中国工場の品質管理や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中。無料購読の登録はこちらから。

 

中国工場品質管理コンサルタントが

中国の実状をお伝えしています。

―――――――――――――――――――――――――――

※中国工場・品質改善/生産革新セミナーのご案内

 

日時:2019年7月4日(木)10:00~17:00

場所:北とぴあ 803会議室

(JR王子駅 徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結)

講師:根本 隆吉(KPIマネジメント株式会社代表取締役)

 

中国工場・品質改善/生産革新セミナー

「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

 

~中国工場品質管理・取引先指導・生産性向上のポイント~

~中国人を理解するための異文化コミュニケーション~

 

詳細及びお申し込みは、こちらから

 

――――――――――――――――――――――――

■ 中国工場セミナー・改善に取り組む順序!! ■

――――――――――――――――――――――――

7月4日に開催する中国工場セミナーの主題は、中国工場の品質管理/改善と生産性改善です。それらをどのように進めたらよいかという話しをします。

 

改善を進める前提として、中国工場ではどのような人たちが、どのような管理でものづくりをしているのか?そうした実状を知ることが必要です。それを知って、日本工場との違いが見えてくれば、いろいろな打ち手が見えてきます。

 

セミナーでは、中国工場の実状を3M(MAN,MACHINE,MATERIAL)を切り口として、どんな問題点があるのか、そしてどのような考え方で対処すればよいのかということから話をします。

 

その後に中国工場での品質改善の考え方及び進め方について詳しく、事例を交えて、ワークにも取り組んでいただきながら進めます。今回は、その考え方のひとつとして改善に取り組む順序について、考えてみます。

 

品質は「不良品を作らない」「不良を流出させない」ができれば問題ない訳ですし、改善も進みます。では、このどちらに取り組むのがよいのでしょうか。おそらく多くの方は、「不良を作らない」に取り組むと言うのではないかと思います。

 

それはある意味当然の話で、不良の発生を減らせば、必然的に流出も減ることになります。ですから、不良を作らない(不良の発生を防ぐ)に取り組むのは間違いではありません。しかし、中国工場では必ずしもそうではないとわたしは考えています。

 

「中国工場は品質が悪い」と言われているのは、不良品を流出させ顧客に渡しているからです。それも繰り返しこのような状態になっているのです。

 

「不良の流出=顧客クレーム」ですから、常にクレームが来ている状態となっているので、その対応で手がいっぱいとなり本来やるべき改善ができません。

 

どちらを先に取り組むかは、中国工場のレベルによって決まるのです。

クレームが多発している工場では、不良の流出を止め、落ち着いた状況を作り出すことが優先されるべきなのです。逆にクレームが少ない工場であれば、工程での作り込みを進め、更なる不良の低減に取り組むことでよいでしょう。

 

■今回も参加者の方からいただいたコメントを紹介したいと思います。

 

◆実際の例を基にお話しをしていただいたので、参考になった。他の参加者の経験も参考になった。中国要因への気づき、整理ができた。

 

◆中国セミナーだけに留まらず、全世界のマネジメントに通じる内容でした。問題提示、改善策の立案、真の問題等具体的な事例でとても分かり易かったです。とにかく説明がロジカルで分かり易かったです。

 

――――――――――――――――――――

中国工場改善や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中です。無料購読の登録はこちらから。

 

中国で仕事をする機会のある方、

中国に工場をお持ちの企業の方、

中国調達をしている方、

中国ビジネスに興味ある方、是非参考にしてください。

 

ホームページ:KPIマネジメント

 

中国工場の品質管理や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中。無料購読の登録はこちらから。

 

中国工場品質管理コンサルタントが

中国の実状をお伝えしています。

―――――――――――――――――――――――――――

※中国工場・品質改善/生産革新セミナーのご案内

 

日時:2019年7月4日(木)10:00~17:00

場所:北とぴあ 803会議室

(JR王子駅 徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結)

講師:根本 隆吉(KPIマネジメント株式会社代表取締役)

 

中国工場・品質改善/生産革新セミナー

「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

 

~中国工場品質管理・取引先指導・生産性向上のポイント~

~中国人を理解するための異文化コミュニケーション~

 

詳細及びお申し込みは、こちらから

 

―――――――――――――――――――――――

■ 中国工場セミナー・人材マネジメント!! ■

―――――――――――――――――――――――

7月4日に中国工場セミナーを開催しますが、弊社セミナーの特徴のひとつが実践に即したワークをやることです。どのようにやるかというと、受講者同士で一緒に考えてもらい、意見交換していただきます。

 

受講者の中には中国でいろいろなご苦労をされた方も多くいます。そういう方の経験談が他の受講者の参考になったと同時に、他の会社の人も中国業務や中国品質で苦労していることがわかり、自分だけが苦労している訳ではないと安心()されることも多く、大変好評をいただいています。

 

今回は、セミナーでも取り上げる中国工場での人材マネジメントの1部を先行して紹介したいと思います。

 

中国工場で中国人をマネジメントする目的は、こちらの期待通りに働いてもらうこと、そして定着してもらうことですが、ここでは作業者の定着について考えてみたいと思います。

 

作業者の定着のための主眼は、動機付けです。この会社、この工場で働く動機(モチベーション)を持たせることです。ちょっと前まで作業者たちの働く動機は間違いなくお金(給料)だった訳ですが、最近はお金だけではありません。

 

仕事に対するやりがいを持たせてあげることが必要ですし、とても重要になります。ではやりがいをどのように持たせるたらよいのでしょうか?

 

自分のやっている仕事の重要性を認識させることです。自分がやっている作業や検査はどうでもよいことではなく、製品の品質に大きな影響があることを理解させるのです。

 

そのひとつのやり方として、作業者や検査員にこんなことを投げかけてみます。「あなた方がやっている作業や検査をいい加減にやったり、あなたがルールを守らなかったらどんなことが起きると思いますか?」と。

 

最初は何も回答はありませんが、じっと待っていると少しずつ「不良を作ってしまうかも」とか「不良品を流してしまう、お客さんに渡してしまうかも」などの回答が出てきます。

 

「不良を出さないためには、あなた方の一つひとつの作業や検査がどれもが重要な仕事で、ひとつとしていい加減にやっていいものはないですよ」と話をして、理解してくれるのが例え全員でなくても何人かでもいればOKです。

 

■前回の中国工場セミナー受講者の方からいただいたコメントを紹介したいと思います。

 

◆取引先との今後の付き合い方等のわからないことが理解でき、これから活かしていけると思います。今後の仕事の方向性が再確認できた。

 

◆中国工場の問題点が、そのまま自社国内の問題点とかぶったので、自社の見直しにも応用できると思います。

 

――――――――――――――――――――

中国工場改善や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中です。無料購読の登録はこちらから。

 

中国で仕事をする機会のある方、

中国に工場をお持ちの企業の方、

中国調達をしている方、

中国ビジネスに興味ある方、是非参考にしてください。

 

ホームページ:KPIマネジメント

 

中国工場の品質管理や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中。無料購読の登録はこちらから。

 

中国工場品質管理コンサルタントが

中国の実状をお伝えしています。

―――――――――――――――――――――――――――

※中国工場・品質改善/生産革新セミナーのご案内

 

日時:2019年7月4日(木)10:00~17:00

場所:北とぴあ 803会議室

(JR王子駅 徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結)

講師:根本 隆吉(KPIマネジメント株式会社代表取締役)

 

中国工場・品質改善/生産革新セミナー

「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

 

~中国工場品質管理・取引先指導・生産性向上のポイント~

~中国人を理解するための異文化コミュニケーション~

 

詳細及びお申し込みは、こちらから

 

―――――――――――――――――――――――――――

■ 中国製機械を購入する際のチェックポイント!! ■

―――――――――――――――――――――――――――

中国工場・品質管理関連のセミナーを継続して実施していますが、受講者の方からの質問で最近多いと感じるのが、

「中国メーカーの設備を購入することを検討しているが、どのようなことに気を付けたらよいか」

と言う内容です。

 

わたしは設備に関して門外漢と言う訳ではありませんが、設備調達のプロという訳でもありません。ですので、これらの経験がある知人友人にいろいろ教えてもらい、質問者の方にとって有効な指針となるような情報を提供できるように努めました。

 

自社製品に使う部品や材料だけでなく、その生産に使う設備・機械も日本製から中国製にシフトしてきています。その理由は明快で、価格が日本製に比べて格段に安いからです。

 

中国メーカーの設備・機械の信頼性に不安を抱きつつも、価格の魅力に導入の検討をしない訳にはいきません。ただ、可能性のあるリスクについて事前に情報を得て、少しでもそれを軽減したうえで購入したいと考えているのです。これは当然のことです。

 

中国メーカー製の設備・機械は、日本製のものに比べ信頼性が劣り故障が多いのは事実です。先ずこのことを念頭に置いて、どのようなことに注意すべきかを考えます。

 

(1)アフターケア

故障が多ければ、それへの対応、つまりアフターケアがとりわけ重要になってきます。どの程度アフターケアをしてくれるのかをしっかり確認します。しかし、メーカーはいいことしか言わないと思うので、可能であればユーザーを教えてもらい、そのユーザーに聞いてみるのが一番です。

 

(2)自社での修理対応可否

アフターケアは問題ないレベルと確認できたとします。次に考えるべきことは、自社で修理対応できるかということです。「機械の故障=生産停止」ですからすぐに修理が必要です。このときにメーカーを呼ぶのではなく、ある程度は自社で修理対応できることが求められます。自社にそのスキルがあるのかについてもきちんと見てください。

 

また、修理の際に必要な部品は容易に入手可能であることも大事です。もし、メーカーからしか入手できないものがあれば、入手にかかる日数や予備を持つことの必要性も検討します。

 

(3)会社の実績と継続のチェック

中国設備メーカーとしての実績も事前に確認します。会社の継続年数や購入しようとしている設備の販売実績が十分あることは必須でしょう。加えて日系や欧米系企業への販売実績有無も確かめます。

 

会社の継続性は重要です。中国では儲かると思えば、すぐに新規参入してきますがダメなら撤退も早いですから、継続してその事業をやっていると言うことが、会社としての信頼性につながってきます。

 

――――――――――――――――――――

中国工場改善や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中です。無料購読の登録はこちらから。

 

中国で仕事をする機会のある方、

中国に工場をお持ちの企業の方、

中国調達をしている方、

中国ビジネスに興味ある方、是非参考にしてください。

 

ホームページ:KPIマネジメント

 

中国工場の品質管理や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中。無料購読の登録はこちらから。

 

中国工場品質管理コンサルタントが

中国の実状をお伝えしています。

―――――――――――――――――――――――――――

※中国工場・品質改善/生産革新セミナーのご案内

 

日時:2019年7月4日(木)10:00~17:00

場所:北とぴあ 803会議室

(JR王子駅 徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結)

講師:根本 隆吉(KPIマネジメント株式会社代表取締役)

 

中国工場・品質改善/生産革新セミナー

「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

 

~中国工場品質管理・取引先指導・生産性向上のポイント~

~中国人を理解するための異文化コミュニケーション~

 

詳細及びお申し込みは、こちらから

 

――――――――――――――――――――――

 新規業者開拓の充実とコスト圧力!! 

――――――――――――――――――――――

日本品質を目指している中国企業A社では、外注業者の品質改善を最重要課題として取組みました。その施策の1つとして新規業者開拓において適正な業者評価が出来るようにしました。

 

具体的には、品質管理面の評価を企業規模に応じた内容で行うことを品管部に、そして、業者の技術や設備面の評価を開発部に依頼し、完全とは言えないまでも以前よりも品質や技術面の評価が適切に行えるようになりました。

 

この基準で既存外注である鉄加工品業者の再評価を実施しました。鉄加工品では、新しい製品を立ち上げるたびに初期トラブルが発生し、顧客の信用を失っていました。

 

品管と開発とで7社訪問し再評価したところ、4社は継続して取引可能だが、3社は管理レベルが低く今後取引は難しいと判断されました。

 

 

自社要求に応えられる外注業者を選ぶ道筋が出来てきたのですが、外部環境の影響で購入品に対するコスト圧力が非常に強くなってきました。単刀直入に言うと、購入先はコスト最優先で選定せざるを得なくなったのです。

 

コストを優先すると品質管理や技術面でレベルが低くなり、不合格のDランクとなる場合も出てきました。評価で不合格の業者からの購入は基本的には出来ないルールになっていますが、購買部としては、その業者から買うという選択肢しか許されない状況です。

 

A社が取るべき道は、Dランクの業者を指導して購入できるCランクに引き上げることです。ルールを満足するためですが、重要なのは、この業者の品質に起因する品質問題を発生させないことです。

 

コスト優先という選択肢は当然あると思います。しかし、品質問題を起こしてはコストメリットなど簡単に飛んでしまいます。品質管理レベルの低い業者から購入するなら、品質問題が起きないように自社で管理する体制を作らなくてはなりません。

 

 

中国企業の弱い部分として、コスト優先としたときに品質をいかに確保するか、業者での確保が十分でないなら自社で確保するという考え方が出来ないことがあります。

 

――――――――――――――――――――

中国工場改善や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中です。無料購読の登録はこちらから。

 

中国で仕事をする機会のある方、

中国に工場をお持ちの企業の方、

中国調達をしている方、

中国ビジネスに興味ある方、是非参考にしてください。

 

ホームページ:KPIマネジメント

 

中国工場の品質管理や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中。無料購読の登録はこちらから。

 

中国工場品質管理コンサルタントが

中国の実状をお伝えしています。

―――――――――――――――――――――――――――

※中国工場・品質改善/生産革新セミナーのご案内

 

日時:2019年7月4日(木)10:00~17:00

場所:北とぴあ 803会議室

(JR王子駅 徒歩2分、地下鉄南北線王子駅5番出口直結)

講師:根本 隆吉(KPIマネジメント株式会社代表取締役)

 

中国工場・品質改善/生産革新セミナー

「中国工場の品質管理/改善と生産性改善の進め方」

 

~中国工場品質管理・取引先指導・生産性向上のポイント~

~中国人を理解するための異文化コミュニケーション~

 

詳細及びお申し込みは、こちらから

 

――――――――――――――――――――――

 外注業者の品質改善は再評価から?! 

――――――――――――――――――――――

日本品質を目指している中国企業A社では、前年の製品品質データをまとめたところ、大きな損失を出した3件の顧客クレームの主要因が外部から購入した部材にあったという結果になりました。

 

その結果を受けて社長は、今年度の最重点課題の1つに外部購入品の品質をいかに確保するかという問題を取り上げました。外部購入品の品質がテーマですから、当然購買部、そして品管部がメインとして取り組むことになるはずでした。

 

購買部の経理はとても優秀な人だったので、購買部だけで外注品質を改善する能力はないと冷静に見ていました。そこで関係部門の力を結集して会社の総力でよくしようと動きました。

 

まず取り組んだのが、外注業者を正しく評価することでした。それは既存の業者の再評価という部分と、新規開拓する際に適正に評価を行い、自社の眼鏡にかなった業者から購入する仕組みを作りたかったのです。

 

それまでも新規業者開拓においては、購買部と品管部が評価を行っていました。しかし、その評価項目は一律で規模の大きい一流企業から社員20人程度の小企業でも同じでした。

 

しかも、評価内容は、ISO9000の要求事項をベースにしたもので、大企業の評価には向いているが、小企業をこれで評価すると購入可という判断にはなりにくい傾向にあり、小企業の評価には向いていないものでした。

 

購買部の経理は、品管部に企業の規模に応じた評価をすること、そして、業種ごとに適正な評価となるよう評価項目を変えるように要求しました。

 

また、その企業の技術面の評価を正しく行うために、開発部にも技術面及び設備面の評価を依頼しました。

 

開発部はそれまでそのような観点で外注業者を見たことがなかったので、どのように評価すればよいのかわかりません。それでもやらなければならないので、必死に考えました。

 

人は少し困らせるくらいの方が成長します。

 

購買部としては業種によっては、企業規模の小さな会社から購入せざるを得ない場合も当然出てきます。そうした企業のどこを見ればよいのか、そのポイントの明確化を品管部に要求した訳です。

 

工程や検査でどのように品質が担保されているか、ここを見極めることが大事なポイントです。

 

――――――――――――――――――――――

■ 中国工場で使える作業分析ツール!! ■

 

作業改善や手順書の作成ツールとして有効な

「タイムプリズム」をご紹介しています。

中国語版も揃っています。

 

ご興味ある方は、こちらご覧いただき資料請求してください。

 

資料請求の際に、「根本紹介」とご記入いただくと、

購入される場合に特典が適用されます。

 

――――――――――――――――――――

中国工場改善や工場運営のヒントが得られる

メルマガ「世界の工場・中国の実状から学ぶ工場改善手法」

配信中です。無料購読の登録はこちらから。

 

中国で仕事をする機会のある方、

中国に工場をお持ちの企業の方、

中国調達をしている方、

中国ビジネスに興味ある方、是非参考にしてください。

 

ホームページ:KPIマネジメント