ただし、財産目当て???なんて、

不審に思われないように、話を進めてください。

仮に、病気や認知症などで管理が困難になっても、

迅速にフォローできますよね。



最後に、重要書類は、

コピーをして、

家以外のところに保管しておきましょう。

家以外っていうのが、とても重要。

紙ベースは・・・って方は、

データにしてクラウドで保存もありですね。

ご自分に合った方法と保管場所を考えましょう。


バックアップをしておけば、

仮に災害に見舞われても、

重要書類を再発行するため、

わずらわしい手続きでの心痛を

少しでも軽減できるかと思います。



次回は、書類オーガナイズ最終回 その他編です。

明日は、所用で更新できないので、

16日木曜日に更新します。