箱の隅っこゲームの雑談とかこぼれ話とか
このブログはメインコンテンツに無いものなんかを中心に書いてます。

◆メインコンテンツはコチラ→ (箱のすみっこゲーム資料)




  • 14Sep
    • 改訂版!ファミコンコンプリートガイドデラックス登場

      (上の写真はamazonより)ファミコンコンプリートガイドデラックス以前発売していたカタログ本『ファミコンコンプリートガイド』の大幅改訂版みたいなもんらしいです。サイズも巨大化、値段も巨大化…amazonで3780円でした。凄っ…https://www.amazon.co.jp/ファミコンコンプリートガイドデラックス-山崎-功/dp/4074387654amazonでの内容紹介を見ると、気になる一文が。> 併せてタイトルや発売日・価格・紹介文なども> 見直しを行い、より正確な情報を掲載。…発売日、ですか。エッガーランド創造への旅立ちときね子IIの発売日、大技林時代からの間違いがついに直るときが来たのでしょーか!?…ファミコンの一族とはいえマイナーなディスクシステムのソフトですし、たぶん、そのままな気がしますけれども。

  • 09Sep
    • チラシ&広告など チュンソフトのDQライク求人広告

      ドラクエのゲーム画面のような、ゲーム開発スタッフの募集広告です。遊び心があって楽しいです。募集の時期はドラクエ2の話が出ているから、1987年頃かな。それにしても右下の中村光一さんのイラスト、当時よく見かけたようなタッチだけど、これを描いたのはどなたかな?桃太郎電鉄などでおなじみの土居孝幸さん?

  • 05Sep
    • ある意味、貴重なディスクカードがヤフオクに久々登場

      これです!https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n366762961純正インデックスカードを装着したムーンボールマジックです。ムーンボールマジックは、書き換え専用のディスクカードタイトルながら本家メーカーが作成した純正のカードインデックス(カードケースのジャケット)が存在する珍しいゲームです。インデックスカードはDOGオリジナルインデックスというスクウェアが配布していた厚手のチラシに付属していたものです。このメーカー純正インデックスカードが存在するタイトルはこのムーンボールマジックと亜空戦記ライジンの2作品のみ。存在自体がレアものっぽい。しかもこのチラシ、配布枚数が少なかったのか今ではほとんど目にする機会がありません。なのでこのヤフオクのものはかなり貴重な一品!だと私は個人的に思ってます。……賢明な皆様はお気づきのように、コレクター的な観点から見た見解です。一般的にはどうでもいいものでしょうねえ、きっと。言わばゲームそのものじゃなく、そのパッケージのほうみたいなもんですし。でもやっぱり言っちゃおう!貴重だー!

  • 03Sep
    • チラシ&広告など ダイナソア 【PC-9801】

      日本ファルコム唯一?のウィザードリィ系RPG。こちらはPC-98版の予告となる内容ですが、実はその元となるPC-88すらまだ発売されていない時期のもの。気が早ーいなおこのリメイク版であるWindowsのダイナソア・リザレクションは建物のグラフィックが美麗なので、ぜひどこかで目にしてください。(遊んでみて、とは言わない…)

  • 29Aug
  • 25Aug
    • 読み方に迷うPC用語

      インターネットは基本的には「文字」を目にすることになるためその「発音」を普段気にすることはあまりありません。なので、自分が思い浮かべている読み方と本当の読み方が一致しているとは限りません。というわけで、以前知人と話をした時のこと…  私「この画像どういう風に処理する?」  知「ぎふで作ろう」ぎふ?岐阜?GIFのことでした。画像形式の一つです。ちなみに上の岐阜県の画像もGIF形式です。手軽に繰り返し簡易アニメーションが作れるので便利な形式です。私はこのGIFのことを「ジフ」だと思っていたため、ギフと言われてもすぐには分からなかったのです。同じく、DirectXも、「ダイレクトエックス」と読んでいましたが、どうも「ディレクトエックス」が正しいのだとか?  え? 英語のdirectは「ダイレクト」って読むのに…?というわけで、Windows7は「うぃんどうずなな」だしWindows10は「うぃんどうずじゅう」なのだーいや普段からホントにそう呼んでます。だってWindows95とか98とか8.1なんかは日本語読みしてます、よね?きゅうじゅうご、きゅうじゅはち、はってんいち……ウィンドウズナインティファイブ、ウィンドウズエイトポイントワン、が正しい?

  • 21Aug
    • チラシ&広告など 定吉七番 秀吉の黄金 【PCエンジン】

      「七番」と書いて「セブン」。PCエンジンを代表するソフトです。いや言い過ぎ。私がPCエンジンに注目し出した頃にこのゲームのテレビCMをよく目にしていたので、私の中でPCエンジンといえばこのソフトのイメージがついちゃった。

  • 16Aug
    • チラシ&広告など ウルティマ 恐怖のエクソダス 【CF】

      フジテレビ系列のイベント博覧会「夢工場’87」の目玉の一つとしてポニーキャニオンが企画していたファミコンソフト。ウルティマ 恐怖のエクソダスしかし発売延期を繰り返し、いざ発売されたのは、夢工場’87が終了してかなり経ってから。PC版のウルティマIIIをベースに、IとIIの要素も加えて大幅にアレンジしているそうです。ちなみにこのファミコン版のシナリオ?ゲームシステム?を担当したのは、かの秋元康さんなのだとか。なお夢工場’87の企画ソフトとしてはずばりそのもの夢工場ドキドキパニックというディスクシステムのソフトがあります。こちらはちゃんとイベントまでに発売が間に合ったようです。

  • 15Aug
    • チラシ&広告など ウラナイドII 【FC・非売品】

      正しくはアルカノイドIIの広告で、オリジナルステージの募集とウラナイドIIの予告です。このアルカノイドIIのエディット機能を用いたコンテストが開催されており、その優秀作品を集めたプレゼントソフトが、ウラナイドII。…という企画だったんだけど、どうもそのまま企画倒れになったと思われます。募集後の動きがみられません。コンテストの結果発表のアナウンスもなければ、その完成作品もまた見たことがありません。

  • 13Aug
    • チラシ&広告など Banana (バナナ) 【FC】

      最近恒例になってきた、レトロゲームのチラシの紹介。タイトルが不思議な、ファミコンのパズルアクション。いやアクションパズル…?…バナナン王子の大冒険 は別のゲームですよ?

  • 10Aug
    • ディスクシステム非公認ソフトのパッケージアート

      久々のディスクシステム浸透活動……なんだけど、ちょっとイビツにディスクシステムはディスクシステムでも非公認モノ---------------------------------------------------------------------------------以前、Yahoo!ジオシティーズ の終了直前に限定公開したディスクシステムの非公認ソフトのパッケージ写真展、本日、正式公開です。◆コチラです↓https://velvet-pony.ssl-lolipop.jp/fcdisk/fmcmdskw35_18onoff.htmlリンク先のパッケージアートのパッケージ写真をクリックするとディスクカードや同梱物なども加えて表示します。同梱物表示の以前の限定公開時との違いは、右上にブランド名・価格・発売日 (発売時期) を追加したことです。↓こんなの。発売日に関しては、上の「7~9月頃」のように発売「時期」での記載のほうが多いです。これは残念ながら具体的な発売日が分からないためです。

  • 08Aug
    • チラシ&広告など FRAY(フレイ) 【MSX turboR】

      MSX turboR に対応した希少なゲーム。そのMSX版パッケージと同じイラストを用いたチラシも存在していますが、↓はそれとは異なるタイプのイラスト……なんだけど、これ、後にPCエンジン版のパッケージイラストになりました。

  • 07Aug
    • Bloodstained RotN - 奥義の威力…アップデート後 (v1.04)

      2019.8.6、アップデートが行われたようです (PC版で確認)。更新予告のあった奥義の強化、早速確認してみました。奥義により差はありますが、おおむね1~3割程度は威力が上がっているようです。ほか、更新内容予告にはありませんでしたが、図鑑の色が間違っている猫のカミカゼもちゃっかり直っていました。 v1.04で色が直った図鑑のカミカゼ。v1.03では黒でした。

  • 05Aug
    • Bloodstained RotN - 奥義の威力…アップデート前 (v1.03)

      Bloodstained: Ritual of the Night のPC(Steam)版。PS4やXboxOneなどよりもリリースがちょっと遅かったためか、最初からPS4版でいうv1.03相当のバージョンで配信が開始されたようです。そして8月5日現在、未だファーストリリースから一度もアップデートはありません。が、そんなPC版にもとうとうアップデートがありそうです。次期アップデート(v1.04)更新予定の内容が公式サイトで紹介されました。PS4に限らず、PS版も同様と思われます。https://www.playstationlifestyle.net/2019/08/03/bloodstained-update-104-patch-notes/基本的にはバグの修正と武器の威力の弱体化などで強力すぎる便利武器の攻撃力を下げるようです。具体的にどの程度下げるかは数値で明言されています。そんな中、威力アップを明言されているものの、どの程度なのかが示されていないのが奥義。Surprise Gift (サプライズギフト)Force Blast フ(ォースブラスト)Lasting Wound (アルティメイトスカー)Flashing Air Kick (旋空脚)Crimson Storm (紅吹雪)Sansetsuzan (三刹斬)というわけで、アップデート前 (v1.03) の現時点での対象奥義の威力をメモしておきます。なお威力に関わりそうな装備や本、シャードは外し、なるべく素の状態で検証。レベルは92、難易度はHARDです。使用武器とそのときのパラメータ値は画像をご覧ください。サプライズギフト:85 画像左側の通常攻撃というのは、装備した武器でそのまま斬りつけた場合の威力です。 画像右側が奥義で攻撃したときの威力。フォースブラスト:96 属性付きの武器の場合は、最後に追加攻撃が発生します。アルティメイトスカー: 129(194)/135(202)/*(243) 括弧の中はクリティカルのときの威力です。 Zの文字を描く攻撃で、3段階斬りつけます。後になる方が威力アップ。 最後の1画は必ずクリティカルになってしまい、通常威力が検証できず。旋空脚: 92(*)/96(145)/*(174) 括弧の中はクリティカルのときの威力です。 コマンドを連続入力することで3段階の攻撃になります。 これも最後の1回は必ずクリティカルになってしまい、通常威力が検証できず。紅吹雪: 145/120 直接接近戦で切りつけた場合と、刀を振った後に飛んでいく衝撃波では威力が異なる。 145は刀で直接、120は衝撃波。三刹斬: 115/120/(217) 括弧の中はクリティカルのときの威力です。 コマンドを連続入力することで3段階の攻撃になります。 最後の1回は必ずクリティカルになってしまい、通常威力が検証できず。-------------------------------------------アップデート予定の内容には記載がなかったけど、図鑑と実物でカミカゼの色が間違っているのは修正されるかな?あと、シャード出現率アップのソロモンの指輪の効果がアイテム出現率アップの海賊王の指輪と比べるとかなり低いです。これも上方修正してくれないかなあ。

  • 04Aug
    • チラシ&広告など ブルートレイン殺人事件 【FC】

      ファミコンソフト『西村京太郎ミステリー・ブルートレイン殺人事件』。↓はファミコン・パソコン雑誌に度々掲載された広告ですが、この中に気になる一文が。広告の下側。プレゼントの応募方法の記述のところです。ディスクライター設置店に置いてある「ブルートレイン殺人事件」のカタログについている応募券を必ず貼って下さい。このブルートレイン殺人事件がディスクシステムのソフトである、というコトではありません。この一文はディスクライターが設置してあるお店は、任天堂(ファミコン)の正規販売店であるということを手っ取り早く示すためのものでしょう。正規じゃないお店にもファミコンソフトはこっそり?売られていましたし。そしてそんなお店にはよくニセモノのディスクライター…といかコピー機もあったり。当時の流通事情を示す資料ですね…

  • 02Aug
  • 01Aug
    • ファミコン非公認ソフトの2つの謎

      一般のファミコンソフトと違い、雑誌などで記事が取り上げられることが極めて少ない、任天堂非公認のファミコンソフト。ぶっちゃけ、ファミコン&ディスクシステムのアダルトソフトですね。アダルトじゃないのも一部あるけど。非公認ソフトの発売元はいくつかあったようですが、知名度の高い代表格となるメーカーはハッカーインターナショナルでしょうか。絶賛発売中と記載されている、未発売の非公認ソフト。さて。タイトルに挙げた「謎」ですが、非公認ソフトの何がどのくらい「謎」なのかと申しますと、それは2018年に発売された、非公認ソフトの専門書にすら載っていないアレです。何でも情報がありそうなインターネット上ですら、見かけません。発売日と裏技です。ゲームのカタログ的な要素のある本であれば、ゲームの簡単な紹介とともに発売日は必ず記載されていますし、裏技も代表的なものは載せられていることがあります。インターネット普及前には長らくゲームカタログ本の代表格とされた大技林。これにも発売日や裏技が掲載されています。そして現在のインターネット上の情報も、ベースとなっているのはこの本と思われます。しかしカタログ本が取り扱うのは、正規に発売されたソフトのみ。今回のような非公認のソフトは対象外なので掲載されていません。で。裏技はともかくとして、発売日という基本情報が知られていないのはやはりその当時、非公認ソフトを取り扱うメディア媒体がほとんどなかったためでしょうね。インターネットなんぞ無い時代ですから、ゲームの情報を仕入れることができる媒体はテレビや本くらい。ところが、そこは天下の任天堂に盾突く非公認ソフト。テレビの情報番組やゲーム雑誌でこれら非公認ソフトを取り上げようものなら、任天堂に睨まれてしまうこと間違いなし。なのでファミマガやファミ通などをはじめとする一般ゲーム誌では非公認ソフトを取り上げることはほとんどありませんでした。特集記事で、そういうモノが存在しているよ、と軽く紹介する程度。そんなわけなので、非公認ソフトがゲーム雑誌内の発売情報の基本である発売日予定表に掲載されたことは一度もありません。ファミコンの非公認ソフトの購入手段は基本的には通販でした。ハッカーインターナショナルと関係の深かったというソフマップをはじめ、(社長同士が友人なのだとか)ビデオショップや中古ソフトを取り扱うお店など一部の店舗では店頭に並んでいることがあったようですが、堂々とデパートやおもちゃ屋(※任天堂商品を正規に扱うお店)に置いていたわけもなく、基本的には通販広告を見てハガキなどで申し込んで買うというスタイルでした。このため、非公認ソフトの発売日は通販広告が登場した時期から大まかな発売時期を知るのがせいぜい。発売日が確定しているソフトはあまり多くありません。上に挙げた非公認ソフトの専門書「ファミコン非公認ゲームガイド」に発売日情報が一切ないのは、「〇年▲月ごろ」のような不確定な形での記載はしたくなかったからなのか……実際には発売日が分かるほどの資料を集めなかっただけなのでしょうけれど。  貴重な非公認ソフトのカタログ本ですし、不確定でいいから大まかな時期を載せてほしかったなー  唯一無二であるこの本の存在・影響力は大きいのですから!(たぶん)そして。もう一つの謎、裏技の存在。当時の裏技ブームにのっとって、ハッカーのソフトにも裏技が仕込んであるようです。しかしこれまたゲーム専門誌などで紹介されることがまずないため、その裏技を知る機会もまたありません。 ※2019.8.25追記  Hi-SCOREという総合ゲーム誌では一時期集中的に非公認ソフトを扱っており、  そこには一部のソフトの裏技コマンドが掲載されていました。で、この情報の希少さを逆手に取ったのか、一部の通販会社ではこれら非公認ディスクシステムソフトの裏技集(隠しコマンド集)を1000円で販売していたようです。クリエイトというメーカー?が作成した、マル秘ファミコンディスクゲーム 隠しコマンド集 第1弾。セゾンとハッカーインターナショナルのディスクシステムソフトが掲載されているもよう。2018年。他のハッカーソフトに付随する形でこの裏技集がヤフオクに出品されていました。ちょっと見てみたい…!

  • 31Jul
    • チラシ&広告など ジョイスティック XE-1 【FC/PC】

      ------------------------------------------------------------------MSX・X68K、FM77、PC88など数多くのPCに対応したマルチ型コントローラー。XE-1STのほうはセガのゲーム機にまで対応。さらにアダプターを使えばファミコンにも対応。このチラシのジョイステティック以外にも、最初からFC専用だったりSFC対応のものがあったりしたようです。

  • 29Jul
    • チラシ&広告など ネメシス’90 ほか 【X68000】

      Cevioの曲をエフェクトでごまかしつつ調整中…慣れないと難しい途中経過の発表みたいになって、ホントの完成は何年たってもないかも。そんなわけで、こちらのメーカー・SPSの広告に載っている、発売延期が長すぎた?のか、後にタイトルが変わってしまったネメシス’90が印象的です。ネメシス’90は1990年に発売が間に合わなかったため、ネメシス’90改 と改題して発売されました。

  • 27Jul