秋の備前焼体験ツアー

テーマ:

【秋の新月★備前焼体験+備前焼フルコース】


初日の今日は、まずは備前焼作家岡本徹正先生を囲んでのお茶会。 

スコーンにフルーツに、ゆの里自慢のアイスクリームをワンプレートに♡



{DD45C458-E131-44E3-9B35-CB4B1D7C4670}


今回から、重岡社長のプチお水のお話も組み入れて。(これは大成功♩) 


{B8E9F2D2-D923-44AE-B502-270C84A02BF8}

{A1CB479B-F2A6-4A97-B13B-CF2074D3B40F}



ひとつ社長のお話の中で本邦初公開のビッグニュースだったのは神水備前焼のこと。

ゆの里の温泉水を練り込んで作った備前焼を「神水備前焼」と呼ぶのですが、その神水備前焼。

実際に飲み物や料理をいれると、まろやかに美味しくなると以前から評判でした。


それが、個人の体感だけではなく、最新のアクアフォトミクスの分析で、ちゃんとデータとしてその変化が確認されているのというのです。


神水備前焼の器に入れた水のビフォーアフターのデータが、水道水の様々な数値が、30分後には、「月のしずく」のような数値に変化しているのです。

(このあたりの詳しいデータはゆの里さんの発表を待ちましょうね!)


水そのものの解析が進んでいるのです、すごいスピードで。


ほっこり優雅な午後のティーパーティーで、世界最先端の科学の話が聞けちゃうところが、ゆの里の魅力でもありますね!


温泉を堪能した後は、お待ちかね!

夜のお食事は、神水備前焼の器でいただく季節の会席。器の違いの飲み比べをしたら、先の社長の科学のお話に、一同納得♩ 

食前酒の梅酒の味の違いがはっきり分かりました。


{5910A242-A3FE-49D5-A64F-6376A429AFF6}



でもって、ついでに3種のゆの里オリジナルの日本酒まで、飲み比べ^ ^


まだ陶芸体験はしてないのに。なんだか大満足な初日なのでした。


2日目、陶芸体験の様子は「つづく」です


{5E901B09-3616-4536-A1DB-F83F3B6E3238}