カウンセリングルームプレム

カウンセリングルームプレム

心に関するお役立ち情報やセミナー開催などを中心に書いていきます。原則月・水・金で更新中です。リンクも随時募集中です。

こんにちは!
カウンセリングルームプレムの川西です。

「やりたい事があるなら動画を観よう」

これはもしかしたら私だけかもしれません(笑)
と言うのは、家でなんとなくだらだらしてるけど、やらなきゃいけない事もあります。そんな時は関連する動画をYouTubeで観てます。
本当に好きなんだなぁとか伝えたいんだなぁと感じる動画に出会えると「よしやろう」って気持ちになれます。
長いのはあまり観れませんが、10分位だと観やすくていいですね。
こんにちは!
カウンセリングルームプレムの川西です。

「味方はいる」

先日、俳優の方が大麻で捕まりましたね。飛んで埼玉を今更ながら観たので、怪演光る方だなぁと思いました。かっこよかったですね。……ま、それは置いておいて、ここで危惧するのは、罪を犯したために社会的孤立、心理的孤立にならないか、ということですね。
これは薬物に限らず、大概の人は自分が何か悪い事をしたら(犯罪でなくとも)、多少の反発心を持ちます。自己の正当化ですね。私もそうです。
そのために敵がいります。周りが敵、指摘してくる人は敵になります。
周りの人はもちろん良かれと思ってやってます。敵どころか、実は味方ですね。
でも、当の本人はそう思えない。そこから、まぁ、発展していって孤立に至ることもあります。そして、そこに上手く付け込む輩もいます。
まあ、ここで言いたいのは「味方(居場所)は必ずいます」ということです。
悩んでいる、困っている人の周りには必ず味方がいます。ここもそうです。
こんにちは!
カウンセリングルームプレムの川西です。

「早い対応が鍵」

やりたい事があった時、あれこれ考え始めると、なかなか腰が上がらないものです。そういう時は時間を意識してみましょう。最低限いるものだけを確認し、やってみる。フットワークが軽い人はこれを意識してか無意識かはわかりませんができる方が多いです。バックパッカーの方々もかばん一つで移動します。鉄は熱いうちに打てとは、まさにそのとおりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんにちは!
カウンセリングルームプレムの川西です。

「忘れるは気にしないということ」

人間嫌な記憶ってなかなか拭えないものですよね。とはいえ、人によってはいい事しか覚えていない人もいますね。そして、この人たちは客観的事実はともかく、幸せそうな満たされた方々が多いです。

この違いはなんでしょうか?

恐らく、嫌なことを忘れる(気にしていない)のではないでしょうか。どうすればできるかとか、そういうふうになるためにはと言うのはここでは割愛します。
しかしながら、「忘れる」「気にしない」というのは生きていく上で大切な機能です。そして、誰しもが持っている機能でもあります。
こんにちは!
カウンセリングルームプレムの川西です。

「億劫な時は腹筋10回やってみよう」

最近私は夏バテ気味です。5月病がずっと続いているとも言えます(笑)
そんな私ですが何かしら絶対やらなきゃ行けない事があったりします。そんな時、軽い運動をしています。そうする事で体が動くようになるんですね。不思議です。
恐らく科学的に考えれば交感神経が〜とか、血液が〜脳が〜と色々な理由があるんでしょうが、理屈は後からついてきます。
やる気が出ない時というのは、まず準備すらできていないってことですね。手ぶらで会社に行く人はいないですね。最低限財布とスマホ位は持っていくでしょう。このスマホと財布が軽い運動になります。