中国の地雷

長らく更新をサボってしまいました。
ちょっとSNSをいろいろやり過ぎている感が否定できず、整理しないといけないかもしれない……

中国に関する記事を読みました。

2018年08月16日
楊海英(Newsweek日本版)

軍と地域の結びつきを、習近平政権が軍の近代化の名の下に破壊してしまい、退役軍人に対する福祉システムも破綻した、という分析が初めて読むものでした。中国で退役軍人がデモをしているという記事自体は、前からありました。

中国が抱えている地雷はどんなものがあるかな……と考えたんですが、

・高齢化(これは本気で深刻になってくる)
・環境破壊(最近あまり言われないし、大気汚染などはかなり改善してきているみたいだから、それで中国が破綻することはないか)
・民主化運動(徹底的に潰されていて、これも不発か)
・習近平政権の改革に抵抗感を持つ長老の反発(さぁこれはどうだろう)
・バブル崩壊(不動産バブルとかが危ういとか)

などでしょうか。
取り合えず、眠いです……



ハーゲンダッツの期間限定フレーバーで「ダブルチーズケーキ」というのが登場しました。



Amazonでは6個単位でしか買えなくて、1つ550円!?
画像が欲しくてリンク貼りましたが、いくらなんでも高すぎでは……?

でまぁ、200円くらいで買える近所のスーパーで見かけた珈琲党員はコーヒーのお供にチーズケーキは大好きなので(さらに言えばハーゲンダッツの近頃見かけないレアチーズケーキ?だったかな?のフレーバーは気に入っていた)これは買いだろ!と飛びついたのですが、うーん、私の求めるものとは違った……

2層構造で、上は甘味しっかりの、ややシャーベット感もあるチーズケーキ風味、下の方は、ややチーズ感が増す感じ?香ばしいクラッシュドクッキーもこんにちは。
こうやって書くと僕の好みにもドンピシャっぽいんですが、まぁ僕には全体的に甘すぎ、もっとレモンの酸味とかのアクセントや、チーズ感がガッツリほしい、という印象でした。一瞬、一気に2個買いそうになったんですが、自重してよかった……

好みによると思うので、気になる方は、店頭でどうぞ。

北朝鮮は長期安定政権を築く

小まめに更新しようと思ったものの、長続きしない。珈琲党員です。SNSやり過ぎですな。たぶん。

はてさて、それはそうと表題です。今回は引用なし、ただの印象論です。

金正恩は、去年の今頃は、まだまだ狂人扱いだったと思います。が、核開発・ミサイル開発プロジェクトを成功させ、いま、何となく六者協議の関係国と関係を好転させつつあるように見える。

ロシアとは、元からそんなに衝突していなかった。

中国とは、もともと犬猿の仲だったが、ここにきて急激に方向転換した。この身代わりの早さが見事だった。

韓国は、勝手に宥和政策に舵を切った。

アメリカは、アメリカ大統領と戦うのに必死で、正直を言えば北朝鮮どころじゃない……というのは冗談だけど、トランプは中間選挙を控えて、外交政策で国内向けにアピールできれば満足だろう。金正恩から一般ウケする譲歩を引き出した上で親しく会談して笑顔でハンバーガーでも食って、「東アジアの独裁者も屈服させたぞ!どうだ俺の手にかかれば悪者も改心するんだ!史上初の北朝鮮のリーダーと会談した大統領!キムはアメリカを狙うことはしないと約束した!」とでもぶち上げれば、(その口約束がどんなに空虚でも、北朝鮮のリーダーにとってアメリカ大統領との会談は国家として認めさせることになり、アメリカにとってよりも、むしろ北朝鮮にとって喜ばしいことであれ)アメリカ国内のトランプ人気は回復するだろう。

あとは日本で、安倍政権は北朝鮮を仮想敵として国内の雰囲気を盛り上げた方が良いんだろうけれど、逆にうまいこと交渉して拉致被害者の生き残りを帰還させる事にでも成功すれば、国内人気は回復できるかな。仕事熱心な外相の河野洋平が頑張っているかもしれない。
あるいは、日本だけ蚊帳の外にされて、安倍政権も国内スキャンダルでぐだぐだになって、またしばらくの間は短期政権が続く情けない体たらくになるか。

そして、北朝鮮は体制存続するのかもしれない、と思い始めました。去年は当ブログも北朝鮮の崩壊とかを論じてましたけどね……どうも、金正恩はそんなバカな真似はしないように見えてきた。既に彼らは着地体制を整えている。
国内に自由はなく、人権は蹂躙し、国際犯罪にも手を染めているけれど、大人の事情で北朝鮮は存続し、やがて経済発展でうやむやっと国際秩序の中に安定した地位を築く。人権弾圧しながらでも経済発展が可能なことは、中国が示している。

正義って何だろうなぁ、と思うのでした。