理学療法士SMILEの勉強生活

理学療法士SMILEの勉強生活

理学療法士である私SMILEの日常を、仕事中心に綴った日記です。
国家試験や主催勉強会の情報も発信しています。

ちょっとした業務提携をすることになりました。

 

個人間なので業務提携と言うかどうかは微妙ですが(笑)

 

いずれにせよ、様々な方からお声掛け頂けるのは本当に有難いと感じています。

 

成功するかはわかりませんし、リスクもありますが、やるだけのことはやってみようという形になりました。

 

何事も挑戦ですね。

 

その方が楽しいですし、人の役に立てるという結論に至りました。

 

詳細は近いうちにお伝えできるかと思います。

 

しっかりと準備します。

 

 

※私と何か一緒にやりたいという方は、喜んでお話を伺いますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

一緒にセミナーをしたい、研究をしたい、電子書籍を出したい、何かプロジェクトを始めたい等々、何でもありです。

 

このブログからでも、Twitterからでもどこからでもお問い合わせください。

 

もちろん、やるかやらないかはシビアに(?)判断させて頂きます(笑)

先日、息子の七五三のお参りなどをしてきましたニコニコ

 

当たり前なのですが、もう5歳かと思うと早いですが、それに伴い色々あったなぁ~とも感じます。

 

また、当たり前に育ってくれていることに、有難さと嬉しさも感じています。

 

↓前撮りを先月末に済ませましたので、参拝には別の和装で行きましたキラキラ

 

この日は参拝以外にも色々と回ったため、疲労困憊の様子でしたアセアセ

 

↑ジェラートを食べて少し体力の回復を図りましたが、眠そうな瞬間の一枚。

 

私と妻の両親なども参加して、大所帯で無事にお祝いすることができましたお祝い

 

当たり前のことが、当たり前にできていることに感謝して、これからも成長を見守りたいと思います。

 

 

ちなみに、来年は娘が七五三。

 

今回、前撮りや衣装などの出費がかなりのものになってしまったので、その点が恐ろしいです・・・ゲッソリ

 

でも、お祝いは必ずします炎

本日で第55回理学療法士及び作業療法士国家試験まで残り101日です。

 

少しずつですが確実にまた1つ試験日に近付いているということになります。

まだ臨床実習や卒業研究などで実感がわかないかもしれませんが、確実に試験日は近付いています。

ただし、もちろんまだ慌てる必要はありません!!

今は地道にコツコツと過去問などの問題を解いていきましょう。

大切なことは、毎日の勉強の積み重ねが良い結果に繋がります。

ただし、国家試験ではとにかく点数を取らなくてはなりません。

つまり、自己満足な勉強や下手なプライドよりも点数に直結する行動をとる必要があります。

だからこそ、限られた時間を有効に使うことや、知識の整理にゴロは非常に有用です。

そこで、特にお勧めしたいのが第55回理学療法士及び作業療法士国家試験対策用のゴロ集『PT・OT学生のための国試対策 安易に覚えるゴロ集 2019年度版』



※理学療法士や作業療法士を目指す学生向けに制作してあります。

語呂は約225個+α収録されています。(pdfファイルで32ページあります。)

ご好評を頂いた2018年度版を踏まえ、新しいゴロの追加と内容の一部改訂も行い、この2019年度版を2019年3月1日に発刊致しました。

収録科目は、

01.解剖学
02.生理学
03.運動学
04.小児科学・人間発達学
05.病理学
06.内科学
07.整形外科学
08.臨床心理学
09.精神医学
10.義肢・装具学
11.評価・運動療法
12.検査基準値

となっています。

本来、国家試験の勉強はしっかりと理論から学ばなくてはなりません。

しかし、国家試験まで時間がなく、なぜそうなるのか?などを調べている余裕がない方のためにこのゴロ集があります。

国家試験では理論以前に、たとえ勘だとしてもとにかく点を取らなくてはなりません。

そう考えた時に役立つのはゴロです。

私自身がそうでした。
確かに国家試験対策として、勉強をする「過程」も重要となります。

しかし、それ以上に「合格点を取る」という「結果」が求められる世界です。

年にたった1度しかない国家試験だからこそ、出来る事は全てやりつくして全力で臨んで欲しいです。

今後、国家試験の合格率は多少は増減すると考えられますが、国家試験の問題自体はますます難しくなることが予想できます。

わずか1点の差で泣いて後悔する前に、ぜひ行動してみてください。

ゴロ自体が国家試験問題に直接役立つ事もありますが、ゴロを知っていることで間接的に問題を解く事ができることもあります。

また、次回の国家試験を受ける予定でない方にも、普段の学校の試験や実習中の知識やその整理に役立つと思います。

模試や試験などで得点に伸び悩んでいる方や、簡単にあと少し得点を取りたい方にお勧めします。

pdfファイルで作成してありますので、各種スマートフォンなどからでもご覧になれます。

今の早い時期からの計画的な対策が、国家試験合格には必要となります。

ぜひ参考にしてみてください!

※無料サンプル画像を閲覧することができますので、まずはそちらをご覧ください。

さらに、国家試験対策には欠かせない教材である医療系国家試験で1点でも多く点数を取るために必要な勉強方法と考え方 2019年度版とのお得なセット販売も行っておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

『PT・OT国試対策ゴロ集&勉強方法と考え方 2019年度版』

 

お陰様で多くの方々に利用して頂いております。

 

わずか1点の差で後悔することがないように、できることは全てやってみてください!

現在、私の職場では通所リハの立ち上げを行っています。

 

新しい施設の建設も行っており、最近では外壁や屋根、窓が設置され、配管や空調関係の工事をしているようです。

 

順調そうで何よりですニコニコ

 

 

さて、私の業務の1つである申請書類準備。

 

紆余曲折ありましたが、何とか通所リハ開設のための書類が揃いそうです。

 

まだ決めなくてはならない項目は多いのですが、それでも大きな道筋はたてられたと感じています。

 

県職員の方と相談したことで、ある程度省略できることがわかったのですが、それも多いです・・・ガーン

 

もっと省略できると感じますが、決まり事ですので仕方がありませんねショボーン

 

 

さて、一方で外壁・壁紙・床・階段の滑り止め・手すり・樋の色まで概ね決定できたのでこれまた一安心。

 

導入予定の物品決めも本格的に進めなくてはならないと感じております。

 

デイケアのコンセプトは決まっていますので、後は話を詰めていくだけです。

 

いずれにせよ、貴重な体験。

 

忙しいことには違いありませんが、何とかやりくりして予定期日までには形にするつもりです。

 

もちろん、患者さんへの介入が最も重要な仕事ですので、そちらも蔑ろにならないように、日々研鑽したいと思いますメラメラ

昨日は家族サービスとしてディズニーシーへ。

 

少なくとも年1回は行くのですが、相変わらずの混雑でしたガーン

 

iPhoneの歩数計アプリを見ると、約17,000歩。

 

移動距離は約10kmでした。

 

で、そのほとんどを娘(9kg)か息子(17kg)を抱っこして移動していました筋肉

 

その結果、見事に両腕と背腰部筋が筋肉痛です(笑)

 

ベビーカーや抱っこ紐は一切使用せずに一日過ごしました。

 

ある意味挑戦でしたねあせる

 

非常に疲れましたが、その分楽しめましたし、子供たちも嬉しそうだったことが一番ですニコニコ

 

 

さて、2019年も2ヵ月を切り、いよいよ年末の足音が聞こえてきましたね。

 

公私ともにやることが山積していますが、一つ一つ丁寧に作業していくつもりです。

 

とりあえず今日は学会参加の申し込みと申請書などの作成。

 

そして、新しいタスクに取り掛かっております(内容はまだ秘密ですw)。

 

いずれにせよ、体調を崩さない程度で仕事に臨みたいと思います。