【癒しの杜】周辺散策 2 秋月の棚田、夜須高原 | 秋月 癒しの杜 主人のブログ

秋月 癒しの杜 主人のブログ

のんびりと、のんびりと過ごしていただける場所

福岡県朝倉市 秋月で、真の癒しを追求しています。


テーマ:
{41F63D1D-9261-4302-9155-9AD86D974EEC}

{2B305703-678B-4981-84AD-78FE00A32A72}

去年の7月に朝倉の街を襲った大豪雨

{ECBC81AE-1194-4AB3-8EC2-B19B223BDD99}
ちょうど↑この場所を
↓今日、通ってきました。
{4AE12298-0C8E-4338-9C4C-DAE894D9CEC4}
(本日撮影)

今もなお、豪雨の爪跡を残し、土砂を運び出すダンプが往き来しています。

{D2536941-748B-4A37-AFFA-2A50B0DAE69B}



大分県日田市で12年
福岡県福岡市博多区で18年

整骨院を営んできました。

博多と日田市のちょうど中間の場所に朝倉市があります。

{48CAF0AE-7ECF-46B0-A2A1-287202809643}

今度はここで、のんきになにか を始めます。

何を始めるかな?

と、考えていますが、

ひとつだけ取り柄があるとすれば、

私は、治療家です。

【のんきが必要な方】をたくさん診てきました。


【人を幸せにして差し上げたい】なら

まず【自分が幸せに】ならなければならない。


人を【のんきにさせたい】なら

まず【自分がのんき】にならなければならない。

(>人<;)
『先生!肩コリがひどくて頭まで痛いんです!』

私は、まず

『あっ!それ?気のせい気のせい!』

(o^^o)
『大丈夫!なおりますよ!』と言います。

そして、頭の中は、
『さて、この人をどうやってのんきにするかな?』と考えるんです。


30年前は、
身体は冷えたまま
低周波治療器で、筋肉をピクピクうごかしたり、
グリグリ指で首の付け根を揉んだり
頭を持って、首をポキポキッと鳴らしたり

20年程前から
足浴に浸かってもらって、【頭寒足熱】の後にもみほぐしたり

10年程前から
よもぎ蒸しや、タイ古式マッサージや運動療法を取り入れたり


それでも何かが足りない・・・


『はい、お次の方どうぞ〜』

『はい、いいですよ!』

『はい、お次の方どうぞ〜』

『はい、いいですよ!』


ずーっと繰り返し

上手に治療していれば

患者様は
『ありがとうございました。』と言ってくれる。


でも、この人は、また訪れて、
『先生!今度はココ!が痛いです!』

有り難い話です。
その方が、儲かりますもん!

ずーっと
『また明日来て下さいねー。』って言ってました。


その場しのぎの治療やマッサージだから、根本解決には至らないんですね!

短時間で、一生懸命治療してその時だけ楽になって

結局、その方は、また世間の荒波に戻り、繰り返し、積もり積もってオーバーヒート

では、なぜ【頭が痛い】のか?

頭をマッサージすれば良くなる?

どうも、
【肩が凝ってる】のが関連がありそうだ。

肩こりをほぐせば良くなる?

確かにその時楽になりますね!


でも、肩こりは、なぜ?

「姿勢が悪いから」

なぜ姿勢が悪くなる?

「仕事でずっとパソコンを打ってるから」

では、仕事は辞められる?

「辞められないです。」



環境ですよね?


人間関係の悩みが原因だったり、いろんなストレスが原因・・・

いつも頭の中が【スイッチオン】の状態だから、【スイッチオフ】の状態に出来なくなっている。

ごめんなさい。
私、30年前は、力づくで【スイッチオフ】にしていました。

20年前は、温めたり、鍼治療で【スイッチオフ】を誘導していました。

10年程前から、全身に目をやり、【環境】と【意識】が大切だと思い始めました。


博多駅の近くという都会の中で、出来ることといえば、

自分が張り切って理論を述べたり、ゴッドハンドの神技で、スッキリさせる事ではなく、スイッチオフ!【のんき】にさせる事、が重要だと思っていました。

今まで、
都会の騒音の中で、

仰向けに寝て目をつぶって、

手のひらを太陽の光を浴びるように表向きにして、

肺の奥底まで深く酸素が行き渡るようにゆっくりと呼吸をして、

広〜い宇宙にポッカリと浮かんでいる自分を想像して下さい。
(リラックスヨガです。)

と、いうのをやっていました。

今度は、ここで
{CD77877C-9574-4A17-8F84-9722F0FD1A73}

この景色を見ながら
{131A0656-8EE7-4C7F-8E25-ADAA349A4389}

足浴や、よもぎ蒸しをゆっくりとした後にやろうかな?

って思っています。


では、
【癒しの杜】周辺散策2
秋月の棚田、夜須高原、秋月城下町です。

{01611870-786B-4AE8-9DAE-B9372D4B9B0E}

『桜がまだ残ってるねぇ〜♪』

『今日は、ホント気持ちのいい天気ですねー♪』

{6F65A1CE-9695-4124-B7D8-4EA076723596}

{166B5403-C5C4-4929-BEB7-594C18A952DB}

『ここでお弁当たべますか?』

『最高だね!でも、農家の人があそこで作業してるから、怒られるかもよ!』

『そうですね!ここからすぐのところに夜須高原ってありますから、そこ行ってみましょうか?』

レッツゴー♪
{F1F0C75D-645C-4E71-9178-BFF16ED36EDD}

『いやぁ〜♪ここもまた気持ちいいねぇ〜♪』

『家族連れがいっぱいですね!』

『子供達が元気いっぱいだ!お父さん、お母さんもニコニコして楽しそう♪』

さて、🍙お弁当お弁当♪

{9888A359-1B6A-46EC-8847-1B8382DA51D9}

『さて、次はどこかな?』

『【癒しの杜】予定地のすぐ近くなんですけど、秋月の城下町があります♪』

レッツゴー♪
{D4CA6B9C-9E60-4314-B163-B502341D8C0A}

『ちょっと待って!アレ秋月の街じゃないの?』

『めっちゃ景色いいっすねぇ〜♪』

よっしゃ!秋月城下町へレッツゴー♪

{70B531A1-3933-4D3B-807D-7CF746C65CA0}

秋月の城下町は、また、

【癒しの杜】周辺散策3

お楽しみに♪

朝倉市 秋月 癒しの杜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス