関西の星好きに人気の観測スポットである鶴姫公園に自転車で行ってきました。

天文ファンが好むだけのことはあります。

見事な眺望でした。

 

 

鶴姫公園の由来ですが、平安時代に平家の娘として生まれ、

切ない一生を遂げた「鶴姫」という女性からつけられたようです。

鶴姫の物語の記事はこちら。

奈良の昔はなし~鶴姫哀歌~

 

壇ノ浦の戦いに敗れ九州の山深い里に逃れた鶴姫。
幕府の命令で追って来た那須大八郎と恋に落ちる。
大八郎は幕府の命令で紀伊半島の熊野に異動。
鶴姫は大八郎を慕い、熊野に向かうも病に倒れ、
熊野を前にして一生を終える。

ここには、代々守られてきた鶴姫の墓がありました。
鶴姫にまつわる伝説が語られるようになると、
「お墓参りをすると、愛しい人にもう一度会える」
と言われるようになったのだそうです。

 

愛する人を慕うこころ。

統一家の鶴姫様にもそんな一途な思いが残っていれば…

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ

にほんブログ村