天クロ関連

テーマ:

Googleドライブの仕様上フォント等がアレなので、ダウンロードしてパソコンでご覧いただくことをお勧めします

 

SR隊士一覧 (xlsx) …… スキル封じ・5進化・合体・ラッキーメダルガチャ (※1)

SSR隊士一覧 (xlsx) …… 強ダウン・6地方・合体・同盟戦・ラッキーメダルガチャ

ZR隊士一覧 (xlsx) …… 漏れが無ければこれで全部のはず

SP六地獣チェックシート (xlsx) …… 確認している限りのSP隊士もこちら

有料ガチャ (xlsx) …… 2018/9/25より記録開始(現在手動記録のため一部失念あり)

戦技一覧 (xlsx)

 

過去イベントページ (xlsx)

 

全国巡り (xlsx)

 

サイコロ行脚チェックシート (xlsx)

 

デッキ戦略の傾向と対策2018 (pdf)

 

ギフトBOX削除対象日時 (html)

 

(※1)2017年1月以降の同盟戦報酬SR隊士のスキルは常に

タイプ[同系統1]・[同系統2]の攻30%UP / タイプ【自タイプ】の攻20%UP

となっているために記載していない。

ガン治療の指数関数的発展

テーマ:

科学技術は基本的に指数関数的に発展している。


指数関数的というのは、2倍したものをさらに2倍してそれをさらに2倍する、ということを繰り返すと、すごいことになるというアレである。

たとえば厚さ0.1mmの紙でさえ、26回折れば富士山の標高を超え、37回で地球の直径を超え、103回折れば宇宙の大きさを超える。

5分サイクルで物体を2倍に増加させる「バイバイン」というひみつ道具が仮にあったとして、直径6cmの栗饅頭をそれで倍々に増やしていけば、23時間で宇宙を埋め尽くす。

このように、倍々ゲームの前には、あの無限と言えるほど広大な宇宙でさえ赤子の手をひねるようなものである。

 

科学技術ヤバイ!超ヤバイ!宇宙なんて目じゃないぐらいヤバイ!

 

…なぜ科学技術が指数関数的に発展するのかは、アメリカの発明家レイ・カーツワイルが提唱した「収穫加速の法則」を参照してほしい。

また、「指数関数的」のヤバさについては、「指数関数的変化とは」がわかりやすい。

指数関数的変化は、通常の線形グラフでは爆発的上昇カーブを描くが、片対数グラフにすると直線的になるので、軸の単位に注意。

 

科学技術の指数関数的発展は、日本においても、1890年代からの電話の緩やかな普及、1980年代からのPHSや携帯電話の普及、2007年からのスマホの爆発的な普及などに、その一端を見出せるはずだ。

エポックな事象の出現スパンはどんどんと短くなり、技術の普及の速度はどんどんと早くなっている。


急速に情報技術化している医療技術も、今後おそらく指数関数的な爆発的発展を見せてくれることだろう。

現在、様々な治療薬や治療法が続々と出現している。
さらに人間の限られた時間では把握不可能な、世界中のあらゆる論文や情報を取り込んだ人工知能が、個々の治療に関してベターな解を導いた事例も出てきている。

結論として、現在のガンへの最大の対抗策は、希望を捨てず一時でも長く生き、自身のガンの特徴を知り、治療に関する情報を集める、ということになる。

 

遺伝子解析の技術の発展により、解析にかかるコストは指数関数的に減ってきている。

遺伝子解析で得られたビッグデータを分析した知見は、ガンの治療薬においても、分子標的薬という形で目に見えて現れている。
分子標的薬は、薬の特性に合った特定のガンに対してならば、今まで末期ガンと言われていたステージ4のガンでさえ、○年生存率を大きく改善する。
最近薬価が半額になったことで話題のオブジーボも分子標的薬の一つである。
薬価のコストも、基本的には指数関数的に減っている。

分子標的薬はガンの種類によって使用する薬が変わるのだが、まだ全てのガンに対応する薬が用意されていない。
今後、分子標的薬の種類は増えることだろう。

しかし、分子標的薬が増えるとともに、とても多様な種類のある個々のガン細胞に対して、何の薬を使えば効くのかを調べる作業は、とても複雑になってくる。
そこで、やはり指数関数的に発展している人工知能が、人間では難しいその作業を行ってくれるようになることであろう。

 

ただ、残念なことに肝心の医者がその医療技術や科学技術の爆発的発展についていけていない面があるので、患者やその家族も医者任せにせず、率先して最新の情報を集めることを推奨する。

なにせ文字通り命がかかっていることなのだから。

「地震予知はムダ。いますぐやめたほうがいい」東大地球物理学者の警告

上の記事に書いてある内容は、地震予知に関して、予測できないものにこれ以上予算を割くのはやめにしないかということである。

確率に対する予測はできないということなのだが、これはAT機なんかを打っていてつくづく思い知らされる。
高設定台を打っていても、この時このタイミングで偶然この役を引けたから何とかなったけど、引けてなかったら多分クソ負けを喰らっていたんだろうなとゾッとした経験は枚挙にいとまがない。
発生する抽選結果は、全て偶然の産物なのだ。

例えば、タイムトラベルして過去にもう一度戻れたとして、その日打った台と同じ台を同じ時間からもう一度打ってみるとする。
しかし、前回と同様の抽選結果が発生することはない。それが完全確率の独立試行である。
全ての抽選は完全に独立して行われ、他の抽選に影響することもなければ、他の抽選から影響を受けることもない。
タイムトラベル前と後の抽選にしても、やはりお互いに影響を与えないために、同様の抽選結果は発生しない。
パチ屋にしても、この台を出したいからと言って設定や釘を打ちなおしても、当日本当に出るかどうかは結果が出てみるまでパチ屋自身も予測ができないのだ。

バック・トゥ・ザ・フューチャーのビフが拾ったスポーツ年鑑も、実はあまり役に立たなかったりする。
スポーツにおいても、別の時間軸と同じ結果は発生しないからだ。
直近の年の年間王者等の統計に基づく結果に関しては、ある程度の有用性はあるかもしれないが。

地震も似たようなもので、余震等の明確に連動する地震群はともかくとして、本震がいつ起こるかは確率で発生することなのだから、タイムトラベルして以前に戻れたとしても、同じ日同じ時刻に地震が発生する訳ではない。
さらに言えば、数百年、数千年単位という巨大な分母を持つため、発生日時のゆらぎの範囲もハンパではない。
つまり、「完全な地震予知」は不可能であるということ。
統計に基づいた長期予測などの、「ある程度の予知」までは否定しないが。

少なくとも今言えることは、完全な予測などできないからこそ、常日頃から地震に対する警戒や備えを怠らないようにするしかないということだ。

逆に、確率に対してポジティブになれる要素があるとすれば、「未来は決定的ではない」ということ。
人生自体、自分の意志次第でどうにでも変えられる可能性があるということだ。