Close to me! ─ 添乗員のひとり言 ─

Close to me! ─ 添乗員のひとり言 ─

海外旅行業務40年・海外添乗回数350回超の経験・知識・技術を伝えていきます。

Amebaでブログを始めよう!

   大東亜戦争(第二次世界大戦)侵略戦争ではなかった。


   

   腹立たしい限りです。私、団塊世代(65歳)は、中高生時、最も正義感に目覚める多感な時、赤色先生により、を教えられておりました。


   日本が東南アジア各国に侵略し、暴虐・非道の限りを尽くし、大変な迷惑を掛けた。しかし、アメリカにより目を覚まされ反省し、国を挙げて反戦国として世界に範たる国として邁進している。


   戦後アメリカGHQによる占領政策の一環として行われた、日本の弱体化。

   天皇陛下の元、再び立ち上がることを最も恐れたGHQが、日本国憲法を草稿、教育・マスコミ(メディア)・法曹界(弁護士)に共産主義者を投入、洗脳・プロパガンダを徹底しました。


   その甲斐あって、恐るべきことに未だに中高生に嘘を教え続けております。これは最早犯罪でしょう。


   靖国参拝をとやかく言ってくる特亜三国、もっとしっかり歴史を勉強しなければ、恥をかきますよ


   A級戦犯合祀を問題にしておりますが、そもそも東京裁判は茶番、間違いであったとマッカーサー司令長官が帰国後上院で証言しております。


   東京裁判はいわゆる有ってはならない“*事後裁判”であり、ABCD級戦犯等でっち上げの何物でもありません。


   驚くべき事にあのバチカンにて、ABCD戦犯と云われた方々が祀られております。特亜三国はここにもクレイムしてるのかな?


   1951年5月3日マッカーサー司令官 議会上院軍事外交合同委員会証言参考下さい。   http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1


   さて、ここで冒頭(その1)記載地図を見て戴きたいです。

   大東亜戦争開戦直前アジアに於ける欧米諸国(白人社会)の勢力図です。

   欧米列強の植民地として永いところは300年前後隷従させられておりました。それはそれは過酷な日々をひたすら搾取され、動物・家畜同前の扱いをされておりました


   そんなアジアに於ける植民地を欧米列強に挑みことごとく打ち負かせ解放したのは…、誰? どこの国?それこそ我らがご先祖日本軍です。


   解放後も、インフラ(鉄道・道路)整備、教育、上下水道等々植民地時代では有り得ない数々の貢献を日本軍は行いました


   特亜三国もこの恩恵は受けております。しかしこの特亜三国以外の総てのアジア諸国は、今でも日本を尊敬し、感謝し、理解してくれております。


   つまり大東亜戦争は、欧米列強に敢然と立ち向かった、日本による


   人種差別撤廃・植民地解放の正義の戦い


   だったのです。


   胸を張ろう、日本の若者。君たちのおじいちゃんは正義の味方だったんだ。誇りを持とう日本人である事に。

   以上の事を実感したければ、特亜三国以外のアジアに行けばいいよ。


   高校生の修学旅行も何故反日・反感の中韓なのか?良くない意図を感じるね。台湾なんて最高なんだけどなー。


   以下次号。上述の数々実例を挙げて証明・説明しますからね。いっぱい現地を見てきた報告です。    

                                         乞うご期待。



   4th, July, 2014 / Toshiro Konishi


   *事後裁判:君が去年道路を60キロで走行しておりました。当時ではそれはOKだったんですが、今年法律が変わってダメになりました。その時、警察が君のところに来て、去年Speed Overしてましたので逮捕しますといった。

     つまり後出しじゃんけんみたいなもんやな。 これって納得できんやろ? この発想で絞首刑になった人、さぞかし悔しかっただろうな

     せめて、靖国神社に祀る。何が悪いんや。毅然としろよ国会議員

    ちなみにABCD級戦犯なる言い方は、この東京裁判以前は世界に無かったものです。


   



   *昭和天皇ヨーロッパ巡幸。

  *天皇の世界に於ける位置。


   この事実は御存知でしたか?

   左傾マスコミが報道しない為、殆どの方はご存じないと思います。

   世界を巡って感じた事、日本人より海外の方天皇に対して知識が有ります逆輸入した一部をお披露目したいと思います。


   悔しいです。日本のマスコミの上層部の殆どが在日外国人(中韓:反日)だそうです。国籍条項の厳しいアメリカでは有り得ない事です。

   意図的に送り込まれたとしか考えられない。

   これでは反日・自虐史観、定着するのは仕方がないか。

   でも諦めませんよ正しい歴史観、広めて行きたいです。


   国会議員の中にも居ます(在日外国人:日本国籍所有)。加えて日本人で在りながら、これらの人々に同調する国会議員売国奴と呼んでも然るべき)、多分にこれら特異3国から多くの支援を受けてるのでしょう。


   マスコミと国会議員を抑えられている状態で、声を大にしてもなかなか届かないと思いますが、頑張らなきゃね。いずれそれが大きな声になり、マスコミと教育を日本人に取り返せるまで諦めない。


   本題に戻ります。   

  第124代昭和天皇1975年ヨーロッパ巡幸された時の事です。

   この数年後、添乗でヨーロッパを訪問した際、パリでの現地ガイドから聞きました。

   晩餐会風景をテレビで放映してたそうです。驚いたことに大きなテイブルは天皇陛下を真ん中にして各国元首要人が左右に分かれて並んでいたとの事。極東の小さな国の元首、末席だろうと思って居たそうです。


   更に驚いたことに、通訳を付けず、実に流暢な品のあるきれいなフランス語でスピーチされていたとの事。日本人である事に誇りを感じたそうです。


   日本では全く報道されないですが、流石です。英語を喋る人は、掃いて捨てるほどいますが、フランス語をこれほどまでに・・・。

   フランス語は国際的な催し・会議では今でも第一言語です。

   ロンドンオリンピックでもアナウンスメントは自国英語ではなく、まずフランス語でした。この様子をフランス人も尊敬の目で見ていたそうです。



   天皇の世界に於ける位置

   現在世界には28ヶ国の王家が存在しております。その中で日本国天皇席順は第一位です。


   天皇は英語ではEmperorと訳します。つまり皇帝と云う事です。

   現在Emperor と呼ぶことが許されてるのは天皇だけです。他の国はKing、Queenつまり“国王・女王”です。

   天皇は国王・女王の格上として扱われます。


   国家元首としての古さでは日本が第一位2674年前から。2位はデンマーク1000年前・3位イギリス900年となります。その他は200年足らず。

   ギネスでの最古の国家は日本です。


   世界基準の格付けは日本天皇・ローマ法王・英国王となってます。


   アメリカ合衆国大統領最高の儀礼(ホワイトタイ)をもって迎えるのは、英国王(女王)・日本天皇・ローマ法王です。


   昭和天皇訪米時、空港・ホワイトハウスで史上類を見ない5軍の観閲儀仗をおこなった。


   このような天皇に、知らなかったとはいえ、謝りに来いと云った韓国、前大統領は世界で笑われただけでなく全世界の王室を敵に回したとされています。


   天皇陛下は毎朝03:00に起床され、国民の幸せを祈っておられます

   ご自身に反目する、左側の人も含め、総ての国民をです

   365日欠かさず、外遊の時を除いて。


   天皇陛下は我々国民を大御宝(おおみたから)と呼ばれます。

   我が国の国賓接待に於いて、皇室外交は外交官1000人分の威力が有ります。


   我々は、大いなる勘違い亡霊のような憲法9条に守られているのではなく天皇陛下に守られているのかもです。


   正しい方向性と努力が全ての事において重要と考えます。その為にはしい情報は必須です。君たちの今後の行動に大いに役立てば幸せです。


   損か得かで動く韓国、覇権に取り憑かれた中国、目障りですがもう直ぐ自壊しますから、放っておきましょう

   

   いつまでも拘ってたら、自分の品性・運命を悪くしますよ。 

   でも粛々と活動して行きましょう。



   25th, June, 2014 / Toshiro Konishi

   

   愛国者で何が悪い。


            


   愛国心・愛国者=右翼っていうのが今の日本の常識となって居ります。

   しかし考えてみて下さい、家族を大切にする、住んでる地域・故郷に誇りを持つ日本人である事に喜びを感じる。


   これらはごく自然な感覚なんです。つまりこれが愛国心なんだよな。


   他の地域・国に侵略・蹂躙(じゅうりん)されたくない。何が何でも護りたい、こう考える人は愛国者です。


   日本以外のどの国でも当たり前の事なんです。

   いや、私はそのような感情は無いって思っている方、そうそこのあなた、自らを“井の中の蛙”って公表しているようなもんです。

   外、外国を見てくるよう勧めます。できるだけ発展途上国をね。


   私は無理やり自分以外の誰かを啓蒙しよう、なんて大それた考えは持っておりません

   唯自分以外の別の考えにも理解を持ってみては如何なものかなって思うんです。

   振り子だって、ブランコだってこちら側と対極に振れてるじゃないですか。バランスですよ、自然の摂理。


   これより、“そうだったのか!” “ほんまかいな” “そんなはず無いやろ

って思って戴けるような、私自身が40年強海外で体験したことを中心にご案内致します。(独断と偏見ではありますが・・・。)


   日本ってこんなに凄かったのか、嬉しい、誇りに思うと感じて頂ければ無上の喜びです。


   以下に今回のメニューをご案内致します。


   ☆ 昭和天皇ヨーロッパ巡幸。

   ☆ 天皇の世界に於ける位置・地位。

   ☆ 世界の中での日本。

      *パラオ          *インドネシア          *インド

      *トルコ           *バングラディシュ        *ドイツ

      *ポーランド        *(アラブ諸国) 等々


   ☆ BBC World Service 国際世論調査。

   ☆ 永世中立国スイスと日本。

   ☆ ブーメラン計画(究極の平和武器)


   4回程に分けてお伝え致します。

   末永くお付き合い下さい。



     13th, June, 2014 / t.konishi