ぽや♪すみ(旧「おみちょり♪通信/おみ♪てお」)
セキセイインコなのにこんなに声域が広い(低い声が出る)なんて!

証拠動画は【こちら(Click)】

テーマ:

前回の続きです。
P-SKをお迎えに行ったときのことを、思い出しました。



最初は北千住の鳥信にも寄ってみようかと話していましたが、結局面倒だということで、南千住のロイヤルホームセンターにそのまま向かいました。


確かにここはヒナに給餌するときにシリンジで行ったりと丁寧なのですが、インコの誕生日が微妙なのです。
「2018年5月」のような、誕生月までの表示しかありません。
これは前回ぽやぽやをお迎えに行った2年前もそうでした。
「2016年4月」とだけあったので、勝手に4月15日生まれということにして買ったことを思い出します。
それに引き替え、私の記憶が確かなら、鳥信はもう少し細かく教えていただけたと思います。



ただ、南千住の挿し餌はシリンジ(フードポンプ)給餌で、鳥信は粟玉でした。

どうせ最初のうちは人間に慣らすためにもシリンジでやらないと、と思っていたので、南千住に向かった、という面もあります。

ところが、どうも最初からスプーンからの粟玉(混合フォーミュラ)給餌を鳥が喜んでくれたので、さっそくシリンジは置いといてスプーン給餌ということになりました。

 

 


スプーンをめがけて、まるでキツツキを通り越してバイブレーターのようにツンツンツンツンツンツンツンツンと餌を食べます。
見ている私もうれしくなってくるほどです。
ここまでいくなら、もうシリンジは要りません。



でも、どうも1週間もすると、挿し餌のモチベーションが少し下がってきたのか、食べるスピードが落ちてきたかのように見えました。

インコのヒナは、週単位での変化や成長があり、それらの観察が大事だと考えています。


素人ながらいろいろ考えました。
(何か5月生まれにしてはデカいんじゃないか?だから挿し絵のモチベーションが下がり始めているのでは?)
お迎えが6月24日で、5月生まれなので、1日生まれなら7W6D~31日生まれなら3W3Dまで、幅があります。
平均を取ると5W5Dくらいなのですが、そのくらいの週数だとまだまだビヨビヨ言いながら挿し餌真っ盛りの時期なはずです。

最初は、1日3回の挿し餌でしたが、2回に減らしてみることにしました。
そのかわり、エサ箱に粟玉を入れて、様子を見ることに。
もう7-8週くらいなはずだから、大丈夫だろう。。

また、挿し絵の時にツンツンツンツンすると、周りにエサが飛び散って、後が面倒です。
自分で食べてくれるなら、そんなこともなさそうかもです。

はたして、最初はエサ箱の中で砂遊びみたいな感じで、うまく食べられなかったようですが、そのうちにエサ箱に入りながらも餌をついばんだりするようになりました。

ただ、ケージの止まり木の所に指を出すと、ビヨビヨいいながら寄ってきて、なるで挿し餌をせがむかのような仕草を取るのです。
(まだまだ挿し餌が忘れられないんだな、かわいいな)

その時は全くそのようにしか思いませんでした。
あくまでも後知恵ですが、もしかしたら、これが最初のSOSだったのかもしれません。



なぜ、ひとり餌を早まってしまったか?
もちろん、掃除が面倒だから早めに挿し餌を終わりにしたという訳では絶対ありません。

一番の理由は、成長観です。

(ずいぶん育ってるなあ)
(お店で週数のサバでも読んだんじゃないか)

そんな感じなんです。
買ってきたばかりの頃はまだあった「ビヨビヨ」もすぐになくなりましたし、ぽやぽやを買ってきたときよりは明らかに大きかったです。

粟玉の残りは、まだたくさんありました。
でも<u>粟玉ばかりでは栄養も偏る</u>ので、まずは皮むきのエサにして、それから少しづつペレットに移行できれば、みたいなことも思っていました。
5~6ヵ月くらいになるとヒナ換羽が始まるので、そのころになったら、ネクトンSとかネクトンバイオとかも水に入れてやらないと。。

そんなことを思いながらも、なかなかエサ箱の中の粟玉の残りも減りません。
それは、おそらく幼少だからあまり食べないのだろう、などと勝手に考えていました。



そのうち、だんだんよく昼寝するようになりました。
インコは、熟睡するときは、首を肩の後ろに突っ込んで顔を隠して寝ますが、そんな姿勢で昼間からずっと寝ているのです。

(寝る子は育つのかな)

便もややゆるそうではありましたが、尻が汚れているほどではなく、ヒナだからかと思っていました。
このように、私もしっかり調べもせずに、「昼寝」するP-SKの横を通りがかっていました。
それよりも、教えてもいないのに、首を肩の後ろに突っ込んで寝る姿勢を自分で取るなんてすごいな、みたいな頓珍漢なことを考えていました。

あくまでも後知恵ですが、本当に今考えたら迂闊なことをしたと思います。
さきほど「インコ」「よく寝る」で検索してみたら、関連キーワードで「病気」と出てきました。

「膨羽嗜眠(ぼううしみん)」という症状があるようです。

小鳥は平熱が42度くらいあり、低栄養下で代謝による体温維持が困難になってくると、体を膨らませて、首を肩に突っ込んで、体温の低下を防ごうとするのだそうです。


その他、免疫力の低下や感染による二次症状を引き起こす前段階であり、エサを口にしなくなってくると人間でいう危篤なんだそうです。


対処としてはまずは「保温」と「栄養補給」だとのこと。


このところの猛暑で、「保温」の方は問題なかったと考えると、やはり「低栄養」がもっとも疑われます。


あまり素人考えでひとり餌を急がず、もう2週間~3週間は挿し餌を継続しつつ、もし可能であれば粟玉ではなく挿し餌と同じ味のケイティーイグザクト系のペレットでひとり餌に持っていければ、もしかしたらP-SKの結果は違ったかもしれません。

また、膨羽嗜眠は幼鳥や老鳥など抵抗力の低い個体に発生しやすいそうで、そのあたりの注意も最初から足りませんでした。

この間、荒川沖にラーメンを食べに行ったときに、ちょっと覗いたら、ジョイホンのペットセンターB館に全部揃っていました。
ケイティーイグザクトのフォーミュラ、ペレットはもちろん、ネクトンSどころかEまでありました。

すべては後悔先立たずですが、今日は反省会なので。。。

P-SKも小動物の常で、体調の悪いのをぎりぎりまで隠そうとしますし、やはり私がたいへん迂闊でしたとしか言いようがありません。

そして、7月18日の夜を迎えました。
P-SKはいつもどおりの態勢のまま、止まり木の上で寝ていました。
横のケージの中のぽやぽやはあまりそのような態勢はとらないのですが、2匹とも静かにしていたので、いつもどおりそのまま消灯しました
・・・



あくまでも後知恵ですが、流れとしては、やはりひとり餌を急いだ流れになってしまっていた点がひとつが明らかであり、つくづく後悔するばかりです。

大変残念ながら、我が家では、3週間と4日しか生きることができませんでした。
チンゲン菜も豆苗も食べさせてやれませんでした。
粟の穂も経験させてやれませんでした。
自分の名前も教えてやることができませんでした。

それでも、挿し餌の途中で保持に失敗したりすると、バタバタと飛び上がって、エアコンの裏の上にまで行ってしまったりして、我々人間をてこずらせる一面もありました。
ぽやぽや兄さんのケージにお邪魔すると、長幼の序なんかどこ吹く風で、堂々とミラーブランコを占領したり、おちゃめな一面も見せてくれました。

何だか、大人びたというほどでもないんですが、おみちょり(はひとり餌になっていましたが当初は飛べなかった)とかぽやぽや(はホントに赤ちゃんだった)と比べても、ちょっぴり早熟な感じがしたP-SK。
バカな私が、注意力散漫になってしまいました。

ひとり餌の切り替えなどで週数を推測する場合には、安全側である低齢の方に振って考えるべきでした。
6月24日時点で5月生まれとしたら、1日生まれの週齢7W6Dではなく、31日生まれの3W3Dと看做して対応すべきでした。
そうすれば、あと1月程度は挿し餌をしないと、という考えになるはずです。それに挿し餌をしてインコに与える悪影響なんて全くないわけですから、Fail-Safeの観点からも、迂闊でした。



ただ、膨羽嗜眠に至った段階で、予備知識なしで低栄養に気がつくというのも、少々専門知識や検索力がいる状態なのかもしれません。

であれば、最初の挿し餌の卒業に関して、早合点せずに、「安全側に振って考える『という原則に従って行動』」するほうが、原則頼みなのでFailが起こりにくいのではと考察します。

これはもちろん、鳥の飼育のみならず、処方や処置の術式・マテリアルの選択その他においても基本的に有効な考えだと思います。
そのためには、原則を大事にする考えも大事ですが、それを生かすには

◇ 早め早めの 行動 判断を心がける
◇ 安全原則はまず新しい行動を控える方向で設定する

必要がありそうです。
とくに医療業界ではEBMなどといって、エビデンスを重視するのが原則です。官僚の役所仕事に似ているようにも見え、一見保守的に感じられますが、これは上の2番目の原則を大事にしているからだと思います。

判断は積極的かつ迅速にするんですが、むやみな行動は控える方向で検討する。

P-SKの教訓でした。R.I.P. Tribute to P-SK


テーマ:

このたびは、また残念なお知らせをしなければなりません。
P-SKですが、7月19日に、虹の橋を渡りました。

朝5時半ごろ、妻に起こされて階下に下りたら、娘が泣きながら、P-SKを抱いていました。
見るともうぜいぜいして、努力性呼吸のような状態です。

昨日の夜に、就寝時にケージの横を通ったら、いつもどおりに首を背中に突っ込んで寝ていたP-SK。朝妻が見たときには、まさにフンキリアミの上に落ちて倒れていたとのこと。

最後は娘の手の中で、段々静かになり、眠るように息を引き取ったP-SK。
彼にとって私たち人間は、一体なんだったのか。
まだまだこれからといっているうちに、あっという間に逝ってしまったP-SK。
何もしてあげられなかったと思うと、本当に残念です。

 苦しかったか?辛かったか?
 何の力にもなってやれなくて、ごめんよ、P-SK。

その日の朝は、重苦しい雰囲気が家庭内に漂っていました。
夕方、学校から帰ってきた娘が、庭の見やすいところに埋葬していました。



短い間でしたが、P-SKの写真や動画もいくつか撮りました。
そろそろブログにあげようかと思っていた矢先でした。

ここにいくつか紹介いたします。

先輩のぽやぽやと隣り合った状態です。


P-SKはぽやぽやと相性がよく(ぽやぽやが気が利く子というのもあるかもしれない)P-SKをぽやぽやのケージに入れても、仲良く戯れたりしていました。

挿し餌の時には、それはそれはよく食べていました。


最初の数日は私がシリンジで給餌していたのですが、スプーンから泡玉とフォーミュラ(KAYTEE exact)を混ぜたものをよく食べていましたので、そこからは娘に給餌を任せる感じになりました。



今回心残りなのは、おみちょりのときと違って、何もできないうちに終わりになってしまったことです。
おみちょりのときには、むしろオーバートリートメントが仇になってしまった感が強かったのですが、P-SKの場合は逆です。

今回は取り急ぎのご報告でしたが、P-SKの帰天から3日たちましたので、私の心の中の区切りもある程度ついたと考え、ここにご報告させていただいた次第です。

次回、短い間ながらも、P-SKの思い出をひもときながら、反省点があるなら考察してみたいと思います。


テーマ:

あれからどれだけの時がたったのでしょうか。

何度(もうブログやめよう)と思ったことでしょうか。

 

 

読者の方も、radice62さんはどうしたんだろう、と思ったかもしれません。

 

私事ではありますが、じつはぽやぽやは、信頼できる方の元に一時的に預かっていただいておりました。

1ヵ月~2カ月に一度くらいですが、ときどき様子も見させていただきました。

かれこれするうちに、あっという間に1年が過ぎてしまいました。

 

ご案内のとおりですが、新生児を育てるということは、家庭内が今まで経験したことがないような慌ただしさを増すものです。

特に母親の負担ときたら、私にとってまったく想定外のタフな物であり、結果として何もサポートらしいサポートをしてあげられませんでした。

とてもではありませんが、これではぽやぽやにまで手が回りません。

 

ただ幸いなことに、仕事上で長年お付き合いのある事務所さんが非常にインコに対して理解があり、事情を汲んで快く引き受けてくださいました。

 

新しい人たちに囲まれて、新しい言葉もたくさん覚えたようです。。。

 

そしてあっという間に1年が過ぎてしまいました。

 

 

おかげさまで息子は順調に生育しております。

このあいだは1歳6か月検診もありました。

歯も16本生えました。仕上げ磨きはパパの仕事です。

食べられる物も増えてきて、今日は炭酸飲料の味を覚えました。

 

そしてまた、私たち一家は諸般の事情により引っ越しました。

(別に何か悪いことをしたわけではありません)

 

ちなみにぽやぽやをお迎えした住居をAとします。

事務所さんにお預けした時の住居がBとすると

再度お迎えする現在の家Cは、まだ引っ越してきたばかりです。

 

昔から何とか三遷とは申しますが、

それでも、何とかお迎えできそうなめどがやっと立ってきました。

 

 

BとCは、子供の学区が変わらない範囲での転居になりましたので

車で5分くらいの所です。

 

そう、この間は娘の誕生日でした。

誕生プレゼントという訳でもないのですが、ぽやぽやをお迎えしたお店に家族で赴きました。

南千住のロイヤルホームセンターの3階です。

 

ここはヒナにしっかりシリンジで挿し餌をしているんです。

2年前のオープン時から変わっていませんね。

ひとしきり見た後「この子が欲しい」と娘が言います。

すごくノーマルな感じの子ですが、とにかく性格がよさそうで、気さくな感じです。

 

 

ふと、「おみちょり」をお迎えした時のことを思い出しました。

今度の子も、長生きしてほしい。

おみちょりが、見守ってくれるかなあ?

(お前も他人の面倒ばかりで大変だなあ、ごめんよ)

 

先月生まれとのことで、まだビヨビヨ言っていますが、慎重にシリンジで挿し餌します。

翌日、この子はスプーンからフォーミュラを食べられることが判明しました。

・・・あれ、何だか思ったよりも育ってるかも?!

5月、生まれ・・・5月1日くらい生まれかな(笑)

 


テーマ:
ういっす!

日付が変わって、3月2日。
あれは閏年だったから2月29日。
だから今年の3月1日でもう1年たったんだなあ…

どうだ、むこうは楽しいか?
いろいろ、仲良しのお友達も増えたんじゃないかな?

俺が思い出すのは

そうだ、今から35-36年くらい前に、ルチノーのインコを飼ってたんだよ!
とか、お店に行ったら俺の手にプレゼントくれようとしてくれたよな!
とか毎日ケージに戻すのが大変でさ、
とか


あの頃とほぼ変わってないなぁ(笑)

お前のことも、俺の記憶からは全く風化してないってことかな。

もう1年たつんだよな。
そういや、あの頃は、時期的に、松任谷由美の「春よ」が、辛すぎて涙なしに聴けなかったなあ。。
Greeeen進行の後のサビの4-5-6-6(F-G-A-A)の繰り返しも、またマイナーコードに嵌まって、涙を誘うのよ。
で、何でお前に(新暦の)春は訪れなかったんだろう、なんて思うと、込み上げてきてさ…

ところおで俺は、こんな客商売の自営をしてることもあるせいか、いつも思うんだよ。
スピリチュアル的には退化なのかもしれないけど・・・

「今日も『昨日と(大体)同じように』大過なく過ぎてほしい」

商売って、サラリーマンと違って、大変なんだよ!
縦ブレが大きすぎてさ!

いやガチで。
だから、変化に適応するのは必要だとはいえ、基本的には「大過なく過ぎつつも少しだけ昨日よりも発展して」だなんて、変化の幅が少ないことばかり祈るんだよ。
もちろん客数や売り上げが減少しますように何ては絶対祈らないけど、でもいきなり行列店や繁盛店になっても、それもそれで困るんだよ。
だから一番自分に都合の良いことを祈るんだけどね。。

ただ、おかげさまで、胸を突くような強い悲しみや虚脱感は、「時間」が穴埋めしてくれたかな。

その後さ、こちらの世界のことをざっくり言うと、大きな出来事があってさ。
11月に息子が生まれたんだよ!
それに備えて、俺たち一家は部屋がフラットなマンションに引っ越した。
そういえばお前が眠ってるのは、一軒家のあの庭のヒヤシンスの下なんだよな。
抜けた羽は連れてきたけど、覚えてるよ!

