お金の話・・・ | 「秋葉原ベンチャー社長とその仲間たち」

お金の話・・・

梅雨ですね・・・(;^ω^) 当たり前ですが・・・

鬱陶しい季節です。まったく降らないと困ることも多々あるので、

出来れば2晴れ1雨みたいになりませんかね(>_<)

 

さて・・・

 

「お金を粗末にしてはいけないよ。」と、

小さい頃に教えられた気がします。


あれは誰の教えだったのでしょう。


親には言われた記憶がありません。

もちろん、理屈は分かります。


お金は、仕事の対価として受け取るもの。


親からもらったお小遣いは、親の労働の対価。


だから、粗末に扱ってはならないのです。



つまり、

その根本にあるのは、労働への感謝。


でも今は、お金がお金を生み出す時代。


流通しているお金の9割は、
労働ではなく金融によって、生み出されているのです。

昔のお金と、今のお金は、同じなのでしょうか・・・


お金を粗末にせよ、とは言いません。


でも決して、

お金を崇めたりしてはならない。


それはもはや、労働の対価とは言えないから。


魂の入っていない仏像を、拝んではならないのです。

 

さてさて・・・

 

私は20年前に、

株式会社プラウドの石山になりました。

法人化したことによって、かかる費用が増えました。


設立にも、維持するのにも、結構お金がかかるのです。

なぜ、そうまでして、法人化するのか。


なぜ、株式会社にする必要があったのか。


それは、自分のお金を、自分のお金ではなくすため。


お金という駒を、武器に変えるためです。

正直言って、

プラウドの口座にあるお金も、
石山光博 個人の口座にあるお金も、
私のお金といえば、私のお金です。


どう使おうが、私の自由なのです。

もちろん、株式会社なので、
勝手に使うとは言っても、手順は必要です。


給料として、私に支払うのか。


経費として、何かに使うのか。


きちんと記録し、税金も払わなくてはなりません。

でも・・・法律を守っている限り、
ルールに違反していない限り、
何に使うか、どう使うかは、私の自由。


つまり、

私個人のお金と、大して変わらないわけです。

・・・にもかかわらず、

わざわざ経費を使って、
口座を分けている訳です。


それは、

お金を武器に変えるため。


私のお金を、私のお金ではなくすため。

私は20年も社長をやって来ました。


それなりに、お金も使ってきました。


だから、ビジネスにお金を使うことには、
かなり慣れています。

その私でさえも、個人のお金を使うのは、
かなり勇気がいることなのです。
個人口座の100万円。
これをビジネスに使うには、かなり勇気が必要です。

だからまず、会社を創るのです。
会社をつくって、100%の株主になる。


すると、

自分のお金は、会社の資本金へと変わります。


たったこれだけで、お金は武器へと変化する。


誰にでも出来る、

合法的な、マネーロンダリングなのです。

 

ある程度長いスパンで、

最適な金額を、武器として活用し、

関わる総ての人達をHappyにしたい・・・

そんなお金の話でした(^^)/