ラストクエスチョン冒険の書

ラストクエスチョン冒険の書

RPIアイドル『ラストクエスチョン』(略称:ラスクエ)
公式ブログです♪

事務所無所属自主運営☆ロール・プレイング・アイドル『ラストクエスチョン』(略称:ラスクエ)の公式ブログです♪

【ぼうけんのしおり】
今後の出演は▶︎こちら!

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+

【公式HP】
http://last-question.com/

【出演・掲載依頼】
lastquestion.idol☆gmail.com ☆→@マーク
(担当:桃井)

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+

ラストクエスチョンに関するその他のニュースやフリーダウンロード音源は
音楽配信サイト「OTOTOY」のこちらのページをご覧ください!

☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+☆+:;;;;;;:+



どうも!ラスクエちゃんの勇者です。
みっすーです!



どこかのタイミングで書きたいなぁと思っていたブログなので今日書こうってなりました(?)



改めまして!2019年9月11日(水)にラストクエスチョン ミニアルバム【777】が発売になります!
今回はDiskunion様より全国流通だそうですよ、皆さんんんんん( ´ •̥  ̫ •̥ ` )買ってけれ



ジャケットは【よんぱち+】などでお馴染みの田辺洋一郎様に制作して頂きました!
表面・裏面ともにとてもとても可愛いイラストになっているのでお楽しみに!✨



そんなわけで今回は



🎮HWV様


各店舗、上記からご予約頂けます!郵送でも店舗受取でも可能です。
いつもはライブやイベントの物販・自主通販だけの販売なので、誰かに数字を見られることや評価されることなんかなかったんですが、今回は見られます。
もちろんこれまでも気にしなくていいわけではなかったにしろ、数字がものを言う世界に改めてズンっと踏み込んでしまったな…という気持ちです。




正直"流通させるために"をしっかり把握していないこともあり、かなりタイトなスケジュールで動かしてしまっているわけで、リリースイベントも考えたりはしてますがなかなか情報を出せず、すいません。
やる予定で動いているので情報を楽しみにしていてください!あと発売日とか、その近辺とかは予定気にしておいてください…と、とりあえずですが…。泣



タイト過ぎて昨日店舗様に直接ご挨拶兼営業に行った時も「リリース日近いっすね!w」という反応であああああすいませええええん!!!!となってました。笑
スケジュールはもっと余裕を持たないとだめ、絶対!←

そんなわけでなかなか地方の店舗様には直接ご挨拶行けないのですが…迷惑かもしれないと思いつつも、やらねば誰も見ても気にしてもくれないのでお手紙をお送りしています。(Diskunion様・タワーレコード様・HMV様を中心にご挨拶してます。)

今回に関しては、まず買ってくれる人がいてこそのところもあるので、変な話ここにはラスクエを知ってくれている人、CDを買ってくれる人がいるであろう!って都道府県、店舗様を中心にご挨拶をしています。 1地域に1店舗は必ず…!を目指しています。

君が住んでいる地域・都道府県で、商品置いてるかな?とか気にせずに普通に取り扱いがあって、スっと買えるようになるのが夢なんですが、今回もし君の近くの店舗に商品が並んでいたらぜひ教えてください。泣いて喜びます、私が←




あと、みなさんには無理をしては欲しくないのですが、私自身がアイドルヲタクなので、CDが出るってなったらリリイベ行けるときは行くし、お金がなくても少しでも売れ行きに貢献しなきゃ!って。本当に数枚でもCDにお金を払います。
そういう気持ちになってくれる方も少なからずいらっしゃると思っていて、なので、複数枚買ってくださることを検討してくれてる人がいたりするんじゃないかなと思ってたりします。
もちろん1枚でいいんですよ、本当に。それだけでも、本当にありがたいのです。
でももし数枚買うよって思ってくれてる方がいるのであれば、それも本当にありがとうございます。なのです。
1枚買ってもうれしい、複数枚買ってもうれしい何かが出来たらいいなとこれも考えてます。とても些細なことかもしれないけど、少しだけ楽しみにしていてください~!



って感じです。
無事にアルバムの入稿も終わって…今回は本当にたくさんの方のお力を借りてここまで進めて来たなって感じます。

ぜひやりましょう。とか、手伝いますよ!って声を掛けてくれる方とか、本当にありがたみの極みでしかない。

自主運営だから、全部を自分たちでやる!やっていかないといけない!ということにこだわりっていたからこそ、逆に囚われてしまっていた部分も強くあるのかな?って思って、【ファンという意味でのパーティも大事し、内々で協力してくれるパーティを増やしていくことも大事】ということに気付かせてもらいました。本当にありがとうございます。

これはsave&loadという今回のミニアルバムにも収録されているおどpこと、ぼーかりおどpが教えてくれました。
アルバムの制作進行の部分や、マスタリングと呼ばれる作業をしてくれる方を紹介してもらったりと、感謝しかないです。。
みんな今度おどpに会ったら拝んでください。あとこれは昨日書いて今日のコミケのリンクを貼っておくべきだったと今死ぬほど絶望しています…。スミマセン…。(そういうとこだよ桃井さん!!)




