ロゴ2

(1)白馬五竜植物園の<ニュートンのリンゴの木>から・・・
トップは6月の白馬の「植物園協会総会」参加の時に見学した<ニュートンのリンゴの木>です。
白馬五竜高山植物園に今回の総会開催を記念して植樹されたもので、由来が書いてりましたので、先日19日に、20年ぶり位でしょうか? 親木のある小石川植物園に行ってきました。
正確には「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」と言う名称で、<ニュートン~~>に相応しい植物園名称という感じ、更に雰囲気も実に種類だけでなく、大木(古木?)が生い茂っておりました。


白馬五竜高山植物園内の「ニュートンのリンゴの木」


小石川植物園内の「ニュートンのリンゴの木」


それぞれの樹木に関する由来が書かれており、雰囲気だけでも感じることができれば・・・
白馬五竜の説明板には、
「ニュートンが自宅のリンゴの木(ケントの花)からリンゴの実が落ちるのを見て「万有引力の法則」~~この木を日本に持ち込むきっかけは柴田雄次先生~~その輸入経過から、現在は小石川植物園に植栽された木から接ぎ木でつくられた株を~~」という説明・・・
小石川植物園には、
「ニュートンが<万有引力の法則>を発見するきっかけになった~~昭和39年に日本に贈られ~~~検疫・ウイルス除去の処理後、昭和59年に小石川植物園に植栽~~」・・・
添付資料<続き・全文を見る>






参考までにニュートンのリンゴの木の花と果実・リンゴの写真を「植物園へようこそ」から資料のコピーを以下に紹介します。(写真はぐんまフラワーパークで撮影された写真)
HPアドレス:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
小石川植物園では、今年はもう実がおちてしまったので・・・と受付で紹介されました。


植物園へようこそ…からコピー資料

(2)諏訪神社近くの「キササゲ」・・・
見かけた時には前々回のブログ夏至号で取り上げた北山公園のハナキササゲと同種類と思い写真を整理していましたところ、自生地の異なるキササゲと鳥居さんからアドバイスを受けて、勉強になりました。
今回改めて諏訪神社近くのキササゲの花と、ネット情報「植物園へようこそ」から、実がなった時の写真を取り上げます。


キササゲの花と実がなっている写真

更に8月24日に北山公園に行き、ハナキササゲの実を撮影できましたので報告します。


ハナキササゲの実、北山公園で14日撮影

(3)白馬からもう一つ珍しい植物「オニノヤガラ」を紹介します。
6月18日総会最後の日の早朝、ジョギングに出ようと思ってホテル・ステラベラから出たところ、写真を撮っている人がおり、見たこともない植物でした。
まっすぐに直立した茎と花の芽吹き始めたところが茎の先端に見られただけでした。
慌てて写真を撮り、ビデオモードにして、聴いた名前をカメラに入れてから、ジョギングに。
翌日の帰りの時にも数人の人が写真を撮っているのを見かけました。参考までに「植物園へようこそ」のHPから参考の花の写真をつけます。


オニノヤガラ 蕾と花の写真

(4)白馬への途中の穂高の別荘地での早朝ジョギングで、もう一つご覧頂きたいものがありました。
季節の終わりに近い、ヤマボウシの花・正確には花びらに見えるところは「総苞」ですが、東京近隣で見かけるものよりは先端がとがっていました。野性味を感じます。
このトンガリがアメリカハナミズキ(当初はアメリカヤマボウシと呼ばれていた)との違いを見分ける特徴ですが、より大きな違いは、ヤマボウシの実はイチゴのような感じで、ハナミズキの赤い粒粒と違いがあります。


穂高のヤマボウシ

以上、大暑号の白馬の続き内容になりましたが、もう少し、思い出の植物をご案内します。

(5)アメリカデイゴ
珍しくはないかと思いますが、都心の並木として見事に咲き誇っているところを見つけて感動しました。
場所は虎ノ門から5分と離れていない、霞が関ビルから赤坂に向かい、JTホールに左折したところの、JTホールの向かい側に、数本の赤い花をつけた樹を見つけて思わず写真を撮りました。正確に言うと虎ノ門ホールで下記のコンサートがあり、途中で飲み物を買いに出て見つけ、コンサート終了後帰り際に撮影したものでした。
コンサートはスタイナートトリオ(MTSSA)のJTホールで2回目の参加でした。
この花の記憶としては浜松花博で浜名湖岸辺で見かけたのが懐かしい想い出」です・・


アメリカデイゴ、虎ノ門JTホール前で・・・


スタイナートトリオ(MTSSA)のコンサート案内

(6)最後に家の近くの夏の草々・・・
普通の表現だと雑草の空き地、毎朝ラジオ体操に行く前に1~2㎞ジョギングの途中、ひだまり公園の新住宅地、隣の区画の一部分まだこれから建設予定と見受けられるエリア、少し前は畑でした・・・小川用水の一つが流れている、青梅街道から見るとその奥・・・
イメージと想いは、2歳の孫とこの中で転げまわって運動、遊びたい・・・青空を見上げるそんな一時が楽しめる場所の一つ、来年はもう住宅街に??


雑草の草原


草原の<雑草>いろいろな草が生えており、猫じゃらし(エノコログサ)、メヒシバ、オヒシバ、カヤツリグサ、ハキダメギク、ヒメジオン、アカザ~~最近まで畑であったことから、比較的に田畑を想像させる野草が殆どで、それだけ優しさを感じる空き地の草原です・・・今が見納め~~

以上、夏の思い出と草樹をご覧頂きました。


――――――――――――――――――――――――――――――
次回NPO PTPL小平支局交流会は、
日時: 8月28日(日曜日)14時から16時を予定しております。
次は10月23日開催予定のNPOフェスタ2016会場PTPLブースを予定。
場所: サン珈琲(小平市小川町2-1233-3 当日連絡は電話:042-347-3058) 参加は自由、どなたでも参加できます・・・ (会費はなく、飲食代金は自己負担です)
(問合せ・連絡先 NPO PTPL小平支局長 池田春寿T/F042-346-7268、
メールsahaikeda@nifty.com)
ブログ:http://ameblo.jp/ptpl-haru/

 

AD