西川(兄)です。

 

最近、また、ガラスの天井主張をしばしば耳にします。

 

ハッキリ言います。 リーダーになりたい人は、男女問わず、自らの器と、自らの周囲からの支持でなってください。ガラスの天井だの主張する人なんかにそんな資格はありません。

 

女性だから優遇すべきとか、女性のリーダーの数を増やさないとおかしいとか、言い立てる人たちが、日本を壊してきた事に気が付きましょう。 今の社会は、男性だけがやたら蔑視されたり、差別されているのを正当化し、なお女性を優遇しようとする馬鹿な社会です。

 

それを作り出し、いまなお煽ってるのが、日本のテレビ界、朝日新聞含めた在日勢力かと思える新聞社、そして、映画界など。メディア業界です。

 

そして、弁護士界も性質が悪い。だから、問題をより悪化させてしまう。 教育界特に、小中学校が本当にダメ。これらで、頭を使ってない人や晩成の人は、あらかじめ洗脳されてしまう。

 

 

小学校男子生徒に、聴きました。誰に聞いても、「実際には男子が差別されていますよね!、けど、何も言えない、お母さんにも我慢しなさいと言われている。」 でした。

 

私が、彼らに、この社会は実態は強力に男子差別されていて、女の都合ばかりなんだよね、と言うと、強い信頼感を持ってくれました。

 

これを言ってはいけない、言いにくい空気感、風潮を作り出してきたのが、ゴミマスゴミと、女権団体。 日本社会を悪化させていている諸悪の元凶です。断定します。 正直申し上げて、日本の強みが、この二十年で完全に消失しましたし、潰されている男子が激増しています。

 

ただ単に、カリキュラムを補正したらいいのではなく、こうしたところを、是正していかねば、日本社会はどんどん歪んでいきます。

 

海外だと、学校に教育を任さず(任せられないため)、家で学習を教えている家が多くなってきています。が、じゃあ、何のための学校なの?

税金の無駄遣い? と思ってしまいます。

 

日本もそうなりますよ。 このくそ社会化をとめないと。 ちなみに、私に子供が出来たら、日本の学校にやりたいとは全く思えません。。。

東南アジアの古き良き日本の感じが残ってるところで、のびのび学ばせてやりたいと思ってしまいます。

 

 

 

私たちに出来る事は、自分たちの見る目を早い段階から出来るだけ磨いて、そして、こうしたメディアの作り出した空気感を否定出来る事です。

 

先ずは、その悪しき象徴たる、憲法違反の女性活躍推進法、を廃止させないと。 これが、じわじわ日本を蝕んできた事にまだ気づかないの?という感じですね。 どこみても、女の都合。 正義の押し付け。それにあふれたくそ社会。 

 

 

 

 

 

見る目を磨き、情報の取捨選択のためにもなる本が出版できました。日本の課題についても触れています。

売り切れないうちにどうぞ。