カウンセリングと料理療法で愛せる自分を作る 木村綾子です。

米へんに白と書く漢字、なんて読むかわかりますか?

米へんに白=「粕」のことですね。






答は「カス」。

「白」い「米」は「カス」…ちょっとひどい(>_<)

でも、お米の栄誉のほとんどが精米の過程で除かれてしまう胚芽や糠に含まれていることを思うと、そんな表記も仕方ないのかなと思ったり。

夏バテ対策に重要とされているビタミンB1も、玄米は白米の7~8倍と言われてます。

バテないためにはエネルギー源となる糖質を取る必要があるのですが、糖質をエネルギー源にするためにはビタミンB1が必要なのですね。

糖質だけとってもダメなんです。

白米、うどん、パンでも糖質はとれますが、ビタミンB1が足りません。

ビタミンB1を一緒にとる必要があります。

それが含まれてない白米は「カス」とされてしまってるということです。

なんだか白米を悪者にしてすみません(>_<)

歯が悪いとか、子どもやお年寄り、体調的に玄米を受け付けない人もいらっしゃいますよね。

そういう方は他の食品でビタミンB1を補ってください。

豚肉、レバー、ウナギ、大豆、そら豆、モロヘイヤなどでしょうか。

麦を混ぜて炊いたり、玄米が無理でも胚芽米にするなどもいいと思います。

私のお勧めはぬか漬けした野菜です。

お漬物にすることでぬかに豊富に含まれるB1が野菜に吸収され、B1を気軽にとれます。

発酵食品ですから腸内環境を整え、免疫力をアップさせる植物性乳酸菌も一緒にとれます♪

ここでもう一度クイズ。

米へんに康と書く漢字、なんて読むかわかりますか?

米へんに康=「糠」のことですね。





糠=ぬか、です。

「白」い米は「カス」、米の健「康」な部分は「ぬか」・・・

漢字がお米の真実を表現しているのだなと感じます。



私は玄米食になって10年以上になります。

玄米を食べている、というととても特別なことをしているように思われます。

美味しく炊けないという悩みもよくお聞きします。

玄米炊飯の一番のコツは長い時間浸水させるということです。

生徒さんに「長い時間ってどのくらいだと思う?」と聞くと、「2時間くらい?」という答が多いですね。

白米は浸水させるとしての30分とか、長くても1時間位の人が多いから、それより少し長めと考えるのでしょうね。

答は





最低6時間!

長いと感じますか。

私はもっと激しく長くて、冬場は丸2日、春秋は1日半、夏でも丸一日^^

長く浸水して発芽させているのです。

発芽すると栄養価が高まり、柔らかく炊きやすくもなるからです。

しかしそんなに時間が取れないときもありますよね・・・今すぐごはん炊いて食べたい!というとき。

そんなときでも炊ける方法が実はあるのです。

お米を洗って鍋に入れてすぐ火にかけて炊く方法。

ちょっと時間はかかりますが、ちゃんと柔らかく美味しく炊けるのです♪


自分で自分のご飯を炊いてみる。

それは自分で自分を大事にする行為です。

自分を愛おしむ食事づくり、下記の講座でお伝えしています。

オンラインも対面もあります。

お目にかかれるのを楽しみにしています。












友だち追加


・木村綾子に問い合わせる

************





カウンセリングと料理療法で愛せる自分を作る 木村綾子です。

一般社団法人 bean to bar at home 公認のおうちショコラティエとなって数か月・・・

GW中に以前から行きたいと思っていた 中目黒のgreen bean to bar に行ってきました。





同じくおうちショコラティエの資格を持つ友佳さんとご一緒です♪

中目黒駅からは少し歩くので決して便利な場所でもないですし、緊急事態宣言下でもありましたが、開店前から待つ人がいました(私たちもそうですが笑)


開店後も店内は訪れる人がほぼひっきりなしでした。ホットなスポットになっていることを実感。


外観はこんな感じ。無機質な感じとグリーンのミスマッチ感、green bean to bar という手書きの文字ががおしゃれ感を醸し出しています。





いよいよ開店!

店内に入るとショーケースにトリュフ?が・・・いろんなタイプがあって、目移りします><







パウンドを含むケーキ類、プリンもおいしそう❤ああどうしよう・・・

結局私は「アプリコリッシュ」という、ドライのアプリコットをチョコレートでコーティングしたものをいただきました。





飲み物はカカオティーをチョイス。

これはチョコレートを作る際に焙煎したカカオ豆の皮(ハスク)で淹れたお茶。

チョコレートを作るとき、いつも皮が大量に出るので、何か使えないかと考えていたんですよね。

そしたらお茶にする方法がある、と聞いて、自分でもやってみていたのですが、正解が欲しくて頼みました。

カカオの香りは結構強く感じます!でも味はほぼお湯(笑)

だけどお茶の水面にはうっすら油が浮かんでいて、カカオ豆は油分を豊富に含むものなんだとわかります。

アプリコリッシュはアプリコットの酸味と濃厚なチョコレートの風味の組み合わせ。

アプリコットの周りにうっすらとチョコレートがついているのかと思いきや、チョコが結構分厚いのです。

チョコ好きにも満足できるカカオの量だと感じました。




友佳さんはホットチョコレートとショコラプリン。





少し味見させていただきましたが、ホットの方は濃厚だけど甘みはさっぱりしてる!不思議な飲み物🥰


プリンは…もうとにかくすごく美味しい😍😍😍


美味しいを連発せずにいられない!!

次回は必ずこれを頼もう…😆




さて、お店の中探訪するといろいろ面白くて・・・

店内のテーブルの上にはカカオの模型。こんなに色とりどりの果実なんですね~。





「cacao stockroom」もありました!年間どのくらい輸入してるんだろ・・・


カカオ豆の状態の展示。




割ってみるとあまり状態のよくないものも結構あるんだなとわかります。

店内ではこのお店の代表者を扱ったドキュメンタリー映画「THE TASTE OF NATURE 世界で一番おいしいチョコレートの作り方」がスクリーンに投影されています。





スクリーンの下にはカカオ豆の収穫に使う道具?保管する袋?の展示。


スクリーンを見ていると、カカオ豆の生っている様子や中身、収穫の様子などが映り、興奮してしまいました笑





今度ちゃんと映画を見よう。

製造室はガラス張りになっていて、作業工程がばっちり見えます。




これは販売品のポップ。アガベのパウダーを使っているらしい。






アガベシロップをパウダー化したものがあるんだとびっくり。

アガベシロップは砂糖よりGI値が低い、つまり血糖値を上げにくいので、体にも心にも優しいチョコレートだな、すばらしい!

(血糖値が下がるときに精神状態が不安定になるのです。血糖値を極力安定させることがメンタルを安定させることに役立ちます)

お店の雰囲気、価格設定、職人さんたちの動きなどすべて勉強になりました。

またここにも来て、違うメニューも頼んでみたいし、別のbean to barにも行ってみたいな。

ガラス越しに工房の中が見えるカウンターに陣取り、華麗にほほ笑む友佳さん♪






私はこんな感じで^^




友だち追加


・木村綾子に問い合わせる

************





カウンセリングと料理療法で愛せる自分を作る 木村綾子です。

自分のことを好きだと思えるって幸せなことです。

私は「自分が好き」なんて恥ずかしい、自分を好きだと思うなんて本当に立派な人だけが思うことで、自分はとてもじゃないけどそんなことを思ってはいけないと考えていました。

私はもともと自分を好きだと思う気持ちがなかったので、みんなそんなもんかと思っていましたが、世の中のほとんどの人は自分のことが好きなんですね・・・ごく普通の一般人でも、自分を許せないとか嫌いとか思っていないんだ、とびっくり。

私はとにかく自分はそのままでは世の中で迷惑な存在なのだと思い込んでいた(思い込まされていた)のだけど、その方が珍しいんだとわかりました。


自分嫌いな気持ちは一朝一夕に芽生えるものではなく、子ども時代の親との関係で作られるのでかなり筋金入りです。




それを変えるのは簡単ではありません。

だけど変えられないものではないです。

なぜかというと、それは「作られた」ものだからです。

生まれた瞬間から自分を大嫌いな子どもなんていないからです。

物心つかない頃は、自分を好きでも嫌いでもなかったはず。

なのにどうして自分を嫌いになってしまったのか。

自分を嫌いだと思わずにいられないような言葉や態度で接せられてきたからそうなったです。

習慣の積み重ねです。

でも、ということは、自分を好きだと思えるようになる習慣を重ねればそれはまた変わっていく。


「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」と言います。

習慣を変えれば「自分嫌いという人格」を変えられるということ。




習慣の力ってほんとに大きいものなんです。

それならそれをよいように取り入れていけば自分の力になるということですよね。

それに気づいてから私はいろいろな習慣を変えました。

朝起きて鏡を見て「綾子、大好き」と言ってセルフハグする、ちょっとしたことでも自分をほめる(朝起きてエライ、顔洗ってエライ・・・笑)・・・なかでも大きかったのは食事を変えたことでした。

食事は必ずしなくてはいけないことですから。
食べないで生きていける人はいませんよね。だからそれを変えることはとても影響が大きい。

そして、食事は自分で自分を労わる手段、自分に愛情を伝える手段になりうるということです。

ここが他の習慣と大きく違う。

体も心も食べたものでできている。だから内容が変われば当然自分が変わってくる。

適当なものを食べるのではなく、自分の心身に良いものを食べようと心がければ、それはイコール自分を大事にすることになる。

そして自分で自分の食事を作る=つまり自炊するとさらにそれは大きな効果がある。

買ってきたものを食べるより、手間暇かけて「自分で自分を」労るという度合いが高くなる。


今、私は自分が好きです。

好き、とはっきり言いきるのはちょっと抵抗あるかな(笑)

でもそれはもう好みの問題というか、私はあんまり「自分大好き」みたいなのが前面に出てくる人が好きじゃないので、自分もしたくないのですね。

基本的には自分のことは好きだと思っています。

今でも時には自分がどうしようもなくダメな人間に思えて、自分が嫌いだという気持ちが心の底から湧いてきて、自分を滅ぼしたくなることもありますよ。

でも、以前はそれがデフォルトだった。

それに比べたらもう今は全然。

少なくとも「嫌いで仕方ない」という状態ではなくなってます(だんだん気弱に…(笑))

自分大好き、とまでは言えませんけど…

こんな自分でも悪くないかな?そんなにひどくないかな?まあまあいいじゃん・・・?と思える瞬間がある程度には、変わりました。

あたしにとっては大変化。

変われてよかったとつくづく思うし、変われたことを評価することができて、またひとつ自分を好きになります。

自分が嫌いで仕方なかった地獄の日々・・・そこを抜け出せて本当によかったです。

今、以前よりずっと生きやすいと感じている私がいます。

食事を変えて、自炊をするようになって、よかった!





友だち追加


・木村綾子に問い合わせる

************





カウンセリングと料理療法で愛せる自分を作る 木村綾子です。

メンタルの状態にスイーツ(甘い菓子類)の食べ方が関係あるとご存じでしょうか。

スイーツを食べると含まれていた糖分が吸収され、血糖値が上がります。

膵臓からインシュリンというホルモンが出て上がった血糖値をさげようとします。

血糖値が下がるときにメンタル不安が起きやすいのです。

また血糖値が下がりすぎた状態(低血糖症)はやる気が出ない、落ち込みなどの症状があり、精神疾患に間違われることがたびたびあるようです。

つまり血糖値を安定させることがそのようなメンタルの不調を招かないために大事だということです。


血糖値は糖分をとると上がるので、血糖値をあげないためにはスイーツを食べない・・・がよいのですが、食べたいのであればできるだけ血糖値を上げないスイーツをたべることです。

いわゆる低糖質スイーツですが、これは高いし手に入りにくい。

また血糖値を上げないからといって合成甘味料を使ったものも多く見られており、これは別の観点で論外です!

甘くする調味料として砂糖ではなく米飴や甘酒など、血糖値を上げにくいものを使っているものを選ぶとよいのですが、市販品ではなかなか見つけにくいでしょう。


そんな中、最近、カカオの血糖値上昇を防ぐ効果が話題になっています。

カカオにはポリフェノールと食物繊維が豊富に含まれているからです。

カカオポリフェノールにはインシュリンの働きをよくする効果が期待されています。

またカカオにはリグニンという食物繊維が豊富に含まれ、食事からとった糖質の消化吸収が遅くなるため、食後血糖値の急上昇が抑えられる可能性があるのです。

健康効果を期待するなら25グラムのカカオを取ることが必要とのこと。

またポリフェノールには持続性がないので一日のうちに何度かに分けて食べることがよいです。


残念なことなのですが、どんなものであっても菓子類は食べないに越したことはないのです。

脳の栄養には糖分が必要なので炭水化物は必要ですが、それはご飯で摂取すれば十分なのです。

ですが健康であり、量が多くなければ、楽しみとしていただく程度はそれほど大きな害を及ぼさないでしょう。

食べるのであれば血糖値を急上昇させないような食べ方を工夫してほしい。

ナッツ類と組み合わせることや、スパイスはシナモンが有効です。

手作りであれば不要なものは入れずに済み、有益なものを組み合わせることが可能です。

自分を労わるためにも、食べるスイーツのことを考えてほしいな。

参照にしたサイト:https://www.karadane.jp/articles/entry/news/006895/

PS
ちなみにカカオ、25グラムって結構あって・・・




このくらい(笑)

これを食べるとなるとかなり大変!でも板チョコならすぐ食べちゃうんだよね・・・






市販されてる板チョコはカカオ分が少なく糖分が多く、カカオ25グラムを食べようと思うと砂糖も相当摂取することになってしまう><

それでは本末転倒。

なのでチョコレートでカカオを取るなら、高カカオチョコレートを選ぶことが必須となります。

カカオ豆を焙煎するところから手作りするチョコレートに興味のある方は以下のレッスンにお越しくださいね♪








友だち追加


・木村綾子に問い合わせる

************