筋トレ&ストレッチのパーソナルトレーナー佐藤公治(明大前)

筋トレ&ストレッチのパーソナルトレーナー佐藤公治(明大前)

筋肉をつける・脂肪燃焼・腰痛肩こり予防など
ティップネス明大前のジム
パーソナルトレーナー佐藤公治のブログ

こんにちは。

 

パーソナルトレーナーの佐藤公治です。

 

 

年齢を重ねてくると、徐々に軟部組織(筋肉や腱)がこわばり、体も硬くなってきます。

 

静的なストレッチはいつでも行うことができますが、とくに筋トレの後など体が温まっているタイミングが伸びやすく効果的。

 

(私自身、筋トレの後はストレッチを行っています。

 

パーソナルトレーニングでもクールダウンにパートナーストレッチを取り入れていますし、また単独でも受け付けています)

 

ストレッチの本来の効果は柔軟性を高め、関節の可動域も高めること。

 

その他にも、血流を促し体に酸素や栄養素を行き渡らせる、また深い呼吸により神経系を沈めるなど、リラクゼーション効果も期待できます。

 

ほんの数分、主要な部位のストレッチを行うだけでも硬くなっていた筋肉を伸ばすことができ、アンバランスによるコリや痛みを予防する効果も期待できます。

 

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

●当ブログの読者登録は>>こちら

 

●パーソナルトレーニングのお問い合わせ・ご予約はこちら

「ティップネス明大前」 ☎03-5355-3671

>>プロフィール&パーソナルトーニング詳細

こんにちは。

 

パーソナルトレーナーの佐藤公治です。

 

 

理論的には、トレーニングは開始するときが最もエネルギーがあるので、最初に一番重いウェイトに挑むのがいいように思えるかもしれません。

 

ですが実際には、体が十分に温まっていない状態で重いウェイトに挑むのは、筋肉や腱に大きな負担がかかり、大変危険です。

 

ですので筋肉づくりのトレーニングでは、まずごく軽めのウェイトからスタートし、対象となる筋肉のウォーミングアップを行います。

 

そこから徐々にウェイトを加えていき(筋力が強い人ほど、ウォーミングアップのセットも多くなります)、メインとなる中~高重量でのトレーニングにもっていくようにします。

 

(これをピラミッド法といいます。ピラミッド法はウォーミングアップを兼ねて安全にトレーニングが進めることができ、筋肉量を増やすのにも効果的です)

 

メイン種目の後、補助種目も加える場合は、ウォーミングアップのセットは少なめか、直接メインセットを行っても良いです。

 

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

●当ブログの読者登録は>>こちら

 

●パーソナルトレーニングのお問い合わせ・ご予約はこちら

「ティップネス明大前」 ☎03-5355-3671

>>プロフィール&パーソナルトーニング詳細

こんにちは。

 

パーソナルトレーナーの佐藤公治です。

 

 

一般的に加齢や運動不足により、筋力・筋肉量は徐々に減少していきます。

 

(筋肉量は成人以降、年1%の割合で減少するといわれています)

 

そのため年齢を重ねると、太りやすくなり(筋肉量が減ると代謝が落ち、エネルギーの消費量も減少します)、体力も落ちてきます。

 

ウェイトトレーニング(バーベルやダンベル、マシンで行う筋トレ)は筋肉量の減少を抑え、継続することで筋力もつき、時を重ねるほど“若返る”効果も期待できます。

 

中高年からの運動で注意することは、“やればやるほど良い”とは考えないこと。

 

筋肉はトレーニング後、栄養と睡眠(回復)をとって発達します。

 

(とくに筋力がついて扱うウェイトが重くなるほど、回復に時間がかかるようになります)

 

体力や休息日も考慮して、バランスよくプログラムを組んでいくと、中高年以降もトレーニング成果を挙げることができます。

 

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

●当ブログの読者登録は>>こちら

 

●パーソナルトレーニングのお問い合わせ・ご予約はこちら

「ティップネス明大前」 ☎03-5355-3671

>>プロフィール&パーソナルトーニング詳細