ぽやぽやは、もちろん元気にしてるけど、今は新生児の世話が大変で、そっちがメインかな。
人間の赤ちゃんって、24時間365日必ず大人が傍らについてないとダメで、まぁみんなそうやって大きくなってきたんだけどさ、もう少したったら、もうちょっと環境が変わるかもしれないけど、もうしばらくの間だけ、ちょっと人に協力してほしいと思いながら世話してる。

そうそう、この間、なんでかしらないけど別件で「霊能者 茨城」とかで検索したんだよな。
そしたら、お前のことを診てもらった守谷のsono先生とは別の先生がいっぱい出てきて、あれこれ書いてたっけ。

誰だったっけ、忘れちゃったけどさ。言ってたよ。
ペットって、人間とともにありながら楽しく生きることが仕事なんだって!
お前は、楽しく生きてた…よな
(と、自分が楽しかった記憶しかないので勝手にそう言いくるめようとしている)

人間は、幸せになることが仕事で、動物は人間のそばで楽しく幸せに生きることが仕事なんだって。。

その意味では、お前との時間はとても楽しかったから俺は完全にクリアしてたな!
じつはおみちょり!お前、自分が人間だと思ってただろ!
だからあちこち監督して回ったり、床の上を走って逃げるのが好きだったりしたんだな!

俺もむちゃくちゃ楽しかったからな!
その気持ちは、天国からならリアルに感じられると思う。



いろいろと、おみちょりについては思う所も多かったし、折に触れていろいろ書いてきたけど、一周忌も過ぎたし、ひとまず追悼的なのは、一区切りにしようかと思ってる。

でもお前はいつまでも俺の思い出の中では元気に放鳥とフンをしまくってて、4オクターブのおしゃべりにたけていて、元気に過ごしてるからな。

いわゆる「虹の橋」伝説ってやつ、知ってるかな?

ホントかどうかはわからないけど、もし俺がそこに行くときは、橋のたもとでお前と会いたいから、ちゃんと出てきて「♪~おみちょりおみちょり」とか言って俺に気づかせてくれよ。

あと何匹か、そこで会う予定の奴がいるから、お前もちゃんと自己アピールしろよw

で、友達と一緒に虹の橋を渡ろうな、おみちょり!

テーマ:
(すごく遅くなりましたが)
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

おやおや、ぽやぽやは少し疲れ気味のようですね。。。

しっぽと踵が下がっていますね。。

ブランコに戻ったら、少し元気な感じになってきたかな・・・

いやいや、やっぱ少し疲れてっかな、こりゃ

じつはこの写真は、実家に帰省した時に撮ったものです。
今年の正月は色々と慌ただしかったのですが、一日だけぽやぽやを連れて静岡まで帰省しました。
おみちょりの時と異なり、今回は車(セレナ)です。

茨城県南~静岡県東なので、渋滞がなければ2時間半~3時間弱です。
日中は当然高速は渋滞します。
(みんなで力を合わせて大和トンネル解体運動を!!)
ですので、行きは夜9時頃に高速に乗って、11時半頃につくような感じ、帰りは朝5時半頃に出て8時半頃につくような感じです。

ぽやぽやもそれは疲れるよな。

高速を行く間、ケージは助手席に置いてありました。
やはり、振動でかなり細かく揺れます。
下道を走っているときは信号などでの停車で、ブランコなども大きく揺れます。
決して鳥にとって快適な環境とは言い難いものがあります。

以前、他人の運転する車に乗っているときに、ためしにケージを上から手でぶら下げて持っていたことがありましたが、これがいちばん安定していました。
とはいえ、屋根を改造したりして引掛けたりするのは怖いです。

意外と良かったのが、ひざ掛けブランケットを4つに折りたたんでケージの下に敷く方法です。

これですね。いわゆるひざ掛け毛布です。

普段は「ぽやすみ(ぽやぽや、おやすみ)」の時に保温を兼ねて遮光用として使うのですが、これを4つにたたんでシートに敷いてからケージを載せると相当いいクッション代わりになり、ビシビシといった細かい振動はほとんど取れます。
途中のSAで敷いてからは、振動音が全く変わりました。

とはいっても、なるべく長距離は控えた方がいいですね。

おみちょりの時のような鉄道の場合も、今度は移動用ケージに長時間の押込になってしまって、それはそれでタフですし。。

…よし、今年も頑張ってこ!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス