8/6
8:15
友人達と共に祈ります。

心静かに平和を祈ります。
I'm still and pray for eternal peace in the world.

私は広島.長崎の原爆慰霊の日にはいつもテレビを見ながら黙祷に参加しています。

父は、19歳で出征し、
8/6は名古屋にいたそうです。

そして3日後に軍の命令で片付けのために広島市内に入ったそうです。

その時のことは父はほとんど話しませんでした。

ただ、黒く汚れた缶詰をたくさん食べた事とご遺体が普通の焼死では無かったと思ったことだけをポツリと話してくれたことがありました。

その1〜2年後肺結核を患い片肺を取る手術をして7年の療養生活後に私は生まれたそうです。と、母が話してました。
私が33歳の時に肝臓ガンで亡くなりました。

父と広島の原爆投下への思いはいつの日か祈りとなっていました。

今母校の跡見学園の修学旅行は広島原爆ドームを訪れているそうです。

私もいつかは広島に行きたいと思っています。

そして父から英語の勉強を勧められ英語の大切さを教えてもらったことも忘れられないことです。