素敵な楽曲制作者の皆様・ジャケットを担当してくださった田辺さん、制作協力をして頂いたおどp、マスタリングをして下さったG-KOBAさん、流通が初めての私に色々教えてくださったり質問にも答えてくださるDiskunionさん、本当に本当にありがとうございます。


そんなわけで!色々な気持ちや想いと、たくさんの人のおかげで制作できたこのミニアルバム、9月11日の発売を楽しみにしててほしい!です!!!結論これ!!!!!!!!!

うえーーーーーーーーーい!!!よろしくお願いしまぁぁぁぁす!!!!!














やあ!

盗賊のぐみこだよ‪⸜( ´ᐞ` )⸝‬

はじめてブログ書きます。




少し日が経ってしまったけど、
ぼくなりの気持ちと感謝を
綴っておこうかと…



そして言葉下手なので
少し長くなってしまうのと、
自分語りが多くなってしまいますが…


よかったらお目通しください(  ´﹀`  )









5.11は沢山の冒険者に集まっていただけて
無事、第3章へと突入する事ができました。




チケット枚数は総数378
400枚の目標は達成出来ませんでしたが…
過去の記録を上回ることが出来ました。




つまり、
勇者はついに「自主運営の勇者」として
過去を越えることが出来たわけで、



第3章は本当の意味での
「ラストクエスチョン」
のスタートになるのかな…

とも思ってたりします!








最後のMCでも伝えましたが、




ぼくは今回本当にギリギリで本番に
間に合ったようなもので。



メンバーやスタッフさん、
家族に支えられて
ステージに立つことができました…





(少し前回のワンマンライブまでのお話を
させてください。)





1年前の第1章ワンマンライブは、
とにかく毎日必死に活動していました。



ぼくが加入する少し前に
立ち上げメンバーでラスクエの
要の1人でもある「戦士」が抜け、


入れ替わるようにぼくが
メンバーになりました。




多分パーティのみんなは今後への不安と
「また新メンバーか…」という
新体制への疲れの気持ちが
大きかったと思う。




当のぼくは「いかに戦士の穴を埋めるか」で
壁にぶち当たりがむしゃらになっていたのは
みんなも知っていますよね(笑)


一見ヘラヘラしてましたけど、
当時はかなりのプレッシャーでした…





そんなこんなで
第1章が終わったときに自然と出た言葉が

「本当の意味でやっとラスクエの
メンバーになれた気がする」

だったんですが、



第2章が始まり…

「ぼくは必要なのだろうか」

「足を引っ張っているのではないか」

という疑問が生まれはじめてしまいました。





新しいメンバーであるにもかかわらず

ラスクエ1番の年長者で
スタイルも良くない、顔も可愛くない、
体調も崩しがちだし、
ラスクエの表に出る仕事はあまり
出来ていないから話題になることもない。



CFを始めた夏頃辺りから
それは徐々に体調にも現れ始めて、

一時期お休みをさせていただいたりも…。





そんなアイドルらしからぬ
自分への自信のなさや諸々のストレスが
どんどん負担になり



ついには心を病んでしまいました。







正直自分でももう
どうしたらいいかわからなくて


電車に乗るとパニックになって
動悸が酷くなりうまく呼吸ができずに
次の駅で降りてホームで休んでしまう…



そしてライブに間に合わず馬車の日が増え

ついにはライブがある日の前夜から
不安で発熱や腹痛を起こす日々に…



それでも何とか復帰したり
休んだりを繰り返して
頑張っていたのですが、、、

(激ヤセした時はご心配をおかけしました)




そのうちにとうとう

「文字や言葉が頭の中に入らない」
「音楽を聴いても色がない」
「夜になると眠れない」


という最悪な事態になってしまって。





しかも!
それがワンマンまであと数ヶ月!



新曲も数曲控えていて
どんどん歌詞やら楽曲が
送られてきている時期で…( ˊଳˋ)!!



もう自分では「無理かもしれない」って
腹を括ってお休みを頂いていました。



沢山のわがままをメンバーに言いました。
(普通ならお荷物もいいところ…)











でも、 メンバーが支えてくれました。

パーティのみんなが
留守を守ってくれました。








みっすーが

「病弱キャラのアイドルってことで!」

「帰って来る場所はちゃんとあるよ」

「ラスクエは実家的なイメージで…」

って励ましてくれたり、
元気を出させようと面白い事を
ちょくちょく連絡してくれたり。



それで すごく心が軽くなったのを
覚えています。






おっと、、、自分語りで半分以上
来てしまったのですが…⁽⁽꜀(:3꜂ ꜆)꜄⁾⁾





そんなこんなで本当に
ギリギリのタイミングで
自分の体調と向き合いながら
本番のワンマンに挑みました。






当日はバタバタで
それが逆に緊張する暇もなく
いい感じでスタートを切れたのかな?
とも思いつつ…





動画やメニュー表をササっと作り、

ぼくが休んでいたせいでギリギリまで

新曲の振り入れが延びてしまっても

最後まで何度も細かく教えてくれたむぎし。







沢山の迷惑とわがままを言って

ワンマンのこともほとんど

作業を手伝えなかったのに、

いつでも帰る場所を用意して変わらずに

ぼくを待っていてくれたももい。







たくさんたくさん、感謝しています。


恥ずかしいから直接は言いません!(笑)






そしてずっと不安にさせてても

信じて見守り支え続けてくれた

パーティのみんな。







何度も心が折れかけた時、

救われたのは君たちからの 手紙 や

励ましの報告 だったり、たくさんの

「やっぱり3人のラスクエが最強」

という言葉でした。





ワンマン前、
お手製の呪文ミックスボードや
のぼりなんかを作って応援してくれたり


ぼくが不在なのにぼくのパートで
「ぐみこコール」を叫んでくれたり




本当にその ひとつひとつが

家で不安に怯えるぼくにとって
心の支えになりました。





こんな自信のない

アイドル失格なぼくを

ラストクエスチョンのメンバーとして

温かく見守ってくれていてありがとう。





大切な第2章のワンマンライブ前に

力を合わせてたくさんの冒険者に声をかけ

ぼくの分までメンバーを支えてくれて

ありがとう。








君たちは自慢のパーティであり、
かけがえのないぼくの人生の仲間です。






もう、ぼくの大切な存在なのです。

何度上書きしても変わりません。(笑)











だから、当日ステージに立って
みんなの顔を見た瞬間から
感情が嬉しいほど忙しくて




1曲目は慌てて
ボロボロだった気もするけど(笑)




みんなの声援や笑顔を見て
「今日ここに戻ってこれて良かった」
と思ったし、


涙したり、がむしゃらに楽しむ姿を見て
メンバーと頑張ってきて良かった
と思えたんだ。






あの日「楽しかった!」「よかったよ」
という感想をたくさん貰えたのは、

ぜーんぶみんなのおかげ!



メンバーも、スタッフさんも、箱の人も、
関係者さんやパーティや
はじめましての方も、

あの場にいた人みんなが"主役"でした!






そんな第2章のワンマンライブを
ぼくはこの先 絶対忘れない。











まだまだ自分の体調のことで
精一杯なぼくだけど



また何度も
心配をさせてしまうかもだけど



一緒に第3章の
ラストクエスチョンの冒険を
歩んでくれたら嬉しいです!






メンバー1メンタルの弱いぼくだけど、
誰よりも弱い心を理解できる存在として

新しいまだ見ぬ冒険者や、
まだ見ぬ場所へと
進んでいきたいと思います!





だから、

まだまだこれからも

ラストクエスチョンと

\いっしょにぼうけんをしょ!/









P.s



「みっすーやむぎがカレーでいう
ジャガイモや肉のような存在なら、、

ぐみこはりんごやハチミツのような
隠し味的存在!!

居ないと味が引き締まらない。
大切なポジションだよ。」


と教えてくれた方、ありがとう!








そして、

異変を感じて病院を探してくれたり

散歩に連れ出したり、

送り迎えしてくれたり、

体調の良くなる方法を片っ端から調べて

ワンマンライブの日には

車で迎えに来てくれた

お父さん。

本当に 本当に ありがとう。







先日、5月11日は渋谷WOMBにてラストクエスチョンのワンマンライブでした。
現メンバーで行う2回目のワンマン。
来てくださった皆様本当にありがとうございます!


ゆるゆる長々と振り替えります。お時間ある方はどうぞ。








ラストクエスチョンはゲームがコンセプト。いつでも来た人が何か素敵な物語を体験するような空間でありたいと常に考えていて、前回の渋谷GUILTYでのワンマンは思考した結界演劇要素を取り入れたストーリー構成でした。

じゃあ今回はどうしたものか、と。
前回のよかったところ、悪かったところ含め色々色々考えた結界、考えすぎて時間ばかりが流れて、なかなかまとめきれずにいました。






"JACKPOT" 2-FINAL last bet
賭けに勝つとか、大成功という意味合いを持つタイトルにちなんで、みんなと体験したいストーリーってどんなものだろう?何をもってして大成功なんだろう。

本当に色々あれやこれや考えていたけど、最終的に私の中で魅せたいという結論に至ったのは今日までの軌跡とその結界なのかなってところに自然と落ち着いた。
みんなが今日ここに来ることがもう人生の賭け。楽しいかつまらないか。そんなみんなの賭けを最高に楽しかった!にできたら大成功だ。


この3人になってからの1年半。前回のワンマンを経て、1周年になり、その後駆け抜けてきた6ヶ月連続主催。
その中で育ててきたもの、その中で繋がってきた絆が間違いなくある。それを今ここで全て見せたいと思った。私たち自身の絆も、ファンの人と築いてきたものも。

私たちが駆け抜け、積み上げてきたものは決して弱いものなんかじゃない。
 飛び道具や変なことを積極的に考えていた過去があって、変なことするグループって今でも過去しかしらない人に言われたりするけど、今の私たちはそんなものに頼らなくとも、武器と言えるものをきちんとゆっくり育ててきたはずだと、そう思うことができたのは、やっぱり今の3人だからなんだろうなぁ。






細かい劇などの演出を入れるのをやめて、シンプルに今の自分たちを信じた。
それでも、ただライブするだけじゃ他のアイドルさんと変わらない。いつものライブと変わらない。そこはやっぱり面白くない。せっかくのコンセプトありき、個性派という強味は出していかねば!

初めて来てくれた人がこの"ラストクエスチョン"というゲームにすんなり入れるように。
ラストクエスチョンを知っている人でもいつもと違うわくわく感を楽しめるような、そんな魅せ方。シンプルでいい。

思考だけは巡るし閃くしこうしたい!もでてくる。だけど私には、頭の中に浮かんでいるそのイメージを形にする能力がない。
昔からそう。図工の時間も美術の時間も決まって褒められるのは「着眼点はいい」だった。表現力の皆無っぷりは昔から!笑






だけどラスクエには、表現することに長けていて、好きで、頑張って勉強してくれる魔導士ちゃんがいます。
今回も直前のドタバタと時間がない中、私の死ぬほど雑なラフからかっこいい動画を作ってくれたり、その独特なセンスで要所要所の動画を作ってくれました。






↑アンコールをもらったら始める前に動画流したい!って言ってラフ動画を送ったときの死ぬほど雑なラフがこれ。こんなんがあれだけかっこいい動画になっちゃうんです。すごい魔法でしょ。努力を知ってるタイプの天才型。自慢の魔導士、むぎ氏ちゃんよ。






そして恒例の開演前アナウンス。今回ももちろん担当は盗賊にお願いしました。ぐみこの声色、話し方がとてもすき。
みんなの笑顔を守るためにも、しっかり聞いて守って欲しいルール。だからこそ人を惹き付ける声に伝えてほしい。
職場でワード開いて叩いた文字達があんなに素敵になって会場中に響いてるの聞くと不思議な気持ち。謎に今朝の通勤中にも聞いてた。笑 それくらい素敵な声。もっと世界中に広まってほしいよね。
もちろんその声は話しだけじゃなく歌でもガンガン生かされてて、楽曲の歌割りもバッチリキメて欲しいところへのぐみこちゃんへの信頼度の高さがすごい。新アルバムにもめちゃめちゃ期待しててね!






前回のワンマンでは最後のMCで2人が"桃井のために"って話してくれたのがすごく嬉しかった。
だからこそ今回はその想い以上に"自分のために"ステージに立って欲しくて、そのために私ができることがあるなら全部やるって思ってた。

だから、2人が最後のMCで自分の気持ちを話してくれたのが私はとっても嬉しかった。
2人の気持ちを聞いて、私の言いたいことは感謝と、3章もその先もみんなに着いてきてほしいってことだなって明確になった。

私自身この1年半でたくさん学んだことがありました。できるようになったこともたくさんあります。知ったこともたくさんあります。

そして、絶対にこの先何があっても守りたいものも改めて確認できました。

君たちとメンバーの笑顔が何よりです。
みんなの笑顔を守るのが勇者なので、任せてください。
勇者がいるRPGは、最後は絶対ハッピーエンドです。これから先もどれだけのぼうけんが待っているかはわからないけど、そんな旅の過程だって楽しんじゃおうよ。
今も、いつか会えなくなった先の未来も君が笑顔になれるような冒険をして行こうね。



明日からの第3章。
もっともっとレベルをあげて仲間を増やしていくぞい。

本当にありがとう、これからもよろしく頼むね!