3月最後のトリガー日 | 天下泰平

天下泰平

~「天下泰平の世(Peaceful World+)」を実現させるための真理学~


テーマ:
29)

メキシコでM7.4の地震、死者の情報なし
【3月21日 AFP】(一部更新、写真追加)米地質調査所(US Geological Survey、USGS)によると、メキシコ南部で20日午後0時2分(日本時間21日午前3時2分)ごろ、マグニチュード(M)7.4の地震があった。南部では多数の住宅が損壊し、首都メキシコ市(Mexico City)では驚いた人たちが路上に飛び出したが、これまでのところ死者が出たという情報はない。

 USGSによると震源はゲレロ(Guerrero)州とオアハカ(Oaxaca)州の間に位置する太平洋岸のリゾート地アカプルコ(Acapulco)の南で、近くでマグニチュード5.1の余震も起きた。

 フェリペ・カルデロン(Felipe Calderon)大統領は、自身のツイッター(Twitter)アカウントで、「地震による深刻な被害の報告はない」と書き込んだ。ゲレロ州知事は地震から2時間後にとMilenioテレビに対し、メキシコ南部で500以上の住宅が損壊、あるいは倒壊したが、ゲレロ、オアハカ両州でこの地震で死亡した人はいないと語るとともに、震源に最も近いオメテペク(Ometepec)の街で学校など公共施設に被害がないか調べていると述べた。

 米政府は、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領の娘で、春休みでメキシコに滞在していたマリア(Malia Obama)さんは無事だったと発表した。

 太平洋津波警報センター(Pacific Tsunami Warning Center)は、大規模な津波は発生していないが、局所的に津波の影響が出る恐れはあるとしている。

 首都メキシコ市ではビルが揺れ、オフィスで働く人たちが道路に飛び出した。地元のラジオ局Formato 21は、メキシコ市北部で、乗客を乗せていなかったバスの上に歩道橋の一部が崩れ落ち、1人が負傷したと報じた。

 市内では電話線や電線が切れて交通信号が消えたが、メキシコ市長は、ヘリコプターで上空から調べたところ大きな被害は出ていないと述べた。(c)AFP

 日本時間の今朝未明、メキシコでマグニチュード7を超える大規模な地震が発生したようです。実際の規模はマグニチュード7.8だったともいわれ、ほぼ8に近いかなり大きな地震だったように思えます。今のところ死者は確認されていませんが、皆さん無事であることを祈ります。

地震といえば、外国のニュースか噂か何かで、明日22日に太陽と惑星の影響で太平洋にマグニチュード9クラスの地震が発生する可能性があると言われています。

March 18, 2012 Press Release(2012年3月18日の新聞発表)
記事、Terral、2012年3月18日午後10:44

こんにちは:

以下は、今日2012年3月18日の日曜日に、主要なニュースメディアに向けて発表された新聞発表のコピーだ。

====================================

新聞発表

即時発表 -- 2012年3月18日日曜日

窓口:テラル・クロフト(Terral Croft) terralcroft@hotmail.com
Skype: Terral03

地球が太陽と向かって来る重質量物体との重力圏を通過する2012年3月22日、地軸が5インチ(12.7cm)変動した結果、マグニチュード9の地震が太平洋で起きると予測されている。

フロリダ州セントピーターズバーグ -- 188日周期で地軸が変動する事を含む、1965年にまで遡る巨大な震度の地震活動のパターンを当方の研究者が発見した。直近の事象としては、2010年2月27日のチリでのM8.8、2010年9月4日ニュージーランド、クライストチャーチでのM7.1、2011年9月15日のフィジーでのM7.3、そして2011年3月11日に日本で発生したM9.0の地震が含まれる。私達の計算によると次にこの事象が発生するのは、太陽と獅子座付近で探知されている重質量物体(Heavy-Mass Object=HMO)との重力トラフを地球が通過する、協定世界時の2012年3月22日4:58:34(日本時間同日13:58:34)であると予測される。地軸は、日本の地震で4インチ、チリの地震で3インチ変動したように、5から6インチ変動することが予測されている。

現在、土星は獅子座の隣の乙女座に位置しており、同じくこのリングを持った惑星も太陽とHMOの間にあるため、特別な輪が形成されており、また北半球では巨大嵐が猛威をふるっている。木星の液状コア、火星や天王星の地震活動の増加や金星の自転速度の低下という証拠が示しているのは、向かってくるHMOによる混乱なのである。土星で今回のような嵐が発生したのは、土星が太陽と獅子座の間を通過した30年前の事であった。私達のチームは、これら脅威に対する、官邸、NASA、DHS及びFEMAを含む米国政府の反応を追跡する予定だ。

私達の研究チームは、HAARPの多重周波の送出が、予測される事象から正確に72時間前の、協定世界時2012年3月19日4:58:34から始まったことを見抜いている。「事象」が発生する場所では、マグニチュード4から6の群発地震が増加すると私達のチームは見ている。当該地域周辺に住む誰にも、春分のすぐあとの2012年3月22日に発生する、歴史上で5番内の地震活動に備えられるよう通告されるべきである。(転載終了)

 多少日付に誤差がありましたが、果たしてこのメキシコの地震がそうだったのでしょうか?もし違うとなれば、明日は新月でもあり、確かに3月最後の地震トリガー日として『シャク暦』には印がついているので、一定の警戒が必要かもしれません。

46)
※3月22日23時37分より新月

ただ、宇宙天気を見る限りでは、今のところはフレア等は静かなので、人工地震でもマグニチュード9クラスを引き起こすのは容易ではないかと思います。

一方、いつも参考にしている松原照子さんの本日の「世見」で、気になる地震情報がありました。

地図を見る時(「幸福への近道」より転載)
<2012.3.21>
私は埼玉県に住んでいます。
埼玉県も南部に住んでいるので、地震が気になって仕方がありません。
全国の皆様、ごめんなさいネ。本音を申し上げるといつも地図を見る時、一番初めに開けるのが「関東」と書かれたページです。
上は山形・宮城、下は静岡です。
最近私に、体はナマズの化身でも棲みついているのか、数時間前に揺れが来るのが分かり始めています。この揺れの感じ方なのですが、「何処が揺れるのか」と云うのではなく、自分が揺れるのを体験すると云う感じ方なのです。
と云う事は、私の住む埼玉は、もしかするとこれから揺れを多く体験する場所なのかも知れません。

今日もやはり揺れが気になり地図を開けようとしたら、開け癖が付いているのか、やはりいつもの関東と書かれたページです。
この2ページには鉛筆で何本の線が引かれているのですが、磐城沖ガス田から富士を引いた線上がやけに鉛筆の線が濃く見えています。凄く嫌なのですが、埼玉も入っています。気になる方は今書いた所をご自分の地図に線を引いて見て下さい。

今、理由もなく町田と云う声が聞こえた気がしました。もしかして線上にあるのかと町田を探したら、線は上を走っています。
線を追って行くと、富士・御殿場・八王子・所沢・大宮・下妻・常陸大宮・北茨城です。
もしかすると、この線上の附近は揺れやすいのかもしれません。

今日も太平洋側は落ち着いてはいませんし、茨城・千葉・神奈川・東京・伊豆半島と油断は出来ません。
北海道の太平洋側は要注意ですが、いつも書いているように揺れが始まったら、先ずは自分が生きている事を自覚されて、お心の中で「明日も生きている」とご自分に話し掛けて下さい。「生きている」と云う言葉は体中に生きる力を与えます。
3月19日発売(4月3日号)の週刊女性に私が線を引いた地図が載っています。(転載終了)

49)
※富士・御殿場・八王子・所沢・大宮・下妻・常陸大宮・北茨城

 「磐城沖ガス田」から「富士」のラインとは、以前よりお伝えしている「3つのライン」【一番北のライン】であり、実はこのラインは一番危険なラインとして聞いています。

それは「富士山の噴火」と直結しているラインだからです。

今後、このラインの各エリアで地震が多発してくると、いよいよ「富士山の噴火」が近づいている前兆となります。そして、最後の前兆は「御殿場」周辺エリアでの大地震であり、ここでマグニチュード8を超える地震が発生した場合は、かなりシビアなシナリオに進む可能性があります。

この「御殿場」周辺エリアの地震が、もしも富士山のマグマによる地下の「水蒸気爆発」が要因だった場合、その影響で先ほどの北茨城に走るラインに大規模な亀裂が走る可能性があり、さらに、それが「首都直下型地震」へと連動する可能性があります。
これだけでも大きな被害ではあるのですが、これで終わりではなく、この地震エネルギーが再び「御殿場」へと戻って来て、遂には「プレートエネルギーの解放」である「富士山の噴火」を引き起こす可能性があるのです。このシナリオだと、日本は「日本列島分断」という大難のシナリオへと進むかもしれません。

この件に関しては、詳細の情報を今月末に発売される「ザ・フナイ4月号」「大難か小難かの分岐点は富士山の噴火」という章の中でまとめて書いています。おおまかな流れは前述したとおりですが、より詳細を知りたい方は是非ともご一読頂けたらと思います。

「大難か小難かの分岐点は富士山の噴火」(ザ・フナイ4月号) 
 しかし、富士山の噴火が必ずしも「日本列島分断」にまで発展するとは限らないようです。噴火するにしても、重要なのは噴火の仕方や位置であり、これ次第で噴火の意味が「プレートエネルギーの解放」か「地震エネルギーの解放」かのどちらかに決まるようです。
 地震も火山の噴火も、どちらも地殻に溜まったエネルギーの解放によって引き起こされる現象のため、同じ地域、もしくは双方が連動する地域でどちらかの現象が起こった場合は、もう一方が起こりづらくなる作用があります。
 これから起こる富士山の噴火が一般的な「地震エネルギーの解放」の噴火で収まれば、次のステップである「日本列島分断」へとすぐには進まず、連動する他の地域の地震を抑える効果もあるので最も小難で終わる可能性もありますが、仮に「プレートエネルギーの解放」の噴火であった場合はまったく逆で、そこから「日本列島分断」を始めとする大難のステップへと次々に日本は突き進んでいきます。
 今後富士山の噴火が起こった時、どちらの意味の噴火であったかを見極める大きなポイントは、噴火が発生するまでの流れです…(続きは「ザ・フナイ4月号」にて)

 さて、そういった背景を踏まえた上で、昨今の地震発生状況について検証してみると、ここ一ヶ月で日本周辺で発生した地震を地図にポイントすると、以下のような地震分布図になります。

EXPJPW
※圧倒的に太平洋、それも関東エリアでの地震が多い

 圧倒的に関東エリアで地震が頻発している状況なわけですが、そこで松原さんが気にしている【埼玉エリア】の部分を拡大してみると以下のようになります。

EXP11

今のところは、埼玉を含めて内陸部は静かですが、ただ先週の3月16日に埼玉県南部で気になる地震が発生しています。

large

発生時刻:3月16日 4時20分
震源地 :埼玉県南部
位置 :緯度 北緯35.9度
経度 :東経139.5度
震源 :マグニチュード M5.2
深さ :約100km

 未明に起こったこの地震は、山梨も少し揺れて目を覚ましたのでよく覚えていますが、震源の深さが100kmという、通常の地震断層を超えた場所だったのが非常に印象的でした。この画像だけでは震源地がわかりづらいので、北緯35.9度と東経139.5度の場所を地図にポイントすると以下の場所になります。

06)
※16日の埼玉南部の地震は「磐城沖ガス田」から「富士」のライン上

これは、まさに松原さんが指摘している「磐城沖ガス田」から「富士」のライン上であり、そうすると「富士山の噴火」にも直結しているポイントでの地震となります。

一方で、このラインの最北である【茨城エリア】の地震分布図を確認すると以下のようになっています。

EXP08

 先ほどの内陸部とは打って変わって赤い印の震源の浅い地震がおびただしい量で発生しているのがよく分かり、完全に千葉の「銚子」「北茨城」のエリアに集中しています。

特に「北茨城」のポイントは、例の「磐城沖ガス田」から「富士」のライン上であり、やはりここでも「富士山の噴火」に直結しているポイントでの地震が発生していることがわかります。

もちろん、これらは「富士山の噴火」だけに限らず、単発での「首都直下型地震」「東海連動地震」とも関連しているエリアでもあるので、どういったシナリオに直結する地震であるかは断定できません。

ただ、このエリアでの地震が増加してくると、何かしら大きな災害へと発展する可能性強い前兆なので、今後は十分に警戒する必要があるということです。

明日は大丈夫かと思いますが、少なくともこの半年以内には再び防災の準備を見直し、何よりも不安意識ではない、前向きな防災意識を強く持って日常生活を送って頂けたらと思います。もちろん、ここ山梨だってどんな災害を起こるかもわからない場所なので、自分も同じ境遇です。

滝沢 泰平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス