新年度

テーマ:
{79C22BD1-5470-4C0B-9EA3-A19BBAAB5EE5}
桜も咲き、新年度になりました。
やはり日本の1年の始まりは1月と言うよりも4月からの印象です。
今年度も、大学院での研究を続けながら、大学の非常勤講師、市中病院救命救急センターでの非常勤、そしてモーグルを細々と続けていきたいと思います。

 

日本集団災害医学会の主催するMCLS大量殺傷型テロ対応セミナーに参加してきました。ちなみに、この学会は「集団」が取れて、日本災害医学会になるそうです。確かにその方が自然ですね。
会場になった東京医科歯科大学の講堂はすべての座席にマイク、電源、LAN、ライトがあって素晴らしい施設です。
内容は置いといて、学会事務局はもう少し運営の仕方を考えられた方がいいと思います。
 
{8F51D858-81BB-4315-ADDF-75B7645EBDB7}
 
後日追記
やはり後日送られてきた受講証も他人のものでした。当日にも受講番号と名前がずれていると認識しながら、その間違いを繰り返すという事務局のようです。

 

人工呼吸器の本 エッセンス
人工呼吸器の本 エッセンス 田中竜馬

メディカルサイエンスインターナショナル 2018-02-22
売り上げランキング : 1527


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

  •  
  • 人工呼吸の本というと、ほとんどのものがそれなりの分厚さをしていて、人工呼吸が苦手(好きではないけど必要に迫られている場合を含む)で手に取ったのに、これを全部読まないといけないと思うとげんなりしてしまう・・・という人も少なくないと思います。この本は、小さくて薄い。さらに、字の大きさも比較的大きく、内容云々の前にヤル気が削がれてしまうことは最小限ですむと思います。そして訳書ではありますが、語り口調で書かれているため、読みやすいです。kindle版で原著も読みましたが、絵本のように文字が大きかったです。向こうでもそういうコンセプトなのでしょうね。
  •  
  • 最初は呼吸生理からではなく、そこら辺は詳しくないけど、とにかく今設定しなくちゃいけない!という人が、それぞれのモードを使って初期設定をするのに最低限必要なことについて書かかれていて、まさに今設定したい!という時にさっと見て使うことができる内容が本の始めに書かれています。かなり端的に書かれているので、まずやらなければならないことをすぐに取り出しやすいです。
  •  
  • そのあとに、各モードの説明や呼吸生理について解説されており、ところであれってどういうことだっけ?という前半で示された設定の根拠や考え方を知ることができます。こちらもかなり端的に書かれていますが、軽快な語り口調の中に大事なことが、ポンポン出てくるので、要点をおさえるにはもってこいだと思います。まさにエッセンスが凝縮されています。ただし、要点をおさえている分、初学者にはこの本を読んで疑問に思った基本的な呼吸生理の部分は、分厚い本でしっかり学んでほしいなと思います。
  •  
  • 人工呼吸について学びたいけど、何から手を付けていいかわからないという人には、まずこの本を読んでつまずく部分を調べていくという使い方もよいかと思います。医師だけでなく、看護師、臨床工学技士、理学療法士の皆さんにもオススメです。薄い分、2,000円+税と医学書にしては安いです。
  •  
  • 筆者の先生は、アメリカで仕事をされていますので、日本にはない呼吸療法士という職種のスタッフとのかかわりなども文中で出てきます。文中ではそれほど多く登場するわけではありませんが、呼吸療法士が医師の視点からみて呼吸管理において信頼のおける存在であることが分かります。個人的にはこのような職種が日本にも導入され、「すべてを医師がやらなければならない」という世界が変わっていけばいいなと思います。
 
働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」 働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」
稲盛和夫

三笠書房 2009-04-02
売り上げランキング : 2622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

京セラやKDDIの創業者である稲盛和夫さんの著書。

そうとは知らずに購入・・・

 

京セラとは京都セラミック

大学生の頃、桂川の河川敷でサッカーした後に、本社の前を通ったなー

そのあとの王将とビールが最高だった思い出が、

あ、どうでもいい話でした。

 

著者の半生から得られた教訓が記されています。

 

仕事を好きになるように働く

心の持ちかた

 

お釈迦様が三毒と呼んだ「欲望」「怒り」「愚痴」

この毒素を薄めるように一生懸命働く

働くことは修行に似ている「精進」

 

高い目標を掲げて働く

誰にも負けない努力

マラソンだが、いつも100m走のつもりで

 

継続が大切

昨日よりも1歩だけ前に出る

今日1日を精一杯努力する

 

「もうダメだ」という時が仕事の始まり

ベストではなく、パーフェクトを目指す

ベストはあくまで周りとの相対評価、だそうです

 

人生・仕事の結果=「考え方」×「熱意」×「能力」で決まる

「考え方」が一番大切

熱意と能力は0から100だが、考え方はマイナスにもなる

 

正しい「考え方」とは

・常に前向きで建設的

・協調性

・明るい思い

・肯定的

・善意に満ちている

・思いやりがあって優しい

・真面目で正直で謙虚で努力家

・利己的でなく、強欲でないこと

・足るを知る心

・感謝の心

 

どれも正論、昭和の創業者です

精神論が多いので、働き方改革が叫ばれる現代の若者には理解できない部分もあるかもしれませんが、結局このような努力をしないと、大きな結果は出てこないのでしょうね

 

完璧を目指さず、とりあえず出すという私のポリシーとは若干異なりますが、大変参考になりました。

 

https://www.kyocera.co.jp/inamori/

オフィシャルサイトがありました!

この後、JALにも行ったのですね。

この本以外にも多くの著書があるようです。

 

 

マテリアル

テーマ:
{34173F84-C665-47EF-A229-ABF399F5DD6E}

ピョンチャン五輪に刺激されて、ボロボロになっていたマテリアルを一新!

板はストリクトリーからIDoneへ。

IDoneはちっとも値引きなし。むしろ商品と希望カラーがあっただけ幸い。

日本企業も応援しなくてはいけませんからね。

 

ストックもIDone、これは白いので、下手くそなストックワークがジャッジから見えにくくする効果があるそうです。私にうってつけ。

 

靴はラング(LANGE)、元呼吸器科医としては当然です(それはLUNG)。

これはシーズン途中だったので、割引で買えました。

 

道具で勝負ならオリンピックも狙えそうです・・・

 

{AF6758CB-335A-4FF5-9B74-231EA9F3ACDA}
そして硬い硬い小海リエックスのモーグルコースで練習
たまたまプロテクターしていない時に限って岩のようなコブでケツ打ちました・・・
 
足腰、背中痛い。。。
 
小海リエックスはリフト券持って行くと付属のホテルの入浴が500円になり、お得です。しかも出た後はシャトレーゼのアイス食べ放題付き。かと言って食べ過ぎると、せっかく温かくなった体がまた冷えること請け合いです。
 
そうしたら須玉まで降りて、インターの近くでラーメン食べましょう。また温まりますが、メタボまっしぐらです。
 
 

 

データソン 2018

テーマ:
{79A339AA-ADEE-4191-BA5E-B7D94D7CE1F0}

http://datathon-japan.jp/2018tokyo/#

 

2月は横浜の集団災害医学会、埼玉で講演、栃木でDMAT訓練、自治医大で合宿のようなセミナー、千葉で集中治療医学会、そしてこのデータソンと関東圏をぐるぐるしていました。

 

最近使い出したStataをもう少し使えたらもっと楽しめたのに!

来年の京都にも参戦したいと思います。

あとは英語ですね・・・

集団災害医学会 2018 横浜

テーマ:
{CC984FED-FF21-4233-96EF-8190469E7611}

昨年は共同演者も含めて5題全部ポスター監修して大変な思い出がありますが、今年は演題なく、平和な学会。でもやっぱり演題出さないと物足りないですね。

 

社会医学系専門医の更新ポイントをゲット。

 

中華街のテーブルが回らず残念でしたが、安くておいしかったです。

 

ここから出張続きです。

 

今月のレジデントノートの特集はchooseing wiselyです。

 

chooseing wiselyとはあまり耳慣れない言葉ですが、徳川家の家訓のように「及ばざるは過ぎたるに勝れり」と言うことでしょうか。違うか・・・

「われわれが日常的に行っている医療行為について、過剰医療になっていないか改めて検証しましょう」ということです。

 

高齢者、小児、検診、生活習慣病、救急、集中治療、病棟業務、感染症の各領域のchoosing wiselyについて書かれています。

 

最近厚生労働省も抗菌薬についてのキャンペーンしてますしね。

 

http://www.choosingwisely.org

 

 

レジデントノート 2017年9月号 Vol.19 No.9 Choosing Wiselyで考える習慣的プラクティスのナゾ レジデントノート 2017年9月号 Vol.19 No.9 Choosing Wiselyで考える習慣的プラクティスのナゾ
北 和也

羊土社 2017-08-16
売り上げランキング : 44609

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

 

日本DMAT隊員の資格更新のため関東ブロックの講習会へ。
スキー以外では初群馬?
電車で行ったのですが、前橋ものすごく遠い・・・
時間があったのでケチッて新幹線は使わず。
在来線のドアは手動でした。一瞬降りられないかと思いました。
 
2日間だったので宿泊しましたが、駅前に店がない・・・
夜ホテルで、往復の電車で、原稿書きまくりました。
過去最高に依頼原稿がたまっているので、時間のあるうちにやっつけてしまわねばです。
 
DMAT講習も災害を経験するたびブラッシュアップされているようです。
瓦礫の下医療(CSM)から病院支援・受援、避難所・・・
 
良い復習になりました。
お盆の3連休にお疲れさまでした!
 
{2A2DCEBA-0931-4895-A6DE-4C31B8EE355C}

 

{D523E0A1-74E6-48C5-930C-99AC9FB14661}