晴れの国岡山県にライブに伺うのは久しぶり・・・・・。

 

そして、今回は何と演奏時間が60分というクッキージャー店長の松枝さんの大胆かつありがたい申し出。

 

ジミースターダストの曲は短い曲と長い曲がありまして・・・・。

 

例えば30分ステージですと、演奏できない曲もあるわけです。

 

50分いただければ、それらの中からも選曲できるのですが

 

 

30分ステージで毎回やるとなると、お披露目のタイミングがない曲というものがあるわけです。

 

 

ところが

 

リハーサル前に松枝さんから

 

「今日はジミースターダストは時間無制限でいいですよ」とお達しが下り

 

 

60分のステージ・・・・では許されない雰囲気が(笑)

 

 

もちろん、とても嬉しい申し出で願ってもないことです。

 

この日のライブはジミースターダスト史上稀にしか見れぬものとなりました。

 

 

しかも

 

 

なぜか、計ったように関西地区からのお越しの方が沢山いまして

 

 

お、ジミースターダストフリークの小旅行みたいだな・・・・などと思ってしまったり。

 

 

何せ、最終的にはジミースターダストの7月大阪ワンマンライブにお越しになられた方々が全体の7割になってしまい(岡山の方と関西の方両方入り混じって)

 

 

これは特別感のあるライブになるな~・・・と。

 

 

久々に会う方に加え、お馴染みの顔がそこにあり、初めましての人がいる

 

 

 

とてもよい環境でした。

 

 

そして、僕がいつもお世話になっているお店というのは、どのお店も「過ごしやすく、訪れることをお勧めできる場所」であり

 

 

今回の倉敷クッキージャーは清潔で、おしゃれでのんびり出来る場所なので、お友達などを誘いながら訪れること自体がレジャーとなる場所です。

 

 

関西から多数お越しになられたこの日、俄然やる気が出たわけです。

 

 

 

地元以外のジミースターダストのライブに是非来てくださいね~・・・・と最近よく言ってるのですが

 

 

岡山の方々も大阪に来て下さったり、大阪や奈良からも岡山に来て下さったり・・・・・

 

タイミングというのは非常に重要なもので

 

 

この日のライブは「どこでもまだ演奏したことのない新曲」があったり

 

 

大阪ワンマンの時に故障して使えなかったエフェクターを使用できたので

 

「本当はこういう音で聞いてほしかったんだよ」ということを岡山から大阪のワンマンに来ていただけた方々にお聞かせできたり

 

 

アンプも修理し、昇圧トランスを1年ぶりくらいに使ったので

 

「本来のギターの音はこれなんです」が1年以上ぶりに再現できた日でもありました。

 

 

この日に来た人はお目が高い!さすがジミースターダストフリーク(と勝手に呼ぶ)

 

偶然というのは面白いね

 

 

普段はしない曲にまつわる話も沢山したし

 

本編終了してからは、全てアドリブで曲を決めて演奏・・・・というメンバーには過酷なことをしていまいました(笑)

 

 

新曲の「慈愛の輝き」はどうだったでしょうか?

 

 

このバージョンで聞けるのはいつまでか・・・・・

 

 

絶対に僕はアレンジをしてしまうので。

 

 

どうでもいい情報を追加するならば

 

 

この日は僕の衣装も新調し、初めて着ました。

 

あ、黒いジャケットのみね?

 

まぁ、照明が熱かったので2曲目から汗がとめどなく流れて

 

目に汗は入るわ

 

 

下を見るとぼとぼとと僕の汗が雫になって落ちた跡がたくさんあるわ

 

 

こういうのも

 

 

珍しい。

 

 

松枝さんからは「時間無制限で」と言ってもらえたのですが

 

 

日曜日ということもあり、遠征組もいるということで

 

皆さんに明日を気にしてそわそわしてもらいたくなかったのと

 

 

この日はワンマンではなく

 

 

共演者も2組いて、それぞれ30分演奏したので

 

僕らが始まる時点で皆さんは1時間はライブを見てるわけです。

 

 

なので、耳を休めてもらうことも考慮し

 

 

結局は1時間40分くらいのステージだったのかな?

 

 

本編は10曲

 

アンコールは立て続けに4曲やりました。

 

 

皆様の顔色をうかがいながらね

 

 

もう一曲やろうかな・・・・とも思ったりしたけれど

 

 

これくらいでちょうどよかったかも。

 

 

まさかの「お気に召すまま」と「鋼の花」をワンマンでないライブで2曲とも演奏することになろうとは思わなかった。

 

 

お聞かせできて非常に嬉しい。

 

 

さぁ、こうやって、長い演奏時間を戴けるライブは是非、他府県からも集まっていただきたいものです。

 

お越しいただけた皆さま、倉敷クッキージャーの関係者の皆様

 

本当にありがとうございました!!

 

 

この日が皆様にとっても特別な日になったのなら嬉しいです!

 

 

セットリスト

1、Shinny Days

2、陽だまりのメモリー

3、君の元へ

4、星屑のメロディー

5、Walk Don't Run

6、慈愛の輝き

7、鋼の花

8、猫になりたい

9、君と僕

10、月とカゲロウ

 

アンコール(記憶があいまいで順番が自信ないですが)

 

1、お気の召すまま

2、世界機械

3、三日月の夜

4、真実のマーチ

 

 

 

 

 

 

 

AD

鹿の涙

テーマ:

奈良県で鹿が農作物に被害を与えている・・・・・とのことで

 

 

捕獲することが決まったと聞いたのはいつのことだったか?

 

ずっと、古来より奈良の鹿は神の使いとして崇められ

 

天然記念物に指定され

 

ずっと守られてきたのに

 

 

昨日、一頭が捕獲され殺処分されたとのこと。

 

 

捕獲することが決まったことに驚いていたのも束の間

 

すでに殺処分されたという・・・・・・。

 

 

はやい

 

実に仕事が早い。

 

 

もっと、もっと先にやらねばならないことが山積みなのに

 

 

 

鹿を捕まえて殺すことが

 

 

最優先されたかの如く

 

 

はやい

 

 

 

天然記念物って

 

殺す・・・はおろか捕まえただけでも罰則を受けるはず

 

 

この辺りはどうなってるの?

 

 

神の使い・・・・・・と勝手に崇めて増やし続けてきたくせに

 

 

都合が悪くなると神の使いであっても殺処分。

 

 

人間ってのは本当に怖い。

 

 

誰も保証されないし

 

 

いつ何時狙われる側になるかわからない。

 

 

 

しかも

 

利己的な理由で・・・・・。

 

 

そのうち神様だって人間は殺処分するかもな・・・・・。

 

 

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」の中に

 

 

キリストが復活する話がある。

 

 

復活して人々は歓喜するどころか

 

 

怒りをあらわにして裁判にかける

 

 

「お前が自由などを訴えたから人間はこうなった」

 

 

お前のせいだ!!

 

 

神として崇めたくせに

 

 

実際に目の前に現れると神父たちが猛烈に彼を罵倒した。

 

 

 

そしてキリストは再び十字架を背負いながら処刑されるのである。

 

 

神と崇めたものは「生きていてはいけない」らしい

 

奈良の鹿がこれと同じとは言わない。

 

でも、

 

 

古来より神の使いとされてきたのが

 

 

人間の都合によって

 

 

増えたのだから減らせばいい

 

 

という考え方の上に行われた今回の殺処分

 

 

天然記念物も何もあったもんじゃない

 

条約なんてくそくらえ

 

約束なんて守らない。

 

 

そりゃ、今のような政府になるわ・・・・・・。

 

そのうち、いろんな人間が利己的な理由で裁かれ殺される

 

 

お互いを「悪だ」と決めつけ

 

理由を付けて殺し始める。

 

戦争もそれと同じだ。

 

 

第二次世界大戦でたくさんの人が死に

 

 

殺した側が英雄とされたり

 

負けた側が戦犯になり

 

 

「生きて恥をさらすな」

 

「自らの命を絶って辱めを受けるな」

と言っていた東条英機が

戦後も自決せずに生き続けたことも

 

利己的な理由なのだろう。

 

 

今後、人間が戦争を起こして罪もない人がたくさん死んだとしても

 

利己的に他の生き物を殺す人間のすることであり

 

勝手な正義を掲げて

 

罪もない人が死んだことに悲しみと怒りを覚える人がたくさん増えたとしても

 

 

自業自得と言われてしまったら

 

 

ぐうの音も出ない。

 

キリストは「人はパンのみに生きるにあらず」と言ったが

 

農作物の被害を軽減するために鹿を殺す・・・・という阿呆な行いは

 

まさにこれに象徴されることだ。

 

 

鹿をよその地に分けることはできなかったか?

 

 

原生林などに離す

 

または欲しがってる国に分け与え山林の雑草の除去に役立てる。

 

 

その糞が養分となり新たな植物が育つ

 

 

 

 

国同士の友好の証に贈呈することで

 

人同士もつながる

 

 

・・・・などなど

 

 

やりようはいくらでもあったはず

 

 

 

それを

 

 

いきなり捕獲の後

 

 

わけもわからずに殺処分

 

 

 

短絡的な考えで

 

 

熟慮なき行動としか言えない。

 

 

人間はおろかだ。

 

傲慢だ。

 

戦争の親玉は人間自身だ。

 

 

それがよくわかる出来事だった。

 

これはこれからも続くのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

慈愛の輝きⅡ

テーマ:

 

この「慈愛の輝き」という曲の初お披露目は8月20日岡山県倉敷クッキージャーのライブなのだけど

 

実は、そもそもこの曲が生まれたきっかけは

 

7月の北陸ツアーから戻ってから「アコースティック曲の新曲がほしい」と思って書いたものだ。

 

 

アコースティックギターで作ったし、ソロ用に・・・と思って作った。

 

 

なので、当初はバンドで演奏する時も僕はアコギを使おうと思っていた。

 

 

そう

 

 

思っていたということは

 

 

実際にはエレキをバンドでは弾くということ

 

 

で、ギターの音もアルバム「LET IT BE」のジョージ・ハリスン風に音作りをしていたりするのだけど

 

 

本来の姿はアコースティック

 

 

その姿での演奏は8月24日の大阪中津Vi-codeでの僕のソロ出演時にお披露目するつもり

 

 

そして、その演奏スタイルでの演奏はソロでしかできないものとなるので

 

 

ぜひぜひ、8月24日の大阪中津Vi-codeのライブを見に来ていただけたら…と思うわけです。

 

本来の姿がここにあります。

 

ソロでの新曲として作ったのだけど

 

 

バンドアレンジでも面白いものができそうだな・・・ということで

 

バンドでも演奏することになった次第です。

 

 

まぁ、サウンド的には全くの別物になりましたが

 

 

僕のソロのライブも今後は9月30日に和歌山県が決まっているわけで

 

 

そこでもこれは演奏したいなぁ…と思っております。

 

 

8月20日 岡山県倉敷クッキージャー出演

open19:30  start20:00

チケット前売り2000円(ドリンク別)

この日はジミースターダストは60分演奏です!!

 

 

 

8月24日 大阪中津Vi-code ジミープロジェクト「All Together Alone」  

ジミー(ジミースターダスト)ソロ出演

前売2000円 当日2500円(1d別)

OPEN19:00 START19:30

共演>もりやまかずひさ、衣笠キンパラス

 

 

 

9月3日 香川県高松市Nashville出演 ナッシュビルライブサンデー

open18:30 start19:00

¥1500(ドリンク別途要)

出演>ジミースターダスト

 

 

 

9月10日 金沢Music Bar JealousGuy

対バンは元めんたんぴんのギターの池田洋一郎さんのコクシネル他

 

 

 

9月23日 大阪心斎橋 Foot.Rock&Beer出演激熱大人のロック時間

open 17:00start 17:30

前売2000円 当日 2500円(1D別)

出演>ジミースターダスト、CMDK and more

 

 

 

9月30日 和歌山県  音家松林商店 ジミー(ジミースターダスト)ソロ出演

 

Open19:30/Start20:00

ライヴチャージ2000YEN(1d別)

 

 

9月までの予定はこんな感じになっております。

 

願わくば、どこかでお会いできることを!

 

 

切望します~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD