私の住んでいる部屋の窓からは、近所の公園の桜を少しだけ見ることができる。
そんな、わずかに切り取られたような春の情景を、飼っている猫と一緒に眺めることが、毎年の楽しみだった。

 しかし、それももう今年はできない。猫は去年の夏に亡くなってしまった。
その猫は、10年ほど前、近所の中華料理屋の裏で鳴いているのを見つけて拾ってきた。病院に連れて行くと、生後6ヶ月ほどのメス猫とのことだった。私は彼女に「ぬこ」という名前をつけた。

 大した理由はない。ただそのころネットのスラングで、猫のことを「ぬこ」と書くことがあった。なんとなくそれに倣って「ぬこ」と呼んでいたら、彼女もまんざらでもなさそうで、「にゃあ」と返事をするようになったので、まあそれならいいかと思い、そのままにしたのだ。

 彼女はとても人懐っこい猫だった。私にもすぐに懐いたし、時折病院に預けたときも、スタッフに「懐っこい猫ちゃんですね」と言われたほどだ。
 思えば私は、あまり人から愛されたという記憶がない。親はそれなりにかわいがってくれたと思うし、親しくしてくれた人もいた。でも、その感情はどこか薄ぼんやりとしていて、「愛」という強烈な感覚は受けなかったのだ。

 そんな私に対し、ぬこは全力で愛情をぶつけてきた。もちろん、よく言われるように、猫は気まぐれな動物だから、好き勝手に過ごしている時間は多い。でも、甘えてほしいときには、「にゃぁ」と鳴いてすり寄って来たし、寝るときは、いつも私の枕元で丸くなっていた。

 私が体調を崩したときは、ずっと布団の横で心配そうに寄り添っていてくれて、彼女のおかげで病気の不安は大きく消えていったものだ。

 いろいろあって会社を辞め、自宅で仕事をするようになってからは、一緒にいる時間も増えて、彼女とたわむれることが、生活の一部になっていた。猫は長ければ20年ぐらい生きると聞いたので、それくらいは一緒にいられると思っていた。

 ぬこの病気がわかったのは、亡くなる半年ぐらい前だったろうか。血液検査の結果で、腎臓の値が悪く出たのだ。しかし、そう言われても、本人はいたって元気だし、あまり具合が悪いようには思えなかった。とりあえず、投薬をして様子を見ることとし、しばらく病院通いが続いた。

 しかし、経過が良くなることはほとんどなかった。ご飯を食べる量が減って、足元はふらつき、よく吐くようになった。今まで登れていたところにも、簡単には登れなくなっていた。一日のほとんどを、窓際にある私のベッドの上で、ひなたぼっこをして過ごすようになった。

 猫の1年は、人間にとっての4年に相当するという。年齢の換算表を見てみると、ちょうどぬこは、今の自分と同じぐらいの歳だった。子猫の頃はやんちゃして、困らされることもあったけど、今はお互いにちょうどよい関係でいられる。それも、自分と彼女の年齢が近づいていったからだと考えると、妙に納得がいった。

 仕事の合間に、日向で寝転んでいるぬこのところに行って、背中を撫でながら時間を過ごす。そんなことを繰り返した。おだやかな時間とは裏腹に、彼女の病状は悪化し、皮下輸液という注射を定期的に打つようになった。頻度が多いので、自宅でやらざるを得ないのだが、医者でもない私が注射器を彼女の体に刺すのは難しく、また、精神的な負担もあった。ただ、少しでも長く一緒にいたいという思いだけで、その治療を続けた。

 覚悟をしなければいけない。そして、猫を飼い始めた者の責任として、その最期はしっかりと見届けなくてはいけない。いつの頃からかそう思ってはいたけれど、なかなか現実とは向き合えなかった。むしろ、自分の死期を悟ったのか、それまでと違った行動をとるようになったのは、ぬこの方だった。

 夜寝る時に、枕元に来ることはなくなったし、今までのように甘えてもこなくなった。聞くところによると、猫は亡くなる時、誰にも見られない場所に言って最期を迎えるそうだ。ぬこにも、その行動が当てはまるのだろうかと寂しくなった。

 そして迎えた8月の終わり、とうとうぬこはご飯を食べなくなった。廊下の隅に寝転がり、荒く呼吸をし続けた。時折口を開けて、何か言おうとする。「にゃー」と言いたいのに、声が出ないように思えた。少しでも近くにいたかった私は、何度かぬこを自室に入れたけど、その度にふらふらになった体で、廊下に出ていってしまった。

 猫が死ぬ前にいなくなろうとするのは、飼い主を愛しているからだという話を聞いた。自分が死んでしまう瞬間を見せ、悲しませてしまうのなら、誰にも見られないところで最期を迎えようという配慮だと。本当かどうかはわからない。でも、一人でひっそりと亡くなりたいのだとすれば、ずっとついているのはどうなのだろうという気持ちと、それでもやはり、愛する者の最期を看取りたいという気持ちで葛藤した。

 2晩ほどそんな状態が続いたろうか。自分にはもう何もしてあげられることはなかった。しかたがないので、私が廊下に出て、ぬこに寄り添った。そして、時折ストローを使って、猫用のミルクで口を湿らせてあげる。そんなことを繰り返した。

 2晩目の明け方だったろうか。さすがに眠気が襲ってきて、ふとウトウトとした瞬間。ぬこは息を引き取った。私は最後まで彼女についてあげられたし、彼女は私に死ぬところを見せずにすんだ。私も少しは彼女に愛されていたのかもしれない。

 「死んでしまったんだな」。そうはっきりと認識した私を襲ってきたのは後悔の念だった。
 あのとき、私が連れてこなければ、家族や仲間たちと楽しく暮らす世界があったのかもしれない。
 「ぬこ」なんていう変な名前、本当は嫌だったのかもしれない。
 病気であることにもっと早く気付けていれば、もう少し長く生きられたかもしれない。

 ごめんね。ごめんね。ごめんね。

 今でも時々思い出す。ぬこをギュッと抱きしめたときの、少し嫌がるような仕草だったり、それでも頭をなでてやったときの安心した顔だったり、不思議そうに私のことを見つめる瞳だったり。すべてが愛おしかった。

 亡くなった後、少しずつ冷たくなっていく体を持ち上げた。びっくりするほど軽くなっていた。
 ベッドに運び、一緒に寝た。私は久しぶりに深い眠りについた。夢は見なかった。

 おそらくもう、私が猫を飼うこともないだろう。年齢的に、その最期を見届けることができるかどうかわからない。私が先に死んで、猫を路頭に迷わすわけにはいかない。愛する者との別れを、彼らに味あわせたくはないのだ。

 今年もまた桜が咲いた。窓の外、遠くに見える桜をながめながら、そんなことを考えて、ぼんやりと時を過ごしている。

 

コロナ禍が続く中、イベントやライブも、徐々に活気を取り戻しつつありますね。
今年一年も、楽しいイベントがたくさんありました。

01 1/10 Z新年会(開歌、せかいシティ、 PANDAMIC) TSUTAYA O-nest
  1/24 開歌定期公演 恵比寿CreAto (配信視聴)
02 2/4  映画「おもいで写眞」(深川麻衣) 池袋シネマ・ロサ
03 2/9  映画「哀愁しんでれら」(土屋太鳳、山田杏奈) 新宿バルト9
04 2/13 開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
  2/14 Task have Fun 配信ライブ
  2/14 坂ノ上茜ネットサイン会
  2/15 アップアップガールズ(2)インターネットサイン会
  2/21 アップアップガールズ(2)配信ライブ
05 2/23 マジカル・パンチライン結成5周年記念&新メンバーお披露目イベント AKIBAカルチャーズ劇場
06 2/27 開歌定期公演 恵比寿CreAto
07 3/4  映画「あの頃。」 TOHOシネマズ 上野
08 3/11 映画「漂流ポスト」 アップリンク渋谷 ※神岡実希舞台挨拶あり
09 3/14 マジカル・パンチライン ホワイトデートーク&特典会 渋谷 MAG’s PARK
10 3/14 せかいシティ配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
  3/20 水野あおいスプリングコンサート2021(配信視聴)
11 3/25 開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
  3/27 マジカル・パンチライン ネットサイン会
  3/27 せかいシティワンマンライブ 恵比寿CreAto (配信視聴)
  3/28 開歌定期公演 恵比寿CreAto (配信視聴)
12 4/3  せかいシティ配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
13 4/4  開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
14 4/8  映画「グッドバイ」 渋谷ユーロスペース ※福田麻由子舞台挨拶あり
15 4/24 開歌 百岡古宵生誕祭 横浜みなとみらいブロンテ
  4/26 開歌定期公演 恵比寿CreAto (配信視聴)
16 5/2  マジカル・パンチラインライブ 横浜ベイホール
  5/4  開歌 二周年記念ワンマンライブ 草月ホール[一部](配信視聴)
17 5/4  開歌 二周年記念ワンマンライブ 草月ホール[二部]
18 5/5  開歌 特典会 高田馬場BSホール
19 5/15 せかいシティ配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
20 5/15 アップアップガールズ(2)ライブ 恵比寿LIQUIDROOM
21 5/15 開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
  5/22 甘橙-アマダイダイ-(開歌、せかいシティ、PANDAMIC) (配信視聴)
  6/13 涌嶋茜ワンマンライブ (配信視聴)
  6/19 開歌定期公演 恵比寿CreAto (配信視聴)
22 6/24 映画「ショコラの魔法」(山口真帆、岡田結実) シネ・リーブル池袋
23 6/27 高橋由美子コンサート 日本青年館ホール
24 7/3  超NATSUZOME2021《一日目》 海浜幕張公園Gブロック
25 7/22 開歌 CDリリースイベント《第一部》 ダイバーシティ東京プラザ
26 7/22 開歌 CDリリースイベント《第二部》 ダイバーシティ東京プラザ
27 7/23 透色ドロップ配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
28 7/23 開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
29 7/25 ASP  CDリリースイベント《第二部》 タワーレコード錦糸町パルコ店
30 7/31 リルネードライブ 渋谷WWW X
31 7/31 マジカル・パンチラインイベント《第三部》 渋谷 MAG’s PARK
  8/1  六本木アイドルフェスティバル《DAY 2》 (配信視聴)
32 8/7  開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
  8/14 山口めろんオンラインイベント
33 8/17 映画「サマーフィルムにのって」(伊藤万理華、祷キララ ほか) グランドシネマサンシャイン池袋
34 8/21 比嘉奈菜子写真展 原宿 ニュースペース パ
35 8/23 映画「子供はわかってあげない」(上白石萌歌) テアトル新宿
36 8/23 映画「うみべの女の子」(石川瑠華) 新宿武蔵野館
  8/27 @JAM EXPO 2020-2021《一日目》 (配信視聴)
  8/28 @JAM EXPO 2020-2021《二日目》 (配信視聴)
  8/29 @JAM EXPO 2020-2021《三日目》 (配信視聴)
37 9/16 映画「かぐや様は告らせたい ファイナル」(橋本環奈、堀田真由 ほか) TOHOシネマズ池袋
38 9/20 開歌配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
39 9/20 せかいシティ配信ライブ観覧 池袋ハレスタ
40 9/26 マジカル・パンチラインイベント《第一部》 渋谷 MAG’s PARK
  10/2 TOKYO IDOL FESTIVAL 2021《二日目》 (配信視聴)
41 10/8 琴平萌花ライブ 池袋Live inn ROSA
42 10/10 せかいシティライブ 巣鴨獅子王
43 10/10 mai maiデビューライブ 神田明神ホール
44 10/17 リルネードCDリリースイベント タワーレコード錦糸町パルコ店
45 10/17 せかいシティ2周年記念ワンマンライブ 恵比寿CreAto
46 10/20 wqwq定期公演 AKIBAカルチャーズ劇場
47 10/28 映画「ひらいて」(山田杏奈、芋生悠) 池袋HUMAXシネマズ
48 10/30 マジカル・パンチラインワンマンライブ 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
49 11/6 せかいシティ紗奈 生誕祭 歌舞伎町Sparkle
50 11/11 映画「劇場版 ルパンの娘」(深田恭子、橋本環奈) TOHOシネマズ池袋
51 11/11 映画「シノノメ色の週末」(桜井玲香、岡崎紗絵、三戸なつめ) 池袋シネマ・ロサ
52 11/13 開歌ライブ Space emo 池袋
53 11/15 映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」(伊藤沙莉) 池袋シネマ・ロサ
54 11/15 アップアップガールズ(2)CDリリースイベント タワーレコード池袋店
55 11/17 AYAKARNIVAL 2021(アップアップガールズ(2)、武藤彩未 他) 日本武道館
56 11/21 ソノウチ(せかいシティ、PANDAMIC) 恵比寿CreAto
57 11/26 アップアップガールズ(2)ワンマンライブ Zepp Tokyo
58 12/3 映画「彼女が好きなものは」(山田杏奈) TOHOシネマズ池袋 ※山田杏奈 他 舞台挨拶あり
59 12/4 透色ドロップ単独公演 有楽町オルタナティブシアター
60 12/19 甘橙-アマダイダイ-(イートイン(お披露目)、開歌、セカイシティ、PANDAMIC) 恵比寿CreAto
61 12/22 wqwq定期公演 AKIBAカルチャーズ劇場
62 12/25 マジカル・パンチラインCDリリースイベント エンタバアキバ
63 12/25 透色ドロップライブ 渋谷CHIC HALL
64 12/26 琴平萌花生誕祭 溝の口劇場
65 12/26 リルネードワンマンライブ 恵比寿LIQUIDROOM
66 12/28 アップアップガールズ(2)ワンマンライブ 新宿ReNY
67 12/29 ミハマファイナル抽選会(寺島和花、塩野虹、井上姫月) ミハマニューポートリゾート
  12/30 甘橙-アマダイダイ-(セカイシティ、開歌 他)  (配信視聴)

現場に行けたのは、67回。配信で楽しんだものも多くありました。全体的には、アイドル界含め、明るい兆しが見えているのではないかと感じます。来年も、いい年になることを祈って。

 アイドルの女の子が、グループを卒業したり、解散によってフリーになり、また別のグループに所属するということが、今では珍しくなくなった。

 そんな時、気になるのが、「前のグループのことに触れてもいいか」ということだ。
本人が、「そのことについては話したくない」と思っているのであれば、ファンもそこは気遣うべきだし、本人の気持ちとは別に、運営の事情で話ができないということもあるだろう。
 ただ、昔からのファンにすれば、現在の活動があるのは、前のグループでの経験があるからだし、その頃のことも含めてその子を応援したいと思うのは自然なことだろう。

 5月4日、開歌の百岡古宵がグループを卒業する。そして、彼女のアイドルとしての活動も、その日が最後になる。
 卒業を前に、彼女は、卒業に向けての思いをブログに綴った。そこには、10歳の頃に始めたアイドルのこと、仙台で加入したB♭のこと、そして、その後活動したアイドルネッサンスのことが、しっかりと書かれていた。読んでいて、彼女らしいなと思って嬉しくなった。
 彼女は決して過去を否定しない。自分が歩んできた道と、そこにいたたくさんのファンの思いをしっかりと受け止めて、前へと進んでいる。そんなところが、アイドルとしてとても美しいと思う。

