jog diary(2017/12/3 #82)

スタート時刻:9:19

距離:42.56km

時間:316’43’’

ペース:7’26’’/km

カロリー:2,654kcal

月間累積:42.56km(69.44km to go)

年間累積:1,399.14km(目標達成)

月間25Kラン:1回(目標達成) 

体重:-kg

BMI:-

体脂肪率:-%

体内年齢:-

 

この日、初めてのハンガーノックを体験、ハンガーノックについては以下にまとめました。

https://blogs.yahoo.co.jp/puzz_l_riddle/55970692.html

 

⚪︎Before Run

日の出

間も無くスタート

今回のラン、我々の仲間で参加したのはサブスリー達成の佐藤麺、ベテランの域マリパ、高円寺の星こふ、短距離スピードスターまっさ、そして私だ。今回参加予定だったかんは仕事で、ばれじは怪我のため残念ながら不参加だ。今回佐藤麺は我々のペースメーカを務めてくれる。ありがたいが、ついていけるか不安がちょっと募る。。さてどうなることやらw

 

⚪︎The Run

佐藤麺とマリパが前を行き、6'30''/kmペースで着実に刻んでいく。だが時としてちょっと早いペースになることもw 第1の折り返しが近づくにつれ、こふの口数が徐々に減っていく。本人によれば去年に比べて2キロ増えた体重が負担になっているらしい。さらにジェルなどを入れるベルトが腰ではなく腹に当たるようになり苦痛になったらしい。20キロを超えると急激にペースダウンするマッサは、ちょっと前傾してきて背中が丸くなってきた。ちょっとヤバイ感じ。

 

21.5kmを過ぎる辺りからこふ、まっさと離れ始める。前方を見てみると、いつの間にかマリパがおらず佐藤麺一人が快調に走っている。彼にとっては歩いているようなペースだが私にとってはちょうどいいペースかな。ただ、ちょっと腹が持たれた感じが気になる。

 

28キロを過ぎる辺りから段々現在のペースをキープすることが苦しくなってくる。去年は途中で取っていたチョコレートや2本目のバナナも取らなかったことが効いてきたのかなと思いつつ、ジェルだけは5キロ毎に着実に撮り続ける。が、29キロを過ぎると佐藤麺についていけなくなり、ペースもかなりダウンしていく。とにかく歩かず走り続けようと自分に言い聞かせながらなんとか走り続けるが、33キロを過ぎる辺りでついに足が止まり歩き出す。30年前のホノルルマラソンと同じ距離だ。この時は快調に走っていて、ちょっとトイレに寄って出てきたら、全く足が動かなくなってそのまま9キロを歩いてしまった。まぁ、前日まで足を痛めていて足を引きずっていたのでここまでこれたのは奇跡だった。

 

さて、ここから9キロを歩き続けたら時間制限にどこかでひっかかりそうだ、どうしようw 考えた末道路沿いのポール一本分走り、次の1本分は歩くことにした。マッサのインターバル走の応用だ。この距離だったらなんとか走れる。これを繰り返すうちに段々走れるようになってきたので、1本走ったら1本休む、次は2本走る、その次は3本走る、最後は4本走る、この繰り返しを延々続けていく。これならなんとか大丈夫そうだ。結局最後の2キロは1本走って1本休むペースになったがなんとか完走することができた。なお、2回目の折り返しを過ぎたところで、まっさ、こふ、マリパに遭遇、去年と同じインターバル走を繰り返してきたそうだ。20キロまでは通常のラン、その後をインターバルランという競技を作ったら、まっさは世界チャンピオンんだw

 

⚪︎After Run

そしてここからハンガーノックに悩まされることになる。可愛い女の子から完走の記念品をいただき、握手までしてもらって鼻の下を伸ばしながら荷物を受け取りに向かう。この辺りで自分の歩みが随分遅いことに気づく。荷物を受け取った後も歩みのノロさは変わらず、理由もなしになんだか憂鬱になってくる。憂鬱になる理由などないのだが。

 

苦労して階段を登り佐藤麺がいる場所にたどり着く。しかし手足がうまく動かせずなかなか着替えが終わらない。やっと着替えが終わりトイレに行くが座った椅子から立ち上がることができない。やっとみんなの元に戻るとハンガーノックの可能性を指摘される。まっさからジェルと飴をもらうが一向に体調は良くならない。

 

大磯港に着き港にある模擬店でみんなはビールにつまみと盛り上がるが私は体を起こしていることができず道端に横になるありさま。ううしんどい。そこで機転を利かせた佐藤麺が即効性があるよと言ってブドウ糖の固形状のタブレットを渡してくれる。基本的に砂糖だが、とりあえず噛み砕き飲み込む。と、あら不思議気がつけば先ほどのだるさと憂鬱な気分はどこかへ消えて普通の私に戻った。念のためにもう1錠ブドウ糖を頂くと完全に復活だw 皆様心配をお掛けしました

_o_ この後藤沢へ移動し楽しい宴は続くのであったw

 

次の投稿で、私の失速の原因かについてまとめます。

 

藤沢にて

素敵な完走記念

 

 

AD