今日も、シアトルからお届けします。
Yukakoです。

 

シンガポール最終日

 

今日の夜の便で

みんなは日本へ、

私は一人でマレーシアへ飛び立ちます。

 

 

お姉ちゃん達が両親を日本に連れて帰ってくれるので、

朝ご飯を食べた後は、

 

私が両親を連れて

シンガポール・フライヤー(観覧車)へ

 

お姉ちゃん達は最後の買い物へ。

 

 

お父ちゃんが行きたいというので決行しましたが、

 

シンガポール滞在中何度も前を通りましたが、

”動いてないんじゃないかしら?”

という位のゆっくりさ。

 

ホテルから乗ったタクシーの運ちゃんに、

”フライヤーまで”

と言うと、

 

”行かない方がいいよ。。”

と言われてしまう。

 

でも私が、

"I know, it is boring, right? but my Dad wants to go"

(つまんないのを知ってるけどお父ちゃんが行きたいっていうのよ)

 

と言うと、

”それじゃあ、しょうがないね”

だって。

 

 

 

夜景を見たい人の方が多いのかしら?

がらがらで、こんな大きなのに私達だけ。

(本当は28人乗りだそう)

 

どうせだったら、夕日の時間にこれに乗ってたらきっときれいだっただろうね。

 

これだったら雨が降ってても濡れないし。。

 

 

この辺が一番高いところ。

2014年にアメリカのハイローラーに抜かれるまではこれが世界一の高さの観覧車だったとか。

 

 

一周回ると30分

 

希望者は、この中で食事をしたりカクテルを飲んだりすることもできるそう。

(その場合はきっと2周はしてくれると思うよ)

 

 

年老いた両親が一緒なので、ちょっと贅沢でもホテルのチェックアウト延長をしていたので、

 

この後部屋に戻ってゆっくり。

 

お姉ちゃん達が帰ってきた後、

出発前に最後にみんなで早めの夕飯を食べに行こうと

モール側に戻り、

 

Din Tai Fung

 

 

私個人のDin Tai Fung意見としては、シアトルの方が美味しかったかも??

 

ガラス越しに小籠包作ってる人がみんな(メキシコ人じゃなくて)アジア人だったけどね。

 

 

この後、日本に帰る組とはホテルで別れ私は自分で空港に向かったのですが、

 

最近は一人旅に慣れてしまって早く一人になりたいと思うかなあ~と思ってたのですが、

 

やはり家族と丸々一年会えないと思うと悲しい気持ちショボーン

 

特に両親と一緒に旅行するなんて事、もしかしたらこれが最後かもしれないと思うと、

 

”みんな楽しんでくれたかなあ~”

と物思いにふける私でした。

 

 

日本と一時間しか時差がないシンガポール、

あんまり旅行慣れしてない人にも日本からだったら行きやすい旅行先では?

 

どこに行っても英語が通じたし、

シンガポールの人達はみんな正直で親切でした。

 

何を食べても美味しかったし、

 

シンガポール、お勧めです!

 

 

ハッピー・トラベリング!

 

AD