夢を叶える出版ブログ-出版エージェント城村典子Official Blog-
東京・高円寺の出版エージェント会社【Jディスカバー】を経営している城村典子です。
累計1000人以上を手がけ、40社以上の出版社と取引してきた経験から、ほとんどの人が知らない「幸せな著者になる方法」「出版業界の裏話」をお伝えします!

出版実現までのフローが丸わかり!
『城村式オーダーメイド出版術』動画セミナー(全3回)
こちらをクリック

著者になるなら、知っておきたい
『あなたの出版が確実に成功する方法』メール講座(全7回)
こちらをクリック

Jディスカバーの出版実績
こちらをクリック
  • 27May
    • あなたの知りたくないあなたを正しく知る方法の画像

      あなたの知りたくないあなたを正しく知る方法

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖緊急事態宣言が解除されましたね。私は、自分の家の隣が事務所で、一階がスーパー。別の事務所に行くのも、駅前を通るので、緊急事態宣言中も、今も。あんまり人通りがずーっと変わらないと感じたりしています。それでも、今日は。事務所に著者とライターとで打ち合わせ。徐々に会ってのミーティングも増えてきそうです。さて、今日の話題「あなたの知りたくないあなたを正しく知る方法」「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本」武田友紀https://www.amazon.co.jp/dp/4864106266/という本があります近頃のトレンドは、「自分らしく」とか「ありのまま」とか自分の本質をする。自分の個性を知り才能を発揮しよう。20年前くらいまでですかね?大量生産、没個性の人を造ってきたかと思ったら、今度は、「個性」と言われて、戸惑ってる人が多いよう。私も、企画を作る上で「オリジナリティを出す」その人の個性と才能を引き出す。という話をひっきりなしにします。ですが、「自分のことを、100%自分で知って欲しい」とは全く思っていません。というか、自分のことを知るなんてことは不可能だと実は思っています。だって、人はものすごく「深い」です。自分のことを本当に知ろうとしたら、一生かかるし、気が狂うかもしれないとさえ思います。ですし、本当は、「100%自分のことを知る」は、人はしたくないし、知る必要もないと私は思っています。ところがです。100%知る必要はないのですが。せめて、30%くらいは知っておかないとまずいです。なぜなら、「他人はあなたが知らないあなたを知ってるからです」だから、人から自分がどんな風に見えているかは、なんとなく知っておく必要があります。ところが今度は、その第三者側も色々厄介です。誹謗中傷が社会問題になっていますが。間違った第三者の意見もいっぱいあるからです。▼じゃあ、どうするのか?他の人の「違い」を知って、「輪郭」を作る。ということだと思います。私は、色が白いとよく言われますが、私より色が白い人とならべば、むしろ黒いということです。私は声が大きいと言われますが、私よりもっと声の大きい人と一緒にいたら、小さい声だと言われるでしょう。なので、自分を知るには、そのくらいが精一杯で、それで十分だと思ってまして、それより、編集者として欲しいのは、「だからなんなんだ」なのです。例えば、私は、色が白い。だから黒い服が似合わないのが悩みだった。そのことから、肌の色によって、好きな色でも似合わない服があることを知った。とか私は、色が白い。小さい頃、肌が褐色で健康的ないとこと比べられた。大人はいとこばかりを褒めていた。私は、自分の肌の色にコンプレックスがあり、海に憧れ、海の家を始めた。。。人は、都合の悪いことは知りたくありません。だから、自分を真正面から知ろうとしても、難しいと感じます。でも、自分の輪郭をなんとなく知り、エピソードを形作ると、物語が生まれます。論旨が生まれます。そうやって自分を知る。本を作る作業、企画を作る作業とはこのようなものです。「自分を正しく知る」は100%自分に向かって探求するのではなく「自分の輪郭を知って表現する」むしろ、そこに真実があると、書籍編集者としては思うわけです。城村と一緒に、あなたの物語の輪郭を探りましょう。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 26May
    • あなたの軌跡をどんどん面白い企画にする方法の画像

      あなたの軌跡をどんどん面白い企画にする方法

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖昨日の東京は、とってもあったかな日でした。このブログでも時々触れる、3時から路上で飲んでる光景。これは、高円寺を知ってる人は、「あそこだな」ってすぐ思うと思います。このお店今日は、すでに2時からお客さんがいっぱいだったと!別事務所にお使いにいってくれたスタッフが(移動には、そのお店の前を通るので)「あれ、◯◯(お店の名前)って、何時から空いてるんでしたっけ?」って驚いてて、◯◯に詳しいスタッフが「あそこは15時だけど、今日は、もう開けちゃったんだねー」なんて会話をしていました。みなさん活動したい欲望がうずうず。気をつけながら、徐々に再開していきましょう。今日の話題あなたの軌跡をどんどん面白い企画にする方法みなさんご存知の方が多いと思いますが、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」坪田信貴https://www.amazon.co.jp/dp/4048919830/という本がありますね。今でこそ、長いタイトルは「ブーム」と言われています。「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本https://www.amazon.co.jp/dp/4760150072/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_PI6YEbJN52CP1なんて、本も朝日新聞で紹介されるほど。私は、出版社にいる頃、長いタイトルは、叱られました。文章は、削ぎ落とすもの。長い言葉で表現しなければ伝わらないというのは、嫌われていました。プラス、広報の人は、タイトルが長いと、新聞広告など、入るスペースが限られちゃう。そんなことが常識の時代がありました。このビリギャルがでた2012年は、ちょっと珍しかったかもしれません。でも、私は、その頃から、このタイトルいいなって思っていました。というか、ビジネス書は、小説などの、エンターテインメントよりではなく実用よりに企画を考えます。3つのhowどういうターゲットのどういう悩みに対してどうやって答えるか重要です。でも、それを短い言葉で集約するのは、難しい。どうしても、集約すれば、抽象度が高くなるので、オリジナリティや、ターゲットの絞り込みから離れます。なので私は、ビリギャル風タイトルは推奨してます。▼どんな風に考えるか?まんま言葉にしたらいいと思います。例えば、私のお友達で、パチプロから司法書士になり、事務所の所長をしている人がいます。彼が、相続に強い司法書士だったら、※これは、あくまでも仮のタイトルですが元パチプロで親から勘当された司法書士が、「生前贈与」で自分の親はじめ、多くの相続問題を解決して5億の資産を築いた相続の話。(内容は100%フィクションです)とか超現実主義の興行自業社長が、バイクに乗ったら神からのお告げを聞いて、神社ライダーになって御加護をもらう方法を教えちゃいます。など面白さを文章にしてしまうというのがあります。▼どんな手順で考えるか?企画の中で「絶対に外せない要素」と、これはこの話に「オリジナリティを出させる言葉」だというものを抽出します。元パチプロで親から勘当された司法書士が、「生前贈与」で自分の親はじめ、多くの相続問題を解決して5億の資産を築いた相続の話。というのは、  「相続の話」がこの本の結論なので、まず、これは外せません。この「相続の話」に、どのくらいすごい人かというのをくっつけたのが「5億の資産」この人のどのような手法がヒット(顧客に)したかというと「生前贈与」で、面白さ、オリジナリティ、すごさを演出するのに「元パチプロ」、しかも、「親から勘当」本の王道ですが、「ギャップ」は、「面白そう!」の最大の武器です。この著者は、親から勘当されたのに、親子間の問題解決に貢献している。また、元パチプロで司法書士かというのも勇気を与える。そんなしつらえのタイトルということなのです。みなさんも、自分のやってきたことを「タイトル」にしてみると企画が思いつくかもしれません。さあ、アナタも城村と一緒にタイトルを探しの冒険に出ませんか?【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 25May
    • ブックカバーチャレンジ7冊から企画に思うこと?の画像

      ブックカバーチャレンジ7冊から企画に思うこと?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖フェイスブック上で7日間ブックカバーチャレンジというのがありまして、私にも、おハチがまわってきました。そのバトンを受け取ったら、毎日7日間、ブックカバーだけでいいので投稿する。というのと、その投稿の7日間・7人にバトンを渡す。というようなものです。「おうちにいましょう」週間に伴い、企画されたのでしょう。私もバトンを受け取って、7日のところ、まだ5回しか投稿してないので、あと2回する予定です。まだ、5日ですが、新鮮な感覚がありました。それでなくても、毎日本を紹介しているわけですが、今回は■「読者としてだけ本を楽しむ」■に徹して投稿しました。その結果私が投稿したのはアーティストの言葉―美の創造主たちの格言https://www.amazon.co.jp/dp/4894448114/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_IKOYEbMTWSR0Qペヨトル興亡史―ボクが出版をやめたわけhttps://www.amazon.co.jp/dp/4925220047/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_BLOYEbAQ5VCJP脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫)https://www.amazon.co.jp/dp/4042982166/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_9LOYEbXPKTKE0GOGOモンスター (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)https://www.amazon.co.jp/dp/409179341X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_GMOYEbY016PCYサピエンス全史 単行本 (上)(下)セットhttps://www.amazon.co.jp/dp/B071NVR71M/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_PNOYEbKB7BJ6Jこれから掲載しようと思っていたのがハンス・ベルメール 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)https://www.amazon.co.jp/dp/4309715621/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_QOOYEbDVHW8JN猫鳴り (双葉文庫)ttps://www.amazon.co.jp/dp/4575513784/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_tPOYEbGZ0E9VGです。投稿してみて、「人にお料理作ってもらって食べるのは美味しい」という感覚。そして、再度、企画を徹底的に楽しもうと思いました。普通、この流れですと、多くの編集者は、「だから、自分が面白いと感じるもの以外の企画はしない」ということを言います。しかし、私は、逆。だから、全ての人、私のところにきてください。絶対。面白い企画にします。と、ますます思います。その代わり。ごめんなさい。面白くさせてください。というのは言わせてもらいます。私が、版元の編集者に、そもそも、「この企画、面白いでしょ!」って自慢できなかったら始まりません。私が面白いと思っても、版元は、面白いから引き受けるのではなく「自社で企画して発売して、儲かるかどうか」で採用を判断しますから。その会社の路線に合うかとか、やりたい編集者がいるかとか似た企画が既に出てないかとか採用しない理由の方が、採用する理由の何十倍もあります。でも採用しなかった時に、「もったいなねえ」と、版元、出版社や編集者が思える企画に、私は仕上げようと思います。これから出版を目指す方、すでに著者の方も、企画が面白くなる体験をしてください。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 24May
    • 本=希望を伝える?の画像

      本=希望を伝える?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖はじめに、講座のお知らせ。6月に実施を考えておりました札幌1day集中出版塾は、9月に延期させていただくこととなりました。詳細は後日、報告予定です。1day集中出版塾は、次回、オンラインで6月27日の実施。地方の方、移動の時間のない方、どうぞご参加ください。一挙に出版企画書の書き方、出版のコツがご理解いただけます。オンライン1day集中出版企画塾。オンラインセミナー記念価格20000円仲間と企画書を作れるのもいいチャンスです。お申込みはこちら↓ ↓ ↓https://www.reservestock.jp/events/433012それでは、今日のブログ本題に。緊急事態宣言の解除の気配が出てきて、人が街に出始めているようです。でも、この人出の印象は、人によってかなり違うように感じます。「いやーまだ、普段の半分くらいだよ。」という人がいるかと思えば、「すでにすごく出てている。」という人もいます。私の印象では、「案外まだ、みんな外に出ないなー。」もっと。どっと出ちゃうかもと思っていたので、思ったより、出てこないという印象。私の読みとしては、人々の中に「新型コロナウイルスの恐怖」がかなり、きちんと染み付いているのではないかと思います。そんな人たちからしたら、「観光? 当分無理だ。と思う人いるかもしれません。」「おもてなし2051~みらい・ニッポン・観光地化計画~」カワカミ・ヨウコhttps://www.amazon.co.jp/dp/4434274775/という本があります。2051の観光とはどのようなものでしょう?人の進化への意欲、向上したい気持ちは、止めることはできないと思います。新しい観光、新しいおもてなしが生まれているのだと思います。読者に希望を伝え続ける。それも、作家の役割です。アナタの伝えたいことで世に希望を伝えませんか?【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 23May
    • 私たちは文化に育ち、文化を創り、未来を育てるの画像

      私たちは文化に育ち、文化を創り、未来を育てる

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖時代がどんどん変わってきています。1か月前くらいには、版元の中では「新しい企画どころではない」という反応もありました。(淡々と仕事をしている版元もおおくありましたが)実際、私自身も、出版社にプレゼンする出版企画の新規性をどんなふうに匂わせて行こうかを嗅ぎ分けるために、実質は、「2週間くらい、待ちたい」という感覚がありました。感じ続けて、考え続けているうちにもどんどん、時代が走って行きます。「歯周病はすぐに治しなさい! ―口腔から老化と心臓・腸・脳の大病がはじまる! 」森永宏喜https://www.amazon.co.jp/dp/4865812482/という本があります。この本の企画のスタート時は、千葉県台風に著者が被災した経験も踏まえて、ストレス時の口内ケアの大事さを表現したりしていました。それが、制作中にコロナの広がりが始まり、コロナ時代の口内ケアについても触れました。まさしく、今、多くの人がストレスを抱えていると思います。コロナに感染しないように、人に移さないように、工夫して、活動を止めないように、気を張る。一方、気晴らしにも行動制限があり、不要不急と言われれば、自主規制に向かいます。自粛警察などが現れるのもまさしく、ストレス現象と感じます。私も、マスクをつけ始めたころなぜかいくつも口内炎ができてしまいました。緊急事態宣言の出た日に、里帰り出産の娘が子どもを出産。娘や新生児にコロナを運んではいけないという緊張感からか。長時間マスクをつけるようになって、口内環境が変わったからか。何らかのストレスがあったのだと思います。人の命を作っている要素は多々ありますが、食べ物の影響力は、言わずもがな大きい。その食べ物は、口から体に接種されます。毎日、当たり前のように食事をしているときには気づきませんが、口から栄養が摂れなければ、あっという間に弱ります。病院にも気軽に行けない今。また、免疫力の高さが、命にも関わる今。口内環境を整え、自分の体を自分で守るということがますます大事になってきます。この著者が、なんでそんな、ちょうどいいことを話せるのか?未来を読めるのか?あるいは、ラッキーなのか?と思うかもしれませんが、そういうことではない。この著者に限らず。あらゆる、立ち位置の専門家はその立ち位置から、今の時代に必要なことを示唆できます。例えば、部下育成を教える方。テレワークが進み。どうやって部下を掌握するかを考えます。例えば、飲食のコンサルタントの方まさしく、今こそアイデアが必要です。こんな風に、人々は、日々、生きて、生活して、研究して、活動して、時代も進み、事象が現れ、変わっていきます。みなさんの知見を未来の示唆にして、多くの人の未来を照らしてください。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 22May
    • 人はすでに完璧。その完璧の成り立ちが違っておもしろい。の画像

      人はすでに完璧。その完璧の成り立ちが違っておもしろい。

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖昨日、募集していた第5回絵本出版賞の締め切り日でした。応募総数は、これからカウントいたしますが、過去最高の応募数になりそうです。多くのご応募ありがとうございます。これから、審査が開始されます。今回もどんな作品と出会えるか楽しみです♪ちなみに、今までこの賞から生まれた絵本はこちら。http://jdiscover.jp/?p=2626&preview=true「だから、さびしくない」落合久恵https://www.amazon.co.jp/dp/4434274880/こちらの本も、この賞から生まれた本です。可愛いおばあさんのお話。大人も読んでもジーンときます。人は、どんどん忘れていきます。また、昔の記憶も、都合よく覚えます。私は、どちらかというと、楽しいことに記憶が改ざんされるようで。自分の過去は、幸せに包まれていたと感じてしまいます。同じ事象を体験したとしても、人によって全く記憶の仕方も違います。例えば、高校時代の部活の同級生。先輩に注意をされたことについて「先輩から、指導してもらえた。ラッキー!」と思う人。「先輩から叱られた。チェ!」と感じる人。その人の受け取り方。背景、それまでの経緯などで感じ方は当然違います。でも、違うからこそおもしろい。人というのは、自分の思う通りにならないし。仕事を一緒にやる仲間も、スタッフも。決して自分の思う通りには動きません。なんで私の思うことの半分もわからないの!気が回らない。気づかない。と腹を立ててるシーンを過ごす方が多そうです。でも、基本。なるべく、人を騙そう、出しぬこう、と思ってる人は少ない。一生懸命期待に応えたい「良かった」「ありがとう」と言われたい人の方が多いかと。じゃあ、なぜ、思うように動いてもらえてないと感じるか?それは考え方も、受け取り方も。価値観も違うから!自分が考えてる常識は、人にとっての常識ではないわけです。でも、だからおもしろい。「人は、生まれながらに完璧で、常に完璧である」と言われますが。私は納得しています。例えば、体に不自由さを持っている人。その不自由さを補完する才能がある。私も目の手術後は、人の魂が見え始めたように。だから、自分の個性に気づく、自分の特性に気づくことは才能に気づくことです。今日も読んでいただきありがとうございます☘【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 21May
    • あなたにとって、「父親」とはどんな存在ですか?の画像

      あなたにとって、「父親」とはどんな存在ですか?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖私は、両親のことが好きだった一方、若い時には、大層反面教師として捉えていたと思います。目に見えて、反抗したとか、暴言を吐いたとか、そんなことはありません。しかし、誰しも通る道かもしれませんが、「親とは違う」という選択をしてきました。特に父親に対しては、まとまった時間距離をとりました。年齢を重ねてくると、当然ながら、私が幼い頃の父親の年齢などとうに超えて当時の父親の気持ちが近くなってきたりもします。「猫を棄てる 父親について語るとき」村上春樹https://www.amazon.co.jp/dp/4163911936が売れています。村上春樹という人は、すごいなと思います。人々が、どんよりした不安の中にいる中、父親にテーマ!と。というのも、父性は、今の私の注目テーマ。「アウトプット大全」「インプット大全」の大ヒットの著者である樺沢先生の父性を語った本のリニューアルをお願いしているのです。2012年に刊行された「父親はどこへ消えたか」が版元を変えてリニューアル完全版が出版(8月予定)。仕掛け人ながら、興奮体質ですので、ふふふふ。口元が緩んでとまりません。一方、色々な意味でドキドキもとまりません。私は、原稿を読んだら鼻血を出すだろうというドキドキとまだ、その原稿はこれから生まれるというドキドキとなんだそれはと関心を持ってくださった方はこちらをどうぞ【2020.4.15】1800人が集合したオンライン飲み会で言いたい放題!【「樺チャンネル」ライブ! 精神科医・樺沢紫苑】https://youtu.be/wjIbwd0i7Poお急ぎの方はこちらの動画の後半1時間30分から視聴をこの動画では7月のアナウンスになっていますが8月です。こうやって書いているだけで、版元編集者のドキドキと、作家のドキドキが共振してきます。みなさんも楽しみにしてください!【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 20May
    • アナタはパフォーマンスをどうやって保っていますか?の画像

      アナタはパフォーマンスをどうやって保っていますか?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖実は、私、昔から嫌なことを後回しになる癖があります。夏休みの宿題も、やりたい宿題はすぐやりますが、嫌いな宿題はやらないような(笑)お気づきかもしれませんが、青学の講義オンライン化システムを理解することが、どうしても気が乗らず、昨日も、準備と称して、朝からのそのための時間をあけていました。でも、ついつい、別の仕事をしてしまい、なかなか手がつけられません。夏休みも勉強のスケジュールを立てながら、ついつい、普段やらないような机の片付けを始めるような。■ パフォーマンスをどう維持するか ■こんなダメダメ話をしているのは、理由があります。なぜ、こんなやる気がないのかを考えてみたのです。それをひっくり返すと、どうしたらやる気になるか?「図解 モチベーション大百科」池田貴将https://www.amazon.co.jp/dp/4801400426/この本は、様々なモチベーションについて解説されています。例えば、「目標勾配」という項目あと少しでゴールできるとわかると、意欲がわく。(ホントにありますよね)「分析病の罠」事前に考えすぎたり、分析しすぎたりしたグループの方が行動が鈍るという検証結果が出る。いずれも、わかりやすく読みやすい。読者が「思い当たる節」を実験結果も元に説いているので納得しちゃいます。ところが、ところがですよ。この本の後書きを読むと、「私はひと一倍、面倒くさがりです。放っておけば、やらなくていいことはすぐやるのに、やるべきことにはなかなか手がつけられません。」とあります。そして「やった方がいいとわかってはいるけれど、やりたくない。でも今より一歩前に進みたいから、やるしかないか。そんな風に毎日脳内で戦っているのは、きっと私たちだけではありません。」なんてことまで書いてある。すごいです。あれだけモチベーションについて細かく、わかりやすく、実験結果も合わせて、書いてあるのに。それでも、やっぱり、この後書き。私のことじゃないか!!!まさしく、わたしのことを見抜いているみたいです。そう、結局、人っていうのは、嫌なことは後回しにする。ただ、気づけば、結局自分に回ってきます。私がこの事象から学んだ教訓表面的には「納得」なのですが、どうやら隠れテーマがありそうです。それは?「手順」でした。私は、大学のシステムを覚えなくちゃならない、ってことに「なんでこんなこと覚えなくちゃいけないの?」ってちょっと、納得していなかったと言うのがあります。でも、それ以上に動けなかったのは手順の整理ができていなかったことだと感じています。理解をするのにどのくらいの時間がかかるのか?どんな手順で理解をすればいいのか?全体像が見えないと、ますますモチベーションが下がる。今は、かなり理解ができるようになったので問題もどう解決したらいいのか見えてきたので気持ちよくなってきて、システムが身近なものに!そう、知らないことは、厄介です。突然ですが、このブログを読んでくださってるアナタは、自分が本を出す、と言うことを身近に感じていますか?まだ、少し遠いと感じている人は、ぜひ、身近にするアトラクションをご体験ください。出版体験ツアーという講座をオープンしました。城村がアナタをエスコートします。1対1でのコースです。求められていないフィードバックはいたしません。気軽に遠慮なく楽しんでください★★★★★★城村典子の「出版体験ツアー」参加されませんか?編集者と著者が行うディスカッションを体験城村典子が、参加者をナビゲートいたします。参加費3000円ぜひ、ご参加くださいhttps://www.reservestock.jp/stores/article/4253?article_id=24036★★★★★★とはいえ、企画のネタもない今、会うのはコワイ。。。と感じていらっしゃるアナタこちらからご体験ください↓ ↓ ↓【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 19May
    • 「教える」大切さ「考える」大切さの画像

      「教える」大切さ「考える」大切さ

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖地域ににもよるかもしれませんが、お節介おばさん的な人が減ったと思いませんか?娘と子どもを育てる環境について話をしたりします。私が、子育てをしている時は、まだ、大人がみんなで子どもを育てる環境が今よりあった気がします。私が、当時、まだ1歳にならないわが子を連れて、電車に乗って泣いたとしても、年長の女性が、「今が一番大変だからね」と慰めてくれたような。今は「自己責任」という言葉が、本来の使われ方ではなく、間違った形で、横行しているように思います。「好きで子どもを産んだんだろう。」「勝手に産んだだから、苦労するのは親として当たり前。」今の少子化は、このような空気とは無関係ではないでしょう。「ケーキの切れない非行少年たち」宮口幸治https://www.amazon.co.jp/dp/4106108208/が大ヒットしています。児童精神科医である著者は、多くの非行少年達と会うことで、「反省以前の子ども」がいることを気づきます。なぜ、人を傷つけてはいけないのか。なぜ、人のものを勝手に使ってはいけないのか。それを理解する機会がないまま時を過ごしています。「ケーキを切れない非行少年たち」というタイトルが、衝撃的でかつ、伝わりやすく秀逸です。そう、そもそも、ケーキを三等分にするということがわからない。「ほめる」教育を、間違って運用している。教育のシーンに対する欠点を著者は指摘しています。実際「教えない」教育がこれからのスタイルだと言われますが、ベースの「知識」や、「考え方」を教わらないでただ「考える」というのは無理。効率が悪いのとともに、ここで格差が生まれます。本当は、その認知や学習の遅れを、ケアされるべき子どもだったのが、取り残されて、本人は、何をやってもうまく行かない。犯行を犯して、初めてその実態がわかる。この本がヒットしたのは、「単に、この少年たちの現象に、読者が社会正義に気づいた」ということではないと思います。ここに登場する非行少年は、現代の象徴でもあるのだと思います。多くの人が、この非行少年と自分を重ねた。また、多くの人が、このような非行少年を生み出している側であることも感じたのではないでしょうか。もう少し、情報が少なくて、時代の変化がゆっくりな時代には、このような少年にも目が届いたのかもしれません。電車の中で、他人の親子連れにも、声をかける余裕が合ったのかもしれません。今は、全ての人が、余裕がないように感じます。でも、これからどんどん、時代の変化は早くなり、情報は多くなっていきます。では、私たちは何をするか。『情報の端々に、囚われて翻弄されない           つまり対極を掴む』ということなのかと思います。SNSは、絶えず情報が流れてきます。だから、週に1回。書店に行く。週に1度、ベストセラーのランキングをみるそんなことをして、大局を掴むことをおすすめします。「考える」には材料が必要です。自分自身の訓練としては、いいインプットから「教わる」そして「考える」。そして、子どもや、後輩や、導くべき人たちには「教えて」「考えてもらう」そんなバランスが必要なのだと思います。今の、困難を乗り越えるには全ての人が、「教える(教わる)」と「考える」を懸命にすることが必要だと思います。著者になるとは、まさしくとの繰り返し。全ての人が著者になることで、世界は良くなると思っています。情熱をもったアナタ出版の世界はコワイ場所ではないと思います。先ずは一緒に企画を創りませんか?【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 18May
    • 自分のメンターは自分で決めるの画像

      自分のメンターは自分で決める

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。マザー・テレサはじめ複数の著名人が発したとされる有名な言葉です。人というのは、弱いものだと思います、どんな、強い人でも、繰り返し「お前はダメだ」と言われ続ければ、自信を失います。どんなに、良いプレーができるスポーツ選手でも、集中力を絶たれれば、失敗もします。なので、いいパフォーマンスを発揮する人は、自分は弱いということをわかっていて、コンディションを調整する。環境を整える。ことなのだと思います。「本を出版する人になる」ということも、環境を整える事だと思います。いかに、「本を出版する人」「作家」「著述家」としての環境を整えるか。これはとても大事です。アナタは、環境を整えるためにどんな事に取り組んでいますか?環境を整える行動の1つに、良質な情報を継続的に受け取ることがあると思います。情報にふれて自分に刺激を与えることは、とても大事だと思います。出版に関する情報を得るために、このブログを読み続けていただいたり、YouTubeチャンネルを視聴いただくのもいいかもしれません。↓ ↓ ↓vol 18 ヒトは意識しているものしか見えない。https://youtu.be/Y1cnkaZg_Ncアナタに合った形で、情報を受け取り、今後の出版活動に活かしていただけたら嬉しいです。今日の本題、メンターについて。メンターは、人でなくてもいいと思います。「貴女が調う マヤ暦からの毎日のメッセージ~古代マヤ260日暦とシンクロして人生を再生する本~」namihttps://www.amazon.co.jp/dp/4434274279/という本があります。 マヤ暦からの言葉を、著者が今を生きる女性に向けてわかりやすく翻訳してくれています。古来より、多くの人々が頼りにしてきたマヤ暦。毎日の示唆になる言葉がもらえます、1分でいいのも嬉しい 自分のコンディションは、自分で整える。この本の力を借りる、というのも、とてもいい手です。私は何を「メンター」としているか。私の場合は「挑戦」です。「これやりたい」「でもできるかな」って思うときには「やりたい」にかけるようにしています。そこにまだ、「できるかな」って部分がある場合には、結構、苦労をします。ときには、投げ出したくなることもあります。でも、そんなことをしたら、多くの人に迷惑をかける。そうやって、今までも、泣きながら、課題をクリアしてきました。そのことが、自分を変えてくれます。課題をクリアした頃には、「なんであんなことに悩んでいたんだろう」という感覚になります。自分を救うために、自分を育ててあげましょう。すると、人も救える人になるでしょう。「著者を目指す」をメンターにしませんか?【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 17May
    • 創るって楽しいの画像

      創るって楽しい

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖昨日もセッションがありました。そのお一人から、セッション後すぐにメールが。『自分がワークにハマり、ものを創り出すという意識がなかったこと、人の枠の中で何かを生み出そうと右往左往した自分に気づきました心より、感謝いたします。『プロ』の視点を持たれた城村さんのご指摘は、やはり凄い!と、驚愕しております。ありがたいです。』こんな言葉をいただきました。多くのことを、吸収していただいたようで嬉しいです。私は、シンプルに、「本」という世界で長く仕事をしてきたのでこの分野では専門家。本の企画を考えるクリエイティブについては思いっきり力になれます。しかし、すでに人は、全てクリエイターだと思っています。工夫をして、新しいことを生み出して、新しいことを発見して、新しいことを、社会に発信して貢献している。事業や、商品で生み出している人もいるし、見識で生み出している人もいるしキュレーターのように、情報を取集してアナウンスして発信している人もいる。そして、そのクリエイティブ能力は昔より求められていて、役に立っていてこれからの時代に活躍する人は創り出す人なのだと思います。私が知っている、本のクリエイティブはその方自身が持っている「創造の力」を引っ張り出す刺激だと思っています「表現の技術」髙崎卓馬https://www.amazon.co.jp/dp/4122066522/という本があります。著者は日本のクリエイティブディレクター・CMプランナー・コピーライター。JR東日本「行くぜ、東北。」のCMや、榮倉奈々さんがバカボン風の渦巻きをつけて出演していたサントリーオールフリーのCM、「これでいいのだ」などを手掛けた。またチャラン・ポ・ランタン(逃げ恥のOPを歌っていたアーティスト)『戦う女』の作詞、岡田将生さんが初めて主演を務めた映画『ホノカアボーイ』の脚本を務めるなど、多方面で活躍している。という人。とってもシンプルにわかりやすく「表現」とは「クリエイティブ」とはを、多くの読者が知っている事例などを交えて語ってくれています。本を出したいと思っている人は、ぜひ読んでみてください。クリエイティブに必要な「驚き」。私もそうですが、多くの編集者は「新規性」を感じられる企画を発見する、創る、考える。をやっています。なので、編集者と一緒にクリエイティブをするのは楽しいです。私も。著書と一緒に企画を創るのも楽しいですが、複数の出版社の編集者と企画を創るのも楽しいです。編集者は、それぞれ癖のある企画を創ろうとしてて、変なのーって思うこともあるのですがそれが楽しい。そう考えるなら私も手伝おうって思って新鮮な気持ちで一緒に企画を創るのは楽しいものです。個人的には、この著者の方がいう「予定調和は的」に共感。多くの、編集者は、一人一人、個性は違います。制約条件の中で「どこまで良くなるか」に向かって進んでいると感じます。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある 商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 16May
    • 人は一生のうちに何度も生まれ変わる。の画像

      人は一生のうちに何度も生まれ変わる。

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖「365日笑顔でいたい!母と子のための子育てコーチング」石谷二美枝https://www.amazon.co.jp/dp/443427211X/という本があります。子どもを育てていると、自分が育ってきた時間を追体験する感覚があります。子育てしているアナタ部下を持つアナタそして後輩を持つアナタそんな体験ありませんか?ありますよね?自分が小学生の時、中学生の時、学校を卒業して、社会人になって・・・。さらに孫となると、2回目の追体験とともに親になりたての頃の自分の記憶もよみがえってきます。「子育ては、親が子どもに教えることより、親が子どもから教えられることの方が多い」とも言われます。実際、今、生後1か月の子どもを育ててる娘に「お母さんはどうしていたか?」という問いを毎日投げかけられています。自分は、どうあなたと向き合って、何を考えていたのか?娘に話をすることになっています。そんなことがあると、改めて、ぼんやり生きていられないなーって思ったりします。私などは、放っておくと、好き勝手生きてしまいがちなので、考えてみれば、子どもがいてよかったです。子どもたちには申し訳ないですが、子どもがいることで「わあ、しっかりしなきゃ」と。家族は近いので、子どもたちのためにというのは、リアルに感じ、考えます。寿命が伸びて、自分の1世代のみならず、2世代3世代後の人と、同じ時間を生きることができます。自分の歴史さえ、どんどん更新されるわけです。そう、本を出す人でないとしても子どもがいない人でもそうやって、自分の生きてる間に、多くのことを、世代を超えて体験する。本を書く人は、それを体験し、記し、成長する。これからの時代は、本を書く人が、より人生を楽しんでいくのだと感じます。今、出版は多くの人に門が開いています。小さい範囲でも、何かを伝えたい情熱を持ったアナタ。恐れないで。こわがらないで。まずは気軽に。一緒に企画を創りましょう。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 15May
    • 昨日は、相変わらず大興奮の出版企画書グループコンサルの画像

      昨日は、相変わらず大興奮の出版企画書グループコンサル

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖昨日「出版企画書グループコンサル」を実施いたしました。こんな時代になり、1day集中出版企画塾もオールオンラインでになっています。毎回。参加者の企画書を読んでいると、一人で勝手に興奮してきて、この本も参考に、この本も、この本も!と、セミナーを実施する会場に、本を10冊ほど持ち込むのですが、フィードバックの時間が8分ほどなので。ほとんど、夢中で話をして、本を披露できない!それでも、本を持って歩く。なので、今日はそのグルコンで紹介したいけど、紹介できなかった本をみなさんにも共有します。グルコンに出てた人は、参加者の企画書と私のフィードバックを聞いているので、「そこにつながるのか」とわかると思います。出ていない人にも「なるほど」があるので企画のネタ集めにかつよういただけたらと思います。■具体的な判例が充実。楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)https://www.amazon.co.jp/dp/4062884127/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_MkvVEb7A7R4VM知的財産にまつわる法律を理解する本ですが、実際にあった、裁判の判例が充実。しかも、読者にも身近な事例が満載で、面白く読むうちに、知財についての知識がまなべる。事例大事です!■新人著者は狙いたい。具体的なタイトルで読者をゲット学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話https://www.amazon.co.jp/dp/4048919830/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_UnvVEb44JEWB2■うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話https://www.amazon.co.jp/dp/4023312967/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_2ovVEbST47525■伝えたいことを、ストーリーで仕立てる事例奇跡の朗読教室―人生を変えた21の話https://www.amazon.co.jp/dp/4787719165/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_IpvVEbWV97ZH1■スピリチャル話題は、S N Sの人気から立ち上がると成功しやすい ブログタイトルと本のタイトルイメージがバッチリ一緒で成功した本こどもはママのちっちゃな神さまhttps://www.amazon.co.jp/dp/4847095634/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_2qvVEbFPFV3TF■脳外科医×子どもの育て方 の掛け合わせの妙16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツhttps://www.amazon.co.jp/dp/4905073367/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_HtvVEb9TSTN5R■構造の妙企画の妙図解 モチベーション大百科https://www.amazon.co.jp/dp/4801400426/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_GuvVEbBT0W9RJ■著者になるなら全員読んで欲しい本印税で1億円稼ぐhttps://www.amazon.co.jp/dp/4860636538/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_KvvVEbSEXK0TDということで次回のグループコンサルどうぞご参加ください★★ 次回 出版企画書グループコンサル★★6月11日(木)18時~参加費4000円どうぞご参加くださいhttps://www.reservestock.jp/events/423376★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★【無料オンラインレッスン】 アナタの経験に価値がある商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 14May
    • 物語を読み取れる人か、巻き込まれる人かの画像

      物語を読み取れる人か、巻き込まれる人か

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖昨日は、「魔法のセッション」というセミナーを実施していました。どいうものかというと、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「自分の持っているバックエンドの商品」を売り込まずに自然に契約できる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・といったセミナーです。4回シリーズの2回目。毎回、商品モデルの見直しと、セールスモデルの見直しをしながら進めます。今回も、参加者のみんなが、実験してきてくれたことをフィードバックもらいましたがコロナの影響で、人々の心が変わってくるなあと思います。敏感になったり、警戒心が強くなったり、なので、人と人との結びつきも、今まで、なんとなくつながっていたとしたら今後、つながるべく人とつながるような。大きな時代の転換点に、今私たちは一緒に生きているんだなあと勝手に感慨深く思ったりします。「公立高校教師YouTuberが書いた 一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」 山﨑圭一https://www.amazon.co.jp/dp/4797397128/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_SV3ZDbNSQKEPJという本があります。世界史の先生が異動してしまう。この山﨑先生の世界史はとってもわかりやすかった。もっと授業をしてほしい!という、生徒たちの要望に応えて、YouTubeの授業が誕生。それが、高校生でなくても「わかりやすい」と大評判!ついに本になってしまった。というわけです。じゃあ、何がわかりやすいかというと一言で言うと「文脈があり」「流れがある」ということを教えてくれる点。世界史というのは、範囲も広いし、重要なこともたくさんあるので、どうしても暗記、暗記になってしまう。でも、大局を掴む、経緯を掴むと意味がわかるし、面白くなる。面白くなれば、勝手に覚えたくなる。というような循環を作る本です。大いに共感。私は、本当に頭が悪くて、「暗記」ができません。記憶障害かと思うほど、昔のことを覚えていられません。でも、流れがあることは、覚えているというより、心に残っています。というか、私の記憶の中にあるのは、紐づけられたこと以外はほとんど残っていないくらいに、忘れてしまいます。実際、昔の教訓が、「物語」になっているのは、そういうことでしょう。口伝でこんなことがあったというのを、子孫に残すのに、「物語」にしなければ、語り継がれない。桃太郎伝説、因幡の白兎伝説など、後世に残す意図があった物語が、日本だけでなく世界中にあります。出来事は、全て、原因と結果があります。唐突に、何かが起こるのではなく、背景があり、要因があり、現象がある。その時代の文脈を読み取れる人になると、未来が見えてくるのだと思います。今の時代特に、テレビでも、ネットでも、「これからどんな時代になるのか」について文化人たちが、コメントしています。逆にいうと、人々は、識者に、みらい予言してもらいたいと思っているわけです。時代の変化に巻き込まれる人なのか。時代の変化を読み取って、人に示唆を供給する人なのか。この2者は、雲泥の差があります。そして、いつもお伝えしているように著者は、明らかに後者です。そして、私の前で、私と対話をする著者は、100%と未来を語っています。ただ、多くの著者は、自分が未来を語っている自覚がありません。こう言っては失礼ですが、自分が語っていると思っている未来は、あんまり面白くなくて、そうでない、話の中にヒントが盛りだくさん。 な感じです。本の企画を考えると、自ずと、未来を見ている自分の視点の整理になります。私と一緒に、出版を目指しましょう!【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 13May
    • 答えは外にはない。アナタの中にあるんだ。〜「企画を作る」を体験すると生きることが自由になる〜の画像

      答えは外にはない。アナタの中にあるんだ。〜「企画を作る」を体験すると生きることが自由になる〜

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖毎日、著者の方と企画を作っています。新しい発見があり。たのしい毎日です。昨日「教えない教育」といったコンセプトの企画の話をしておりました。私の感覚で言いますと、今の時代「教えない教育」はすでにおおくリリースされています。例えば、「自分お頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書」(2016年刊)https://www.amazon.co.jp/dp/4905073618「子どもも「自分で考える力」を引き出す練習帳」(2020年刊)など。今は、実際時代の変化が早くなって、5年前の常識も、今の非常識になるほど。すると、以前のやり方を踏襲するより、現場が判断できないと間に合わない。「教える」時代から、「考え方を伝える」という時代になっています。娘が思春期になったときに「世界はもっと決まってることが多いのかと思ってたけど。。。 実は決まってないことの方が多いんだってことがわかった だから、自分たちで作っていくものなんだね」というようなことを話しておりました。確かに、学校教育というのは、ルールを教えることが多いのかもしれません。でも、そうなんです。子どもは、大人が作った仕組みをまず理解することは必要ですが、それは、たまたま、そいう仕組みであっただけで「もっと良くなる」ことを考え続けることで世界は良くなっていくのかと思います。「出版の企画を考える」というのも、そういえば、教えられるものではないのです。本日話をしていた著者の方から「先生が答えを教えてくれるわけではない。自分が答えを見つけていく。ということが。ようやくわかりました」というコメントがありました。これは、私も発見です。そうか、私が正解を教えると思っていたのか!そう。私の中に答えがあるわけではありません。正解は、著者の中にしかありません。だから、私は、全力で、著者の中にある面白いものを引き出そうとします。出てきたものが、面白くなければ、さらに掘り出します。でも、出てこないものはわかりません。出してもらっていても、わからないこともあります。「一緒に創る」仕事です。「一緒に、読者に発見を届ける」仕事です。とっても楽しい仕事ですが、苦しいこともあります。でも、本の企画の作り方がわかったら著者は、どんどん時代を牽引できる人になります。本の企画を作るは、読者に希望を渡して、自由になる。何しろ、著者が一番希望を見出します。本の企画を私と一緒に作りましょう。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験に価値がある。商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 12May
    • アメリカ人は、子どもでも英語を話すの画像

      アメリカ人は、子どもでも英語を話す

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖今日は語学に関係する話題から。日本人は、英語を習得するのに苦労している。というのは、本の世界にいても思います。あの手この手で、新しい英語の本が出てきます。よく話を聞くのが、今まで、ゴマンと英語の本を買ったり。英語の教材を買ったりしたけど、いずれも成功しませんでしたという話をよく耳にしませんか?しますよね。そんな人から見たら(私もそうですが)英語圏の子どもが、英語を流暢に話をしているのをみると「おお!」って思っちゃったりします。でも、よくよく聞いてみるとすごくシンプルな英語で、それでも意思疎通ができるのだから子どもの会話でいいんだなっていうことは至極納得です。「ネイティブの“こども英語” で 通じる英会話」甲斐ナオミhttps://www.amazon.co.jp/dp/4866671599/この著者は、日本人ですが、カナダのモントリオールで生まれ育ち、家では日本語、外では、フランス語、中国語、スペイン語、イタリア語。幼稚園から中学校までは、フランス語の学校。高校は英語の学校で、プラスドイツ語とスペイン語を、大学では中国語を学び、6か国語を話せるということです。先ほどお伝えしたように、2か国語ですら難しいという人からするとびっくりします。でも、ヨーロッパの人たちは、普通に、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語など複数の言葉を話す人も多いようで、環境は大きいなあと思います。でも、一方、人はイメージの動物なので、同じ、人間で、6か国語話す人がいるなら2カ国語くらいだったら話せるだろうと「やれるかもしれない」感を出すのは大事です。例えば、フィギュアスケートの歴史などでも、ある人が、4回転を跳び始めたら、途端に続々と跳ぶ(跳べる)にとが増えるというのもライバルの4回転を、何度も何度も見ていて自分が跳ぶイメージができてくる効果も大きいのだと思います。なので、英語を話そうということであれば、なるべく、話す機会が大事。この著者の甲斐さんも、今オンラインで、英語だけで喋る飲み会なども主宰していますが、とても大事だと感じます。著者になるのも「いつか本を出すのが夢」と思いながら「出版までの道ってどんな感じか想像できない」という方は、ぜひ、このブログを読むのはもちろん商業出版オンラインレッスンにご登録ください。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある。商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 11May
    • うれしいは緊張がゆるむことから生まれる?の画像

      うれしいは緊張がゆるむことから生まれる?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖このところ、青学のオンライン授業のマニュアルを習得するのにちょっとオロオロしている城村です。昨日は母の日でしたね。うちは、4代そろっているので、ひいおばあちゃんにおばあちゃん(私)、娘も新米お母さん。みんなで家でお祝いしました。さて、皆さん、最近良いことありましたか? ワタシは、青学オンライン授業のマニュアル習得がちょっと進み、次の授業も大丈夫かなあと思っています。そんな日々の中で、ちょっと嬉しいことがありました。本日、買い物に行って家に入ろうとしたら、鍵がない。ガーン! ものすごく絶望的な気分になりました。家には人がいるので、入ることはできるものの、鍵束ごとないので、これから処理しなくちゃならないことが走馬灯のように頭の中を流れ、青学のオンラインも習得しなきゃいけないこのタイミングでこんなミスを犯したか!!!「めんどくさい~」って、また、家族に対して大騒ぎ。一緒に探してもらったり、こんな時になくなってーと言う愚痴を聞いてもらったり。ところが、ふと管理人室を見ると、手紙が貼ってあり「鍵束預かってます」と電話番号が。大騒ぎする前に、早く管理人室をみろという感じですが、無事に、鍵が帰ってきました。走馬灯のようによぎった、鍵紛失後のシミュレーションをしなくて良くなって、大安心。それも、そうですが、もっと嬉しかったのは、世の中、捨てたものではない。こんな親切な方がいるということに、ほっこりです。大騒ぎした30分間は、地獄のようで、(家族の皆さんすみません)それゆえに、とても、ハッピーな気分に。しかし、元々、鍵をなくさなければ、こういうことはなくて、むしろ、探した時間やら、お礼の菓子折やらで実質はマイナスなのですが、一度なくしたことにより、私は、安堵。家族からも拍手。人の心というのは、メリハリで動くものだと思います。これは、企画書の書き方、本文の執筆にも通じます。自分が口下手な営業マンで苦労したから伝えられる「口下手な人のための営業の本」自分の自己肯定感が低いことを感じていたからかける「自己肯定感の低い人のための本」など、メリハリは感動の元になります。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は価値がある商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 10May
    • 著者の方が使い勝手の良いランディングページがあったらいい!をカタチにの画像

      著者の方が使い勝手の良いランディングページがあったらいい!をカタチに

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖著者専用の無料で使えるランディングページを作っていたのですが間もなくオープンいたします。また、このメルマガでもおしらせいたします。今まで多くの著者の方を誕生させる。本を誕生させる仕事をしてきましたが、案外「ランディングページが不自由」と言う声が多くそれだったら、作っちゃおうと言うことで作りました。特徴1 無料で使っていただけます2 一部立ち読み機能をつけられます3 読者(登録)プレゼントのオファーを表現できます4 メルアドをゲットできます5 メルマガを出せます(日時指定できます)6 エクスポートできます7 登録されると、本のマーケティングなどの著者にお得な情報が  メール配信されますと言うような、サイトです。また、お知らせしますのでどうぞ、お待ちください。どうしてこのサイトを立ち上げることにしたかと言いますと・・・・。最近こんな状況で、ますます、自分が、「引きこもり」の「オタク」だなって思います。私の近い人は、もしかしたら「ええ! 今頃そんなこと言ってるんですか?!」って呆れられてしまうかもしれませんが。リモートワークが多くなり、結構心地よさを感じていたりします。元々、学生時代から1人が好きです。思想の話まで踏み込める親友とは、何時間でも話続けられますが、世間話的な話は、苦手です。自分では、すごく人に愛情があるつもりなのですが、「冷たい」と言われることも多々。人が嫌いではないですが、ついつい、夢中なことがあると、色々忘れてしまうのです。記憶障害じゃないかと思うほど昔のことを覚えていられない。企画は、100でも200でも頭に入って同時進行できますが。どこで何を食べたとか、どこに行ったとか。本当に昔の言葉覚えられない重松清が 対談か、著書の中かで言っていましたが、「忘れるのは卑怯だ」と。本当に、なんの反論の余地もありません。「~懐かしさの宝石箱~同窓会をやろう!」秀島ヒロノリhttps://www.amazon.co.jp/dp/4434272209/と言う本があります。怖いもの知らずなので、同窓会に行くとか嫌いじゃありません。でも、記憶が薄い人は、あまり出席しても話が盛り上がりません。多分、同窓会の幹事とかするといいのかもしれません。そう、私は、気持ちがないわけではないのです。だから、もう、病気だと思ってもらった方がいいかもと思うほど、記憶がやばい。では、この、私の愛情をどうしたらいいか?著者の方々と繋がりたいこの情熱をどう表現したらいいか。そこで考えたのが、このランディングページの無料サイトです。また、仔細情報をお伝えします。城村と繋がってください。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験には価値がある。商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 09May
    • 企画は良くなる ビジネスは成功するの画像

      企画は良くなる ビジネスは成功する

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖私の日常は、企画を作ること。今日も、楽しい著者の方とのセッションで、企画を考えていました。ワタシの会社J.Discoverにはいくつかプログラムがありますが、私もロックオンして、「出版の成功へ導きます」のコースに参加いただいている方とのセッションは、大変やりがいがあります。私も本気でご指導できますし、著者の方も本気で取り組んでいただけます。(ある種、至福の時とも言えます)私は、かなり粘り強いです。自分が面白いと思えない企画は、出版社に紹介したくありません。面白くなるまで、何度でもブラッシュアップいたします。企画を面白くするには、クリエイティブ作業を続けていくしかありません。最初から面白い企画はありません。作り込むから面白くなるのです。最初から自信のある人もいません。「もっと面白くできる」と思えるから。企画書が作り込めます。もっと、いい言葉はないかもっと、説得力を高められないか。著者は、自分ではチーっとも面白さに自分で気づけません。(専門家のあるあるですね)でも、全然大丈夫。城村が発見します。発見させてください。そう、成功は、継続でしか得られない。と思います。ビジネスの成功も、まさしく継続だとつくづく思います。やってみてうまくいかないので撤退していいことと、継続をした方がいいことがあります。何をこの社会で実現するのか?その思いは、捨てずに継続しなくちゃいけないこと。でも、その大きな目標を具現化する目標を持っていれば、日常の中での作戦は、柔軟にしなやかに変更しながら継続するのがいいのだと思います。その、自分の変わらない信念を発見するのに、本の出版はとても効果的です。今、苦しい人はたくさんいると思います。苦しい時は、身を潜めたり、継続のための戦略を考え、無理せず、自分の思いを温めてあげましょう。「パンになりたい」まるやまなおhttps://www.amazon.co.jp/dp/4434265652/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_6nH1DbAMM8GG6無邪気になりたいものにまっしぐら。欲望に忠実に、理想の世界を作りましょう。【無料オンラインレッスン】 アナタの経験には価値がある。商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト

  • 08May
    • 「出版しようかな」とおもったら。いつはじめるの?の画像

      「出版しようかな」とおもったら。いつはじめるの?

      こんにちは、出版エージェントの城村典子です。📖初めましての方はこちら📖緊急事態宣言延長。。。アナタは、いかがお過ごしでしょうか?さて、本日は出版したい!いつはじめるの?という話題。結論から!今でしょ!理由はこちら↓ ↓ ↓出版に対して「今じゃない」「もう少し業績が伸びてから」とか「もう少し、ファンが増えてから」という人がいます。これ、「機会損失」だと思います。躊躇している間にに、本はどんどん刊行されていき、いつまでも「今のワタシでは出版できない。」と勝手に自分で思い込み続けると思うから。でね、これは事実なんですが、出版に辿りついている著者にはほとんどの方にプロデュースするパートナーがついている。それにより、自分で見えない価値をミエルようにし価値となる企画が書けるから。「ワタシには出版するネタがありません」けど、出版したいんです!!!情熱をもって行動し続けている方は本を出し、ご自身の活動も次元上昇しているように感じます。後、忘れて欲しくないのが、「出版」はゴールではない。アナタのこれからも続く活動のひとつのツールです。「出版」の文字がアタマをよぎったアナタ。共に出版を目指しませんか?【無料オンラインレッスン】 アナタの経験は素晴らしい。商業出版オンラインレッスンはコチラ ↓ オーダーメイド商業出版実現プロジェクト