浅川太平 至上の愛@Bar TIME(2017/10/25)

テーマ:

 

・メモ

浅川太平のライブ、壮絶の一言だ。その場にいなかった人にこの衝撃を伝えることなど不可能だ。なので断片的な記憶を書くに止めることにしよう。

 

今回のライブ、コルトレーンの至上の愛の四楽章をモチーフに基本的にインプロビゼーションが展開されたわけだが、演奏時間は105分、その間ノンストップだ。浅川氏の奏でるピアノはピアノ全体、いや演奏した部屋全体を震わせて観客を飲み込んでいった。これは凄い。演奏的には至上の愛をキーにテーマの提示もあるが、テーマ自体は左手のベースパートで賄われ、右手は繊細に大胆に縦横無尽にアドリブを展開し、左手自体も超絶的なスピードでコードを掴んでいく。例えて言うならケルンコンサートのキースを4倍速且つノンストップで展開した感じだ。

 

終了後浅川氏は記憶が飛んでおり暫く放心状態だったらしい。しかしそれだけではない。音の洪水にさらされた観衆にもダメージが及ぶ。私は演奏終了後、あまりの衝撃に椅子から30分ほど立ち上がることができなかった。一方で他の観客たちは今回が初体験ではないようで、終了後普通に階下に降りていったのにもおどろいたがw ともかく、ピアニスト浅川太平がフルパワーで演奏するとこれだけ凄まじいことになるのかと言うことを身を以て体験させられた。浅川さん、そしてzujaさん、素晴らしい体験をありがとう。この経験は一生忘れらなないなw

 

・メンバ

 浅川太平 ピアノ

 

・演奏楽曲

 至上の愛

  1. パート1:承認 – Part 1–Acknowledgement
  2. パート2:決意 – Part 2–Resolution
  3. パート3:追求 – Part 3–Pursuance
  4. パート4:賛美 – Part 4–Psalm

AD