救命救急センター最前線

救命救急センター最前線

旧:モーグルとサッカーをこよなく愛するある医師のブログ。救命救急センターで本物の救急医になるために鍛練の毎日。
医学以上に情熱をそそぐスキー(特にモーグル)や城・歴史、サッカーネタなど。お勧め医学書コーナーも充実!

救命救急センター奮闘記です。本物の救急医になるべく挑戦の毎日です。


医学以上に情熱をそそぐスキー(モーグル)の記事も更新していきますサッカー


お勧め医学書コーナーも充実!!(させるべく努力中)


最近は医学書以外の本も多いですが、右のサイドバーにあるテーマの一覧からどうぞ。


COI開示についてはこちらの記事へ。


だいぶ以前の医学記事については、内容が古くなっているものもありますので盲信せず、最新のエビデンスを御追求ください。



link  


↑ブログランキング参加中 


医療分野ベスト10入りビックリマーク(調子いいときは・・・)


さらに上を目指しワンクリックお願いします!!


今シーズンは記録的な暖冬

やっと寒波が到来して嬉しい限りです。

 

先日の神立はモーグルというよりはもはや障害物避け競争です。

溝に出た土・草を避けるためにバンクターンの練習をひたすら。

段差を感じず、腰にも優しい滑りができました。

 

 

今年はクリスマスも大晦日も当直ですが、あまり特別な日にこだわる性格ではないので、どちらもただの365分の1日に過ぎません。当直で通勤が減ると本を読む時間がなくなるのが悩みですかね。

 

出だしは9割の人は「説明力」を身につけていない、という購読意欲をそそるフレーズ

説明に必要なのは「時間感覚」「要約力」「例示力」、確かに

本をA41枚にまとめる訓練

ストップウォッチを持ち歩いて、説明時間を意識する訓練

人の説明を採点する訓練

いつもしていることか、、、

 

通説Butの説明法

これは医学論文のIntroductionの構成と同じだな

いくつか発見がありました

文庫本のわりに高め?ですが薄いので是非

 

 

カンブリア宮殿を見て以来ずっと行きたかった喫茶店ルノアールに初見参!確かに土日の昼時ながら8割程度の利用率。店員さんもお客さんも年齢層が高い。大手カフェチェーン店とは趣を異にするレトロな昭和な雰囲気。コーヒー飲み終わるとお茶が出てきます。おかげでふた仕事ぐらい終わりました。今後の課題は禁煙(分煙かつ所狭しと空気清浄機置いてあるが)と、現金しか使えない支払い形態でしょうか。

https://www.tv-tokyo.co.jp/…/bus…/entry/2019/020748_amp.html




考え方が面白い著者の本は一通り読むの法則です。

以前に物を断捨離する本を読んで以来、物を捨てる事にはだいぶ躊躇しなくなったのですが、この本は物だけでなく、考え方や人間関係、過去の思い出、資産までも捨ててしまう、「捨てる」ことへのためらいのない著者の自叙伝的な本です。自分の時間の捻出の仕方が参考になりました。

 

捨て本 捨て本
1,518円
Amazon

 

 

先日紹介した編集者・箕輪厚介つながりで読んだホリエモンの本。

https://ameblo.jp/pulmonary/entry-12534079714.html

 

2017年に発刊されているので、少しブームに乗り遅れました。当時「寿司屋の修行なんて意味がない」という記載が話題になっていた気がします。忍耐力?を示す「石の上にも三年」を真っ向から否定するものです。「サルのようにハマり、鳩のように飽きよ」など多動な私にぴったりな一冊でした。

 

 

最近は医学書以外が多いですが・・・。まあ、二次資料の教科書よりも原著論文読んでいるということで。

東大王・井沢が書いている勉強法の本。試験や資格勉強には原理や戦略が大切です。受験のテクニックだけでなく、考え方を示しています。テクニックの部分では、暗記は個数を覚えるというのは納得。私も失神はまず3つに分類とか、ショックは4つに分類とか、5 killer chest painなど個数で覚えていることが沢山あります。受験生だけなく、社会人でも学ぶところが多かったです。

 

 

別に1億円稼ぎたい訳ではありませんが、羽田空港の本屋で少し立ち読みしたら買ってしまいました。「能力」の差は小さい、「努力」の差は大きい、「継続」の差はとても大きい、「習慣」の差が一番大きい。福岡出張の片道でほぼ読んでしまいました。紹介されている36の習慣全てが腑に落ちます。少しずつ実践していきたいと思います。

 

 

久しぶりに痺れた一冊。この本の著者を私は知りませんでした。しかし、私が過去に読んで心震えた本のうちの一冊、見城徹 著「たった一人の熱狂」を企画した編集者と聞いて納得。この本は幻冬舎社長の著書なのに、なぜ双葉社から発刊されているのか当時から謎でしたが、理由がよくわかりました。

https://ameblo.jp/pulmonary/entry-12041489385.html

 

 

以下順不同で本文から抜粋

章のタイトルが命令文…

 

バカなことにフルスイングせよ

言ってはいけないことを言ってしまえ。空気を読むな。

今やれよ!

スピード スピード スピード!

量 量 量!

意識ぐらい高く持て

名前を売れ

教祖になれ

誰も行かない未開を行け

自分に何万円の値札を貼るか

変わり続けることをやめない

 

おわりに、バカになって飛べ!

 

飛ぶことはありませんが、なかなか痺れました(笑)

 

 

知らない街に行く、という楽しみはありませんが、なんだかんだで東京開催は便利。

近いのでスタッフ、レジデント共に少なくとも1日は全員参加させることができました。

https://www.congre.co.jp/jaam2019/

 

一応メインの学会なので、私はパネルディスカッションなど3演題

そのほかにも4題ほど指導

 

いくつかはしっかり論文化したいですね。

と、思ったら発表の翌日にrevisionがかかっていた雑誌からアクセプトの連絡がありました。

 

 

座長やパネルディスカッションの演者が貰えるとクオカード、まだ去年のも使ってない。。

 

 

なんだかんだで更新が滞ってしまうこのブログ・・・

もはや絵日記ですが、ご理解ください。

 

一応毎回参加している学会

日本臨床疫学会

http://jsce2019.umin.ne.jp/index.html

出した演題も有意義な建設的な意見をもらえたので、それを踏まえて一気に投稿しよう

 

福岡グルメも堪能

水炊き美味しかったなぁ

https://www.hanamidori.net/store/archives/1

 

 

地理通りの中洲

 

 

学生以来20年ぶりにきたキャナルシティ博多

 

 

とんこつラーメンはもはや東京で食べても味は同じです