カワサキ '14~ Ninja400にサイクロンLEDバルブ取付けました。 | プロテックSTAFFブログ
2016-03-08 19:30:01

カワサキ '14~ Ninja400にサイクロンLEDバルブ取付けました。

テーマ:LEDバルブ

プロテック 営業部ムランティーノです。
サイクロンシリーズLEDバルブ をKawasaki '14~ Ninja400に取付けました。
今回は新製品のHi/Lo切替え式H7LEDバルブ をHiビーム側に装着してLoビーム2灯点灯にしました。

Loビーム側は、№65029 【LB7-S】 \15,800(税抜)
Hiビーム側は、№65030 【LB7W-H】 \18,800(税抜)です。

ちなみに'12~'16 Ninja650も全く同じですので参考にしてください。

下の画像はノーマルバルブのLoビーム点灯です。
ノーマル状態ですと2つヘッドライトがあるのに片方しか光らないのってかっこ悪いですよね~。

 


早速取り付け方法のご紹介です。
Loビーム側の説明ですがHiビーム側もほとんど同じなので参考にしてください。
作業しやすくする為にスクリーンやインナーカバー、メーターを取外します。5分もあればこの通りです。



Hiビーム側に取付けるLEDバルブは、UP刻印を12時の方向に向けて

フランジ部の赤丸でかこった右上の角を画像の様に加工します。
 
こちらが加工後になります。

 

ノーマルバルブを取外してLEDバルブと交換します。

Hiビーム側はUP刻印が12時を向く様に取り付けてください。



ノーマルのゴムキャップを取付けてLEDバルブ後部に付属のシリコングリスを塗ります。

冷却用の防水ファンを取付けます。
このファンはラジエーターにも使われているファンと基本設計が同じ耐久性の非常に高いファンです。


コントローラーユニットはHi、Loそれぞれヘッドライト上に両面テープで貼り付けました。

 

 



この茶色の線はHi側コントローラーとLo側コントローラーを結ぶ線です。
Hi側のLo点灯の為、Lo側コントローラーの電源につなぎます。

 

 



この茶色線のギボシを抜く事でノーマルの点灯状態に戻す事が可能です。

 

 



こちらはノーマルLoビーム(1灯)の壁照射です。


こちらがLEDのLo2灯です。
照射の中心部にハッキリと明るい領域が増えています。
これはHiビーム側ヘッドライトからのLoビーム照射で出来た光です。
実際に夜間走行してみると路面を照らす範囲が格段に広がって明るさが何倍にもパワーアップします。
 
プロテックで導入したBANZAI製ヘッドライトテスターで光軸を測定しました。
最高光度は301hcd(30,100カンデラ)出ていますので、基準の150hcdの倍で車検も合格です。
 
但しHiビーム側はフランジ加工してLEDチップが3時と9時を向く様に取り付ける必要があります。
加工無しで取付けると上下方向への光軸が出せずに車検落ちますのでご注意ください。


 
見た目2灯でかっこいいだけじゃなく、実用的にも明るくなるLo2灯点灯のHi/Lo切替え式LEDいかがでしょうか?

 

 

プロテック ムランティーノさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス