タッチング&アロマを家庭看護に!

タッチング&アロマを家庭看護に!

『手の温もりには人を癒し、生きる力を引き出す』という理念のもと、健やかで笑顔のある幸せな暮らしに貢献していきたいと思っています。

アロマタッチングケア体験会のお知らせ

薬で効かない痛みや不調、「眠れない」や「不安でいっぱい」を癒し

心に寄り添う触れるケア(ハンドタッチングケア)の方法を学びませんか。

気持ちの安定に役立つ精油を使ってアロマオイルを作成します。

作ったオイルを使用してハンドタッチングケアの学習をします。



◆ 開催日 2017.7月14日(金)10:00~11:30

◆ 会場  東京・半蔵門線直通 西新井駅すぐ(参加者にお知らせします)

◆ 参加費 3,000円・税別(協会員・再受講¥2,000)・オイル10㏄ 300円   
     (作成したオイルはお持ち帰りになれます。)


・お申し込みは協会のお問い合わせフォームから「6月16日の体験会参加希望」と

お書きになり送信下さい。

http://touchingcare.net/mail/



一般社団法人日本タッチングケア協会 ↓

  http://touchingcare.net/



   



テーマ:

日本タッチングケア協会代表の外尾です。

タッチングケアとアロマを広めています。

 

精神疾患を抱えながらも就労に向けて頑張っておられる方をサポートする「就労移行サポートセンター」という所があります。






 このセンターでの支援に『タッチングケア』を身につけていただく講座がスタートしました。

 



緊張やストレスを感じやすく体調を崩しやすい方は仕事を続けることが難しくなりがちです。そこで『心を休める方法』を身に付けていれば、疲れた時はもちろん、緊張やストレスを感じた時にその場で対処する事ができます。


 

運動の前にストレッチなどウォーミングアップをするように、『心のウォーミングアップ』としてタッチングケアを身に付けておけば、イライラしたり、不安になったり、緊張したり・・・という事が予防でき自分の力を落ち着いて発揮できるようになります。

 


また、ちょっとおかしいな・・・といった体調の変化にも気づくことも出来るので慌てず早めに自分で対処できるようになります。


 

『精神疾患を抱えながら仕事に就けない、仕事についても続かず困っている』という方は西新井駅西口近くの『就労支援移行サポートセンター  フリーデザイン』まで。

 


病院とも連携し安心なセンターです。

また、私の講座も受けていただけますので悩んでいる方はぜひご相談下さい。


 

 【協会講座のご案内】

 

日本タッチングケア協会HP

http://touchingcare.net

 

 

【新刊のご案内】

 

日本タッチングケア協会代表理事の新刊

amazonや全国の書店でご購入いただけます(*´-`)°*

 



 


テーマ:

日本タッチングケア協会の外尾幸恵です。

タッチングケアとアロマを家庭看護として広める活動をしています。

 

梅雨のこの時期は喘息の症状が出やすくなる時期です。

そこで「喘息が軽くなるタッチングケア」についてお話ししたいと思います。

 

■喘息とは?

まず初めに喘息について知っておきましょう。

喘息は空気が通る『気管』が細くなることで起こる呼気性の呼吸困難です。

呼気性というのは吐くのがとても辛く感じる呼吸困難です。

また、気道が細くなるのは気管支の平滑筋が関係しています。

 

■平滑筋の収縮から考える

気管を取り巻くように存在する平滑筋は自律神経に支配されています。この平滑筋は、交感神経が優位になると(緊張すると)緩んで気管を広げますが、反対に副交感神経(リラックス状態)だと収縮し気管を狭めてしまいます。

 

 

つまり、寝ている時(副交感神経優位)は空気を多く必要としないので気管が縮み、走るなど興奮時(交感神経優位)は空気が沢山必要なので気管を広げ、空気を沢山吸える様に気管は自律神経によって縮んだり緩んだりしている・・・のです。

ですので、喘息発作の時は、リラックスして寝ているよりも体を起こし、少し緊張感があった方がいいというわけです。

 

■実際のケアのコツ

ですので家庭で発作が起きた時は『交感神経を優位にする』のがポイントです。

緊張状態を作り出すために、背中をトントンと強めにタッチングで刺激します。

 

 

その際、冷たいお水を飲みながら行うと効果的です。冷水による刺激は気管の粘膜のむくみを鎮め、炎症によって増えた痰を出しやすくしてくれるからです。冷水を飲用した後のタッチングケアで気管支にへばりついた痰がはがれやすくなります。 

また、喘息は呼くときに辛い呼吸困難ですので吸ったはいいけど上手く吐けません。例えるなら、風船を大きくふくらませした後、空気を一気に出せない感じです。

その時、風船の口をすぼめて少しずつ空気を出すとス~と空気は抜けていきますよね。一気に出そうとすると風船はブルブルブルと音を立ててなんとも辛そう・・・。つまり風船と同じで、口をすぼめて空気を出してあげればスムーズに息を吐くことが出き

ます。

 

 

また、胸に耳を当ててみて下さい。

息を吐く時に『キュー、キュー』と聞こえる時はすぐに病院に行きましょう。

※聴診器がなくても分かります。

 

この音は気管が収縮し息を吐き出すのがかなり難しくなっている時の音です。

喘息のお子さんをお持ちのお母さんは、日ごろからお子さんの胸に耳を当てて呼吸の音を聞いておくと、発作が起きた時との違いが分かるので早めに対応が出来ますよ。

 

 

■タッチングケアでリズムを整える

いつもは意識しない『呼吸のリズム』が乱れた時、人は恐怖を感じます。

そんな時は、そばに居る人がリズムを取ってあげて下さい!『吸って~。吐いて~。』と、言葉をかけてリズムを整えてあげましょう。このリズミカルなタッチングケアは『セロトニン』を活性化し不安な気持ちを落ち着かせます。セロトニンは私たちのストレスを軽減し安心感をもたらしてくれます。と同時にあなたは無意識に相手の肩や背中に『手』を添えている事でしょう。何とかしてあげたいと思う気持ちはとっさに『触れるケア』となり、手から伝わる相手を思う気持ちは『大切に思われている』『そばにいてくれる』という安心感となり不安を軽くし喘息の辛い症状の緩和に繋がりにます。

 

 

■ケアのまとめ

発作が起きた時は、まず体を起こし、冷たいお水を飲ませ、やや強めのタッチングケアで背中をトントントンとリズミカルにタッチングしましょう。

 

※これは家庭にいる時にとっさに家族が出来る方法です。

 自己判断はせず必ず病院に行きましょう。

 

■ここに注意

リラックスさせたいと精油を使う人も増えています。

ですが、喘息の時は要注意!

辛そうにしている姿を見て、何とか休ませてあげたいと思っても、鎮静作用の強い精油は注意が必要です。特にラベンダーの酢酸リナリルという芳香成分にはとても緊張を緩める力が強く、喘息の人には使わないほうが良いでしょう。カモミール・ローマンという精油も注意です。

家族に喘息がいる人は、ユーカリ・ラジアタやローズマリーといった少しシャッキっとする精油にして下さい。これらの精油は1.8シネオールという芳香成分を含みますので、痰などの分泌物を出す手伝いもしてくれます。

また、発作への不安が大きい人は、フランキンセンスという精油をお守り代わりに持っているといいでしょう。

 

■タッチングケアでリズムを整える

吸って~ 吐いて~というリズム。いつもは意識しない『呼吸のリズム』が乱れた時、人は恐怖を感じます。

そんな時は、そばに居る人がリズムを取ってあげて下さい!『吸って~。吐いて~。』と、言葉をかけてリズムを整えてあげてもいいです。その時、あなたは無意識に相手の肩や背中に『手』を添えている事でしょう。何とかしてあげたいと思う気持ちはとっさに『触れるケア』となり不安を安心に変えます。この様に家庭で出来る事は沢山あります。

家庭で出来る看護として行ってみて下さいね。

  

 【協会講座のご案内】

 

日本タッチングケア協会HP ↓

http://touchingcare.net

 

 

【新刊のご案内】

 

この度、日本タッチングケア協会代表理事の外尾幸恵が

“『軽く』触れるだけで心と体が軽くなるタッチングケア“の本を出版しました。

全国の書店で販売中です。

 

 

 

 


テーマ:

 

日本タッチングケア協会のほかおです。

 

先日「病気がないのにお腹の症状を訴える患者さんの治療について」の講演に参加しました。

 

うちの子どももよく「お腹痛い~」といいます。

緊張しやすい性格でストレスが直ぐお腹に来ちゃうタイプ。

病院をすすめるのですが、「自分の症状を上手く話せるか不安だ」と言って病院には行きたがりません。

子どもの事もあって興味を持って参加しました。

 

講演された先生の病院ではお腹の症状で来られる患者さんでガンや潰瘍が見つかる確率は9%、内視鏡をやっただけで30%の方は症状が改善されるそうです。

 

“安心“が治療やケアになっているケースが多く「患者さんと良好な信頼関係を築く事が治療の第一歩」とおっしゃっていました。

 

先生は、患者さんの話しを親身になって聴き、手を当て診察する「手当て」を丁寧に行い、さらに自分の症状を上手く言えない患者さんには、適切な質問を投げかけるのも必要だと話されていました。

 

なんだかとってもジ~ンときました。

 

他の医師から「内視鏡を勧める時、嫌がられる時、どのように説明されているのですか?」という質問がありましたが、

 

「まず、患者さんの辛さを無くす事を優先し、そのための検査であるという気持ちでお話ししています」とおっしゃっていました。

 

「検査」と聞くと、悪い所を見つけるのが目的で、それが辛い検査だと気が重くなってしまいますが、このような説明をされたら、自分の辛さを分かってもらえてる様で嬉しいし、手を当てて診察してくれる先生からすすめられた検査なら安心してお任せしようと思える気がしました。

 

講師の先生は慈恵医大の先生で、慈恵大学病院の創設者、高木兼寛先生の言葉を最後にセミナーが終わりとても温かい気持ちになりました。

 

{8B9868F2-D44D-4188-A2D0-89C83C23BB8E}

 

 

 

 手当てを必要としている人に届けたい!

セミナーを行っています。

 

❑タッチングケア体験 

        7/14(金)10:00~11:30

❑タッチングケアセラピスト講座 

       6/16(金)13:00~17:00

 

詳細は➡  http://touchingcare.net/kouza_touchi/

 

 

 

 

 

 


テーマ:

日本タッチングケア協会代表のほかおです。

 

現在、荒川区にある東京女子医大東医療センターが平成33年に足立区に移転されるそうです。


その公開講座が北千住駅のシアター0101で開催されました

 

私はパネリストとして、医師会顧問の矢野雄彦先生、東京電機大学の矢島敬士先生、NPO代表の吉羽健二郎理事長、足立区政策経営部の佐々木様と共に参加させて戴きました。

 

{C2860407-105B-48B0-A926-C571D92DD3C8}


{ABBB183D-7714-46B7-A498-78D2300E4498}


1回目となる公開講座の主旨は、『病院整備の基本方針』と『足立区が抱える病院整備に関する課題』を区民の方々と共有し、より良い病院作りを共に行っていく為の学習会という主旨でした

 

パネリストとして私がお役に立てるのは何だろう・・・?

 

大学病院での管理職を含めた看護師の立場で感じてきた事。

一般の患者さんの立場となり感じている事

 

この両方の視点からお話しが出来ればと思いました。

 

私は結婚後足立区に越してきて約20年になります。その間、子どもを出産し一年間の育児休暇後に復職、子育てしながら大学病院で働く経験をしました。その間、子どもの急な体調の変化に怖い思いを何度もしてきました。

3次救急がなかった足立区にとって、病院整備の基本方針でもある『救急医療の確保』は、私の様に不安な中で子育てをしている親御さんには大きな安心に繋がると思います。

 

また、看護師として患者さんと関わる中で、病気を抱えながら暮らしていかれる患者さんが、お家に帰ってからも病院と同じ看護が受けられたら安心だろうな・・・と感じていました。


現在、私達『日本タッチンングケア協会』では、区内数か所の区民センターで健康講座を行っています。その活動も9年目を迎え、開催数は300回を超えました。


『家庭で家族が出来るケア』が、一般の人も身に付けられると健康を守る為に家庭で出来る事が増えます。

 

その事からも、基本方針にある『地域医療との連携』の中に、医療者への教育だけでなく一般家庭への「教育機関」としての役割も大学病院に担ってほしいと感じています。

 

最後に上手くいっている医療システムのイメージは?という質問がありました。

 

医療者と患者さん、ご家族が共に力を合わせ、家庭で過ごせる社会が実現している姿。

これが私が思う理想の医療システムです。

 

人口約68万人の足立区で大学病院が来るという新しい事に対し様々意見があると思います。


ですが、医療に関する不安や課題を皆様と共有し一緒に考えるきっかけにしていこうという、このような学習会はとても有意義だと感じました

 

私自身も様々な事に気付かせて戴く機会になりました。



{60DD3E0E-68DC-47B8-AEFD-EF8753A34E0A}


…*…*…*…*…*…*…*

http://touchingcare.net/


テーマ:
日本タッチングケア協会のほかおです。

日本タッチングケア協会セミナー
【脳の癒しがストレスを軽くする】開催しました。

普段は別々に活動している協会のアロマライフスタイリスト®︎さんが交代で講師を務めています。

今回は、暮らしの中でストレスを癒すセルフケア法と、アロマとタッチングケアの相乗効果について学びました。
{3104CF87-D949-4084-960E-4EB1E5CD4B2D}

{865A5598-1748-46C6-B8C6-0A1AD6544BE4}


こうしたケアが一般の家庭で誰もが出来る様になると、ストレスの解消だけでなく、自分の体調の異変に早く気付け、病気を未然に防ぐ事にも繋がります。

スウェーデンでは子どもの時期から触れるケアを生活の一部に取り入れ、不安や痛み、情緒の安定に役立てています。

私達の活動でも、薬で効かない痛みや心の病、子どもの情緒や認知症の方の心の安定に活用し効果を感じています。

{59FA077C-45F9-418A-8891-9A019425B3C6}


タッチングケアの良い所は必要なのは手と気持ちだけ!という事です。

場所や物やお金がかかりません。

タッチングケアはこの様にいつでも気軽に続けて戴けるセルフケア法なのです。

まずは、日々、ストレスや不調で悩んでいる方、タッチングケアを活用して下さい。

…*…*…*…*…*…*…*


http://touchingcare.net/


…*…*…*…*…*…*…*


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス