平成30年9月 白露号

テーマ:

<・・・8月の思い出・・・>

猛暑、台風の多発に小平でも強風が続いた7月後半から8月の落ち着かない真夏の中 で、思い出に残る8月19日から26日迄の一週間を取り上げてレポート致します。
19日は、記憶では第3回目ほどになるタマラン(玉川上水ランナーズクラブ)主催の「タマランカップ」及び終了後BBQパーティが小金井公園で開催されました。
走ることも楽しいのですが、終了後のBBQパーティでの一杯(何杯でも)が楽しみで毎回参加しており、今年は1週間前の12日例会で多摩湖手前の武蔵大和駅西信号を折り返しの約10㎞走で真面目に走り、皆さんについてゆき、一週間後の練習をしたつもりでした。
当日は5㎞走と10㎞走に分かれて、私は10㎞を走りましたが、このタマランカップのルールは、自分の目標タイムを当日申告して、その申告タイムに一番近い人が優勝というルールです。
男女で同タイムの場合は女性が有利、その他全てタマランルールで行います。(時計を持って走ることはできません)
 小金井公園は、ある意味で、隅から隅迄知り尽くしておりますが、タイムを決めてそれに合わせるというのは、もともとランニングペースは定年退職後、タマランに入り毎週日曜日の例会に参加して実際に走り、体験してある程度覚えたもので、競争して勝つことなどは全く自信はありません。
BBQが一番の楽しみで・・・ そんな状況の中、10㎞を67分37秒というタイムを申告しました。
60才台ではフルマラソンで20㎞(凡そ折り返し地点)までは6分ペースを切ることが目標でしたが、70歳を過ぎて6年半になり、7分ペースを少し切れば良し・・・という程度が最近のマラソンペースです・・・

 
タマランカップ集合写真、第一周4㎞過ぎのラン

当日7時半に小金井公園に集合、上記のタイムを申告して、先行の5㎞組の後ろにつき、1㎞程練習ランをして準備完了。
8時スタートの5㎞組は一周でゴールなので、いつものことながら応援をして、出発を待っていると、一人走ってきてゴール直前で見かけたことのない男性と一言、二言お話をして、ゴール前で何をしているのだろう?・・・手をたたいたり、腕をぐるぐる回して、早く!  早く!! という感じで、応援して、漸くゴールしました。
この間誰にも抜かされてはいないのですが、申告タイムとの差が順位を決めますので、果たして???

そして9時過ぎに、漸く10㎞組のスタートになりました。全員で30人ほど、5㎞組に比べると人数は少ないのですが、逆にその所為か、先頭ランナーは1㎞も行かないうちに見えなくなってしまいました。
一周目の途中で 長野からきている先輩がワンブロック、コースを間違えて遠周りをするのが見えて、おかげで10数mほど先行して2周目に入る。
そのまま頑張って先行できたのですが、ゴール近くになって更に先行している女性が見えてきたので、もしも追いつけたら、手を繋いでゴール・・・と余分なことを考えて、ラストスパートしてしまいました。
念願が叶って先行の女性・山ちゃんと手を繋いでゴール出来ました。(写真無し)

ゴールして着替えて、すぐ近くのBBQパーティ会場に移動、先行組5㎞の人達が準備を進めてくれて、炭火がもう準備完了・・・今日は幸いに木陰の所為もありますが、炭火に近づいても暑くない、絶好の天気でした。

間もなく表彰が始まり、5㎞の優勝は何と、ゴール手前で、見知らぬ男性にマラソンクラブのことを聞かれて答えていた、あの女性・寺ちゃんが優勝でした。
申告タイムとの差はたったの2秒、まさにxxx驚きxxx

そして10㎞の表彰式で、なんと最初に呼ばれたのは私でした!! Unbelievable!!(マウイの5㎞走でいきなり為末さんに呼ばれての一位を想い出しながら) いろいろな経緯を振り返ると、とても競争していたとは思えないほど、適当に楽しんでいたのですが・・・私は申告タイムとの差7秒でした。

 
タマランカップ写真色々



そして表彰式の最後になって一言皆さんにお話しさせていただきましたことが、申告タイムの所以です・・・
<今朝起きる時に思いついた事でしたが、最近よく着て運動している富士山マラソンのTシャツに書いてある、3776の富士山の高さの数字が今年は私の生年月日と年齢に・・・即ち、3月7日に76歳になりました。
この数字を自分の目標に近い並べ方をして、67分37秒としたのです。>

