酒と桜と読書

テーマ:

今回も久しぶりの投稿になってしまいました。

 

 

親の実家があります広島へ行ってきました。

あちらで桜を見るのは初めてのように思います。

 

読書は好きでずっと続けているのですが、最近読んだ本に「アウトプットが大事」という事が出てきました。

拙い文章でも、書き始めてみようかと思います。

 

最近読んだ本というのは、

「精神科医が教える 読んだら忘れない読書術」 樺沢 紫苑・著 サンマーク出版

読み途中で、同じ事を目にしたのが

「文脈力こそが知性である」 齋藤 孝・著 角川新書

 

前者はタイトル通りでの内容ですね。

読みやすく、分かり易い文章で、読書初心者、不慣れな方もサクッと目を通せるのかなと思います。

 

『「読んでも忘れてしまう読書」はやめなさい』

 

と、いきなり耳の痛い言葉で始まりますが、確かに自分の糧になっていないなら時間の無駄ですよね。

忘れない為には、アウトプットをすること!

人に話したり、SNSを活用したり…

とのことなので久しぶりに書いてます(笑)

 

本書が勧めている読書法は他に

記憶に定着させる為に楽しんで読むこと

「速読」よりも「深読」(注・著者の造語のようです)を意識する、等々

 

他にも自分に合っている本の選び方や、電子書籍の活用法等、本を読んでいない方に向けた内容が多いように思います。

著者が読んだお薦め本も、様々なジャンルが文中随所に出てくるので、その中から興味が湧く本も見つかるかも知れません。

私自身、線を引いたりページを折ったりして、チェックしたのが何冊もあります。

 

「読んだら忘れない読書術」

このタイトルで興味を持たれた方は、一度手に取ってパラパラ捲ってみては如何でしょうか?

 

長くなってしまいましたので、今回は後者については割愛させて頂きます。

短く纏めるのも文章力がいる事ですね。

 

青い空

酒を呷って

桜散り

 

風強くなり

マスク欠かせず

それでも楽しくかっこよく

テーマ:
ぐるぐると時代はまわり...

時代は巡り...

時代は、数直線の様に行くのか、螺旋階段のようにゆくのか...

流れと言うものを感じるこの頃、

「この頃」という単語が、1年位になってきたこの頃
年齢不詳と言われるこの頃


靄がかかってた一年が晴れつつあるこの頃

例えば
第三者の自分を持て!
的な話を呼んだ時
そん第三者的な自分と会話してたなと
恥ずかしくも思い出したり

なんだかんだで
今まで人に知れると恥ずかしいこと満載な自分の内省が、面白くなってくる今日この頃


楽しくかっこよく、生きたいと思います。
久し振りにアップと言うことで、最近何を書いたかなと見てみると、小難しそうな、理屈っぽい事が続いてて...
良いのかなと思いながら、今日も書きたいのは、そんな話です。

信仰と、平和への祈りや願い...
それらは他者が邪魔してはいけないものなのだろうと、僕は思うのです。

平和記念公園の願いは、日本の平和だけでなく、世界平和と、核兵器の廃絶だと思います。
それらが叶うまでは、願いに来る方、祈りに来る方、それらを思いに来る方、考えに来る方...そんな方々が主の場であるべきだと考えます。
あの場がそういう場所であると言うことを、我々大人は、子供たちに、きちんと伝えていかなければいけない。
願いが途切れない為に、
知るきっかけは、私達でなければならない。

私自身、この日本の事を、今更ながらですが、少しずつ調べ始め、あまりに知らな過ぎる事を、恥ずかしく思う今日この頃です。
知識は幼いですが、32歳として恥ずかしくない大人でなければと、勉強と葛藤の毎日。

そんな事を考える、71年目の夏です。

原点の共感による平和

テーマ:
仰々しいタイトルになりましたが。


「頭では分かっていても、心が追い付かない」と言う言葉を聞きまして...。

「合理的」と言われる考え方の「カベ」がこれなのかな、と思いまして...

しかし合理的に、「理性」を持って考えることで、平和を目指せるのも、分かっていますし...

すると「行動」としては

 堪える

となるのでしょうけど、
「感情」としては

 苦しいな...

そう思ったら、
やはり今表現したいのは、

その狭間から生まれたモノを昇華した「何か」

かなと。

かなり感覚的な話になってしまいましたが、そこに希望をみています。
TBSで放送されている「世界遺産」を、毎週録画して見ているのですが、先週の放送で「スリランカの原始の森」の話をやっていました。

番組の終わりの方で、象が減っている話題に...。

スリランカは、イギリスの植民地だった時代に、紅茶の産地になり、それがブランド化。セイロンティー(セイロンはかつてのスリランカの呼び名だそうです)は、国の経済を支えているそうです。
その為、森は茶畑になっていったようです。

これを見て、小学校で習った「守る、みんなの尾瀬を」という話を思い出しました。
あれは、観光客のゴミ問題だったように僕は記憶しているのですが、経済の問題で自然が破壊されていると言うことは、やはり人間の問題。
ただ、それで生きている人達が居るのも事実で、モラルとか良識とかでは解決できない問題。
難しいです。

森が狭くなり、人の生活の場、道路などに象が入り込むこともあるとか。
象の数は、かつての半分ほどになってしまったそうですが、今は復活プロジェクトが立ち上がり、少しずつですが増えているようです。

「守る、みんなの尾瀬を。鳥たちのすみかを。人間にとって、本当に大切なものを。」

と言う言葉を、これからもずっと、考えていくんだろうなと、思います。