 私が彼女を最初に見たのは、アイドルネッサンスになって2年目の頃だったろうか。TIFに出ていたのを見て、まずは、そのパフォーマンスの迫力に圧倒された。そして、ライブのMCや特典会、動画配信などを通じて、そのキャラクターがわかってくると、見ているのがどんどん楽しくなっていった。

 アイドルネッサンスには、「このメンバーならこの曲」というような楽曲がある。比嘉奈菜子であれば『太陽と心臓』だし、南端まいなだったら、『二人のアカボシ』だった。これは企画のライブでメンバー自身が好きな曲を選んだものだが、ファンの間でも「この曲だろうな」というのは大体わかっていた。それぞれがメインでボーカルをとる部分が多い曲ではあったが、理由はそれだけではなく、それぞれの曲とシンクロするような何かが、そのメンバーにはあったからだと思う。

 百岡古宵が選んだのは、岡村靖幸の『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』だった。見ている私たちからしても、大いに納得できる一曲だった。
 とにかくこの曲は、彼女のあおりとシャウトがたまらなかった。曲に合わせて、会場を盛り上げる言葉をかけ、中盤の間奏の前で「Let's Go!」とシャウトする。その真っ直ぐに前を向いたようなストレートさが、思い切りよく前に進んでいく彼女の姿ともシンクロして、その小気味よさは群を抜いていた。

 最初は、歌声にも仕草にも、少し幼さの残る愛らしいところが魅力だったが、経験を重ねるうちに、アイドルとしてどんどん成長していった。
 ブログにも書かれていたが、アイドルネッサンスとしてステージをこなすうちに、歌やパフォーマンスにとどまらない、「アイドルとしての強さ」を身につけていったのではないかと思う。

 2015年の終わりぐらいだったろうか。アイドルネッサンスに新メンバーを加入させるため、「アイドルネッサンス候補生」が活動を始めるという発表があった。その後に行った特典会で、私はそのことについての感想を聞いてみた。その時、百岡古宵は、「危機感しかないです」と答えたのだ。私はちょっと驚いた。当たり障りのない回答をすることもできたろうが、彼女は誠実に、本当の気持ちを話してくれた。苦しい時期だったのかもしれないが、まだ中学生だった彼女が抱いた、偽らざる思いだったのだろう。

 2018年にアイドルネッサンスが解散してから、彼女はどんな思いでいたのだろう。まだ若く、才能に溢れた少女には無限の可能性があったと思う。そんな中で、彼女が選んだのは、新たなアイドルへの道だった。

 2019年、1年間のブランクを超えて、開歌として再びアイドルのステージに立った彼女は、より強く、しなやかになっていた。久しぶりに特典会に行くと、顔を覚えていてくれて、懐かしさとともに楽しく話をすることができた。そんな些細なことがひどく嬉しかった。

 特典会でも、よりじっくり話すことができるようになった。「古宵ちゃんの歌が好きなんだよね」「新曲いいね」そんななんということもない会話がとても楽しかった。
 もう一つ、大きな魅力だったのは、彼女の思い切りの良さだ。アイドルの先輩として、他のメンバーをリードし、率先してMCなどをこなしていく姿は頼もしかったし、また、いきなり髪の色を染めてみたりして、ファンを驚かせるようなところも面白かった。

 今回の卒業も、彼女が見据えた未来のための思い切りだったのだと思う。これから彼女にどんなことが待っているかわからないが、その力と思いがあれば、どんな道でも貫いていけることだろう。

 強くて、美しくて、潔い。そんなところはいつまでも変わらなかったし、これからも変わらずに前へ進んでいけるはず。そういう姿を見ていると、まるで、あのときの彼女の声が響いてくるような気がしてくる。
未来へ向かって。
「Let's Go!」