そしてゴールしたタイムは、67分(1時間)30秒でした。目標タイムとの差が7秒だったのです。
以上、タマランカップ2018の結果ですが、優勝の賞状と賞品はユニフォームの色に近い帽子でした。(それではタマランキャップ、でしょう! とは後日談)

  
BBQ他



次の日曜日には、市民の公募に応募して当たった「聖花ランナー」を走ることですが、その前に少し・・・

小平市内のめぐりん小平<食><農><文化>55をめぐるスタンプラリーが始まり、応募できるのは55か所のうち、16のスタンプを押して一回の応募ができると聞き、21日から24日までに回り、観光協会に提出しました。主な訪問先は町内の<食>ではラグラス、青柳、万味、招来、ルネ・ハーモニー、永田珈琲、和菓子玉川屋<農>JA,<文化>仲町テラス、ふるさと村、ルネ小平、小平中央公園、武蔵美大x2、東京都薬用植物園、平櫛田中館、等等でした。 続けて、2回目のラリーを始めております・・・

 
めぐりん小平55 スタンプラリー

25日には上記の<文化>の一つ、平櫛田中館に行き、「ナイトミュージアム」をたのしんできました。
このイベントは日本鳴く虫保存会の協力で夜間開放して、虫の声を聴くことと、館長さんのお茶会(江戸千家流)を楽しむ催しで、この会を始めた時に協力させて頂いた事を想い出しながら、お茶会と虫の音を楽しみました。

そして最後は26日の聖花ランナーに参加したことです。
小平市民として、
<2020年のオリンピック・パラリンピックへ向けて、私たちにできること>
をテーマにムードを立ち上げることが目的で、小平青年会議所が主催で公募したのに応募して、26日、青梅街道の神明宮から熊野宮までの約5㎞を6区間に分けて、それぞれ小平市に縁のあるスポーツ関連有名人ゲストランナーとご一緒して、走るというよりは行進でしたが・・・

第一部は神明宮境内で開会式から熊野宮までの聖花ランナーを

 
案内チラシ、小平市報、開会式

 

私は神明宮での開会式に参加して、最終6区を、駅伝でいえば、アンカーの一員として、沿道の皆さんと触れ合いながら楽しみ、

 
第6区を、ゲストの石川道広(FC東京)他仲間と走る

 



第二部では熊野宮境内でゲストのトークショウがありました。
ゴール後のトークショウ、ゲストの皆さんは日の当たる席で大変でしたが、私たちは、幸いに木陰の席で楽しみました。
ゲストでは大林素子・元女子バレーボール日本代表選手、石川直弘・元サッカー日本代表選手などと写真を撮ることもできました。 多謝! ご一緒した市民活動関連ではシムネットの由井さん、熟年いきいきの真庭さんなど第六区をご一緒出来て楽しく過ごすことが出来ました。

 
トークショウに参加して・熊野宮
境内で

 

追記1:U-tubeで6区の走りを見ることが出来ます。(タマラン長塩さんからの情報)
<2020年に向かってともに走ろう>でYahoo検索するとみられます。
https://www.youtube.com/watch?v=53LTxKM8B2Q

追記2:<2019年の東京マラソンに当選通知来る・・・>
この忙しかった一週間の中で、24日にラッキーな知らせが届きました。
2019年3月3日の東京マラソンの抽選に当たり、走れることになりました。
3月7日で満77歳、喜寿の年ですが、同時に私にとって7回目の東京マラソンを走ることとなり、ラッキー7の重なりと、自己満足、楽しく走るつもりです。
因みに東京マラソンの制限時間は7時間です。

次のPTPL交流会・日程は以下参照ください。

--------------------------------
場所: NPOフェスタ、NPO PTPL展示ブースで、お待ちしています。

小平元気村おがわ東、西武拝島線・多摩湖線の交差する萩山駅から3分程
日時:10月28日(日曜日) 10時~15時
NPOフェスタ2018、NPO PTPL展示ブース

参加は自由、どなたでも参加できます・・・

(会費はなく、飲食代金は自己負担です)
 (問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/

ともいき暦:http://www.tomoiki.ptpl.or.jp/calendar/2018/

ジャパネスク:http://japanesque.tokyo/