積みプラモ消化ブログ

積みプラモ消化ブログ

積み込んだ主にガンプラの消化ブログです。
基本ストレート組だけのブログになると思います。

今回のお題はガンプラから離れまして、フィギアライズスタンダードから仮面ライダーディケイドです!

はい平成以降のライダーの中では一番好きなライダーです!

昔子供のころ考えた「僕の考えた最強のヒーロー!」というのを地で行っている仮面ライダーだからです!

今回は塗装は一切せずに、バンダイの変態成型技術の真骨頂を感じるためにただの素組での製作です!

しかしランナーを見ればもはやバンダイのお得意、カラーごとのランナーパーツで細かいところをシール使う以外は、

成形色だけで作中の姿にできるという商品です!

頭のパーツは色違いによる色分け組み立ての為にバーコード部分を差し込んでいくという恐ろしいパーツの使い方!

作中の変身エフェクトのようにバーコードに当たる黒部分の板パーツをひとつづつ差し込むことでディケイドの顔ができていきます!

若干このキットの弱点としては、この目の部分に反射用の銀色のホイルシールを貼るんですが、これの厚みの為に

クリアグリーンの目パーツがぽろぽろ落ちてしまうんですね!

バーコードの凹凸で固定するようでしたが、シールの厚みではまらなくなってしまうようです!

まあ私は外周に流し込みタイプの接着剤を入れて止めました!

そして完成したのがこれ!成形色とシールだけでこれだけの塗り分けと完成度です!

十字の黒ラインもシールです!

フォルムは上半身ががっちりして下半身が短めに感じますが、十分良いバランス化と思います!

唯一の目立つパーツ合わせは肩アーマーに部分!真ん中に合わせ目がきてしまってますが、

逆に言うとこれはここだけなんですね!下の上腕のマゼンタ部分は成形色では黒なのでシールで塗り分けてます!

ディケイドポーズのお約束手をパンパンするシーンもお手の物!

そしてこのキットの最大の特徴?はディケイドライバーのほかに、ジオウで登場してた時に使っていた新ドライバー!ネオディケイドドライバーが付いています!

白からピ・・・マゼンタに変わったネオディケイドドライバーです!本体同色になったせいか、ベルトが目立たなくなった感じですね!

ブラッカーのソードタイプですが成形色は黒単一でホイルシールで白部分を分けるのですが、ちゃんと張れば全然違和感ないですね!

ガンモードもソードタイプと同じく黒一色にシールを貼って塗り分けにしてます!

この辺はガンプラとかでも使ってる手法ですが、かなり違和感ないようになってますね!

そしてサイズとしてはごく小ですがきちんと印刷されたプラカードも付いてます!

真骨頂では付いていなかった3本指でカードを向けるための指も付いてます!

この持ち方あってこそのディケイドですね!

持っているカードはジオウのカード!ジオウで初めてディケイドは「その世界のライダー」にカメンライドするということをしました!

(ディケイド本編ではそのライダーの世界をクリアして別の世界に行ってからカメンライドしてましたからね!)

手持ちの真骨頂ディケイドとの比較!プラモのほうを単品で見ると頭と上半身が大きく短足に見えたのですが、

並べてみると身長ほぼ同じ!足の長さもほぼ同じです!だけどイメージが違いますね!

真骨頂は例えるなら士役の井上正大さんのスタイルにディケイドの姿を合わせた感じですが、プラモの方は高岩さんが着こんだ撮影用のスーツの感じですかね?

これはイメージの差ですが単品で見ると十分満足できる出来ではないでしょうか?これだったらジオウのキットを買ってきて「ジオウディケイド」をやりたくなってきました!

素組で3時間でお値段3000円程度なので十分お買い得と思いますよ!

今回のお題はしばらく前に購入してあった、「逆襲のシャア」でネオジオン側の主力機として登場したギラドーガ!

ポジションとしてはザクⅡを彷彿するカラーとスタイリング!シンプルなスタンダードMSという原点回帰な感じのデザインです!

で今回製作するうえでお題にしたのが

近藤和久先生の新MS戦記でのフレデリック・ブラウンが搭乗する煙突ヘルメットギラドーガで、サンド系の迷彩塗装をしたものです!

(このフレデリック・ブラウンがMS戦記のフレデリック・ブラウンと同一人物かは不明)

作中ではアクシズ落としの為に必要な1発の核を巡って、かつてのマクべ鉱山に隠匿されているものを強硬回収に行くというストーリーで登場します、

バリュートで大気圏突入時は通常カラーのようですが、マッドアングラーに収納されて適当に砂漠迷彩に急遽されたという機体です。

純粋な近藤版にするとかなりの大改造となるので、とりあえず迷彩塗装と煙突ヘルメットへの改造だけのでっち上げ製作です!

頭部は余ったノーマルのヘッドをつけて比べました。中々このヘルメットデザインを立体にするとイメージが合わなくって・・・

結構難しい形ですね・・・

サンドカラーで全体を塗装して、後からザクⅡ用の薄い緑を吹いて、そのあと濃緑を吹くというのをピースコンで適当にやりました!

迷彩塗装は初挑戦なのですが、適度にグラデーションをつけるというのは、うまくいったんではないかと思うんですが・・・

緑の面積を広く塗りすぎてサンド系通り越して森林系になってしまった!!!(切腹)

あと膝の動力パイプ部分は近藤版では無いしデザイン的にも合わないな・・・と思ったのでエポパテで埋めてシンプルにしました!

武器も比較的シンプルなのでいかにもザクの系列な感じがしますね!一応マラサイの後継な感じと聞いた事はあるんですが。

近藤版のライフルは長めでサイドに弾倉ドラムが付いてたりとオリジナルになってますがキットのままです。

キットは結構この時期のキットらしく少し1/144ながら大きめのプラモですね!

逆シャア時代のMSは一年戦争時代からと比べると大型化してるって設定でもありますが。

ギラドーガの格闘武装はビームサーベルではなくビームアックスということでやっぱりザクを意識してたんでしょうかね?

アニメ作中だと宇宙戦闘だけでしたが、やっぱり陸戦が似合うMSだと思いますね!

今回は半分思い付きでやって見ましたが、初のピースコン迷彩など中々楽しかったです!

まあギラドーガの塗り分け結構面倒なところもあったんで、逆に楽な塗装だったかも(笑)

その一機目が今回のお題「G-3ガンダムです!」

最近再版されたHGUC・No.21のガンダムを使っての塗装替えです!

G-3といえば最初のガンダムファンでは映像化はされてない機体ですが知らない人はいないでしょう。

元は小説版でアムロが乗る2機目のガンダムで、一機目が大破後、予備部品とジムのパーツで組まれ

TV版でもおなじみマグネットコーティングを施したガンダムです。

小説版ではシャアと和解した直後にシャアの部下からの誤射?で破壊されアムロが戦死という驚きの展開。

映像としては富士急ハイランドのアトラクション「ガンダム・ザ・ライド」の中で誤って最前線に迷い出てしまった

移民ランチを警護するジム2機の「ジャック・ザ・ハロウィン隊」が逃げ込んだのがペガサス級強襲揚陸艦ブランリヴァルのMSデッキで、

そこに待機状態だったG-3ガンダムに突っ込んでしまって中破させてしまったというオチでの登場でした。

タイトルのセリフはジョニーライデンの帰還でブランリヴァル艦長がヘビーガンダムを見て言ったセリフです。

(当然一機目はG-3ガンダムです)

機体としてはRX-78の3号機で、初めから78-2仕様で製造されたガンダムという設定になっています。

後付設定ではサイド7の襲撃で小破して使えない代わりに部品どりとしてホワイトベースに収容されていて

その後回収されて修理・マグネットコーティング&新型の核融合炉に換装したということになってます。

MSVシリーズに組み込まれて画像化されまして外見的には全く同じでカラーリングは低視認カラーという設定で

グレーを基調にした地味なカラーです。

このグレーカラーですが、いまだに決まった塗りパターンが無く、MSV設定カラーでも色々種類がありまして、

最初のMSVカラーはほぼ薄いグレーに所々濃いグレーこれはGFFのG-アーマーとかにも似たパターンが使われました。

MG版とかで本来のガンダムで赤いところが薄いパープルで塗られてるんですよね。塗分けパターン違いも何種類かあります!

今回の塗装は基本最初のMSVカラーを元にしました。

極力既存色で塗装しまして、薄いグレーはガルグレー・中間のグレーはニュートラルグレー、

濃いグレーはMrカラー331番のダークシーグレーです。

本来赤だったところは濃いグレーだと何もメリハリ無い塗装になってしまうので色々作られた方のを見て、

派手過ぎずはっきりした塗り分けとしていと思ったミデアムブルーで塗装!自分的には結構いい感じになったと思います。

デカールは低視認カラーということで最小限にして、小説版ではなくMSV版ということでホワイトベース隊に関わるのは避けました。

これでNo.21ガンダムの1-2-3と揃ったので、そろい踏みを撮影!

そしてここでも上げたリアルタイプとT-ガンダムも並べてRX-78の5機そろい踏み

ということでお盆休みあたりから暑すぎてやる気は出ないわ、

週末は天気悪いわでプラモが完成することがなくずるずる来ましたが!

先日終了した「ガンダムビルドダイバーズ・Re:RISE」を見てテンションが上がって一気に制作意欲が再燃!

いや・・一期序盤は前作から見ると・・・と思いましたが中盤から一気に面白くなってきて、

二期からは常時ライブ配信から見るようになってしまいました!

 

というわけで今回の題名からわかるように、Re:RISEネタで行きます!

この前名古屋のポップアップでアースリーガンダム(クリアだけど)を買ってきまして!

さあこれを一気に制作したと思ったでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがぎっちょん!!

(CV:故・藤原啓治)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のお題は作中そのプラネッツアーマーを運んできたガンダムベース店長(横浜店?)ケンさんの機体で!

EXモデルのガンペリーです!

 

最終回GBN内での最終決戦でピンチになったヒロトにアーマーを持ってきながら盾となり救った重要な機体です!

唐突でしたがヘンケン艦長似のアバターで登場して使った機体がガンペリーという意外なチョイスでしたが、

これを見て18年前に買ったキットが作りかけなのを思い出して引っ張り出して一気に制作しました!

EXモデルという今ならプレバン案件のキットで、普通のガンプラとは違って数出すことは考えてなかったので割高な値付けキットです。マニアックなラインナップが続いたシリーズでした!以前ガンダムトレーラーも出したことありましたね!

 

流石18年前のキットなので今のガンプラのように至れり尽くせりのキットではないので途中で投げたのもあります!

成形色が少なく色分けが凄く面倒なうえ合わせ目処理も大変!そこで投げてしまったんですが、Re:RISEみてテンション高いうちに一気に作ってしまいました!

流石にキットは高いのもあってデカいです!胴体は長いので大まかに2パーツに分かれるんです。

はめ込み式なので組んでしまうとこの長いボディーをもって塗装しないといけないので、

後ハメ加工して個々に塗装して組みました!合わせ目はパネルラインに見せれるので墨入れでごまかし!

下の切り欠きはコンテナで隠れるので問題ないです!

塗り分けも面倒でローターは塗り分けしないといけない上にファンは後ハメできないので、

張り合わせラインを段差モールドっぽくして墨入れでごまかしました!

 

で完成!

大きいので出来はどうなるか不安でしたが、まあ塗装はトップコートのおかげでうまくごまかせたかな(笑)

ガンペリーと言えばGアーマーが出るまで合体シーンの義務消化で良く使われましたね!

このシーンはTV版ガンダム第8話の民間人を下す休戦を利用して敵の背後にガンダムを運び奇襲をするために使われた初登場シーンでした!これ以降は空中換装でガンダムA・Bパーツを落とす仕事ばかりになりましたね!

装着時にはガンダムにこういうアタッチメントをつけて固定します!

そしてガンペリー唯一の戦闘シーンが名シナリオの一つTV28話の「大西洋血に染めて」に使われた対艦ミサイル装備シーン!

ガンダムの中でも悲しいお話でカイが人間的に成長した重要なお話です!

これがガンペリーとしては最後の登場だったんですよね!TVではズゴックを撃破ですが、劇場版「哀・戦士」ではブーンのグラブロに命中してボスキャラ撃破ということになってます!

多分映画にするうえでガンダムに水中戦をさせるというのを製作側が嫌ったんでしょうね!

TV26-28話間の水中MS編であった戦闘シーンは全部カットされてます!唯一ズゴックに一回水中に連れ込まれたけどすぐ陸上に脱出してますからね!グラブロ編ではガンダムは使い過ぎで調子が悪く出撃すらできなかったですから!

一応38話の「再開シャアとセイラ」で行動不能になったガンダムを発見してガンペリーで収容というセリフはあったのですが、

結局ホワイトベースで直接収容になって登場は有りませんでした!

ミサイルも6発付属してますが形状的に塗装が面倒なので、ロケット部分に穴をあけてそこに塗装クリップの棒を差し込んで塗装!あけた穴はコトブキヤの丸バーニヤパーツを張り付けてきちんとロケットぽくしました!

これもアタッチメントにミサイルをつけてハッチのモールドにはめ込みます!

キット自体は古いですが、プロポーションとかはいかにもガンペリーでいい出来です!

しかし一つ問題は大きすぎて飾る場所に困るということ・・・・どうしよう・・・・

コロナ渦の中名古屋パルコでガンダムベースの出張イベント「ガンダムベースポップアップ」が開催されまして行ってきました!

浜松から東海道線で終点豊橋で特別快速で乗り換えて名古屋に!地下鉄に乗り換えて名古屋パルコに開店20分前10時40分に到着!

ただコロナ混雑対策のために10時半から整理券を配布するという話でしたが、あまりにも待ち人が多すぎたせいか、すでに事前配布は終了!

開店後展示会場横で新たに配布された整理券をもらう!

なんとこの時点でもうほぼ500番目・・・開催二日目で初の土曜日なのでみんな押し寄せたようですね!

このQRコードを読み取っておくと待ち時間を常に教えてくれるんですが、読ませたらなんと2.5時間待ちの表示・・・

会場が広くない上にコロナで人数を絞らないといけないのでこんな時間になってしまう・・・

まして行列を作るわけにいかないのでこういうシステムを使って「呼び出し時間までどっか行ってて!」ってことでしょう!

既に11時過ぎなので一つ上の階がレストラン街なので早目の昼食をとってのんびり!

スマホで周辺を検索して近場のゲーセンで時間をつぶす!

いよいよ来店の連絡!パルコに戻って待機!

入場前にアルコール消毒と検温をして会場に入場!

あまり多くはないですが川口名人の作例やいろいろなアイテムの作例が展示!

MGガンダムF90の26個のOP兵器発売企画で今のところ一番の

ネタ枠?シャトルパーツが展示されてました!

まあ単独大気圏離脱用ということですが、j実際見るとシュール・・・

プレバンで先行発売された横浜の実物大稼働ガンダムの1/100と1/144スケールモデルが展示!

実物大のものに合わせてかなり細かいパネルラインになってるので塗り分け大変そうですね!

先日まで配信メインでありながらかなり盛り上がってガンダムビルドダイバーズRe:RISEで

チーム「BUILD DiVERS」の必殺技として衛星砲を破壊するために4機の機体を合体させて最大パワーでビームを打つ

「リライジングガンダム」形態です!

右は普通に売っているコアガンダムとイージスナイト・ウォドムポッド・エクスヴァルキランダーを合体させたもの

左はあと少しで発売されるビーム発射時の黄金の輝きエフェクトとを再現させた4体セット売りのものです!

やっぱり4体合体なので1/144ですがデカい!ですね!

これを見てから限定盤購入エリアに入りました!

購入したのはこの4つ!現在まともにリライズ商品が手に入らないのでアースリーとヴィトールアーマーのクリアを購入!

これ塗ります!(笑)そしてこれも買い逃してたビヨンドガンダムですがこれもクリア!多分これも普通に塗ります!

限定品と言いながら普通に塗るもったいない使い方をします(笑)

これだけはと思ってハロを購入!

あとクリアのペイルライダー(陸戦)を買おうかと思いましたが、まあゲームのおまけのプラモ製作したことあるのでスルーしました!

 

これで帰還!

帰りは奮発して豊橋まで新幹線を使用!(ここまでなら自由席の特急料金が格安なので)

そしたら名古屋発のこだまに乗ったのですが、なんと私の乗った車両はたった二人だけ・・・

コロナのせいとは言えここまでとは・・・

色々なことあるので早く終息してほしいですね!