その他の書類って、言いますと、

電化製品の取扱説明書や保証書、

年賀状や

思い出の書類や、

自治体からのいろんな書類って

どうしましょう。



家の中の様々な

取扱説明書は、一か所に

まとめるのが、基本です。

見る頻度は少なくても、

困って取説を読もうと思った時に探せないのは、

時間と労力の無駄ですし、

めちゃめちゃストレスになります。


電化製品の取扱説明書は、

メーカー名と型式がわかれば、

ネットで取説のダウンロード

ができる時代です。

消耗品の型番のページと、

故障かなとおもったらのページと、

お客様相談の電話番号が必要なくらいなので、

探すのが面倒な人や、

管理できない人は、

取説を捨ててもいいのかもしれません。


ですが、

保証書と支払った領収書を一緒に

して保管するのが、とても重要です。

製品のリコールや修理の際に

無償有償に関係してきます。

年賀状は、年賀状ファイルに入る分だけを綴り

捨ててます。

でも、お気に入りの年賀状は、保存します。


自治体の広報誌も、自治体のホームページから

内容が見れるので、一年経ったら、基本捨ててます。

でも防災マップ関係だけは、保管します。



ここで問題なのが、

昔の思い出や過去の栄光がらみの書類たち。

人に見られて恥ずかしいものは、

責任もって自分で処分・管理

するのが、重要です。

私なら、学校の成績表でしょうか。


私も過去の書類等で捨てれないモノが、

前の職場の賞与明細と辞令、

ネームプレートと

自分の記事が載った広報誌と、

検定試験の合格証です。

給与明細は、捨てたのですが、

賞与は、昇級、昇進の歴史が見て取れるので、

残すことにしました。

昔の私あっての今の私なので、

今は保管しています。

未来永劫、永久保存書類ではないかな・・・。



書類は、再度使うからこその書類です。

ペーパーレスの時代、

紙からの情報で、ペーパーマス(増す)になり、

自分の環境を乱していませんか?

書類も

紙の特性を生かせるように利用して、

使い切って、見直してから、処分しましょう。



最終回 その6は、

紙の収納用品について、

お話をします。

次回は、明日金曜日の予定です。